ヒジヤン
ヒジヤン
昔(小・中・高・大学時代)大好きだったオーディオに、近年再度はまってしまった者です。

マイルーム

見直し中
見直し中
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
今は大分変っているので、削除しました。
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

PC送り出し再確認:USBアイソレーター

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年06月07日

USBの接続方法を、PC⇒DAC間をUSBケーブルで直接つなぐことに決めた後、USBアイソレーターを試してみることにしました。お試し用に送ってくれたのは2種あります。

黒いUSBアイソレーター・・・アイソレート機能のみ有するもの
黄色いUSBアイソレーター・・・アイソレート機能に加え、USBの給電を5V乾電池としたもの

まずは黒いUSBアイソレーターから試してみました。PCとUSBケーブルの間に挟むだけです。接続方法は簡単なのですが、PCがUSBを認識しません。これには参りました。nightさんが諸々の接続注意点を教えてくれるのですが認識しないのです。もう諦めかけたときに、USBの認識が出来ました。理由はわかりませんが2~3時間かかったと思います。

ようやくつながったので、AmazonプライムビデオとSpotifyでJPopの音を聴いてみると、
・・・あまり変わらない。。。
そんな感想を連絡すると、「音源の質が原因では?」との回答が来ます。

そこで、録音のよいクラシック音源をSpotifyからのストリーミングで確認しました。
・・・USBアイソレーターの効果が明確にわかるようになりました。
USBアイソレーターを付けた方が、弦がこすれ、響くような音が繊細に聞こえます。

ならばと、同じ音源のCDをWAVでリッピングして再生すると、
・・・さらに繊細さが増して音質アップします。

ここで、nightさんからチェックが入りました。
(night):再生ソフトは何を使っていますか?

(ヒジ):iPodを頻繁に使うので、iTunes優先としています。

(night):iTunesはWASPI排他にもASIOにも対応しないので、音質を求める人は使わないです。ESOTERICユーザーならば、ESOTERIC HR AUDIO PLAYERが、WASPI排他とかASIOだとか自分でハンドリングする必要がないのが良いです。
試しに、ESOTERIC HR AUDIO PLAYERで、USBアイソレーター付きを再生してみると、
・・・確かにいいです。モヤが晴れて、膨らんだ音がスッキリします。

では、USBアイソレーターを外してみると、
・・・少し鮮度が落ちますが、アイソレーター無しでもいい感じでした。

ならば、USBケーブルにヴィトロパームコア設定を試してみます。
・・・これはよかったです。鮮度の面では、USBアイソレーターより上かもしれないです。

では、これにUSBアイソレーターも追加したらどうなるのか、
・・・またUSBが認識しなくなり、これは比較できませんでした。黄色のUSBアイソレーターも同様で、PCが認識しません。アイソレーター機能のみの確認は出来ましたが、乾電池式の電源の効果は最後まで確認することが出来ませんでした。

では、なぜUSBアイソレーターが認識しないのか?そして、JPopなどの音源では、音質効果を感じなかったのか?

たぶん、エソテリックのUSB端子にアイソレート機能が標準設定されているからだと思います。

nightさんとかなりやり取りさせてもらったのですが、明解な原因はよくわかりませんでした。ですが、わざわざUSBアイソレーターを送ってくれたところをみると、アイソレーターの有無で大きな音質効果があるだろうことが想定できます。

USBケーブルの長さで音質が変わらなかったのも、標準設定されたアイソレート機能のおかげだと推定しました。

ここまでのお試しで、PC送り出しは下記を押さえれば単にUSBケーブルで繋ぐだけで、容易に音質確保が可能と思いました。

①DACの電源品質
②USBアイソレート機能の設定(標準で設定されていれば、それで充分)
③USBケーブルのノイズ対策(コアの設定でかなりの効果あり)

⇒②と③は短いUSBケーブルやUSBケーブル構造でも対処が可能かもしれませんが、2mのオーディオ用USBケーブルよりも、5mのプリンター用USBケーブルにヴィトロパームコア設定の方が、音質的に好ましかったです。

ここまでのお試し結果をベースに、自宅の環境と音楽やAVの楽しみ方から最終仕様を決めることにしました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. おお、やっと続報が(^^*)
    結果が出て良かったです。お疲れ様でした m(_ _)m

    お試しのアイソレーターは、私の記憶が確かならば、WindowsからはMTT( Multiple Transaction Translator)Hubとして認識されます。もし接続相手のなかに更にアイソレーター・・・というかHubが居たならばWindows君は混乱してしまうかもしれません。※MTT非対応の機器もあるのだとか?

    拙宅の機器はまだそのようなアイソレート用ICが作られる前の世代のもの、あるいはデジタルアイソレートを実施していない機器なので使用出来ているのかもしれません。

    これで事例が増えました。ありがとう御座いました (^_^)ゞ

    bynightwish_daisu at2021-06-07 21:35

  2. nightwish_daisuさん、諸々ありがとうございました。

    PCオーディオは10数年前から、趣味仲間が取り組む様子を見て、面白そうだが大変そうだと思い敬遠していました。ですが、最近のPC周りの事情からすると、USBケーブルで汎用PCとDACを繋ぐだけでもかなりの音質が得られることを認識できました。

    この後は、自己のライフスタイルに照らし合わせて、音楽とAVをどのように楽しむかをまとめます。

    送っていただいたUSBアイソレーターが有効活用出来なかったのは残念でしたが、手持の機器に同じ機能が標準装備されていることを知ることが出来てよかったです。

    byヒジヤン at2021-06-08 06:57

  3. ヒジヤンさん 最近の動向で少し

    Youtubeはデータ量が小さい圧縮音源ですが、近年はアップロードする人たちの音質的考慮が広まってきて割と普通に聴ける音源が増えています。かつて、InternetExplorerの時代は44.1kHzになっていた送り出しも、MicrosoftEdge(又はChrome)なら現在は48kHzで送られてきます。(Youtubeで排他やASIOは基本的に無理)

    というわけで Youtube で音源漁りを提案してみます。(私がフィンランドのロックバンドであるnightwishを知ったのもYoutubeからでした)
    共有の設定は「24ビット 48000Hz(スタジオの音質)」にしておきます。※16ビットが望ましければそちらで

    検索するとき、日本語よりも英語やもっとマニアックにキリル文字で検索するとレアなものに出会えます。Youtube検索のコツ。
    「チャイコフスキー」と検索するのではなく「Tchaikovsky.」あるいは「Чайко́вский」と検索する・・・です。
    一般に2018年以降にアップロードされた動画の品質が良い感じです。もちろん例外はありますが。

    『自動再生』を『ON』にしておけば次から次へ選曲?されてエンドレス再生です(厳密にはある程度で再生止まりますが)。
    あ・・・Youtube Premiumに入会していないとCMがウルサイことがあるかもしれません。。。

    USBアイソレーターとか五月蠅い事を言う割に、私が聴いてる音源は低音質なんですよ(自爆)

    bynightwish_daisu at2021-06-08 12:13

  4. これがソーシャルディスタンスを実施した?
    2020年6月19日の演奏

    *****************************
    https://youtu.be/1dsbkhTkD7s
    *****************************

    レッツエンジョイUSB-Audio♪

    bynightwish_daisu at2021-06-08 12:43

  5. nightwish_daisuさん

    YoTube音源も楽しそうですね。
    今回のお試しでもYouTubeも中々の音質で聴くことが出来ました。市販されていない音源が映像つきで楽しめるのもいいですね。

    いくら試聴確認しても一致しないのがbit深度の設定です。サンプリング周波数は、Chromeで再生する限り44.1KHzより48KHzが自然で定位も感覚的に合います。

    ただし、bit深度は24bitに設定すると、音は滑らかに感じますが、定位や音像が自然でない気がします。まあ、好みで選択すればよいという感じですね。

    ご紹介いただいたコンセルトヘボウの無観客でのチャイコフスキー交響曲第5番のYouTubeも確認しました。普段ではありえない、COVID-19ゆえの貴重な映像ですね。音は生録り風で編集がしていないようですが、映像があれば楽しめます。

    YouTube音源で面白いものがあれば、紹介しあうなども楽しそうです。ストリーミングでUSB-Audioの世界も広がりますね。

    byヒジヤン at2021-06-08 18:17

  6. ヒジヤンさま
    ご無沙汰しております^^

    ワタシのYoutubeお気に入りは、下記の2つですの。
    https://www.youtube.com/watch?v=bKFRXjv2Bjs
    ローマの松
    https://www.youtube.com/watch?v=vkp_GpVUvvY
    ローマの噴水

    カラヤンBPOを好んでいたのですが、コレを観た時にシビレてしまいました^^;

    byMotoko at2021-06-08 23:46

  7. Motokoさん、ご紹介いただきありがとうございます。

    ニューヨークフィルのホーム リンカーンセンターで行われたライブですね。こちらは、そのまま市販できそうな編集がされていて見応えがありました。

    音質的には、YouTubeの圧縮音源でフルオケは厳しいかなと思いましたが、nightさんは裏ワザをご存知なようです。

    演奏的には、指揮者のアラン・ギルバート好きなんですよね。ウィーンの楽友協会で、アラン・ギルバート&ニューヨークフィルのマラ5を聴いたときに一発でやられてしまいました。会場の聴衆たちは終演後に総立ちで大歓声でした。それも、小学生くらいの子供から老人までもが興奮して、立ち上がっての大歓声です。会場全体が興奮の渦でしたので相乗効果で感極まりました。忘れられない想い出です。

    最近ちょっと忘れていましたが、感動の再生!これもオーディオの醍醐味ですね。

    byヒジヤン at2021-06-09 20:03

  8. レポートありがとうございます。のびのび楽しまれてますね。

    2016年にJPLAYが流行り出した頃、私も1TB SSD ファンレスのオリオスペック製のオーディオ専用PCにJPLAYやってましたが、OS更新時でのトラブルが面倒でJPLAYはアンインストール、オーディオ専用PCは一階リビングでDMM HKT 48ライブ、YouTube専用PCになってます。

    が、流石に旧PCより性能が良いのでハイビジョン画質動画が止まらず、高音質で気に入ってます。

    オーディオ専用PCで効果があったのがやはり付属ACアダプターのアナログ電源に変えた事でした。ノイズカットトランスを追加したい所です。

    プロセスカットとかの面倒な作業はパスです。省エネ設定OFF程度は行いました。DMM再生マシンなので、ハードルの高い面倒な事はパスです。

    あと、USBDACによっては、5Vバスパワーカットしても動くDACがあります。エネルギーとして5Vは使わずに、上位PC接続を5Vバスパワーで確認する、しないの違いです。パイオニアN70Aだと、5Vバスパワー線の存在しないUSBケーブルが使えます。

    またレポートよろしくお願いします。

    byYongJoon at2021-06-09 20:10

  9. YongJoonさん

    以前からPC周りをいろいろとやられているんですよね。
    一度、原点に戻って再確認~再構築してみるのもよいかもしれないです。いろいろな発見がありそうな・・・

    byヒジヤン at2021-06-10 18:44

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする