ぶ~。
ぶ~。
皆さんはじめまして!! ピュアオーディオをメインにホームシアターもやっているぶ~。と言います。 オーディオ歴はもうすぐ20年というところですが…まだまだウンチク好きな青二才です。 そろそろ落ち着…

マイルーム

とりあえずMy Room
とりあえずMy Room
持ち家(マンション) / 書斎兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~5.1ch
いろいろやりたいのは山々ですが、所詮はマンションの一室… いずれ引っ越すことを考えつつ、いまはできる範囲でごそごそと…という感じでしょうか。 部屋の形は縦長のシューボックスに近い感じ、広さはお…
所有製品
  • その他ケーブル
    OYAIDE HPC-LS
  • ヘッドホンアンプ
    FiiO E6
  • ヘッドホン
    VICTOR HP-FX500
  • ヘッドホン
    AUDIO-TECHNICA ATH-CK100
  • その他アクセサリー

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

お気に入り製品

お気に入りユーザー

日記

ヘッドフォンアンプ追加!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年05月15日

5月も中旬だというのに寒いですね。
雨も多いし、初春に季節が逆転した感じ。

ところで。

タイトルの通り、我が家のラインナップにヘッドフォンアンプが仲間入りしました。
但し、

・携帯音楽プレーヤーと併用できる大きさ・重さであること
・iPod専用ではなく、多様な機器と併用できること
・ヘッドフォンとのインピーダンスマッチングに優れること
・極力安価であること
・もちろん音質に妥協無し

という条件で探した結果、結局オヤイデが輸入元になっている、FiiO E5を入手しました。



今回入手したのは、写真では白っぽく映っていますが『シルバー』です。
縦×横×厚さが3cm×4cm×1cmなので、少し大きめなマッチ箱…という体を想像してもらうと大きさをイメージしていただけるでしょうか。
重さも30g程度なので、正にマッチ箱(^^)

入出力はいずれも3.5"のLine in, HeadPhone Outが各1系統、充電専用のミニUSB端子が1系統設けられています。
スイッチ類は電源、ボリューム(シーソースイッチ)、バスブーストの3種類だけと非常にシンプル。
シンプル故にボタン間の隙間は充分に設けられていて、操作ミスすることはありませんでした。

デザインについては『iPod shuffleのパクリ』と酷評するレビューが多かったですが、実際にはiPod shuffleの4倍程度の大きさがあること、スイッチ、端子類は上下サイド部に集中していてiPod Shuffleのように表面にスイッチ類を設けたりしていないことから、『似て非なるもの』と表現するのが正しいと思います。
色遣いは確かにiPod Shuffleを意識している節はありますけどね。

交換不可能な充電池方式を採用しているため使用開始前に充電が必要になりますが、コストダウンのためか充電用USB接続ケーブルはついているものの、ACアダプタはついていません(この辺もiPodそっくりな仕様ですね)。
が、NTTドコモのスマートフォン『HT-03A』用のオプション『FOMA miniUSB変換アダプタ HT01 [AHT59110]』を介することで、NTTドコモ製携帯電話の充電アダプタを使用して充電できました。
メーカーの保証範囲外の行為になりますのでお勧めはしませんが、ご参考までに。
ちなみに、PC本体ともUSB接続は可能ですが、E5自体にUSB-DACの機能はついていないため、別途音声ケーブルも接続しないとアンプとして機能しません。
その辺は『価格相応』といったところでしょう。

早速フル充電後に充電ケーブルを外した後、携帯音楽プレーヤとヘッドフォンを接続し、試聴開始!
エージングを全く実施していない状態での試聴のため、実力を100%引き出しているとは言えませんが、audio-technicaの耳かけ型ヘッドフォン、『ATH-EQ300M(fo.Qによる防振対策済み、こちらもまだエージング中)』で聴く限り、非常に素直で個性控えめな再現性を持っていると感じました。
恐らくですが、

・「内蔵充電池」というDC電源を使用して常時駆動しており、AC電源特有のノイズが原理的に発生しない
・本体は小さいですが、ケースはアルミ引き抜き製で大変丈夫(本体に固定されているクリップもアルミ製)、固有の鳴きも非常に少ないため付帯音がつきにくい。

というあたりが有効に機能しているのでしょう。
無音時のヒスノイズ発生の少なさは特筆すべきものがありますが、携帯音楽プレーヤーが発するクリップノイズ(選曲時などに発生する「プチッ」という音)は素直に拾って増幅してしまうので、あまり安物の携帯音楽プレーヤーと組み合わせない方が賢明です。
バスブーストスイッチをONにした場合、ブースト感自体は控えめなものの、ON/OFFでの音質差は非常に少なく、これなら安心してバスブーストを活用できると感じました。

ただ、ダイナミックレンジは若干狭め、電源も逆起電力をガンガン吸い取るほど丈夫ではない様子のため、ダイアフラムの大きいオーバーヘッドタイプのヘッドフォン(例えばSONYのMDR-Z900HD)、定格インピーダンスの低いヘッドフォン(例えばB&OのA8)には不向きでしょう。
エージング完了後に我が家のリファレンス、ATH-AD10(定格インピーダンス:38Ω)を使用して試してみたいと思いますが…何となくですが発熱量が増えて、音質が低下すると想像しています。
構造的にダイアフラムが小さくなる『カナル型』に一番向いているアンプかもしれませんね。

ちなみに、先日入手した『PHONE ART』を使用して、早速fo.Q対策を施しました。
こちらもエージングが進むにつれて結果が出るでしょうから、楽しみに待つということで。

さてさて、エージングが進むにつれてどのように音質が変化するか…楽しみにしたいと思います。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 初めまして。クロエと申します。

    ipodをお使いのようですが、Dock端子から出力していますか?また、E5のブーストスイッチをOFF/ONの中間にすると面白いですよ。

    月並みなコメントで恐縮ですが、よろしければお試しください。

    bycloe at2010-05-16 02:49

  2. クロエさん、はじめまして。
    実は私、iPodは持っていますが既に卒業しました。
    今は勤務先の都合で携帯電話+Bluetoothハンズフリー(ステレオ)アダプタが主力です。
    次にiPodに戻すなら、iPhoneに64GB以上のモデルが出たら…になるでしょうね。

    > E5のブーストスイッチをOFF/ONの中間にすると面白い
    そうなんですね!早速試してみます!!

    byぶ~。 at2010-05-16 09:53

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする