上奉書屋
上奉書屋
東京都在住のオーディオマニアです。リビングオーディオです。狭いスペースを与えられてやっています。MPS-5,Marklevinson No32Lなどを愛用中。クラシックはほとんど聞かず、ポップス、ラッ…

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気にいられユーザー

日記

Locus design Cynosure USBケーブルの私的レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2011年05月10日

詳細な経緯は省くが、
最近、偶然あるケーブルを借りて試聴する機会を得た。
Locus design Cynosure USBケーブルである。
おそらく世界一高価なUSBケーブルであるが、
その能力は極めて高度なものでインパクトのある音であった。
それにしても、
ただのUSBケーブルに
これほどの音質への寄与があるとは・・・・・・。
やはりオーディオはまだまだ未知の部分が多い。
USBケーブルで音が変わることはありえない
と言っておられる方がまだいるが、
このケーブルを借りて聞いてみれば認めざるをえまい。

外観:
かなり太くてやや硬めだが、とても軽いケーブルである。
銀色の特殊なメッシュに覆われた、
径20mm近くもある線体である。
USB端子を見なければ
ハイエンドのインターコネクトケーブルか、
スピーカーケーブルと勘違いするであろう。
このケーブルの概要としては、
特殊な銀導体にクライオ処理を施し、
様々な素材で
幾重にもシールドしたケーブルと考えれば間違いないようだ。
電源ラインと信号ラインを分けるのもやっている。
外観自体はあまり美しいものとは言えず、
値段と釣り合う外観とは思えない。
それなりにしなやかなケーブルだが、
すこしゴワゴワするので、
とりまわしが非常にしやすいわけでもない。
ノートパソコンにつなげると、線体があまりに太いので、
なにか異様な光景である。

音質:
Windowsノートパソコンと、
中級クラスのヘッドホンアンプつきの
USB DACと組み合わせて聞いてみた。
USB DACに直接ヘッドホンを挿したり、
あるいはライン出力で、
スピーカーから音出ししての試聴である。
対照に国産の一万円オーバーの価格の
USBケーブルも挿して比較する。
なお、今回はおそらくエージングが済んだ個体を借りている。

このLocus design Cynosure USBケーブルを
挿して聞きはじめたとたんに、
出音自体が全く変わってしまう。
あまりにも違う。
まず、高音、低音が1オクターブ以上伸びて聞こえる。
ダイナミックレンジが
聴感上で大幅に拡大したように聞こえるのだ。
それまでレンジが狭いなどと意識はしていなかったのだが、
Cynosureに変えると狭かったことに気付くような感じだ。
全ての音が伸び伸びと鳴るようになる。
また、音の粒立ちが段違いに良くなり、
立体感が明らかに増してくる。
音の解像度もかなり高まり、
音の細部がより詳しく丁寧に描写されるようになる。
サウンドステージの拡張が顕著で、
2倍以上も見晴らしが良くなったように思える。
サウンド全体のスケールアップは確実である。
この違いはヘッドホンで聞いても良いが、
スピーカーシステムで聞くとさらに分かりやすい。
また、このケーブルを使うと大音量が気持ちよく、
軽々と出るようになるため、
ボリュウムをつい上げたくなってしまうが、
かなりの音量レベルになっても
ノイズによるザラザラした感触や歪みがほとんど感じられない。
高域の伸びは実に気持ちよく、
自然なヌケの良さが印象的である。
中域は殊更な主張やエネルギーが集中する感じがなく、
どんな音楽に対しても、
フラットな反応性を維持した素直な印象である。
音には適度な潤いもあり、時には肩の力の抜けた、
カジュアルな一面ものぞかせる。
また、大音量での低域の解像度は高く、
いざとなれば
意外と強靱で高い音圧感のある低域が繰り出されてくる。
PCオーディオでのウィークポイントである、
大音量下での低域の充実感がUSBケーブルを変えることで
補完されるとは驚きであった。
ここのところは
DACのアナログ出力部の能力などによるところも大きいはずだが、
対照のケーブルで比較試聴して差を感じるため、
厳重なUSBケーブルのシールドや線材の選択、
クライオ処理によるところも大きいのだろう。
このケーブルは、
Locus design特有の抜けの良さ、
柔らかさなどの個性で聞かせる部分は確かにあるが、
基本的には音量や音色の変化に俊敏、敏感に反応するため、
音楽ソースのジャンルを選ばない音調だと思う。
非常にシャープで全帯域にスピード感が揃っているのだが、
ジッターの少なさを誇示したような、
輪郭の確かさ、正確さが優先の音とはやや違う。
全体に柔らかく明るい音であり、
基本性能の高さもウリなのであるが、
あくまで聴感上での聞き味の良さこそが、
このケーブルの身上ではないか。
この柔らかさは確かにクセのひとつと見る方もあろうと思う。
確かに
硬く陰影の強い音を望むオーディオファイルには向かないだろうが、
このレベルの音が提供されるなら、
好みや価格はともかく、納得はできるはずだ。
とにかく、本USBケーブルは、
既存のUSBインターコネクトとは隔絶した
素晴らしい音響性能が与えられており、
一度、魅了されると後戻りできないケーブルである。

まとめ:
正直に言えば、
私はUSBケーブルで音質を大幅に向上できるなどということは、
このケーブルを使うまでは全く考えていなかった。
実際、
1mで一万円オーバーの世で言う
高級なUSBケーブルを使っているが、
これはコネクターや線体がしっかりしているから選んだのであり、
音はくっきりはっきりする傾向はあるものの、
大きな違いは認識していなかった。
Locus design Cynosure USBケーブルは90cmで36万円もする。
そんなものに値段なりの音質的価値などあろうはずもないと思い、
無視していた。
しかし、試聴の結果、分かったことは、
このケーブルにはおそらく36万円の価値があるということである。

追伸:
今はPCオーデイオの世界では、
USBケーブルによる接続が全盛である。
私は実はFirewireケーブルを使ったこともある。
Audirvanaを入れたMac proとWeissのINT202を
オヤイデのFirewireでつないでいたのである。
DACはPhasetec digitalのHD7Aである。
これはきちんとした芯のある立派な音となり、
それなりに高度なオーディオである。
しかし、考えてみると
現在では、Firewireは難儀な規格である。
基本的にはMacしか Firewireにデフォルトで対応せず、
WindowsでFirewireカードを使っても、
再生がうまくいかない場合があったり、
Firewire400(6pin)と800(9pin)のコネクターの形状のズレから
アダプターを介さなくてはいけなかったり、
USBケーブルほど多くの種類のFirewireケーブルが
売り出されているわけもないし、
Firewireが接続できないPCが圧倒的多数であるため、
機器の貸し借りが難しいなど、
FirewireはUSBよりもいろいろと制約が多く、面倒である。
それでもFirewireがUSBに対して
圧倒的な音質上のアドバンテージがあればよいのだが、
今回、Cynosure USBケーブルを試聴して、
それは今のところないだろうとの結論に達した。
むしろCynosureを使えばUSB接続の方が音が良くなるだろう。
もちろん、高品質なFirewireケーブルのことも考えた。
Firewireケーブルの質によっても
かなり音が変わるのではないか?
Locus designからも
高音質FirewireケーブルHeraldが出ているからである。
しかし、
最近のMacではFirewire 800(9pin)のコネクターしかないのに、
Locus design のFirewireは400(6pin)に固定されている。
(もちろんINT202も400のコネクターである。)
結局、高価なFirewireケーブルに
貧弱な400~800変換アダプターを
噛ませなくてはいけないという制約がやはりあり、
高音質なケーブルの導入の意味を小さくしてしまう感は否めない。
やはりFirewireは不便である。
さらに今後は、
USB接続で十分にいい音質のインターフェイスなり
DACなりが多く出来てくるので、
この先、Firewire対応の新製品の開発は
Weissなど僅かな企業に限られるかもしれない。
Firewireの将来性もかなり不透明である。
やはり、
ここは素直にUSBケーブルを
買っておくべきなのかもしれない。
ただ、Weissの動向だけは気になるところ。
最新型のMEDEA+というDAコンバーターはFirewire入力があるが、
この音質を確かめてから、
この問題に対する自分なりの結論を出しても遅くないだろう。

追伸:
そうこうするうちにCynosureは
V2という新バージョンになったようである。
聞いてみたいものだが・・・・・・。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんばんわ。

    Locus design Cynosure USBケーブルですが、すごく興味があるのですが値段が値段なだけに、(試聴すら)ご縁がないものと思ってました。

    ので、すごく参考になりました(^^)

    > このケーブルにはおそらく36万円の価値があるということである。

    ね、、、値段なりの効果があるんですね。。。(^^;)
    これは、ケーブルと思わずに 音の良くなる機器と 思うべきブツなのかも?

    と いつか、、、
    PCトラポでそれなりの音が出るようになったときの心の準備だけは、しておこうかと 無謀なことを考える今日この頃です(^^;)

    byの~てんき at2011-05-11 18:29

  2. の~てんき様、レスありがとうございます。
    このケーブルはつないですぐに違いが分かるタイプの
    凄いケーブルです。36万円は伊達ではありません。
    そのうち手に入れたいと思っています。

    by上奉書屋 at2011-05-11 19:50