「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
ヒジヤン
ヒジヤン
昔(小・中・高・大学時代)大好きだったオーディオに、近年再度はまってしまった者です。

マイルーム

見直し中
見直し中
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
今は大分変っているので、削除しました。
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

「Praga Digitals」- 高繊細 と 番外編:アースの話

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月18日

今週は小編成曲ばかり聴いています。理由は、先週行った出川式電源の出川さんの工房で聴いたCDの音がとてもよかったからです。

高繊細と表現すればいいのか、弦楽器の弦が振動して鳴る音と弓と弦が擦れる音が適度に分離して聞えて来て、生々しくもあり、心地よくもありました。それでいて適度な距離感を保ちながら、立体的に聞えて来たのです。ある意味、実演を聴くよりも高繊細な音でした。

出川工房では、電源周りはオール出川式電源なのは当然ですが、特徴的なのは励磁型スピーカー(電磁石式スピーカー)だと思います。以前に同一スピーカーで、永久磁石式と電磁石式の音の違いを聴かせてもらったことがありますが、電磁石式は細かな音にも反応よく、実の詰まった澄んだ音となる印象でした。

この魅力的な再生は、ソフトの良さとハードの良さの相乗効果と感じましたが、フルレンジの電磁石式スピーカーだからこそ聴けたものなのか、自宅ではどのように聴けるのかを確かめたくなったのです。このソフトを持ち込まれたベルウッドさんに確認したところ、Praga DigitalsレーベルのCDだが、なぜこの音源を購入したのかは覚えていないと言われていました。

1)シューベルト:ピアノ三重奏曲/グァルネリ・トリオ 2003年録音盤
すぐにでも入手したくて、聴いたその場で通販を調べてみると値段が高かったので、その場は躊躇しました。帰宅してから調べ直してみると、中古のSACD盤が安く出ていたので早速注文です。自宅で聴く感覚は、出川さんの工房で聴いた時ほどのインパクトはなかったものの、十分な高繊細さで満足でした。これほどの音で聴ける音源なら、初めて聴く曲でも音に浸るだけで楽しめると思います。目の前で演奏するような心地よさで幸せな気分になれるのです。

「PragaDigitalsレーベル」はこれまでにも名前は耳にはしていましたが音の良さに惹かれて急速に興味が高まりました。そこで、インターネットを調べてみたところ下記とあります。

・1991年にフランスの音楽学者と音楽出版社が共同出資で設立したフランスの高音質レーベル
・当初はロシアの音楽家がチェコを訪れた際にプラハ放送局が録音した音源を中心に発売していた
・2000年以降は主にチェコの奏者たちを起用した室内楽の新録音を中心に制作してきた
きな臭い話としては下記の話題もありました
・DGのムラビンスキーの音源を板起こししたものを、ピッチを1.02倍して別音源として販売するなどの詐欺的な音源もあるらしい

確認してみると、手持ちのDiscの中にも、Praga DigitalsレーベルのDiscが何枚かありました。未開封のままラックに入っていたものもあり、改めて聴き直してみると小編成の弦楽は、演奏も録音もいいものばかりです。初めて聴く曲でも音楽の中にいるだけで幸せな気分になれました。その中で特に気に入ったDiscは下記のものです。追加で注文もしてしまいました。宝の山です。

シューベルトString Quartets
モーツァルトString Quartets
ブラームスString Quartets
小編成の室内楽に優れた録音がある「Praga Digitalsレーベル」ですが、創設者が2018年に死去後は新譜制作を停止しており、基本的に在庫終了で活動停止するとのことです。各所でセール販売をやっているので在庫も減ってきている模様でした。今後は手に入りにくくなることが予測されますので、興味がありましたら早めに入手しておくことをお勧めしたいレーベルです。



番外編:アースの話(私見)
アースループ、アースループと腫れ物に触れるように言われている方を散見しますが、これは絶対悪なのでしょうか?

逆説的に言えば、このアースループを恐れるがあまりに今のオーディオで実施されている1点アース(実はただの直列アース)が最良なのでしょうか?
私には、はなはだ疑問です。そのように考える理由を書いてみます。
オーディオ機器の1機種だけから大地アースに接続することを考えた場合、下記のデメリットが考えられます。

1、他の機器(特にデジタル機器)が内部で発生させたノイズ成分を、機器間のアースラインを連結をすることで、ノイズを他の機器に回しこんでしまうこと

2、大地アースに接続している機器よりも、他の機器の電位が低い場合には、低い機器から大地アースには落ちない。加えて、電位の高い機器からアースラインを通じて低い機器に流れ込んでしまう。言い換えると、大地アースの機能が働かない場合があるということ


一方で、多点アースを実施した場合はアースループの可能性のデメリットが考えられます。(回路的に繋がった時にアースラインの中をループする可能性があるが、やってみなければわからいない現象)

3、電位が高い機器からアースラインに流れた電気が電位の低い機器に流れ込み、その影響で電位が上がると、電位が高かったはずの機器に戻りループする現象
(ただし、1点アース(実は直列アース)でも、2の場合に同じ現象は起こるが、アース出戻り現象なので悪影響は小さいと想定する)

4、アースラインで囲んだ領域に電磁波が通るとノイズを拾うと言われている。影響の大きさは不明。

上記から、1点アース(実は直列アース)と多点アースには双方にデメリットがあり、どちらが効果的かはやってみないとわからないと言うことになります。ただし、比較が大掛かりとなるので、気遣いなく実施するなら1点アース(実は直列アース)がよいように思えるのですが、これはアナログ時代の遺産ではないかと考えています。

現在では、デジタル機器が増え機器内のノイズが増えているため、機器間にノイズを回し込んでしまう悪影響が大きいと想定します。現在のオーディオでやられている1点アース(実は直列アース)はデジタルノイズの回り込みにより、音質的にアナログ時代と比較してかなり不利となっていると推測できます。

アースループの弊害の中で、発信や音のなまりはNGだと思います。でも、このような現象が発生した場合は接続の見直しを図って対処が可能です。耳に聞こえないような影響よりは、デジタルノイズ等をアナログ機器に流し込むことによる音質悪化の方が大きいはずなので、聞えないような影響は無視してよいと考えています。(耳に聞こえない影響と耳に聞こえる影響の違いです)

ですから、オーディオ機器と大地間のアースをどのように繋ごうが、考えられる弊害要素は沢山あると教科書には書かれていますので、諸々の影響を総合した結果である音で判断することが大事だと考えています。

現在のオーディオ事情を踏まえて考えると、真の1点アース=機器毎にアースを取り、1点のアースに流し込む方法が良策と考えます。まずはここからスタートして、問題や更なる向上策があれば改良を進めるのがよいのと思うのです。

ちなみに拙宅の現状のアース接続は下記としています。


以前の日記にも貼りましたが勉強用のリンクです。
①村田製作所ノイズ対策基礎講座

②北川工業グラウンディング対策

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ヒジヤンさん、お考えよくわかりました。
    僕も耳で聴いてメリットがデメリットを上回っていれば、それでいいと思っています。
    メリットだけ、デメリットだけという方式はありません。
    数字や定説に振り回されず、自分の耳を信じることは大切だと思います。

    byせんべい at2020-03-18 20:38

  2. ヒジヤンさん

    図の中で、AMPからのエンジ色のライン、CDPの2系列の仮想アースからの2本の黒のラインをやめて、AMPの仮想アースから配電盤経由で大地アースにつながっているラインだけにしたらいかがでしょうか?そういう結線を試してみて、現行と比較されたことはありますでしょうか?

    アースループはできるだけ作らないという原則からばすれば、配電盤につなぐアースラインは1本だけにした方が音が良いというのが予測なのです。本当にそのセットアップに比較して、現行の3x2x1=6のループが存在するセットアップの方が本当に聴感上のメリットがあるのでしょうか。

    特に音は悪くならないというのならば幸いで、それはそれまでですが、現行のようにループがあった方が、むしろ音が良いというのなら、それはまさに従来の様々な知見を覆す新展開だということになります。

    byベルウッド at2020-03-18 21:03

  3. ヒジヤンさん

    アース論議はさておき、出川工房訪問は楽しかったですね。いつものことながら、いろいろ発見もあり勉強になります。

    私にとって、特に、興味深かったのはシーメンスのアクティブ・フィーダーの一件でした。出川式電源の音の良さもさることながら、同型2機でどうしてこんなに音の差があるのか不思議でしたが、後日談を聞いて2度びっくりでした。


    グァルネリ・トリオのシューベルト、いいでしょう?!

    恥ずかしながら、この録音の良さに驚いたのはごく最近のことです。やはり、システムが進化するとこういう「発見」があります。特にCDPのサテライトアース(真ちゅう化&デジ・アナ・ダブル化)の効果が大きかったです。

    このソフト、どこでどうして購入したのかが思い出せません。普段、買っているアマゾンの購入履歴をチェックしましたが痕跡はありません。タワーレコードにもありません。どうも、直接、どこかで購入したようです。

    そうすると、もしかしたら、プラハとか海外に出かけたときに、土産がわりに物色していてたまたま購入したのかもしれません。よく見ると、リーフレットには小さな字でチェコ製(Made in Czech Republic)とクレジットされています。

    リーフレットにはよく見ると、“ORIGINAL PRAGA STUDIO SACD RECORDINGS”とか、“harmonia mundi distribution”とか書いてあります。ヒジヤンさんが入手したのは、オリジナルSACD盤なのでしょうか。とにかく複雑な製作・流通のようです。よほど注目された音源なのでしょう。しかも、インディならではのマニアックな形で。

    ヨーロッパ音源の奥の深さとか、相互の製作・販売・流通の絡みの複雑さならではの懐の深さを感じさせます。こういうことがBREXITとか、今回のコロナウィルスで、昔のように寸断されてしまうのでしょうか。感慨深いです。

    byベルウッド at2020-03-18 21:47

  4. せんべいさん、レスありがとうございます。

    せんべいさんの徹底した「やってみる」スタイルには頭が下がります。それでいて論理だてもしっかりされているし、さすがJOGO音響研究所だと思います。

    世の中が変化しているので、過去によかったことが今もいいとは限りませんよね。このような流れは、オーディオ業界よりも今が旬の業界が進んでいる気がします。

    たわしの効果についてはすごい発見です。調べてみると、かなり以前に試された方もいるようですが大きな話題にならなかったのは、現在のようなノイズまみれな環境ではなかったからかもしれません。

    >メリットだけ、デメリットだけという方式はありません。数字や定説に振り回されず、自分の耳を信じることは大切だと思います。

    まったくもって同感です。

    byヒジヤン at2020-03-19 12:11

  5. ベルウッドさん、レスありがとうございます。

    アースループの弊害を否定するつもりはないのですが、時代の進展とともにデジタルノイズのアナログ回路への回り込みの影響が大きくなっているのではという問題提起です。事実、電子機器回路の世界では、直列アースの否定と真の1点アースから多点アースの推奨に進展しているようです。

    また拙宅のアースについてのアドヴァイスいただきありがとうございます。まだ試せていないのは、アンプの電源ラインの3Pinアースの是非のみです。試せていない理由は、簡単な分解工事をしなくてはならないことと、今のサウンドがまとまっているのでバランスを崩したくなくて腰が上がらないからです。

    試してみようと思う理由は、アースループの懸念ではなく、電源ラインの汚いアースをシャシグラウンドから分離した方がいいのではないかという仮説からです。

    同じ理由から、ベルウッド邸のプリアンプからの1点アース(実は直列アース)では、下記を試してみてはどうかと思います。
    ①PC系統のデジタル部分のアースラインとアナログ部分のアースラインの分離(デジアナ分離)
    ②アナログ系統では、機器毎にアースを取る1点アース化

    真の1点アース化の話は、別に新展開でも何でもなく、島本さんにアース工事をしてもらった時に教えてもらったことです。
    「まずは機器毎にアースをつないでください」
    「もし発信などするようなことがあったら、出来るだけ真ん中の機器のアースをつなげてください」
    アース工事をこれまで多数こなしてきた出水電器の経験値からのアドヴァイスにしたがい設置したところ具合がよく、アースループの弊害もなかったです。

    →つづく

    byヒジヤン at2020-03-19 12:39

  6. その後に、独自に多点でアースを取ったらどうなるかの実験を進めたところ、更なる音質向上が図れました。アースループが起きた時もありますが、接続を変えれば対処が可能でした。上手くつなげば多点の方が音はいいのです。

    これまでに試してきたノウハウを生かして、金属たわしアースの採用で全面的にアースラインの見直しを図りました。一つ一つ付けたり外したり確認していくと、以前とは全面的にラインが変わりました。これはアースループの影響ではなく、すべてのアースラインに金属たわしを介して大地アースにつなげることが効果的だったのです。おかげさまで、今は絶好調なサウンドに浸っています。

    以上から、自分の経験値ではアースループの心配を前提にアースを考えるよりは、音質重視でアースを考えた方がよいというのが結論です。

    byヒジヤン at2020-03-19 12:41

  7. ベルウッドさん、日曜日はお疲れさまでした。

    出川さんの工房も久しぶりでしたので、その変身ぶりに驚きました。フランス製の電磁石式のフルレンジユニットの音の変わり方は目を見張るものがありました。箱の違いが如実に出ていたと思います。

    自分が印象的だったのは、マグネット式の電源ノイズ除去ユニットと、大きく太いが安い真空管のパワーアンプです。それまで高域の癖が耳についていたのですが、このアンプに替えたら気にならなくなり音楽に浸れるようになりました。

    ちょうどこのタイミングに、ベルウッドさんが持ち込まれたPraga DigitalsのCDを聴いたのだと思います。シーメンスのアクティブ・フィーダーの音質の件は、このCDのことに気がとられていてよく覚えていません。入手して自宅で聴いてみることに、心奪われていたようです。

    おかげさまで、このDiscも入手できましたし、他のPraga Digitalsの掘り起こしや新しいものの入手もできました。聴いたことがない曲でも、よい演奏とよい録音で音楽の中に浸れます。今週はPraga Digitalsの室内楽だけを聴いています。

    自分が入手しているのは初版盤のSACDです。それでも、”harmonia mundi”の名前は入っていますね。ベルウッドさんが言われるように、複雑な製作・流通なのでしょうね。

    難しいことはよくわかりませんが、この幸せになれる音源は毎日1枚のペースで、すでに4枚新規に購入してしまいました。全部当たりです。無くなる前に入手しておいた方がいいですよ(笑)

    byヒジヤン at2020-03-19 18:53

  8. ヒジヤンさん

    エンジ色のラインは、電源の3Pの中点(N)ラインのことでしたか。もしそうでしたら、日本製アンプなので十中八九はシャシーグランドに落ちていません。このラインは存在していないと思います。上ぶたを外して、電源ソケット部を確認してみてください。見るだけなら簡単な作業です。


    当方のことですが…

    ①PC系は…

    純デジタルです。DACとはUSBで接続していますが、これはiFiAudio/iDefenderでパワーラインは完全に縁切りしています。

    それでも、DACとつながるPCには、さらにサテライトアースを導入していて、かすかながらその成果は感じ取れます。そのことは、先日、のびーさん、Harubaruさんに聴感していただきました。

    一方、DACの方ですが、今回、S/PDIF入力からデジタル系のサテライトアースを追加したことで、著しい効果を体感しております。(直近の日記をご笑覧ください。)


    ②アナログ系統は…

    すべて、バッテリー電源ですので、電源系のグランドには全く共通インピーダンスが生じません。そのことは、私のシステムの自慢です。

    信号系は同軸ケーブルのシールドでプリ~デバイダ~パワーでグランドがつながっています。ケーブル(シールド)はすべて導体抵抗があるので仰るように「直列」ということにはなります。ただし、これは、アースのもうひとつの機能である、各機器の電位をそろえるということがあるので、シールド&電位という観点から外せません。そのラインは、前回、ダブル・アースを一点アースに取り入れて、ここも著しい効果を体感しています。

    また、それ以前に、パワー~スピーカーには、バッテリー電源の出川式LCM+キャパシタ回路のグランドからのサテライトアース、両スピーカーの(ー)端子(L/RxH/L=4)にサテライトアースを4個すべて独立で導入しています。ここもそれなりの効果を上げていますが、ただいま、新たなアイデアを試みていて絶賛試聴中(笑)です。


    仮想アースの最大の利点は、アースループを作らずにアースを強化できることだと考えています。だからこそ、「サテライトアース」と呼んでいます。

    ループを生じさせた過去の数々の苦い経験から、ループには最大限配慮しています。

    byベルウッド at2020-03-20 12:47

  9. ベルウッドさん、今日は仕事に来ています(泣)

    アンプは出川式電源に改造する時に、Shunさんに「アースをとってください」とお願いしたんです。どのように繋いだかは聞いていないのですが。。。

    だから、いずれ試してみようと思っています。

    byヒジヤン at2020-03-20 12:53

  10. ヒジヤンさん

    チョー遅レス失礼いたします。

    ようやくグァルネリ・トリオのCDをどこで買ったのかようやく思い出しました。実はこのトリオを実際に聴いているんです。例の町田のサロンでした。そこでその実力に感服して、会場で買ったんです。すっかり忘れてました。

    http://community.phileweb.com/mypage/entry/2408/20160930/53017/

    byベルウッド at2020-04-06 15:26

  11. ベルウッドさん

    グァルネリ・トリオを町田のサロンで聴かれたのですか。いいですね。あのように小さな場所で聴けるというのは贅沢なことです。

    しかもコンサート会場で記念に買ったDiscが音質も極上というのは稀なことだと思います。お宝Discになりますね。

    byヒジヤン at2020-04-06 18:23

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする