ヒジヤン
ヒジヤン
昔(小・中・高・大学時代)大好きだったオーディオに、近年再度はまってしまった者です。

マイルーム

見直し中
見直し中
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
今は大分変っているので、削除しました。
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

音場を微修正 と おまけ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年10月02日

前回の日記で、「部屋が消えてマーラー再生への取り組みも卒業」などと豪語してしまいましたが、少しだけ音場の微修正をしました。

聴き込みを進めていく中で、音場が左右方向や後方に広がる反面、前方のステージの「音像に若干のボケを感じた」ためです。音像と音場の関係は本当に難しいです。

【微修正1】
「リスナー後方 コーナーパッチ内に吸音材追加」
天井コーナー部からの反射音は、リスナーを包み込むような音場を作るのに役立ちますが、反面として音像をボヤかす傾向があります。

加えて、小さなパッチ内の空間にも音は入り込み、反射を繰り返しながら、また出てくるものです。この音が濁りを生じさせたりします。

そこで、コーナーパッチ内に入り込んだ音は吸音することにしました。

<効果>
・ステージの音像がクリアになる方向に進んだ。
・リスナー周囲の音場に悪影響は感じない。

そこで更なる対策を追加します。

【微修正2】
左右の音を揃える反射板背面に吸音材の追加」
これも微修正1と同様で、反射板背面に入り込んだ音対策です。

反射板裏は、何もしないほうがいいか、吸音するか拡散するか迷っていましたが、吸音でよい方向に進みましたので、天井付近は音を回しすぎない方が良い結果が出そうだと思いました。

<効果>
・ステージの音像がクリアになる方向に進んだ。
・リスナー周囲の音場に悪影響は感じない。

ここまで実施して、リスナー周囲の音場感が左が強いように感じましたので、更に一手いれます。

【微修正3】
「左コーナーパッチ下に反射抑制の麻布設置」
こちらは気持ち程度の効き方ですが、聞き耳を立てたときに感じる、音場感が左が強い感じが抑制できたので、この状態で様子をみることにしました。効き方は背面空気層の取り方で、ある程度は調整が出来ます。

パネル裏面の吸音材は、旭ファイバーグラス「アクリア」を使用しました。

もう部屋いじりは終わりにしようと思ったのですが、中々終わりにさせてもらえないでいます。

-----------------------------------

【おまけ1】:サーロジックパネルの活用方法「左右バランス取り」
サーロジックのHPから写真をお借りしました

オーディオルームとして左右の環境が揃っているのは理想ですが、中々そうもいかないのが現実です。写真のように右側が窓で、左側が壁や家具というケースも少なくないと思います。

ですが、こんな時も写真のようにパネルを活用して、左右の音響を整えるなんてことも可能です。パネルの活用方法も様々ですね。

------------------------------------

【おまけ2】:「音大生にふさわしい音響学の授業について」

オーディオルームの音響を考えるといっても、考えるためのネタがないと難しいものです。上記は、クラングさんが紹介してくれた、音大の授業で使われる内容です。生演奏と、響きの情報が入っている音楽ソフトでは、まったく同じとはいきませんが、同様に捉えることは可能です。

自分の経験からすると、音楽ホールでは1.5~2.5秒の残響時間がありますが、オーディオルームでは0.4~0.7秒程度が理想と言われています。一般の部屋は0.2~0.5秒程度ですね。この理想残響時間の違いが主な違いで、音響としての考え方は同じだと思います。

そこで、音大授業での音響学の紹介です。

こんな前書きから始まります。
「音楽から響きがなくなったら、どのように聴こえるのだろうか。反射音が全くない無響室で演奏すると、音は記号の羅列のようにしか聴こえない。音程は合っていても音色の異なる演奏があるのはなぜだろうか。・・・」
<内容>
・響きはどのようにして生まれるのか
・直接音と反射音
・初期反射音と後期反射音
・水平の反射音と垂直の反射音の違い
・響きの質
・音量感、臨場感(親密感)
・明瞭性、透明感
・空間性
・音の高低のバランス
・音色とはなにか
・倍音—— 楽譜に無い音
・倍音構造と音色
・エネルギーの時間的変動
・雑音的成分、噪音(そうおん)
・楽器から出る音の方向性、指向性
など

◇資料は30ページのPDFファイルですので、気になる部分だけ見てみるのもよいかと思いました。

------------------------------------

おまけ4:楽友協会ホールの壁面
【大ホール(黄金のホール)】

【小ホール(ブラームスホール)】

.

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ヒジヤンさん 今晩は。

    楽しんでますね。音場と音像のボケ 難しいですね
    音像焦点ボケどこかでSPからの音波が邪魔されてるのですかね。

    上と下か、左と右、前後の影響?、犯人探し楽しいのでは。
    部屋は永遠の課題でこちら妥協の境地になってきてます。

    by田舎のクラング at2021-10-02 20:25

  2. クラングさん、レスありがとうございます。

    「音像」と「音場」の両立は難しいですね。
    クラングさん紹介の「音大生の音響学」でも、「音声の明瞭度」と「音に包まれた感じ」は、直接音に対して150mS程度遅れた反射音でトレードオフ関係にあると明示されていますね。

    ですが楽友協会ホールでは、大ホールも小ホールも、音の明瞭さと響きの包まれ感が両立するんですよ。日本のホールでは両立することに出会ったことはありません。だからこそ「奇跡のホール」と言われる所以ですね。

    折角なら「奇跡のホール」に挑戦したい!そんな無謀なことを目論んでいるのですが・・・現実は厳しいです。

    byヒジヤン at2021-10-02 21:09

  3. ヒジヤンさん 

    そうなんですか、学友協会ホール、何か凄い物を
    聴いてきちゃいましたね。

    使用してる壁材とか、何なんでしょうか。
    堅木の重量材を大量に使用してるのでしょうね。

    by田舎のクラング at2021-10-02 21:46

  4. クラングさん、おはようございます。

    オーディオ修行、これでも自分磨きには、かなりの投資をして来ました。ですが、楽友協会ホールの材質は調べてなかったです。

    「機器に投資するやり方」「部屋に投資するやり方」「電源環境に投資するやり方」「知識を得ることに投資するやり方」など諸々ありますが、「リスク/リターン」はどんなものなんでしょうかね?

    そんな観点からのまとめも面白そうです。

    byヒジヤン at2021-10-03 07:12

  5. ヒジヤンさん
    聴覚は脳の反応なのでその日の体調や気分によっても反応違って当然だと思いますし、ふとしたことで気になった部分に意識が集中してしまうから余計に気になるのも当然ですよ。

    小生は感応型難聴を患って右耳の感度が落ちているのですが、ちゃんと脳内補正が働いているからコンサートやオーディオで音楽を愉しむのに不自由はなく、オーディオの音場調整も時間は掛かりますが出来ない事は有りません。

    ヒジヤンさんのようにトコトン理詰めで仮説検証を重ねて追い込んでいっても、判断基準が聴覚に委ねられている以上「コレで完璧だ!」と感じても何日かすれば気になる点と言うかもっと良くしたいという欲求が出てくるのは当然なのでしょうね。

    by椀方 at2021-10-03 08:43

  6. ヒジヤンさん。おはようございます、Reviathです。

    楽友協会ホールの壁材(仕上げ材)ですが、昔の雑誌で「漆喰塗り」との記述があったような記憶が有ります。

    byReviath at2021-10-03 08:49

  7. 椀方さん、レスありがとうございます。

    >聴覚は脳の反応なのでその日の体調や気分によっても反応違って当然だと思います

    これを比較的安定させる手法が「ハイパーソニック・エフェクト」です。確認してみたところ、環境省主催のHPにも掲載されていてビックリしました。
    https://www.env.go.jp/nature/nats/sound/about.html
    自分は仕事後など、音楽に集中できないときは「ガムラン」のSACDを使って音楽脳になるようにしています。

    ◆音楽を聴くにも自己管理は必要ですね。

    >ヒジヤンさんのようにトコトン理詰めで仮説検証を重ねて追い込んでいっても、判断基準が聴覚に委ねられている以上「コレで完璧だ!」・・・

    いえいえ、完璧などと思ったことは一度もありません。「卒業」とは言いましたが、「完璧」とは意味が大きく違いますね。

    byヒジヤン at2021-10-03 09:10

  8. Reviathさん、情報ありがとうございます。

    クラングさん
    表面材料は「漆喰」とのことです。
    ですが、クラングさんが「堅木の重量材」と言われているのは、構造材ですかね?

    byヒジヤン at2021-10-03 09:13

  9. ヒジヤンさん
    確かに言葉だと難しい?
    「完璧」なる言葉は実際には存在しないのでしようね?

    by椀方 at2021-10-03 09:53

  10. 椀方さん
    「完璧」= 一つも欠点がなく、完全なこと。完全無欠。

    言葉尻を捉えるようで申し訳ないのですが、言葉の意味の話ではなく、他人の日記に書き込みをする時に、そのような言葉使いの書き込みを、自分の日記に受けたら、どの様に感じるかを考えてから書き込みされるのが良いのでは?と思いました。

    byヒジヤン at2021-10-03 10:36

  11. ヒジヤンさん 今晩は。

    学友協会のホール漆喰だったのですね、失礼を
    いい加減なお話で、そう言えば白い壁と金色の縁取り
    画像で見た?気がしますね。

    by田舎のクラング at2021-10-03 19:57

  12. クラングさん

    楽友協会ホールは、大ホールが黄金のホール、小ホールが金色と緑ですね。おまけ3で画像を貼り付けておきます。

    後、ホールの解説のURLも貼っておきますね。
    https://www.musikverein.at/en/der-grosse-musikvereinssaal

    byヒジヤン at2021-10-03 23:14

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする