けえぱぱ
けえぱぱ
中学生の時にクラフト(と言っても設計はできません)から入ったこの世界。今でもクラフトは好きですね。 オーディオ6:ビジュアル4くらいの比率で楽しんでいます。 中学校の時に始めた吹奏楽も今年でも…

マイルーム

屋根裏のガラクタ部屋
屋根裏のガラクタ部屋
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~120型 / ~7.1ch
屋根裏部屋なので、天井が低い&左右非対称です・・・それが一番の悩み。 天井の高い大きな部屋がほしい・・・ 2017年に耳を傷めてから大幅グレードダウンです。 現在のシステムは、 C…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

アンプ遍歴 その弐 EL SOUND

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年12月10日

けえぱぱです。

EL SOUND
大阪府高槻市にあるメーカーです。
社長さんはもとラックスマンのエンジニアで、ラックス時代には真空管アンプを設計されていたそうです。
とても穏やかな方で、お話には共感できることが多くありました。
デザインがとてもシンプルで私好み。
価格も内容からすると非常にリーズナブルだと思います。

借りた試聴機はEPWS-5Vという5Wのアンプ。
ここの持論として、「家庭用に大きな出力はいらない。できるだけ低い電圧で駆動する小出力のアンプが好ましい」というものがありまして、特注で2W、3Wなんかも対応されています。
確かに真空管アンプでは数W程度のものが多くありますので、十分に足りるのだと思います。

音質はとても素直。変な癖がありません。
高級機のようなピカピカに磨いたような音ではありませんが、音楽の表情を生き生きと聴かせてくれます。
普通に聴くならこれで十分です。

でも…
電源(トランス)の大きさから予想はしていたのですが、瞬間的に大きな出力はできないらしく、我が家の環境ではやっぱりクリップしました。
音そのものはとても気に入ったので、返却に行ったときに相談したら、「トランスを大きなものに変更したら大丈夫だと思う」ということでした。

ということで電源強化バージョンの10Wタイプを発注して一週間ほどで完成しました。


で、届いたアンプを接続して、音出し。


あれ?




試聴機と比べると上も下も出ていない。
聴こえるべきところでちゃんと聴こえない。よく聴くと鳴っているのですが。
伸びていない訳ではなく、レベルが低い感じです。
懸案のクリップは、どうにかクリアしているみたいです。
でもあまりに両端のレベルが低すぎる。
ポップス系ではあまり気にならないんですが。

この時点では失敗したかな、と思ってました。

それで気がついたこと。
安物買いの銭失いとまでは言いませんが、こんな中途半端なことばかりしていても解決にはならない、と。

遅いっちゅーねん(-_-;)

ということで、思い切ってTRIODEを売って20万円台のプリメインアンプに照準を合わせて導入することにしました。

続きは今度。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする