ジュン
ジュン
レコード音楽と車が大好きなおじさんです。

マイルーム

マイルーム
マイルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / その他 / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
狭い部屋ですが、4セット組んであります。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

日記

ある意味期待通りだったミューザのパイプオルガン

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年06月16日


この前の日曜日(21年6月13日)、地元ミューザまでサンサーンスの第3交響曲を聴きに行ってきました。
この曲は大好きな曲でして、レコードでは7枚所有しています。

初めて聴いた時、「死ぬまでにとにかくナマで聴きたい!」と思い、サントリーホールがオープンした時にやっと夢が叶いました(オケは早稲田)。

個人的にはオーケストラはあまりこだわらず、とにかくオルガンの迫力如何です。
レコードでもジャケットを見て音の良さそうな?盤を選びました。例えば、

1枚は録音風景で、もう1枚は45回転重量盤に魅かれて。

そして、演奏会当日。

結果、やはり迫力不足。サントリーと似たり寄ったり。
upした写真は座っていた席から撮ったもの。
パイプからはかなり遠いです。
そういえば、なんの曲か忘れましたが、以前仕事で習志野文化ホールに行った時、
ゲネプロの時に上手オルガンの下辺りで聴いていたら大迫力でした。

因みに私の好きなレコードは、ミュンシュとカラヤン

カラヤン盤は火事で話題のノートルダム大聖堂のオルガン別録り。
暴力的オルガンが聴けます。
また、ミュンシュ盤は終楽章マエストーソになってからのシンバルが凄くて痺れます。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ジュンさん、

    こんばんは。

    私もミューザ川崎はお気に入りのホールなのですが、オルガンに関してはいい印象がありません。
    一度オルガンのコンサートということで期待していったことがありますが、全く迫力不足でした。
    もしかするとその時演奏された曲のせいかもしれませんが…これならウチで聴いた方がましなんて不遜なことを思ってしまいました。

    オルガンの最低音は私の持っている音源では約17.5Hzまで出ているようです。

    https://community.phileweb.com/mypage/entry/3806/20160605/51512/

    これはC#なのか…専門家のジュンさんにはお分かりになると思いますが…

    ミューザ川崎のオルガンではそこまでの低音が出ないのかもしれません。
    フィラデルフィア・オーケストラのホールで聴いてみたいのですが実現の可能性は低いです。(笑)

    byK&K at2021-06-17 01:01

  2. おはようございます。

    実はエッシェンバッハのSACDは持っていたのですが、処分してしまいました(後悔)。

    今迄に何回も記しているカラヤン盤なのですが、某アマゾンのCD評等では「オルガンの音量が小さ過ぎる云々」と信じられないコメが有ります。どうもオルガンに関してはレコード初盤が1番凄いみたいで、私は輸入盤が入荷したとの情報が入るや否や、秋葉原の石丸電気(懐かしい!)まで買いに行きました。

    パイプオルガン備え付けのシンフォニーホールって、見た目はカッコいいのですが、聴いてガッカリのところが多いのでしょうか。
    やはり大聖堂とかで聴かないとダメなのでしょうか。

    このところ、生のオーケストラ曲を続けて聴いていますが、先日、「運命」の1楽章で感動して泣いてしまいました。
    あの感動をもう一度。
    7月1日にはプロのオケ(東響)の5番を聴きにミューザまで行って来ます。

    byジュン at2021-06-17 09:49

  3. こんにちは。
    ミューザでパイプオルガンの迫力が無かったとの感想ですが、生演奏で「ど迫力」を求めるのはちと酷かと(笑)
    それにミューザは空間が広大なので音が飽和しないのが迫力不足に聞こえるかもしれませんね。

    by椀方 at2021-06-17 10:59

  4. こんにちは。

    ちょっと前に聴いた、レニングラードがもう物量作戦で1楽章は「阿鼻叫喚」「魑魅魍魎」。わけわかんなく(スネアは機関銃、グランカッサは戦車とか)凄かったので期待してしまいました。
    やはりパイプオルガンから離れているいうのが一番大きいのではないでしょうか。
    この手のホールではあまり期待するのは辞めることにしました。

    byジュン at2021-06-17 11:10

  5. こんにちは。

    オルガン付の曲で、実際のナマ演奏を聴きに行くとがっかりすることが多いようです。私も、サントリーホールでN響の「ツァラトゥストラ」を聴いてそういう体験をしました。まあ、言葉を選ばずに言えば、「バカ派手なオーディオの誇張に毒されている」ということです。

    もし、オーディオ的なバランスや迫力で聴きたいと思えば、出来るだけオルガンに近い席を取ることです。ミューザなら2階バルコニーのオルガン真下のP席。そこが着席できないようになっていれば真横の席です。

    ミューザのオルガンは、3年ほど前に大規模な改修が行われています。

    https://community.phileweb.com/mypage/entry/2408/20190705/62895/

    オルガンのソロ・コンサートの方に寄せた改修だったので、オーケストラとの共演としてはさらに地味になったかもしれません。ぜひ、ソロコンサートにも足をお運びになってはいかがでしょうか。

    byベルウッド at2021-06-17 17:03

  6. こんばんは。


    そうなのですよね。パイプの近くに座れば大きく聞こえる。
    考えてみれば当たり前の事。
    実はミューザの聴こえ方の解説にもそのように記してありました。
    席を決めた後に知ったので後の祭りでした。

    次回は心して席を確保したいと思っています。

    byジュン at2021-06-17 19:50

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする