Q
Q
オーディオと同じくらい部屋が好き。国内・国外のオーディオショーやショップを訪ね歩いています。

マイルーム

あとがきとして
あとがきとして
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / ~2ch
この数年、コロナ禍となったことで自室の音響やセッティングに向き合う時間が増え、考えることも多くなりました。これまでを振り返ると、1から防音室を誂え、吸音を試して、拡散を試して、重畳させ、何をやったらど…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

なにゆえルームアコースティック(音響)は難しいのか(後)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年02月09日

前回のように問題提起した後は何かそれっぽいソリューションが提示されそうな流れですが、それは一旦脇に置いて、話は少し過去へ飛びます。




もう3年前の話ですが、永田音響設計の豊田氏が母校で講演がされるという話を目にしたので、たまたま参加することが出来ました。講演の内容はここでは触れませんが、氏の母校は九州芸術工科大学(現九州大学)の音響設計学科であり、日本はおろか世界的にも珍しい音響を専門に取り扱う研究教育が行われています。大学ではたまにイベントをやっており、研究室の見学や研究内容の展示などがあったので、講演以前に遊びに行ったこともありました。

ちょうど思い出したので公式ページを眺めてたらいいことが書いてあります。
http://www.ad.design.kyushu-u.ac.jp/about/index.html

以下引用

音は、音楽として接する時には楽しく、騒音として接する時には難しく厄介な存在です。思わず耳を傾けてしまう美しい音、聞きたくないうるさい音、電子音響の整然とした音の並び、ひとり虚空に向けて発する声、思ったとおり発せられない音、さまざまな音のあり方に正しく向き合うためには、音についての高度な知識に加え、関連するさまざまな分野への理解を深めていくことが必要です。

~~~中略~~~

分野の違いはあっても目指すところはひとつ、音に対する理解を深め、それを幅広く応用できる能力を身につけることです。

引用ここまで


ここで学んで卒業し第一線で活躍している方は文字通り音響のプロでしょう。一方で、大して学びもせず自分本位の拘り、好み、感性、知識、経験、音楽観で適切に音響を取り扱って問題解決が出来るのか・・・それは神のみぞ知る…ではなく知らぬが仏…でもなく推して知るべしと言うべきでしょう。

とはいえ、何も教育機関で学び直したり、拘りや好みなどといったものを捨てる必要はないと思いますが、「さまざまな音のあり方に正しく向き合うためには、音についての最低限の知識に加え、関連するさまざまな分野への理解を深めていくことが必要」と考えられます。


では、差し当たって何をやるべきか・・・それは手当り次第にルムアコすることではない、文系だの理系だのと気にすることではない、音だの音楽だのと気にすることでもない、ましてやミリ単位でズレを調整することでもない・・・先ずは自分の思い込みや認識のズレを検めていくことが第一歩ではないか、と。

良くも悪くも自分自身の経験からなるオーディオという名の文脈から離れて、専門分野である音響という名の文脈から音を捉えようとすること、それが意外と難しいのかも知れません。そして、好むと好まざるとにかかわらず、音響の良し悪しとその知見は他でもない自分自身に跳ね返ってくることでしょう。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Qさん

    なかなか興味深いテーマですね。前回を含めて仰られていることには共感いたします。

    音響設計というのは、設計の一部分を専門化させたものなのだと思います。全体の設計や内部意匠はあくまでも施主や建築設計が決めることで規模や運営、用途、観客・演奏家へのサービスや利便性などが優先されるわけです。同じ永田音響設計が担っても、ヴィンヤード型もシューボックス型もあるし、同じヴィンヤードであってもミューザ川崎のようにアシンメトリーのものもあるわけです。紀尾井ホールは、同じ建物に二つのホールがありますが、小ホールは邦楽専用なので残響時間は短く設定されていたりします。

    ホールとオーディオの違いは、発音源が方や楽器であり、一方は再生機であることです。楽器変奏にとっては明らかに豊かな残響や副次反射が好ましいのですが、再生音にはそうしたアンビエンス情報は入っているので、高SNであることが理想で環境による付加・付帯音は好ましくないはずです。

    かといって測定のための無響室などは、生活環境としてはかなり不快なもので居住空間音響としてはあり得ないわけです。音響機器というものは、やはり、最終的には何か標準的な居住空間音響を想定して作られているのだと思います。

    オーディオルームも、よほどの実験室目的は別として、オーナーが音楽鑑賞のために多くの時間を過ごす生活空間のひとつなので、音響条件はリビングルームとさして変わらないのが快適なのだと思います。レイアウトや調度類、ふだんの整理清掃ということでも、そういう環境を整えることが優先されるのではないでしょうか。

    オーディオルームの基本はそういうことであって、もちろん、科学や文化への知識理解も必要だとはいえ、結局はオーナーのセンスなんだと思いますが、いかがでしょうか。

    byベルウッド at2022-02-10 19:07

  2. Qさん 初めましてこんばんは(^ー^

    芸工大のお話を興味深く読ませてもらいました。ありがとうございます。

    日本で唯一?というポイントから、東京農業大学の醸造科学科が思い出しました。酒蔵の後継者が行くような感じの学科です。新設がなければ醸造を学べるのは日本でここだけだったような気がします。
    発酵が生み出す味にはとても興味があって子供の頃も日本酒の素晴らしい「味」に『オトナはズルイ』と思っていたものです。もちろん飲むわけではなく、子供なのでせいぜい舐める程度です。今は駄目でしょうが昔は子供にも?初詣では神社で餅やミカンのほか、(親公認なら)お屠蘇をふるまってもらえたものです。

    高校時代の私はというと夏休みにはバイトしてアンプやスピーカーを買うというアフォでしたので、醸造科学科への進学は無理。チラリと脳内で進学を考えても、地元の酒蔵の後継者はその醸造学科に進学しておられたので、わざわざ自分自身が醸造を学ばなくても「彼に頑張ってもらいえばいいや」という他力本願ぶり。

    今回の日記がきっかけで、永田音響設計・代表取締役社長・ 小口さんが芸工大の出身という事を知りました。当然のことながらこちらの会社、社員さんには芸工大の出身者が。私がよく引用させてもらっていますヤマハサウンドシステムのHPに、小口さんとヤマハサンドシステム・代表取締役・武田さんの対談があって、授業など芸工大で学んだ事やサントリーホールの事、なかなか聞けない深い話に触れる事ができましたので紹介します。
    https://www.yamaha-ss.co.jp/intermission/07.html

    そうえいば、 ”リビングルーム” が ”オーディオルームの基本”の 御仁が、永田音響設計さんが設計されたお部屋を訪問してしまった事は、ある意味で不幸な事だったのかもしれません。整理整頓 や 調度品 までも オーディオルームの ”基本” の 範疇に入れる御方とは 感性 が 合わないワケだ と 変に?納得しました。 オーディオルームに求めるものが (快適な) 『リビング』 だ というのですから・・・。 さぁ聴くぞ!! と、オーディオルーム ぶ厚い扉を開くオトコの気持ちは分からないのでしょうね。 防音のぶ厚い扉の時点でダメ出しされそうです。 Qさんの音響の日記から、(快適な)リビングに話が脱線しました。
    .

    bynightwish_daisu at2022-02-11 09:39

  3. ベルウッドさん

    音響条件は…我が家でも身をもって体感していますが、防音なしの一般的なリビングと防音した専用室では随分と異なり、防音するだけだと種々の問題が出てくるのですがそれはここでは書きません。それを一般的なリビングと同等以上の居心地や聴き心地にするのはなかなか骨が折れる話ではあります。

    メーカーや設計者が顧客の環境をどう想定しているかはある程度推測するしかありませんが、買えて置ける人なら専用室だろうがリビングだろうが寝室だろうトイレだろうがどこでも良いと思います。買ったものをどうするかはオーナーの専権事項ですから、優れたセンスや感性がある人は何処だろうが上手く纏めて魅せることでしょう。

    しかし、センスや感性に加えて相応の基礎知識や適切な理論を兼ね備える事が出来たら…何処まで追求するかもオーナー次第ではありますが、より多角的に物事を捉え、より良いものが出来ることでしょう。むしろ、凡人はセンスに頼りすぎない方が良いものが出来るのではないかと思う処です。

    byQ at2022-02-11 10:18

  4. nightwish_daisuさん

    興味深い話をありがとうございます。なんだか途中から位相が反転してるのか、指向性がズレてるのか、はたまた歪み率が上昇してるようにも映りますね。レスバトルはご遠慮くださいww

    byQ at2022-02-11 10:19