トーレ
トーレ
Monitor Audio GS10を鳴らすシステムを使っています。本格的にオーディオシステムを触り始めてまだ3年程のヒヨっこですが、最大のオーディオ系コミュニティと思われるこちらに参加されている皆さ…

マイルーム

狼がドアの前で待ってる(仮)
狼がドアの前で待ってる(仮)
Monitor Audio GS10を鳴らすシステムを使っています。本格的にオーディオシステムを触り始めてまだ3年程のヒヨっこですが、最大のオーディオ系コミュニティと思われるこちらに参加されて…
所有製品
  • CDプレーヤー/トランスポート
    ONKYO C-1VL
  • スピーカーシステム
    MONITOR AUDIO GS10

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

ブルーズっ この痴れ狗ぐわっ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2008年04月27日

自分でも、どうして日々、というよりも刻一刻と、こんなにも気分がころころと変わるのかと思うことがあります。それくらい、ワタクシは気分屋。

ブルーズの歌詞を見ていると、朝にはゆうべの質の悪い酒にたたられてベッドの中でのたうちまわり、町に出てケツのデカく色白の黒人女を見つけては俺の上で腰を振ってみなよと誘惑し、夕べにはベッドひとつに占領される兎小屋の隅でブルーズに取り憑かれ苛まれて輾転反側する、という、ちょっとビョウキなんじゃないかというぐらい感情の起伏が激しいのですが、それは歌というデフォルメされた世界の表現の都合上であると同時に、当時の歌い手たちの偽らざる真情でもあるのでしょう。

エリック・クラプトンのDVD観てたら、ちょっとイラッとしてきました。フーチー・クーチーマンを演っているんですが、リッチな白人ども+リッチな白人化した黒人どもからは、ちっともブルーズが迫ってこない。クラプトンは嫌いではありませんが、ブルーズやレゲエをやっているときは少しばかり殴りたくなりますw。

初めて書くかも知れませんし、ホントかよ、って感じですが、僕が一番聴きたい音ってのは、ブルーズな音なんですよ。白人のブルーズ・ロックではなくて、ディープ・ブルーズ。時々、余りにブルーズが鳴らないので、オレの進んでいる方向性はまったく間違っているのではないか、と思うことがあります。でも、オールドJBLスピーカーだろうがマッキンの球アンプだろうが、ブルーズがこれだ!という音で鳴っているのにお目にかかったことがない。

きっと、ブルーズを鳴らすには、無茶苦茶ナロウレンジで、汚い音、超低S/N比の、ローファイの極みのような音をハイエンドシステムを組むのと同じくらいの資本と労力を投入して築き上げないといけないのだと思います。実際に耳にしたことがない以上、オーディオ機器でそんな音を出せるというイメージを描くことができず、そっちを目指すのは道しるべのない旅のようなものでとても挑むことができません(蓄音機なんかで雰囲気だけ出して聴く、というのは、僕の望む音ではありません)ブルーズは僕の魂の根源のような気がしていますが、聴く音楽としては寧ろ色んなものを聴きたい方ですし、結果的にブルーズへの道とは真逆の方向を選ばざるを得ないジレンマがあります。

どっかに、1930年代から戦後くらいまでのブルーズとかラグタイム、ゴスペルを鳴らすことに命をかけたシステム組んでるようなイッちゃった人はいませんかねぇw。オーディオマニアとブルーズマニアは日本では両立しなさそうですが(アメリカにはいそう)。

そんなワタシが今聴いているのはライトニン’ホプキンス。ブルーズのタイトル集めもそろそろ頑張りたいな~。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ブルーズってブルースです?
    であれば、この音楽は最高級なセットで聴こうが、ラジカセやiPodで聴こうが、伝わる人には伝わるし、伝わらない人には伝わらないですね。

    僕も最近ハウリン・ウルフとかを聴いて、衝撃を受けてますが、これはオーディオ云々を超えた音楽的嗜好性の問題かな、と思っています。

    bytocky at2008-04-27 01:40

  2. こんにちは。
    私もブルースを聴くためにオーディオをやっています。私はロバート・ジョンソンが好きなんですがやはり難しい・・・。ブルースをよく聴くにはやはりレコードが一番手っ取り早いと思います。それでもなかなかイメージ通りにはいきませんが・・・。

    byゑンつ at2008-04-27 07:53

  3. ockyさん、こんにちは(^^。

    ブルース、というと、淡谷のり子っぽいなぁ・・・・とw。

    よく、オーディオの世界で、このシステムでJAZZを聴くと黒人プレイヤーが白人になっちまうな~、とか聞きますけど、僕の場合、JAZZではそんなの聴き分けられるほどわかりませんけど、ブルーズに関しては、何か白人になってると嫌だなぁ、と。

    そら、例えばロバジョンのよさはどんな方法で聴いても伝わってくるものはありますけど(極端な話、譜面だけでもいいかもしれない)、やっぱもっと即物的に、受け止める音自体に<ホンマモン>を感じたい、ってこともあるんですね。

    byトーレ at2008-04-27 14:33

  4. ゑンつさん、こんにちは(^^。

    をを、いっちゃってる方がこのコミュにもおられたとは!サイコーです!!(^^

    ロバジョン、ええですねぇ。再生のし難さも最強だと思いますがw。

    サン・ハウスみたいに、如何にもディープ・ブルーズでっせ!って感じの歌い方だと逆にどんな風に聴いてもそれなりに雰囲気は出るんですけど、ロバジョンみたいにロバート・プラントの雛型みたいな現代に通じる歌い方だと、そこにあるブルーズを音にするのは難しい、と思います。

    僕もイメージ的にはブルーズはレコードだと思いますが、ウチではレコード再生自体レコードらしいよさを出せてない気がするので、ブルーズ聴いても今一CDのときよりも納得できる、という風にはいかないですね。

    byトーレ at2008-04-27 14:43

  5. トーレさん、今晩は!

    Bluesですか〜
    上記の日記、良い問題提起をされました。。。。Bluesは多分、オーディオのクオリティよりも、その曲を聴いた時、どのような気持ちであったか?に左右されると思います。決して、毎日はっぴ〜な方々が聴いて面白いものではないですよね。。。
    「ああ、今日もこんな一日で終わった〜〜明日もこんなかな〜」これですよこれっ!「なんかパッとせんね〜」。。。分かりますか?この感じ。(笑)
    こういう気分を毎日感じることのできる人のみがBluesの良さを享受できます。(笑)

    クラプトンの例を出されてますが、小生、Bluesに貴賤無し(?)と考えております。TPOにあわせ、Bluesを楽しんで(?)みてはいかがでしょうか?
    小生、相方から「お酒、飲み過ぎんといてや〜」と注意受けたときは、青江三奈の「伊勢佐木町ブルース」聴きますし、上司から「お前、転職した方がええで。」とアドバイスされたときはサンハウスの「DEATH LETTER」を聴きます。(笑)

    byウラキンスカイウォーカー at2008-04-27 22:29

  6. ウラキンさん、そら浪花節ですわw。

    いや、もう区別つかんぐらい似てるといや似てるんで、その通りなんですけどねw。昔から大阪人はブルーズやファンクのノリがあり、福岡人はラテン系のノリ、とか、それは確かにそうだと思います。

    でも、ブルーズにとっつかまった、っつうのはやっぱ一方で凄い突発的にやってくる悪魔憑き的な黒人独特のメランコリア(メランコリア、って固有名詞を出しちゃうとイメージが限定されちゃいますけど)、っていう側面もあると思うんです。

    クラプトンのブルーズも嫌いではないけど(まぁそれでも積極的に認めたいのはクリームの頃までですけど)、かといってあれが本当の感情としてのブルーズを持っているかというとNOではないかと。特にAOR路線以降のクラプトン、あれはコマーシャルなポップスですよね。それが悪いってことではなく。ただあれをもってブルーズを語りたくないだけで。

    音楽の形式としてのブルーズではありますけど。白人がやるんなら、カントリーの方が好きですね、僕は。その方が泥臭い感じがあります。ブルーズは白人がやると変に洗練されちゃう感じがするんですよね~。

    ワタシは日々怨念に満ちてるので、大概チョコレートディスコな曲よりブルーズですねwww。

    byトーレ at2008-04-28 00:41

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする