ヒジヤン
ヒジヤン
昔(小・中・高・大学時代)大好きだったオーディオに、近年再度はまってしまった者です。

マイルーム

見直し中
見直し中
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
今は大分変っているので、削除しました。
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

電源ノイズと聴感のお試し

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月27日

正月は音がいい!なんて感じた方がいらっしゃるかもしれません。電源が綺麗になると音がよく感じるのは間違えないと思います。ですが、電源ノイズによりスピーカーからの出音はどのように影響を受けているのでしょうか?、「AC iPurifierを付けると、電源ノイズは増えるが音質はよくなる」などの報告にも興味もわきましたので、電源ノイズと聴感との関係を実験的に試してみました。

前回の日記で、自宅の電源ノイズをEMIメーターで測定した結果、時間帯での変化、AC iPurifierを付けたときの測定値などを現状把握として実施しました。

今回は、各電源に強制的にノイズを注入した時に、どのような音質の変化があるのかを聴感で確認したものです。
ノイズの注入は下記の4種で実施しました。
①ACアダプター(スイッチング電源)・・・i-Phon用ACアダプター
②GaNスイッチング電源・・・汎用:RAVPower 61W
③AC iPurifier 2PIN
④AC iPurifier 3PIN

手始めに、上記のノイズを注入した場合にEMIメーターの測定値にどの程度の変化があるのかを、オーディオ電源の空きコンセントで測定しました。ノイズ変動の少ない夕刻時の実施です。

時間帯:日曜日 15時~17時  
場所:オーディオ用電源の空コンセント 
方法:二口コンセントに計測器とノイズ注入を並列で設置 (設置してすぐに計測した)

コンセントにノイズを注入した時に、音はどのように変わるのか?

聴きなれたソフトで確認してみました。
1)幸田浩子/アヴェ・マリア

Ⅰ;CDPのCDP側NCT2次側コンセントにノイズ源を注入した結果
・ACアダプターは、音が曇り、低域が沈み込まず、定位もくるい、いい所なしだった。
・AC iPurifier 2PINでは、ノイズ量が最多となるが、定位がより明瞭となりよい。
・ただし、AC iPurifierを3PINで使用したら、コントラバスの定位がセンターになったのが面白い(謎)

Ⅱ;CDPのコンセント側NCT2次側コンセントにノイズ源を注入した結果
・カスケードの中間部からのノイズ注入は音への影響は出にくかった。
・ノイズを注入すると、コントラバスの定位がすべてセンターになるのが面白い(謎)

Ⅲ:AMP用NCT(200V)の1次側コンセントにノイズ源を注入した結果
・ACアダプターは、音がボケる曇る、低域が沈み込まず、定位もくるい、まるでダメだった。
・AC iPurifier 3PINでは、ノイズ量が増加するが、音が明瞭となり、定位がクリア、マイナスも感じずによい。
・ノイズを注入すると、コントラバスの定位がセンターになるのが面白い。(AC iPurifier 3PIN以外)


2)カノン/オルフェウス室内管弦楽団

Ⅰ:CDPのCDP側NCT2次側コンセントにノイズ源を注入した結果
・ACアダプターは、音がやや曇り、低域が沈み込まず、定位もくるい、いい所がない。
・AC iPurifier 2PINでは、ノイズ量が最多となるが、スッキリし、定位がクリアでよい。
・カノンの第1から第3ヴァイオリンの定位は、ノイズがあると左に固まる傾向がある。

Ⅱ:CDPのコンセント側NCT2次側コンセントにノイズ源を注入した結果
・カスケードの中間部からのノイズ注入は音への影響は出にくかった。

Ⅲ:AMP用NCT(200V)の1次側コンセントにノイズ源を注入した結果
・ACアダプターは、音があいまいで、低域が沈み込まず、いい所がない。
・AC iPurifier3PINでは、ノイズ量が増加するが、音が明瞭となり、定位がクリア、マイナスも感じずによい。

以上、聴きなれた音源でノイズを注入したときの音への影響を確認した。まとめると以下となる。

・CDPの機器側のNCTコンセントへのノイズ注入と、アンプのNCT1次側コンセントへのノイズ注入の影響が大きかった。
・ノイズ注入影響は、NCTを介しても音への影響が大きいことから、デジタル系(CDP)よりアナログ系(AMP)の方が、より音への影響が大きいと感じられた。
・ノイズを注入すると、音色の変化もあるが、音像定位への影響が大きいことが興味深い。
・AC iPurifierは、ノイズ量の測定値は増加するが、音質的にはよい効果を生むと感じられた。

ノイズ注入による音質向上検討としては、
◇ACアダプターやGaNのノイズ注入での音質改善策はないことの確認が出来た。
◇AC iPurifierの活用では、NCTとの組み合わせでも音質向上は図れる確認が出来た。
・・・AC iPurifierをNCTの1次側に設置することにより、うなりの低減にも効果はあった。

ノイズ量と音への影響確認は、ノイズ量の測定に始まり、設置や、試聴などの繰り返しで疲れました。もうやりたくないです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ヒジヤンさん

    お疲れ様でした。。
    拙宅ではアースが接地しているコンセント3か所にAC iPurifierを使用しています。
    上流は全てバッテリーで、アンプに使用しているアイソレーショントランスのコンセントのみ交換してアースは繋いでないです。

    byMF at2021-04-27 01:09

  2. ヒジヤンさん

    これはもう「お疲れさまでした」というしかないです。
    このように体系的に整理すると迷いが少なくなり次のステップに行くのに方針が立てやすくなりますね。

    >AC iPurifierは、ノイズ量の測定値は増加するが、音質的にはよい効果を生むと感じられた。

    他の方のレポートからもこの結論は間違いなさそうですが、理由が理論的に分かるとスッキリするのですが難しそうですね。

    byのびー at2021-04-27 03:22

  3. ヒジヤンさん おはようございます

    私はヒジヤンさんのこの検証のような苦手なので凄いと思います。音楽を普通に楽しむ時間を削ってのボランティア活動お疲れ様でありました。思い込みだけで語る人が多いなか、思い込みや心理バイアスの影響を避ける姿勢に共感をおぼえる人も多い事でしょう。

    理論的な裏付けはさておき、
    絶縁トランスの1次側にiFi AC iPurifierというコンビネーションは海外でも良い報告があるようです。それがiFi AC iPurifierでなければならないのか?Greenwave dirty electric filterでは駄目なのか?それはまだ定かではありませんが・・・それが最近の動向です。

    特に注目なのは下記のYoutuber?です。
    各種検証していて怪しい人間が多いなか信頼性は高いです。真空管式ギターアンプのスピーカーにマイクを近付けて?iFi AC iPurifierをコンセントに挿入すると・・・そのマイクが拾うノイズが明らかに減少します。
    ************* hifi AF ***************
    https://youtu.be/bV-gSAcfs3E?t=821
    *************************************
    LINE EMI Meterによる数値測定よりも、こちらの方が実聴に近くて、より望ましい検証方法。同型のアンプを取り寄せすれば 『第3者による追試も可能』 というところがポイント高いです。

    以前、同じような検証動画を公開していたカナダのiFiの公式代理店は・・・「ハムが消える」怪しげな動画を作ってiFi AC iPurifierを宣伝していたのでiFi AC iPurifierは「Snake Oil」という隠語でインチキとの烙印を押されていました。※該当の動画は消されて視聴不可

    繰り返しになりますが、
    貴重な情報ありがとうございました!!

    bynightwish_daisu at2021-04-27 06:21

  4. 拙日記『iFi AC iPurifier と ノイズカットトランス』に追記を加えていましたが、誰も気付かないと思われるので、ここで紹介させて下さい。以下、転記です。
    ----------------------------------------------------
    ■2021/04/08追記:
    世界に目を向ければ、カナダのYoutuber「hi-fi AF」の
    検証方法が最良です。下記3点を実聴込みで総合的に評価しています。

     音楽を聴くという観点で彼の耳による評価は
     *************************
     △:iFi AC iPurifier  ノイズが減るが退屈
     ○:トランス(Plixir)  サウンドGood
     ×:ポータブル電源(Jackey)  役に立たない
     *************************

    Html版
    https://www.hifiaf.com/power-conditioning-shootout/
    動画版
    https://youtu.be/bV-gSAcfs3E

     ※Youtubeやブラウザの 『翻訳機能』 を活用して視聴や閲覧下さい。

    追記ここまで

    bynightwish_daisu at2021-04-27 06:27

  5. 電研精機研究所の<<ノイズカットトランス TM>>と、
    iFi AC iPurifierとのコンビネーション比較。
    実聴による詳細レポートは、私の知る限り 『世界初』 ですよ(^^
    ※コンビネーションがGood!!の第1報はうつみくんさん

    bynightwish_daisu at2021-04-27 06:45

  6. MFさん、レスありがとうございます。

    AC iPurifierを3本もお使いとは気が付きませんでした。
    このアクセサリーは使い方によるところも多々ありますが、上手く使えば効果は大きいですね。

    ノイズと音の関係ですが、自分は電源系で実験してみましたが、今まで感じていたノイズによる音の変化の印象とは、少し違うような感触を持ちました。信号系のノイズと音の関係はまた違うのかもしれないです。

    byヒジヤン at2021-04-27 17:53

  7. のびーさん、レスありがとうございます。

    言い始めたので止められなくなりましたが、本当に疲れました。一気にやらないと条件が変わってしまいそうでぐったりしました。

    AC iPurifierは、よい仕事をするので何本か取得して、使いこなしを試してみたくなりました。ですが、沢山外したアクセサリーがあるので、その再検討とどちらを優先すべきか。。。

    新しいほうに飛びつきたい気持ちでいっぱいです(笑)

    byヒジヤン at2021-04-27 17:58

  8. nightwish_daisuさん、レスありがとうございます。

    本当に、聴感ほど優れた測定器はないのに、聴感ほどあいまいな測定器もないですね。そんな武器をいかにプラスに働かせるかが大事だと感じています。

    >理論的な裏付けはさておき、絶縁トランスの1次側にiFi AC iPurifierというコンビネーションは海外でも良い報告があるようです。

    さすが情報通のnightさんですね。頑張って試聴した結果も、他の事例と整合するようでしたらよかったです。

    自分が考える、AC iPurifierのノイズの測定値が悪いのに聴感がよくなる仮説は下記です。
    1、EMIメーターは10 KHz〜10MH帯域のノーマルモードのノイズのピークの大きさを計測している
    2、AC iPurifierは逆相のノイズを出力して、ノーマルモードのノイズを打ち消し、コモンモードはアースに流す動作を行う
    3、AC iPurifierは低域から高域までを2の動作を行う
    4、しかるに、EMIメーターは10KHz以下は殆ど感知しない
    5、上記から、音への効果はAC iPurifierの10KHz以下のノイズ打消し効果によるものと推定する
    6、EMIメーターに高い値が出てしまうのは、高周波の逆相は位相が合わずに増幅してしまっているためと推定する。アースにコモンモード成分が流せない場合は、ノーマルモードとして更に増幅していることもあるかもしれない
    7、以上から、低域にはよい効果が出て、高域には場合によって逆効果が出る
    8、したがい、設置方法や場所などに応じて、効果の出方が変わる

    空想からの仮説です。何の検証もしていません。

    byヒジヤン at2021-04-27 18:27

  9. iFi AC iPurifierの評価ですが、

    ・真空管式ギターアンプのYouTubeも少しだけ見ました。面白いですね。確かに、聴感との相関が高そうです。

    ・iFi AC iPurifierは「Snake Oil」という隠語でインチキとの烙印を押されていたケースもあるんですね。面白いです。

    >カナダのYoutuber「hi-fi AF」の検証方法が最良です。
     △:iFi AC iPurifier  ノイズが減るが退屈
     ○:トランス(Plixir)  サウンドGood
     ×:ポータブル電源(Jackey)  役に立たない

    ・この動画は、先ほどのギターアンプの動画と同じですよね。
    ???でした。


    それにしても、世界から情報を集めているとは素晴らしいです。

    byヒジヤン at2021-04-27 18:34

  10. >電研精機研究所の<<ノイズカットトランス TM>>と、iFi AC iPurifierとのコンビネーション比較。

    NCTとAC iPurifier相性が良さそうですよね。NCTが苦手な低周波のノーマルモードのノイズカットを補完してくれるのかなと、こちらも空想です。

    うつみくんのレポートにもありましたし、自分で聴いてもよかったので、のびーさんのレスにも書きましたが、AC iPurifierを何本か入手して試したくてウズウズしています。

    ただ、もう一人の自分が「簡単に新しいものに飛びつくな!」と言っていまして、悩みどころです。

    byヒジヤン at2021-04-27 18:42

  11. あぁ、iFiの代理店もhifi-AFもどっちもカナダでした。少し混乱させてしまいました。iFi AC IPurifierをノイズ減るが退屈と評価したのはそう、ギターアンプの動画のそれです(^_^)ゞ

    彼はSnakeOil評に対抗して、見事に?反証をやってのけたのですね。
    動画がフェイクでなければ。

    bynightwish_daisu at2021-04-27 19:02

  12. ヒジヤンさん

    すごく厳密に調べたんですね。AC iPurifierとノイズカットトランスとのコンビネーションはそちらでもいい結果だったようで一安心しました。

    やはり唸り音が半減するのが確認できますね。

    結構安い装置なんで割と導入の敷居は低いと思います。

    瓢箪から駒というか棚からぼたもちというか意外なほどノイズカットトランスとの相性が良かったので、自分的にはこれで電源関連はいったん終わりとしてほかのことをやろうと思っています。

    byうつみくん at2021-04-27 19:21

  13. nightwish_daisuさん

    なるほど、反証ですか。
    科学や技術の進歩は、反証にて行われる!こんな原理の証ともいえそうですね。

    進歩するためには、競争の原理も大事ですよね。反証とも言えないよな、同じことの繰り返しだけを語られている方もいらっしゃいますが、「これでどうだ!」というものを提示して欲しいものです。

    byヒジヤン at2021-04-27 19:42

  14. うつみくん、レスありがとうございます。

    AC iPurifierよかったです。ただ、使いこなし方に工夫がいりそうですね。作動解説から言っても、低域のノイズ低減には効果が大きそうです。ただ、高域にはマイナス効果もありそうですね。

    その点、AC iPurifierをNCTの1次側に設置するのは、理屈から言っても最適な気がしています。
    1)NCTが苦手とする周波数の低いノーマルモードのノイズを逆相信号でカットする。
    2)AC iPurifierが苦手とする周波数の高いノイズは、後段のNCTがカットする。
    4)ゆえにクリーンな電気が機器に送られる。
    5)簡単に言えば、NCTとAC iPurifierは相互補完しながらノイズカットを行うため。
    こんな感じかなと思います。

    うなり低減は、拙宅の200Vでは半減とまではいきませんでした。20~30%減くらいですね。簡易的に作った遮音カバーは外せない感じです。

    電源関係のお手当ては、NCT+AC iPurifierで充分かと思います。
    お金がかからない、スピーカーセッティングを頑張りましょう!

    byヒジヤン at2021-04-27 19:57

  15. 力作レポートありがとうございます。
    ifiAC でNCTの音質向上、うなり音の減少だと 嬉しい人多いと思います。

    うちのifiAC は2019年の内部回路焦げ付き問題で3個全部使えなくなりました。
    https://community.phileweb.com/mypage/entry/3685/20190909/63415/

    最近は内部回路焦げ付き問題 聞かないのでこっそりなおしたように思います、想像ですが。

    うちでも NCTにJSPC の直列ACラインコンディショナー、並列ACルートコンディショナー併用で音質向上確認出来ていますが、うなり音の改善効果は無いですね。測定はしていませんがノイズは減ってると思います。

    ifiAC でも、A級パワーアンプのうなり音解決は無理でしょうか?DOCONOさんとこで確認出来る機器は揃っていますね。
    NCTの出力側にifiAC 接続はDOCONOさん まだ未実施のはずですね。

    皆さんのレポートは実に有難いです。そういや うちでもTVにNCT1 、BDPにNCT2で実に良い効果でした。GWにでもレポート予定です。

    byYongJoon at2021-04-28 07:10

  16. YongJoonさん、レスありがとうございます。

    NCTとAC iPurifierの組み合わせはよい感じでした。
    内部回路焦げ付き問題とは少々物騒ですが、iFi本国からは特に問題ないとして中古品が市場に出回っているようです。

    「※こちらの製品は熱を持つ箇所がある為、一部茶色く変色しております。動作には問題無いとのことです(全ての製品)」

    実際のところはどうなのでしょうね?
    新しいものだと変色しないのか?
    ・・・うつみくんの代替品は変色していないのでしょうか?

    A級パワーアンプのうなり音対策は、AC iPurifierでアンプからの電力を打ち消すほどの逆起電力が生み出せるかどうか?試しに、DOCONOさんにやってみてもらいたい気もしますね。

    byヒジヤン at2021-04-28 12:36

  17. ヒジヤンさん

    メーカーから送ってきた最新ロットナンバー品は今のところ変色はありません。一夏越しましたが何ともありません。
    前のものより熱くならない感じがあります。

    メーカーからは具体的なコメントはもらっていませんが、改良した可能性大です。

    変色した中古はあまり購入お勧めしかねますが、効果や内容が変わっている可能性もあります。予告なし変更は電気製品には割とあるので最新のものを買ったほうが良さそうですよ。

    byうつみくん at2021-04-28 19:23

  18. ビジヤンさん、ifiAC ですが2019年の内部回路焦げつき問題当時はそれは酷かったです。

    内部回路焦げつき、コンデンサーの頭は膨らみ、白色円柱ケースの内部の焦げつきだけでなく、円柱のTOPにうっすら茶色の変色でした。防火仕様のプラスチックで変色です。

    問題起きて、ifiAC はトップウィングにて 保証期間の品は交換されましたが、予想ですが この時こっそりソフトウエアをなおしたと予想します。

    中古の品の
    > こちらの製品は熱を持つ箇所がある為、一部茶色く変色しております。動作には問題無いとのことです

    は、2019年当時のifiと、トップウィング回答ですね。中古に出した人は、「危険な品は自分で使いたく無いけど高く売りたい」のは正直あるので、メーカー回答を書いたのででしょう。私はそういう事はしたくありませんが。

    焦げつき問題のあった 中古の古いifiAC の使用はやめた方が無難です。白色の円柱TOPさわれば熱さがすぐ分かります。

    コンデンサーの頭が膨らむ様では性能もあてにできないと思います。

    なお、ifiAC で酷い目にあった私ですが、うつみさんとビジヤンさんレポートみて、最新のifiAC は購入しても良いかも?という考えもあります。

    まあ 急ぐ必要はなく、いずれビジヤンさんも購入されるでしょうから、レポート拝見してゆっくり検討したいと思います。

    byYongJoon at2021-04-28 20:24

  19. うつみくん、YongJoonさん

    情報をありがとうございます。
    焦げ付きが問題視されていた当時の日記を拝見しました。基盤が焦げていて酷い様子ですね。発売当時のAC iPurifierのことがよくわかりました。

    うつみくんが交換してもらった品は、ひと夏越えても問題ないとの事ですので、改良されているようですね。

    市場に出回っている中古品は、一軒のお店で40個とか在庫があるようなので、交換改修した品を販売しているのだと思います。

    安かったので、これにしようと思っていましたが止めておきます。今、通販で1個注文したので、nightさんにお借りしているものと合わせて、複数個使用したらどうなるか試してみます。

    byヒジヤン at2021-04-28 20:33

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする