ヒジヤン
ヒジヤン
昔(小・中・高・大学時代)大好きだったオーディオに、近年再度はまってしまった者です。

マイルーム

見直し中
見直し中
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
今は大分変っているので、削除しました。
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

電研トランスのカスタマイズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年03月19日

オーディオ用のケーブルを支給して製作してもらった電研<<ノイズカットトランス>>ですが、切りっぱなしのケーブルを装備しているだけですので、使用するにあたっては少しばかり作業が必要です。自分で作業するならカスタマイズしたくなるのが趣味心かもしれません。(特注<<ノイズカットトランス>>日記の続きです)

ベース仕様は下記です。
電研精機<<ノイズカットトランス>> NCT-I1 200V/200V 1.5kVA仕様 1次ケーブル:標準品 2次ケーブル:銅単線品

カスタマイズの方向性を決めるために、まずは1次側にプラグを取り付けコンセントにつないでうなり音を確認をしました。
※うなりの確認は1次側にのみコンセントにつなげば可能です。

<100V電源への接続>
・200V用トランスに100V接続ではまったくうなりません。耳を近づけてもほぼ無音でした。
・試しに半波整流の電熱ヒーターを同じコンセントに接続してみたのですが、MAX(900W)でかすかにうなり音が聞こえ、MIN(半波整流最大450W)で若干うなりが増える程度でした。
・200V用のトランスを100Vで使用すれば、うなりの影響は皆無と言えそうです。ノイズカット性能がどうなるかはわかりませんが、うなりが気になる場合は200V用のトランスを100Vで使用する手もあるのでしょうか?特性がどうなるかは確認していません。

<200V電源への接続>
・200V接続ではうなります。100Vトランスよりもうなり音は大きかったです。100Vトランス/100V給電の倍くらいの大きさに感じました。
・上記から、うなり低減のカスタマイズは必須としました。

予備確認から、対策の優先度を 1:うなり音低減、2:防振処置、3:追加ノイズ対策としてカスタマイズすることにしました。

まずはケーブルに接続用のプラグを取り付けることから始めます。
《1次側プラグ取付》
・ビボルオーディオ ロジウムメッキプラグ取付(15年使ったオヤイデのロジウムメッキは剥げていました)
→200V用のコンセントタップは隠れた場所にあるので点検がしずらいためロジウムメッキ品を採用しました。
・時間帯によるうなり変動防止用として、ヴィトロパームコア&ノイズ吸収材取付
→うなりの変動はノイズ影響と捉え、トランスに入る前のノイズ低減が狙いです。3ターン巻いてます。

《2次側プラグ取付》
・オヤイデ無メッキインレット取付
・ノイズ対策補助用として、アモルメットコア&ヴィトロパームコア&ノイズ吸収材取付
→<<ノイズカットトランス>>でノイズ低減効果はほとんどが決まると思われますが、カスケードする予定もないため、余りの部品を気持ちから採用しました。音質的に不満が出たら外す予定です。
・2次側のノイズフィルター:出川式MNRは外しました。
→瞬時の電流供給を優先するためです。

《トランス本体》
・うなり音低減用として、本体の薄肉プレート部にレアルシルト貼付(透過音、漏れ音、共振音の対策)
→200V使用でのうなりはトランスコア伸縮による、50Hz基音と倍音が主体でした。
→レアルシルト取付は、コア部から薄板を抜ける音の遮音&ケース合わせ目からの漏れ音防止、及び薄肉プレートの共振音低減が狙いです。
→うなり音の低減効果はそれほど大きくないですが、ブルー&シルバーの色合いが気に入っています(笑)

《トランス防振台》
・トランスをアルミ板(200×200mm 厚さ10mm)に瞬間接着剤での点接着と導通アルミテープで固定
・アルミ板下面は、αゲルでフローティングし、エプトシーラーで揺動防止を実施
→アルミ板は土台を固めるとともに、仮想アースとして使用しています。
→フローティング&揺動防止のマウントは、音質的に好ましいことを確認済みの手法で水平展開しました。

以上が、カスタマイズ項目です。まずは空きスペースに収まりました。
アンプへの電研<<ノイズカットトランス>>からの給電なので、効果が出なかったらどうしようと、ドキドキしながら念入りに準備しての音出しと相成りました。

さて、その結果は・・・
キター!と思ったら、ガクッとしたりで初期エージング期間の音の変動が大きく、安定するまでは音の評価は避けた方がよさそうです。でも、桜満開の予感が・・・

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ヒジヤンさん

    プラグ回りの補助対策が凄いですね。

    そうか、アモルメットコアを使う手もあったか。
    うちにもいくつか未使用のものがあるので、自作電源ケーブルに付けてみよかしら。

    byLocomo66 at2021-03-19 21:26

  2. Locomo66さん、やりすぎかも(汗)

    アンプ用の電研トランスの効果がよくなかったらどうしよう(汗)と思って最初から手持の材料でフルOPTにしてしまいました。後から徐々に外していく手法になりそうかな?

    ですが、音のほうは予想から大きく外れ、良きにつけ悪しきにつけ激変です。こういう時は危ないので様子見しています。

    もしかすると、これがフル電研の効果かもしれません。

    byヒジヤン at2021-03-19 21:42

  3. ヒジヤンさん こんばんは

    私が1kVAを初めてアンプに試したときと似ているかも?
    直感ですがトランスが温まってからが本番。(熱膨張が必要な予感)
    その後はずっと通電したままなので冷やして確認はしていないのですが・・・

    とりあえず使用開始してから8時間は様子見ですね (^_^)ゞ

    bynightwish_daisu at2021-03-19 21:59

  4. nightwish_daisuさん、レスありがとうございます。

    パワーアンプに適用されたときの音の変化は日記で拝見&YouTubeの音も確認していました。1日たったくらいで大きく変わるんだろうなと。

    自分は、
    1、火曜日の夜に到着したので、その日から1次側だけ200V給電しました。
    2、水曜日にカスタマイズは済ませ、音だし開始しました。
    3、木曜日は音が悪化していました。
    4、今日の金曜日はいい感じですが、まだ硬いです。
    もう、70時間くらい通電しています。

    それにしても激変なんです。

    byヒジヤン at2021-03-19 22:21

  5. ヒジヤンさん こんばんは

    70時間経っても落ち着きないのはオカシイ。
    当初の計画通りVitropermとアモルメットは取り外すのが良いと思います。
    そのうえでノイズカットトランスを大地アース接続。

    どうしてかとというと、アース線を流れるノイズ電流をVitropermが邪魔している事を疑っているからです。また、出水電器さんのアンプは 『大地アースして本領を発揮』 すると思っています。大地とアンプ間は0Ωが理想で、Vitropermなどのコアでその経路のインピーダンスを上昇させない方が良いと想像しています(^_^)ゞ

    bynightwish_daisu at2021-03-19 23:16

  6. ヒジヤンさん

    やりすぎです(笑)
    ノーマルから必要なら増やしていく方が効率良いし基本ですよ。

    なーんちゃって(爆)

    かくいうアタシも機器が分電盤小ブレーカー直で、1次側50cmじゃ届かないので、HDDプレーヤー用には小さいラックを作って棚板上段にトランスを固定してなんとかブレーカーに繋げました。
    DAC用には1次側延長して、同じく小ラック下段に固定&ウェルフロートに載せてます。
    そして足元や重石の種類とか何やってもコロコロ変わりました。

    入れた直後はまぁ低域の分厚いこと。
    スケール感ふた周りぐらい大きくなって、聴きやすいのに圧倒される感じでした。
    ただ高域煩くなってしまって焦りました。
    コレはDCクリーナーとの相性だった様で、外したら消えました。
    ヴォーカルの口も自然な位置に移動、全ての要素がレベルアップして、ひと言で言うとスケールアップ、コレに尽きます。
    DAC用のAC200V/DC15Vのアナログ電源に300VAでさえコレですから、アンプ用のでっかいトランスじゃ暴れが落ち着くのも時間かかる気がしますし、激変してもおかしくないと思います。

    byデーンちゃん at2021-03-19 23:18

  7. もしコアを外したくない場合は、いま恐らくL1、L2、E(アース)の3本すべてをコアに通している?ところ、E(アース)だけはコア通しから除外しましょう。既にそのようにされている場合はご容赦下さいm(_ _)m

    bynightwish_daisu at2021-03-19 23:34

  8. nightwish_daisuさん、再レスありがとうございます。

    アース接続ですが、
    1)トランスは1次側のみ電源のアースで接続しています。2次側は、2芯ケーブルで接続しているので、電源のアースは繋がっていません。

    2)アンプはシャシグランドからアースを大地に落としています。理由は、電源のアースで大地に落とすよりもシャシグランドから落とした方が音が良かったからです。事前に出水電器さんにはお話して、シャシアースの端子も特注しています。

    1次側のトランスのアースは、保安用のアースなのでコアの影響は問題ないと思っていますが、様子を見てコアは外してみます。

    なお、シャシグランドから大地へのアースは、コアの介在はないです。

    byヒジヤン at2021-03-19 23:45

  9. nightwish_daisuさん、追加レスの件です。

    3本通しています。
    ですが、先に返信しましたとおり保安用のアースです。明日以降で安定しなかったら外してみますね。

    byヒジヤン at2021-03-19 23:48

  10. デーンちゃん、同じです。

    1日目:低域の分厚いこと。スケール感ふた周りぐらい大きくなって、聴きやすいのに圧倒される感じでした。

    2日目:高域がうるさくなりました。

    3日目:高域が落ち着いて来ましたが、まだ硬いです。

    そして、凄いスケール感で圧倒されています。ひっくり返るほど!
    でも、何か安心しました。このまま落ち着いて、音が柔らかくなれば、バンザーイ!という感じです。

    どうせ作業するなら・・・と最初からと欲張りましたが、電研トランスは3台目ですし、これまでのKKDでやってしまいました(汗)

    明日1日様子見します。

    byヒジヤン at2021-03-19 23:57

  11. ヒジヤンさん 予想が大きくハズレて面目ございませんでした m(_ _)m

    ほかに不安定の要因がないか思いを巡らせますと、アンプとその他の機器それぞれの対地電位です。もちろん、それぞれが同じなのが理想ですが、ノイズカットトランスで2次側は別世界になっていますので、RCAまたはXLRケーブルでのGND接続頼りなところがあります。

    200Vに極性はありませんが位相はあります。そしてアンプのトランスの巻はじめ巻き終わりで対地電位が少し影響します。
    周りくどいことを書きましたが、なにが言いたいかといえば、
    100Vシステムのコンセント極性は全て正しいという前提のうえで、200Vのプラグをひっくり返してみる(位相を反転)させてみると、100Vシステムとの電位差が縮まって改善するかも? 良くなるか、悪くなるかの丁半博打です。
    結果は100Vシステム側の機器の極性が全て揃っていれば分かりやすいはず?です(^_^)ゞ

    bynightwish_daisu at2021-03-20 00:12

  12. ヒジヤンさん

    以前質問した時の電研精機の担当者からの回答です。

    >NCT-I1型は一次側も二次側も共に絶縁されておりますので、ホット・コールドの
    取り扱いはしておりません。
    NCT-I1型は加極性で、一次側・二次側の電力には180度の位相差があります。
    商用電源や周辺機器との位相制御を行っていない機器であれば、どちらをホットとして
    扱っていただいても構いません。
    その上で、敢えてホット・コールドで取り扱うとすれば、コイルの巻き始めが
    最も鉄芯に近く、高周波に対するグランドインピーダンスが低くなりますので、
    巻き始めである黒線をコールドとし、白線をホットとして扱ってください。

    ご参考まで。

    byデーンちゃん at2021-03-20 00:13

  13. ちなみにDAC専用なので全く唸りません。
    HDDプレーヤー用は結構唸ってて、無音時に試聴位置で微かに聴こえるぐらいです。
    バッテリー駆動にして他に回そうかなぁ…

    byデーンちゃん at2021-03-20 10:36

  14. nightwish_daisuさん、ようやく音が安定して来ました。

    70時間の通電も殆どがアイドリング状態でした。しっかり電気を流したためか、殆ど変化しなくなりました。まだ音的にベストとは思えませんが、アンプへの電研<<ノイズカットトランス>>採用効果は充分な手ごたえがあります。

    CDPのときもそうでしたが、本当に落ち着くまでは1ヶ月くらいかかります。そこまでは待てませんが、この先はタワシでちょちょいのちょいです。最終的な音の評価は追って報告します。

    対地電位は、テスターの片側を手で持って測る簡易測定で、以前から差はあります。その点は以前と同等でした。

    電源の位相合わせは、電研さんからはケーブルを繋いだだけで、何も印はなかったので、1次と2次を白合わせで接続しました。プロの仕事なので、当たり前の世界かなと考えたためです。ですが、一度はひっくり返してみて確認した方がよいですね。今は音の変化を観察しているので、何も弄らないようにしているので今後に確認してみようと思います。

    ただ自分は職人なので、接続してすぐに音で確認しています。きちっと立体的な定位が出るかがチェックポイントです。音色を聞いてもわからないですからね。

    コメントをいただいたことは、知らなかったことも多く勉強になりました。さて、次はnightさんの2kVAですね。どんな報告が出てくるか楽しみにしています。

    byヒジヤン at2021-03-20 14:15

  15. デーンちゃん、100V CDPの時と音の変化の仕方が違ったので、少し焦ってしまいました。

    ようやく音が安定して来ました。ですが、1日目のあの怒涛の音が忘れられません(笑)今は高域のあばれが落ち着き、音色も柔らかくなってきましたので、あの仰け反るような音ではありません。

    自分のイメージでは、タワシをちょこっと弄ればマイサウンドの完成かなと思っています。でもね、ブツが届いてからカスタマイズして、音の変動を追いながら、身を震わせている時間が一番いい時かな~なんて思ったりもします。

    電研さんからの情報もありがとうございました。へー、そうなんだ、と思いました。

    うなりの件は、デーンちゃん宅では200V使用でもうなりは出ませんか?ウチでは200Vの方が音は倍くらい大きいです。うなりの方も初期エージング時点での変化が大きく、この変化が出音とも相関があるようで面白いなと感じています。こちらも音の評価と合わせて報告しますね。

    デーンちゃんの電研トランスの諸々報告もお待ちしています。

    byヒジヤン at2021-03-20 14:30

  16. nightwish_daisuさん、日記にレスを書いていたら途中からレス禁になっていました。せっかく書いたので、こちらに転載しておきます。

    学者ですね。論理的思考が課題という指摘が出てきたときには驚いてしまいました。

    自分は職人的であると思っていますが、ひとつのモノを題材にして、様々な人が個々の視点で見て、聞いて、考え、感想や意見を述べ合うのは楽しいですね。その方の個性もわかりますし、自分にないものを知り、別の視点から考えてみるのはとても勉強になります。

    電研さんも、Phile-Webの情報を確認されているようですので、民生オーディオ用としての製品を開発する方向に進んだりすると、更なる発展も望めますね。

    byヒジヤン at2021-03-20 15:51

  17. ヒジヤンさん レスありがとうございます。

    いいえ、学者なんぞではありません。ただ、インターネットには何でも情報がそろっているのではなく、貴重な情報は、ヒトや書籍だけが持っています。学校ではあまり学べなかったですし、分からない、知らないからこそ・・・調べたり本を買います。
    独学なので、ここが足りないなーと感じる人が居て、手持ちの本が役立てば、適宜、紹介しています(^_^)ゞ

    レス禁はご容赦下さい。あの日記に私を肯定するレスが付きますと、ベルウッドさんが気分を悪くします。そのことで必要以上に傷つくカモしれない。人の成長をみるのは楽しいです♪

    電研さんここ見ているのかぁ。
    特注品を晒したらあっという間に本人特定ですね(笑)

    bynightwish_daisu at2021-03-20 16:39

  18. ヒジヤンさん、エージングですが ずっとアンプの電源が入っているのでしょうか? うちでは 24時間通電のNAS 、光メディコン、無線LANハブでNCTのエージングしています。

    うちでも プリメインアンプにNCT導入してみたいですが、予算もあるので 皆さんの情報収集中です。

    byYongJoon at2021-03-20 18:02

  19. YongJoonさん、レスありがとうございます。

    ウチでは、オーディオ機器の電源は24時間入れています。CDPはリセットのために電源を入れなおしたりします。後はセッティング変更するときは電源をオフしますが、それ以外はONですね。

    アンプへの電研トランスの採用はいいですよ。デジタル機器への効き方とはまた違う感じで音質アップします。他の機器にノイズカットトランスを入れて電源ノイズが減ってきたら、アンプに入れる効果が、より際立つと思います。

    やはり最後は、フル電研ではないでしょうか。アースループが心配な方は、電研を入れればその部分はノイズのループ経路が断たれるのも保険になるかと思います。

    byヒジヤン at2021-03-20 19:26

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする