ヒジヤン
ヒジヤン
昔(小・中・高・大学時代)大好きだったオーディオに、近年再度はまってしまった者です。

マイルーム

見直し中
見直し中
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
今は大分変っているので、削除しました。
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

サーロジックのHP

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年09月11日

自分がオーディオを復活したときに、音響について勉強させてもらったのがサーロジックのHPです。過去の経験から、音の良し悪しはオーディオの機器よりも部屋の要素の方が大きいと感じていました。ですが、どうすれば音がよくなるのかはわかっていませんでした。

わからないものは、頭の中を巡らせてもわからないままです。そこで、インターネットでオーディオに関連する音響についての情報を必死で調べました。その中で、実感がわき、実践的であるのがサーロジックのHPでした。

@@@サーロジックのHP@@@

内容的には様々な情報がありますが、
1)ルームチューニングの入門ガイド
2)ルームチューニング徹底解明
の順番で見ていかれるとわかり易いかもしれません。

内容は、代表である村田さんの各種オーディオルームでの体験から得られたものが主体ですが、過去に研究されたものをベースにされている内容となっています。

部屋の広さに応じた適正残響時間

周波数ごとの残響時間による音の質

HPの中で語たられる内容でポイントと思われることをピックアップすると下記となります。
・部屋の響きの大事さ
・1次反射音が音場の質を決める
・8KHzの音について
・躍動感のあるサウンドステージを作るには
・石膏ボードなどの壁振動
・フラッターエコー解説
・音場自動補正の前にやることがある
・定在波解説

加えて、
・ルームチューニングの裏ワザ
・ブーミングの真の原因
などもあって、とても面白いです。

自分はルームチューニングの殆どを手製でやっていますが、このHPからの情報に多大な影響を受けていることは間違えないです。

◇このHPを見て影響を受けた方はいらっしゃるでしょうか?
まだ疑問に思うことなど、よかったら語り合いましょう。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ヒジヤンさん おはようございます。

    やはりそうでしたか、私もその一人です
    オーディオの始まりはハードウェアばかり追いかけて
    ましたよ、オーディオの店員さんも部屋の事は何も言ってくれません
    今思いばそれは禁句ですよね。

    部屋はハードウェア、ソフトウェアー、とは
    違ってファームウェアーですかね。

    ご存知かと思いますが最近参考のなったh,pです。
    ※パーソナル・スタジオ設計の音響学 その1「低域・中域・高域という3つの世界」※

    by田舎のクラング at2021-09-11 07:51

  2. 田舎のクラングさん、おはようございます。

    参考情報もありがとうございます。
    ※パーソナル・スタジオ設計の音響学 その1「低域・中域・高域という3つの世界」※
    早速、見て来ました。

    ・音は「低域」「中域」「高域」で振る舞いが異なる

    ・部屋の大きさにより「低域」として扱う周波数は変わる
    ◎部屋の吸音率0.6の場合
    ★20畳の部屋 低域=167Hz以下
    ★12畳の部屋 低域=215Hz以下
    ★6畳の部屋 低域=304Hz以下

    ◎部屋の吸音率0.3の場合
    ★20畳の部屋 低域=236Hz以下
    ★12畳の部屋 低域=304Hz以下
    ★6畳の部屋 低域=430Hz以下

    ・鏡面反射に必要な板の一辺の長さはいくらとなるか?

    ◇面白かったです。・・・ですが、「その1」しか出て来ませんね。やはりビジネス、その先は御代を下さい的なのでしょうか?
    ◇その点、サーロジのHPはパンツの中まで見せていますので、勉強したら自作でルームチューニングが出来てしまいますね。

    日記の最後に下記を追加しました。
    「このHPを見て影響を受けた方はいらっしゃるでしょうか?まだ疑問に思うことなど、よかったら語り合いましょう。」

    ◆クラングさんも、よかったら一緒に語り合いましょう!

    byヒジヤン at2021-09-11 08:28

  3. ヒジヤンさん こんにちは 一部訂正再投稿

    のびーさんのところに書き込もうか思案していたところ、
    より望ましい日記をヒジヤンさんが書かれたのでこちらにレス致します。。

    部屋の影響などを考えるとき、宮沢賢治の童話?「セロ弾きのゴーシュ」を思い出します。早い話が主人公のゴーシュが動物やら何やらにゴーシュがセロを弾いてやるドタバタ劇といった内容のように記憶していますが、この童話に登場する楽器のセロは、登場する動物らと対比して 『巨大』 なものに 読み手に 感じさせます。 親子の野鼠などは、たしか病気の?子供の方をセロの中に入れて演奏してやって(この時は善意ではなくイタズラで滅茶苦茶弾いただったかも)・・・とにかく弦の振動なんかを音楽療法というか病気を治す的な事に使う。 そういう音楽を癒しだけでなく病気の治療的に使う発想は、宮沢賢治のオーディオマニアとしての面白さのようにも感じるのです。

    突飛な内容に、ちょっと意味が分からないですね。
    nightwish_daisuは何を言っているのか?と、ここまで読んで感じられているかもしれませんが、話を進めます。
    童話に登場の野鼠の子供の方の気分になって妄想すると・・・セロの筐体は部屋なんですね。弦はスピーカーといったところか。私の世界観では、演奏会の会場は巨大なセロの楽器のなか、その中に聴衆・・・つまり野鼠たちが集っているイメージ。そう、部屋は楽器。楽器であるからこそ、調整が必要。ヴァイオリンの魂柱の調整は・・・ヒジヤンさんの床下の束の調整になぞらえることもできそうです。


    宮沢賢治はアメニモマケズで有名のため、貧乏なイメージがありますが、逆に実家は裕福でレコード収集は激しくて、英ポリドールから感謝状をもらったほどだったとか・・・。ジャズ喫茶ベイシーの菅原さんの書き物も面白いですが、宮沢賢治の方もなかなか面白いです。良かったら下記↓のページもご覧ください。宮沢賢治の意外な一面を知る事ができるかも(既にご存知かも!)。


      ↓↓↓
    「ノーノクタイの My Way」さんのブログより
    『大正時代、宮沢賢治のレコード収集に英国ポリドールが驚いた。』
    https://www.gunjix.com/entry/2016/12/25/004453


    ぐだぐだ書きましたが、言いたかった事は、部屋は楽器の筐体でスピーカーは楽器上の弦、そしてコンサートに集まる聴衆はビョーキの野鼠のようなもの。
    .

    bynightwish_daisu at2021-09-11 08:58

  4. nightさん、おはようございます。

    早速、紹介のあったブログを見て来ました。

    ・大正時代・・・英国盤のクラシックレコードを大量に購入する青年が居た。・・・驚きどんな人物がこんなに買ってくれるのか・・・「宮沢賢治」宛に感謝状を贈ってきたというエピソードがある。

    ・賢治は一生を通じて音楽との密接な関わりを持ち続け、自らの作品の中に音楽への造詣の深さを様々な形で取り入れていったのである。

    大正時代に英国から大量のレコードを購入し、感謝状までもらうとは只者ではないですね。そんな宮沢賢治だから、作品の中に音響からの影響を受けているはずという繋がりですね。

    少し脱線して、下記の疑問に対する個人的な見解を述べます。

    >>「そんなミリ単位でやっても、聴くお前がミリ単位じゃないだろ。意味あんのか?」

    ・スピーカーから出た音は、秒速340mの速さで部屋中を駆け巡る
    ・この駆け巡る音が、部屋中を綺麗に回り定常状態になると、あたかも音楽ホールや無指向性スピーカーをうまくセッティングしたときのような音場となる
    ・すると、リスナーが動いても、殆ど変わらない音像や音場が聞ける

    nightさんが言っている、
    >部屋は楽器。聴衆は野鼠のようなもの。
    と同じです。

    byヒジヤン at2021-09-11 09:02

  5. 当時一般的だった竹の針の音質に不満を感じて自ら音質を高めた針を発明しアメリカのビクター社にサンプルを送って製品化を奨めたという。

    これもたいがいですけどね(笑)
    オーディオマニアってこういうところありますよね(^^)

    bynightwish_daisu at2021-09-11 09:06

  6. nightさん

    なるほど、なるほど
    その部分は関連が低いので読み飛ばしていました。
    ですが、たいがいですよね。

    オーディオは観念よりも、実践あるのみ!
    やってみなければわからない!

    これを基本にしないとですね。
    「宮沢賢治」尊敬します。

    byヒジヤン at2021-09-11 09:15

  7. 先の挨拶が抜けました。
    ヒジヤンさん 応レスありがとうございます。

    1mm単位の話は、オーディオを知らない人に説明するには射撃を例に挙げます。ツイーターから人の耳を狙う難しさを説く。実際にレーザーを使えばどれだけ弾着点がズレるか分かるというもの。大音量出して、そのレーザーの当たるポイントが揺れ動くところを見せたらもっと面白い?

    ただ、1mm単位の調整により、人が多少動いてもキレイに定位するようになる説明は「想像の世界」で説明する事になります。壁の反射の説とも絡みますが、私の想像は少しだけ違います。人の耳に届くまでの経路や経過距離が影響するだろう視点は同じですが、私は2台のスピーカーのハモらせ具合だと想像しています。2台のスピーカーから発せられた音波は、その着後はまだ影響し合いませんが、音はがスピーカーから離れていくとやがて左右の音波が重なり合い、相互に干渉を始めます。ミリ単位の調整はこの、スピーカーから1m〜3m離れた場所での波の重なり具合を調整している事になるので、わずかな差が大きな違いとなって認知されるようになる要因なのではないかなという、想像をしているところです。

    ヒジヤンさんの説は、部屋の影響度合い(反射)に着目しているところが特徴で?、わたしの説は2台のスピーカーの前数mくらいのエリアの音波の重なり合いに着目しているところが特徴です。どちらの説も、スピーカーの平行セッティングと内振りセッティングで、大きな差を生む説明に充分と思います。角度付けるには数mm〜数十mmのズラしで事足りますが、その小さな差こそが重要。

    ※どちらの説が正しいか?こういう思考は間違っています。
     現象は複雑な要因から起きていますから、
     どの説も正しいで構わない。
     想像しているだけであって、証明しようというのではないし。
     理屈はどうであれ、調整して良い結果が得られるから
     やるだけ。(^^)


    そうそう

    〉オーディオは観念よりも、実践あるのみ!
    〉やってみなければわからない

    レス書き込み最中に、ヒジヤンさんと同じ結論に達していました(笑)
    .

    bynightwish_daisu at2021-09-11 09:43

  8. 誤字脱字を修正しました。

    難しいですね。
    自分が音響のことはよく知らない人に説明する場合だったら下記かな?

    ・ビリヤード台で沢山の玉を跳ね返らせてグルグル回るときに、玉同士が当たってしまい止ってしまうことが普通です
    ・ですが、玉同士が干渉せずにグルグルと回り続ける状態が作り出せたら完成です
    ・さあ、やってみましょう!

    音響解説の追記
    ・レーザーセッターは、スピーカーとリスナーの関係だけを規定します
    ・ですが、音は部屋中を小さくなりながら秒速340mで駆け巡っているのですから、部屋の要素が大事です
    ・ですので、部屋などによる「吸音」「反射」「拡散」がどのように行われているかを考えて、試してみましょう

    >理屈はどうであれ、調整して良い結果が得られるからやるだけ。

    まさに!


    余計な一言
    観念だけを語り、いつまでも自己正当化をしている様子を見ると気持ち悪くなります。

    byヒジヤン at2021-09-11 10:05

  9. 補足: 
    サブウーハーの説明書には床置きにすると6dBアップと書いてあります。かくも反射というのは恐ろしい影響。
    サーロジックのページは定在波に悩んだときよく見ていました。少し各個の主張をまとめてみます。


    ●nightwish_daisu = 壁反射前、2台のSP相互の音波干渉に的(まと)

    ●サーロジック = 反射の中でも強度の強い一次と二次反射に的(まと)を絞る

    ●ヒジヤンさん = すべての反射をシミュレート。的(まと)は絞らない、全てに妥協しない。


    そんな風に見えました。
    .

    bynightwish_daisu at2021-09-11 10:18

  10. nightさん

    確かにそんな感じですね。

    「反射」は恐ろしい反面、味方でもあります。
    無響室で聞く音楽がどれだけつまらないものか・・・聴いてみればわかります

    だから、反射を上手く使いながら、定在波も使いながら、好みのサウンドを構築しましょう!

    なんて言いたいのです。
    実践あるのみ!ですね。

    byヒジヤン at2021-09-11 10:25

  11. ヒジヤンさん

    オーディオルームはサーロジックさんのH・Pの
    通り悪玉3要素の排除ですね。

    でも音の波の振る舞いは簡単に言う事を聞いてくれないので
    悩みます、先ほど紹介のH・Pがその辺判り易く書いてありますね。

    部屋で悩んでる方、必見かと思います。

    by田舎のクラング at2021-09-11 12:08

  12. クラングさん

    そうですね。
    悪玉3要素・・・「定在波」「フラッターエコー」
    ⇒あとひとつは何でしょうか?

    確かにいろいろと開示されている技術情報を組み合わせて仮説を作るとよいですね。

    ◇ですが、クラングさんも自分も「実践派」ですよね。これだけは間違えない!ですね。二人とも職人です。

    byヒジヤン at2021-09-11 12:34

  13. こんにちは

    ⇒あとひとつは何でしょうか?
    例のべー写真の活用です。 
    アルバートのダースベーダー効果というものでドアの外側と内側に貼るのとではどう違うかというものです。

    byぺぶるす at2021-09-11 12:49

  14. ぺぶるすさん、笑、笑、笑

    さすがと言えば、あまりにさすがです。ダースベーダー効果!
    例のベー写真を護符のように貼り付け、呪文を唱える技ですね!

    そう言えば、げげげの商品で、本当にお札を貼り付けるものがありました。あれも音が変わるので、スカイウォーカー効果でしょうか。。。

    byヒジヤン at2021-09-11 13:01

  15. 初めてコメントさせて頂きます。

    時々拝見させて頂いてます。
    高級機器を使いこなし、探求を続ける姿勢が素晴らしいです。

    拙宅は 現在、オーディオ用に部屋を改装中です。
    なので、今回の情報は大変興味深く、参考にさせて頂きました。

    byサメ猫BBM at2021-09-11 13:19

  16. サメ猫BBMさん、初めまして

    オーディオ用に部屋を改装中なのですか。
    結果が楽しみですね。

    ですが、オーディオ用の部屋を用意したところが始まりである、とも言えますので、これからもオーディオ音響の情報は役に立つと思います。

    機器は買えますが、部屋の音響やスピーカーセッティングは基本的に買えないです。自分の頭と耳と身体を使ってしか出来ないことかな?とも思います。

    改装情報や、完成情報なども楽しみにしています。

    ◇部屋の改装の成功を祈ります!そして、その後のお楽しみも期待するものです。

    byヒジヤン at2021-09-11 13:30

  17. bb7さん、のびーさんの日記へレスをありがとうございます。

    少し考えたのですが、のびーさんの日記を荒らすことになると申し訳ないので、こちらに書き込むことにしました。

    bbさんと自分が信じることが違うのは、すでに何度もレス交換させてもらっていますので、重々承知しています。

    レス内容も、本当に「チンプンカンプン」でした。

    ですので、
    ・bb7さんは自分の信じる道を進む
    ・ヒジヤンも自分の信じる道を進む

    これでいいのかなと。お互いに進んでいったら、どこかでバッタリとお会いするかもしれませんし。。。

    その時は、お互いに「Vサイン」を出し合いましょう!

    追伸
    bb7さんの日記には、たまに顔を出すかもしれません。
    ブログの周波数特性を見ましたが、目が点になりました。是非、日記にして下さいませ。

    byヒジヤン at2021-09-11 13:40

  18. ヒジヤンさん。こんばんわ、Reviathです。
    横入り申し訳ありません。

    議論は、言葉の定義が共通でないと成り立ちません。
    b …の方ですが、彼の方の「位相」「フラット」等は、我々が想起するイメージとはかけ離れたものです。
    議論を進めるならば、先ず言葉の定義の共通化を図る必要が有ります。全てはそれからです。

    ソレはさて置いて(^_^)。

    最近、スーパーウーファーをいじる事が多いです。
    モノラル・ディスクを掛けて、スーパーウーファーだけ鳴らしてフォーカスを絞って行く。位置&内ぶり角度等は、もうミリ単位ですね。低音は波長が長いから云々……は、やった事の無い輩の妄言です。やれば絶対ミリ単位になります。

    あと、スーパーウーファーは、高域の分解能&爽やかさ&ハモリ具合と関係性大!ですね。

    バネの強度を上げると低音の力感は増すけど高域のヌケは乏しくなる。
    いま自分的にはそう感じて調整しています。
    出来るだけ可能な限りフラフラを目指して(笑)。

    byReviath at2021-09-11 18:26

  19. Reviathさん、レスありがとうございます。

    この日記は、「サーロジックのHP」についてなんですけどね。
    ・nightさんとの立体音響についてのやり取りは、のびーさんの日記からの継続です。(のびーさんが、この件について深く考えない、と言われたのでこちらでの話となりました。)
    ・bb7さんへのレスも、のびーさんのところで指名レスがあったもので、こちらで返レスしました。

    さて、bb7さんとのやり取りと自分との間がらなのですが、
    ・自分はbb7さんのこと嫌いではないです。
    ⇒言われていることが一貫しています。その場その場で言うことが変わる方より好きです。
    ・何の話をしても、「新次元プリ」と「タコ足配線」と「国内盤」で位相が合っているのでフラットな再生の話になります。
    ⇒信念といいますか、信じ切られているので、多分生涯変わらないですね。
    ・ですが、そんな事を正面切って言われるので、自分も自分の考えを正面切って言えることを、少し楽しんでいます。

    こんな感じなので、犬猿の仲でありつつ、切磋琢磨するライバルみたいな感じなんです。(bb7さんがどのように思われているかはわからないのですが。。。)


    さてさて、サブウーファーの件です。
    以前はサーロジのHPにもD.Cubeなどのサブウファーの話しが載っていましたね。今はなくなっているようです。生産完了だからでしょね。

    自分は借り物のサブウーファーを試したことはあるのですが、強烈な振動で、置いている部分の部屋が鳴ってしまい、結果として高い周波数まで音を出してしまって、使いこなせなかったです。

    Reviathさんは、mm単位で調整するほどに使いこなしているんですね。凄いですね~。

    byヒジヤン at2021-09-11 19:13

  20. ヒジヤンさん

    こんにちは。横レスになりますが、nightwish_daisuさんの「2台のスピーカーのハモらせ具合説」に強く共感します。

    録音マイクの構成にDecca Treeのような複数のマイクのポジショニングを規定したものがあります。再生システムでもSPの位置と角度の最適構成(一つではなく複数)があり、そのカギは二つのSPからの音波の重なり具合にあるのかなと思っています。

    私の日記のレスでミネルヴァさんに紹介して頂いたかないまるさんのHPに「左右のスピーカはリスナーからみて左右等距離、等角度に配置し、部屋との対称性の崩れは気にしないこと」という「原則」が掲げられています。『部屋との対称性の崩れは気にしないこと』という箇所がキモです。かないまるさんも同じような経験をされたと想像しています。

    さらに「どちらの説が正しいか?こういう思考は間違っています」にも大いに共感です。

    自分の日記のレスで「深く考えない」とうそぶきましたが、気になっております(汗)。

    byのびー at2021-09-11 21:23

  21. のびーさん

    やはり気になっておられますか?
    結論は、
    「理屈はどうであれ、調整して良い結果が得られるからやるだけ」

    オーディオは観念よりも、実践あるのみ!
    やってみなければわからない!
    だとは思うのですが。。。

    理屈も後からついて来るものです。

    検証1:二つのSPからの音波の重なり具合説
    ⇒もしこれだとすると、無響室でも立体音響が得られるのではないかと思います。
    ⇒無響室で聞くとスピーカーから音が出ているだけに聞こえます。

    検証2:部屋との対称性の崩れは気にしない説
    ⇒もしこれだとすると、レーザーセッターで合わせただけで立体音響が得られることになります。
    ⇒そう簡単に出来ないことをのびーさんの日記で書かれたのではないですか?

    ◇では、自分が考える;部屋の中を音が駆け巡る説
    ⇒これも検証できません

    だから判定は難しいですね。

    ◆この日記は「サーロジックのHP」がテーマですので、この先の論議は、のびーさんか他の方が日記を立ててください。

    よろしくお願いします。

    byヒジヤン at2021-09-11 21:45

  22. ヒジヤンさん 今晩は。

    3つ目はブーミング対策です。
    これは私の部屋の事情ですが、
    高くしたのは良いのですが壁.天井が太鼓になり
    低音もダダ漏れでした、

    それでサーロジックのsvパネルを補強を兼ねて
    壁に貼り付けたり、柱を並べたのも補強と拡散を
    狙いました。

    補強も程々にと思ったのですが、作業する毎に響きが良くなり
    止まらなくなった次第です(笑)

    by田舎のクラング at2021-09-11 22:01

  23. クラングさん、了解です。

    「ブーミング」ですね。確かに、確かに。

    自分のところは石膏ボードの壁なので、最初は酷かったです。
    それでも、ツーバイフォー住宅ですので、外壁と接する部分は割りと強固でしたが、仕切り壁は酷かったです。

    この対策はダイナミックダンパーの応用で対処できましたが、リスナー後方は、後方拡散+補強+遮音を狙って、壁の上からツーバイフォー材を貼り付けました。ブーミング対策を兼ねています。

    >補強も程々にと思ったのですが、作業する毎に響きが良くなり
    止まらなくなった次第です

    納得しました。

    ◇こうしてみると、同じ苦労と同じような対策をしていますね。

    byヒジヤン at2021-09-11 23:00

  24. 【応援しましょう!】
    この日記は、一部の方が、「サーロジック社を罵倒し」「オーディオ業界から葬り去る」などと発信している様子を見たことをきっかけに書いた日記です。

    自分はサーロジック社のビジネスには何の貢献もしていませんが、室内音響を勉強させてもらい、自作でのルームチューニングを実現するための貴重な情報をいただいた感謝の意を込めて、応援しようという主旨です。

    ◆応援する気持ちのある方は、是非意思表明をお願い申し上げます。

    byヒジヤン at2021-09-12 09:06

  25. 平蔵、退会処分になってもココまで見に来てるとは、ご苦労さんなこったな、

    大金積んで家を建てて、部屋も念入りに仕立て、ハイエンド機器を取り揃えても、音が悪いのは自分のせいだよ。腕がなさすぎだわさ。

    それを人のせいにして、代金も支払わないのは悪徳弁護士の証拠だ!
    アホですね(笑)

    平蔵ツイッター
    https://mobile.twitter.com/sinshusoba?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

    byヒジヤン at2021-09-12 12:46

  26. 伊豆爺さんも応援仲間ですね。

    仲間が増えるといいですね。
    平蔵にスパムメールを1400件も送られたなんて。Uraraさんへの100レスの比ではありません。

    自分の周りにも被害者が沢山いて、苦情の山となっています。コミュの中にも害を被った方は沢山いらっしゃいますね。

    サーロジックを応援しましょう!
    ーーーーーーーーーーーーーーーーー

    伊豆爺さんのブログ『伊豆からの便り』
    https://am-izu.cocolog-nifty.com/blog/2021/09/post-7f435c.html
    平蔵の秘密も明かされていました。

    byヒジヤン at2021-09-12 15:04

  27. 裁判記録はサーロジックの掲示板にあった。
    ココにも仲間が沢山いる。
    今までの悪行の集大成なんだろうな。
    南無阿弥陀仏

    サーロジック掲示板
    https://www3.rocketbbs.com/13/bbs.cgi?id=salogic&page=3
    散々なことになってるね

    byヒジヤン at2021-09-12 18:58

  28. ツイッターで、
    『○ル・○ージェンシーにヒジやんの住所、勤務先、自宅の登記簿謄本の調査依頼。いつものように完了』
    だってさ。

    HPで、俗称トドと呼ばれていた
    http://nagaben.jp/publics/index/72

    何をされてもいいように仲間を集めているので、お好きように。

    byヒジヤン at2021-09-12 21:25

  29. ヒジヤンさんこんばんは。

    サーロジックのHPは私がオーディオを始めるにあたっての指南書でした。

    まず室内音響を整えようと情報収集する中で同社HPに出会いました。
    このメーカーのパネルは良さそうだと直感して導入。

    以降サーロジックパネルは私のルームチューンの主力であり続けて
    素晴らしい音をもたらしてくれています。

    ほかにはあまりルームチューンアイテムは所有してないのですが
    その中でサーロジックパネルの比較対象としては到底同格ではないことを承知の上で
    例えばVento SQUAREと反響音を比べてみますと
    お使いの方には大変申し訳ありませんがやはり月とすっぽんの格差があります。

    サーロジックパネルの底力は凄いものがあります。
    末永く頑張っていただきたいメーカーです。

    byA-5000 at2021-09-12 22:09

  30. A-5000さん、レスありがとうございます。

    サーロジックの音響パネルは効果が絶大ですね。自分もデモをやってもらって、その効果が絶大で驚きました。ですが、効果が大きいがゆえに使いこなしも難しく、上手く扱えるか、扱えないかは、技量次第という感じですね。

    効果に驚き、その場で注文しようとしたのですが、正月休み前ということもあって、納期が長すぎて・・・当日に教えてもらった「ただの棒」を置くことでの音の変化を試しているうちに、あれよあれよと正月休みが終わった時には、リスナー前方のセットが完成していました。

    自作してしまったのは、今でも申し訳なく思っているのですが、オーディオマニアの悩みに応えた方(村田さん)はいないと思い、応援だけはしたいと思っています。

    >サーロジックパネルの底力は凄いものがあります。末永く頑張っていただきたいメーカーです。

    ◇同感です。

    byヒジヤン at2021-09-12 22:27

  31. デーさん、出川式電源の愛好者なのに・・・

    よそに行って、こんなことを言っていたのですか?
    残念です。

    「ヒジやんも昔からバカにされぱなし。出川三郎先生方に訪れたときの雑談でも「あの人は!」。狭い、機材悪い、最新のルームチューン材なし。」

    「ヒジやん お気の毒に出川先生からあそこの音はと聞いているけど(笑)」

    byヒジヤン at2021-09-13 06:22

  32. デーさんから電話をいただき、
    平蔵がウソを言った確認が取れました。

    「平蔵さんからは、機器を出川式電源にして欲しいと依頼されて実施したことはある」
    「だが、工房に来られたことも、お宅にお伺いしたこともなく、顔を合わせて話したこともない」
    「第1に、私が人のお宅の音の批評などしたこともない」

    ⇒デーさん、申し訳ありませんでした。平蔵がウソをついた様です。

    ◆平気でウソをつく弁護士
    ・・・信じられません。
    http://nagaben.jp/publics/index/72

    ---------------------------------
    伊豆爺さんもブログで教えてくれています。

    「ヒジやん お気の毒に出川先生からあそこの音はと聞いているけど(笑)」
    これも↑と同じで全くの出鱈目です。これがとどの常套手段です。

    ヒジヤンさんへ
    ここをご覧頂いているかどうかは分かりませんがご心配無用です。
    これが悪足搔きと言うモノですね。

    伊豆爺さんのブログより
    『伊豆からの便り』
    https://am-izu.cocolog-nifty.com/blog/2021/09/post-7f435c.html

    byヒジヤン at2021-09-13 11:25

  33. ヒジヤンさんへ

    >追伸
    bb7さんの日記には、たまに顔を出すかもしれません。
    ブログの周波数特性を見ましたが、目が点になりました。是非、日記にして下さいませ。

    日記にするつもりはありません。ホワイトノイズをあたかも位相の合った良質の音と錯覚したり、誤解したりする可能性がある方が多いような気がするからです。

    bybb7 at2021-09-13 11:54

  34. bb7さん、レスありがとうございます。

    ブログに掲載された、スピーカー軸上1mとリスニングポイントでの周波数特性はファイルウエッブ日記で公開するつもりはない件、承知しました。

    周波数特性など、ある条件で計測した時のひとつのデータでしかありませんから、それで音質を語るなど出来ないものです。

    ですが、あのデータは・・・
    たぶん、SYSTEM7のWATT&PUPPYのWATTだけで計測したデータだと思いました。低域は、部屋の影響で荒れてしまいますよね。そこで、詳細なセッティングです。低域はmm単位とは言いませんが、置く場所と置き方、電源、パワーアンプ、そしてデジタルデータの正確さで、聴感上は随分変わって来ます。ですが、周波数特性の測定データでは、誤差範囲でしか表れない・・・

    だから、自分も計測は止めてしまいました。

    ・bb7さんが信じる道
    ・ヒジヤンが信じる道

    これは大きく違いますが、山頂に向けて反対方向から登ろうとしているだけなのかもしれないです。もし、この先に信じる道を進んで行って、バッタリとお会いすることがありましたら、お互いに「Vサイン」を出し合いましょうね。

    ◇山頂までの道のりは、まだまだ長いです。

    byヒジヤン at2021-09-13 17:27

  35. ヒジヤンさんへ

    ◇山頂までの道のりは、まだまだ長いです。

    いえ、僕は山頂に居ます。もう早いもので20年前から歪なく、腰高にならず、本物低音がアナログ、CD、国内盤、輸入盤問わず、すべてのソフトで出ています。System7の音は気に入ってますので試聴会では好みの違いがあるかどうかぐらいのところでしょう。

    ヒジヤンさん、早く山頂へ来てください、お待ちしております。

    bybb7 at2021-09-13 18:14

  36. bb7さん、やはり・・・

    ネジが緩んでいるようですね(笑)
    前のレスを書きながら、きっと

    >僕は山頂に居ます。

    と言われるのだろうな~
    とわかってしまうところが、我ながら・・・です。

    byヒジヤン at2021-09-13 19:33

  37. ヒジヤンさん

    ワタシもbb7さんそう来ると思いました。分かりやすぅ。

    平蔵、ベル、bb形は違えど上から目線と自己主張、たいした音を出してないにもかかわらず教え魔的なとこは共通してたいしたものです。

    凶悪度、他人に害をなす度はかなり違いますが。

    bbさんはほぼ無害ですから、案外合われたらいい人かもしれませんヨ。

    by at2021-09-13 19:53

  38. 晴さん、同感です。

    bb7さんは悪い人じゃない!
    ちょっと飛んでいるだけですね。・・・ちょっとかな?

    >bbさんはほぼ無害ですから、案外合われたらいい人かもしれませんヨ。

    私もそう思うのですが。。。
    怖いもの見たさ・・・、でも安全な場所に隠れておこう!
    なんて感じでしょうか(笑)

    byヒジヤン at2021-09-13 20:17

  39. 晴さん、バッチリです。

    お三方とも、また始まっていますね。

    共通する点
    ・周りの人に何を言われても気付かない
    ・周りの人に何を言われても気付けない

    ⇒自分が一番だと思っているから

    吐き気がしてくるのですが、
    気持ち悪くなっていても仕方がない

    今、弁護士法を勉強しています。

    byヒジヤン at2021-09-13 21:40

  40. ヒジヤンさんへ

    >⇒自分が一番だと思っているから

    いやあ、そんなことはありません。高インピーダンス派にも良い音を出している人はきっといると思っています。地球と同じように現在進行形の生き物がいる星もあるのと同じように、。そんな方とお話が出来たら楽しいでしょうね。

    それから、ヒジヤンさんの三台目のバイオリンの定位から僕もSPのセッティングには神経を注ぐようになりました。また、オーディオの楽しみが増えて楽しいです。

    bybb7 at2021-09-13 23:01

  41. bb7さん、すごいです。

    何だか意見交換出来るようになっているではないですか。。。

    高インピーダンス/低インピーダンスと仕分けするのは、もうひとつ納得がいきませんが、

    新次元プリのバッテリーは普通としても、シャシ電位が0になるのは魅力がありますね。ですが、CDPもパワーアンプもシャシ電位は0にはならないでしょうから、メリットはプリからアースを取ったときに逆流し難くなる点かなと思いました。

    タコ足配線は、メリットとしては電源の位相が揃いやすいことと思いますが、デメリットは瞬時の電源供給に制約が出てしまうことと、ノイズが回り込みやすくなることかと思いました。

    >三台目のバイオリンの定位から僕もSPのセッティングには神経を注ぐようになりました。

    これも結構難しいですよね。自分のところでも、何かを替えると、すぐにずれてしまうので、いつも合わせ直しです。

    byヒジヤン at2021-09-13 23:30

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする