ヒジヤン
ヒジヤン
昔(小・中・高・大学時代)大好きだったオーディオに、近年再度はまってしまった者です。

マイルーム

見直し中
見直し中
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
今は大分変っているので、削除しました。
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

音響材(パネル等)の比較

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年11月11日

★★★事後確認★★★:ツイッターより、
案の定 アクセサリー屋の昭和仕立てな音響パネルが部屋中に・・・しかも、スピーカー前方の床面にもパネルを寝かせて設置してあります。おだてられて、ゴミ屋敷の進化が凄いことに!このセンス、やはり生まれ育ちは隠せませんね。

<本文はここから>
インターナショナルオーディオショーの音響デモが面白かったことに加えて、ある方がツイッターで下記の書き込みをされていたことから、音響補助材についての各社の製品を比較して独断と偏見の評価をしてみました。

<ツイッターで書き込まれていたこと>
「ヒジヤンくん。永田音響からダメ出し、クズと元仲間から断罪して粗大ごみで捨てられたサーロジック模倣パネル・・・小学生レベルオーディオが叫んでも誰も閲覧しないわ。ギャハハ(笑)影響力ゼーロ」

「ヒジヤンくん。君ら3人だけが今でも良しとするサーロジックパネル。他社のと比べてどこが優れているのか広く告知するのがいいんじゃない(笑)告知出来る部分があればね」

よい機会なので、各社の製品等を比較してみました。こうしてみると、有意差は一目瞭然ですね。

【結論】
1,デザイン性にこだわるなら、ラボラトリウム社のフレクシウムSがよいと思った。
2,ブーミングの防止や、低域の吸音を狙うなら、サーロジック社のSVEパネルがねらい目、定在波の抑制なら日本音響のシルヴァン、アンクもねらい目。
3,サーロジック社の音響パネルのリーズナブルさは群を抜いている。
4,音響補助材は、個人宅にもフォローされるものを選ぶべき。

・音響補助部材は各種あり、狙いの機能に違いがあるが、どれを使っても使いこなし次第かと思います。
・対策の狙いによって、何を選ぶか決めるとよさそうです。低域までの調整をしたいのであれば、重量がある音響材を選択する必要があります。

また、いろいろ考えて音響調整を実行しても上手くいくとは限らないので、個人宅でもフォローしてくれる会社の製品を選んでおくのがよいかと思います。

【各社のアピールポイント】:各社のHPより抜粋
1)日本音響:シルヴァン、アンク
森の木々に模した拡散機構によって音波を調整しようとするもの。
AGSがもたらす音響効果は大きく3つあります。
1. 低域の"部屋鳴り"の抑制
2. 中高域の緻密な響きの実現
3. 部屋の用途に応じた吸音特性のコントロール
これら効果により、「明確な音像定位」と「心地よい響きと音の拡がり」が両立し、低音の抜けの良さと癖のないナチュラルな響きをもたらす、従来にない斬新な音空間を実現可能にしました。

◇その他の各種の技術データがHPに示されています。


2)QRD:ディフューザー、ディフラクタル等
QRD 音響パネルは、建築音響学へ画期的なアプローチを追求しています。これまでの音響材が音の吸収に注目していたのに対し、QRDは拡散・吸音・反射という三つの基本的な設計要素をバランスよく組み合わせ、最も効果的なアコースティカルデザインを提供いたします。
図のように吸収効果のある平面は、直接音を弱めて一定方向に反射し、反射効果のある平面はほとんど音を弱めずに入射音を一定方向に反射させます。そして拡散効果のある平面は、斜めに入射する音であっても広範囲に同時に音を拡散します。音を吸収するのではなく、すべての角度から入射する音を均質に様々な方向へと拡散させるもの。


3)サーロジック:インテリアラーチ、定在波吸収パネル等
・パネル表面のリブの段差と幅の組み合わせにより、高音域を水平方向に拡散反射して、凛とした緊張感のある楽器の佇まいを再現します。同時に、密度の高いアンサンブルが音楽に躍動感を与えます。

・加えて裏側の針葉樹合板と内部の防振構造が余分なミッドバスを吸音し、ボーカルのコモリに代表されるブーミングを解消します。
◇低音の吸収に特化した”定在波吸収パネル”もあります。


4)ラボラトリウム:フレクシウムS
フレクシウムは小型化されて再発されたのですね。TIASで知りました。

Flexumは、音響理論に基づきながらも音楽を楽しむのにふさわしい美しい仕上げを考慮して設計されました。スピーカーから再生される音は、その50%が部屋の音響特性に影響されます。・・・また、特定の音域だけが強調され、独特なクセのある再生音になります。これらの現象は、主にスピーカーにもっとも近い壁面に家具などの反射音を拡散する物体がないことに起因します。・・・この問題を避けるためには、いくつかの技術的解決が考えられますが、そのひとつが吸音することであり、もうひとつは拡散すること、さらには極力平行な対向面を無くすことです。Flexumの設計思想は、この吸音・拡散の両方を実現することでした。・・・また、Flexumの高級家具を彷彿させるデザインとや明るく穏やかな色調の仕上げ、音楽を楽しむ雰囲気を損なうことなく、音楽をより音楽らしく、そしてより美しく再生します。


5)アコースティックリバイブ:RWL-3 absolute
広大なサウンドステージに明瞭で立体的な実在感溢れる音像が定位する「見える音」を実現するRWL-3がトルマリンの40倍以上のマイナスイオン発生量を誇る貴陽石を内部発泡材に含浸させて最終進化しました。
従来からのトルマリン含浸シルク表面材や緻密な解析による凹凸構造による拡散効果による左右音場のセパレーション、三次元的な奥行や高さ表現の拡大、明瞭で立体感な実在感に溢れた音像定位などはそのままに更に滑らかで瑞々しい生を彷彿とさせる音色や質感を実現しました。


【所感】
こうして比較してみると一目瞭然ですね。ですが、音響補助材はインテリアにおける大物なのでデザイン的なものも重要な選択要素かと思います。また必ず必要な部材でもなく、スピーカーセッティングだけで立体空間が描けているのであれば不要かと思います。ですが、試してみるとその効果に驚かれるかもしれません。


<補足>
サーロジックでは「LVパネル長期貸出体験プラン」も実施しているとのことですので、試してみられてはどうでしょうか。


<おまけ>
Auro3DさんがTIASで気になったと言われる、カナダのmolo (モロ)
吸音性に優れた、美しいアコーディオンカーテンです。

写真は10枚使っていたので、リンクのみになりました。
ノア ブース
アークジョイア ブース
※アークジョイアブースでは、センターにフレクシウムSが使われています。
.

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ヒジヤンさん おはようございます。

    音を追求していくと最終避けられない壁に、
    オーディオルームの壁ですよね。

    私の部屋はメチャクチャな状態になってしまいました
    かっこ良く簡単に音の調整ができる物、開発してくださいよ。

    月曜日にオーチャードホールに、
    尾高忠明とN響でのショスタコビッチの5番を聞いてきました、
    熱の入ったで演奏で感動ものでしたが音は前の方で固まって
    客席に飛んでくるのが薄い感じでした。
    座席が後方のせいだったかも、このホールで聴くのは初めてです。

    by田舎のクラング at2021-11-12 07:23

  2. クラングさん、レスありがとうございます。

    >音を追求していくと最終避けられない壁に、
    オーディオルームの壁ですよね。
    私の部屋はメチャクチャな状態になってしまいました

    クラング邸はコンセプトが明解な、「木の香がする部屋」ですので、女性の目にも評判のよいインテリアですね。いい感じに仕上がっていると思います。

    問題は、一般家庭の普通の壁です。普通の部屋として作られた石膏ボードの壁では、低音を出すと「壁鳴り」が生じてしまい、極端に言うと小型スピーカーか小口径のトールボーイスピーカーしか使えないですね。スピーカーよりも壁が鳴ってしまうからです。

    でも、音楽を聴くなら低音は出したいところです。

    そんな一般家庭でも、低音を出せるようにするための「音響ボード」が「サーロジックパネル」なんですね。何事も、まずは悪さを取り除くことから始める必要があります。次によくすることを考える。悪さをそのままにして、よくすることを実施してもボトルネックが足を引っ張るので、一向によくならないループに嵌ってしまいますよね。

    そんな普通に作られた部屋の救世主がサーロジックパネルなのですが、皆さん「音をよくすること」や「機械をよくする」ことを主眼に考えておられるので、過小評価されていますね。

    壁に面して取り付ければ邪魔にもなりにくいですし、色さえ気を使えば目立つこともなくインテリアに違和感を与えることもないですね。使いにくいセンターパネルも壁際に寄せてしまうか、別のもので代用すればよいかと思います。しかも、郡を抜いたリーズナブルさです。

    自分視点では、悪い理由が見つかりません。
    使いこなせずに、モノのせいにしているだけかもしれないですね。

    ◇クラングさんが、シルヴァンやアンクをお使いの理由は何でしょうか?

    byヒジヤン at2021-11-12 12:11

  3. ホールの話は分けました。

    オーチャードホールに聴きに行かれたのですね。音が後方に回って来にくかったことよくわかります。このホールはスピーカーを使っての音響に適したホールですね。

    よいホールは、音がホール中に回りますね。ウィーンの楽友協会ホールは、どこに座っても基本的に同じ音がしました。

    オーディオ再生も、よい再生はどこで聴いても基本的には同じ音で聴けます。この状態で立体感を感じることが出来ると思います。

    そんなリスニング空間を創造するのも室内音響の助けを借りて作ることが出来ますね。生もオーディオも同じようなものかと思います。

    byヒジヤン at2021-11-12 12:17

  4. ヒジヤンさん

    >よいホールは、音がホール中に回りますね。
    ウィーンの楽友協会ホールは、どこに座っても基本的に
    同じ音がしました。

    ”その通りと思います。”

    最近の私の部屋でそのような感じで鳴ってきました。

    長年の夢が実現した思いです
    これもPhileWebの皆さんの情報のお蔭かなと

    で私の訴求する投稿のネタも底が着きました。(笑)

    by田舎のクラング at2021-11-12 17:57

  5. 音響パネルですか。私はベントスクエアで可愛くやっています。

    ベントスクエアを使っているのはニッキーさんからいただいたからですが、壁貼りタイプの場合壁の振動や共振を抑える効果もあるようです。

    私の部屋はほとんどの部分が1mm厚のベニヤ合板で壁が出来ています。このためたたくとかなりはっきりボンボンと音がします。
    ベントスクエアをスピーカー近くの壁に使うと共振音がかなり抑えられます。効果としては音がクリアになり細かい音が良く聞こえセンターが明確になります。

    スタンド型もいいですけど壁貼りタイプも場所を取らず壁の防振効果もありなかなかのものだと思っています。

    byうつみくん at2021-11-12 20:23

  6. クラングさん、おはようございます。

    ブレークスルーされたのですね。
    後は少しづつ悪さを取り除きながら、よいソフト探しですかね。

    >長年の夢が実現した思いです
    これもPhileWebの皆さんの情報のお蔭かなと、
    で私の訴求する投稿のネタも底が着きました。(笑)

    地道な努力の成果ですね。
    この先に待っているものは何か?考えても始まらないので、お互いに今を存分に楽しみましょう!

    byヒジヤン at2021-11-13 06:47

  7. うつみくん、おはようございます。

    ベントスクエアで楽しんでおられるのですね。小物による調整も大事かと思います。詰めていくと、低域・・・大物、中域・・・小物、高域・・・破片が適していることがわかります。

    ちょっと衝撃的だったのですが、壁が1mmのベニアですか?10mmではないですか?

    この日記の音響材は音響環境を作るための道具の話ですが、視聴環境を整えるのが大事ですね。

    byヒジヤン at2021-11-13 07:00

  8. ヒジヤンさん

    さっき壁の厚みを測ってみましたがやはり1mmから1.5mmのベニヤに壁紙が貼られたものでした。主要な壁はほとんどがこれなので大きな音を出すとかなり共振します。一部の壁はビリビリいうので最近対策しましたが全部はとてもできないですね。

    余り大規模なことは予算面で出来ないのでいろいろ考えてはいますが妙案浮かばずです。

    byうつみくん at2021-11-13 08:40

  9. ヒジヤンさん

    ◇クラングさんが、シルヴァンやアンクをお使いの理由は何でしょうか?

    見逃してました。

    今の部屋が出来て15年程経ちます、石井式のH・Pを参考に大工さん
    と相談しながら完成をしましたが、素人設計で上手くいくはずもなくその後サーロジックさんの訪問診断をうけ貴重な情報を聴き
    部屋の改造を決断それからは茨の道でしたよ。

    QRDも近くの建具屋さんに頼み製作してもらいました
    たしか6個程でしたか

    で最近になり日東紡の試聴室に行きこれかなと思い私の決定打に
    しました。高価な物ですがハードの交換よりも壊れなく末代物です
    狭い部屋こそ必需ではないかと、最近気付きました。

    皆さんお使いになり効果がないと思われるのは何かな?
    といろいろ推測するのですが、やはり部屋のせいではないかと思います。

    こういうものを利用される場合も部屋が影響してるのではないか
    と思いますが。

    下手な説明で?(笑)

    by田舎のクラング at2021-11-13 08:40

  10. うつみくん、ご確認いただきありがとうございます。

    よくわかりました。
    それなら、オーディオ機器やアクセサリーを買う前に、壁を対策した方がよさそうです。バズケロさんも言われていたと思いますが、住環境を整えることで、音もよくなります。

    実行案としては、石膏ボードの12~15mmを壁全体に貼ることです。重量があって遮音度が高いのに安いですよ。910×1820の大きさで数百円かと思います。作業は自分でやればよいですね。殆どの住宅の壁は、この石膏ボードが基材となっています。

    自分の部屋では、窓だった部分を潰して、12+9+12の石膏ボードで埋めました。壁の部分と面密度合わせです。表面は天然材料のクロスで仕上げました。

    まずは石膏ボードを張りめぐらせてみて、まだ遮音が足りないようであれば重ね貼りです。音響的なことは遮音や断熱が出来たところで、音を聴いてから表面処理を考えましょう。

    音響パネルは今は考えなくてよいと思います。じっくりと地道に仕上げていきましょう。クラングさんも自分も茨の道を15年たどって来ました。

    byヒジヤン at2021-11-13 09:34

  11. クラングさん

    茨の道を15年!
    まったく同じです。ですが、今はお互いに桃源郷にたどり着けたようですね。「苦労したからこそ知ることが出来たこと」これが如何に多いことか。。。これは苦労した人にしかわからないことですね。

    シルヴァンやアンクをお使いの理由もよくわかりました。
    クラングさんのお部屋は殆どが床壁天井と、そこに造作された音響部材で仕上げられているので、微調整をシルヴァンやアンクで行われているのですね。ですが、この微調整が如何に大事かは、やった人でなければわからないでしょうね。

    音響材も買って、推奨されているパターンに並べれば完成するかと言えば、甘い甘い。この先の微妙なセッティングで驚くほど変わりますね。スピーカーセッティングほど微妙ではないにしても、それに次ぐ精緻さが求められます。

    普通の部屋で、シルヴァンやアンクのみでの調整は、大量の部材が必要で、スペース効率が悪く、費用も大きく膨らんでしまうので、業務用かお金持ちに適した部材かと感じています。

    日本音響がアピールしている定在波対策は、大量に使用した時に現れる効果であって、数本設置したときに得られる効果と勘違いしない方がよいですよね。

    聞きたい人は少ないかもしれませんが、お互いに歩んできた茨の道を少しづつ開示してまいりましょう。少しは役に立つかもしれませんので・・・

    byヒジヤン at2021-11-13 09:53

  12. ヒジヤンさん

    >数本設置したときに得られる効果と勘違いしない方がよいですよね。

    狭い部屋程、吸音率が低い程シュレーダー周波数が上がると載ってますよね、なので効果が出るのは少し面積が必要かと思いますね。

    部屋のブーミング対策、フラッターが邪魔してると、その効果
    がマスキングされてわからないことがありますよね。

    部屋の改造は一般的に難しいですね、壁より大きな家族の壁が
    立ちはだかりますよね。

    いっそ部屋の壁を取っ払い大広間に下手に囲うならそのほうが無難かと。(笑)

    by田舎のクラング at2021-11-13 11:10

  13. クラングさん

    流石に茨の道を歩んでこられただけありますね。

    >部屋のブーミング対策、フラッターが邪魔してると、その効果がマスキングされてわからないことがありますよね。

    まさに、壁振動によるブーミングが一般家庭における最大の悪さかと思います。音量を上げなければ、ブーミングも気にならないかもしれませんが、音楽信号をマスキングしていることにも気がつかないものです。

    フラッターエコーは特定周波数で起こる現象ですし、自分はそれほど気になったことはないのですが、クラング邸は気になったのですか。それだけ他の部分の対処が進んでいる証でもありますね。対策は6°以上の傾斜か、凸凹対策、そして吸音でしょうか。これもサーロジックさんから学んだことです。

    ウチでは8畳の正方形の部屋で、定在波が低域から高域まで酷かったです。最初は顔を動かすと、音がコロコロと変わっていました。ですが、音を部屋中に回すことにより中高域の定在波は気にならなくなりました。日本音響の音のミックス理論と同じ効果だと思います。

    ですが、低域の定在波だけは如何様にもしがたく、重量物での変形化、パネルでの低域吸音で対処しています。

    大広間の件ですが。。。
    先日のTIASで聴いた感覚ですと、広いブース(60畳くらい以上)の音は一様にダメでした。比較的狭いブース(20~30畳くらい)の方がよい音が聴けました。

    だから、"壁は敵にもなり味方にもなり"だと思います。クラング邸のスペースからもう少し広いスペースあたりが最適なのではないでしょうか。

    おっしゃられるように、「壁より大きな家族の壁が立ちはだかりますよね。」これもしかりです。

    壁面に沿って、コーナー対策あたりが無難な線かもしれませんね。ですが、家族に気がねなく音楽を楽しむのであれば、少し無理をしても専用室が欲しくなりますね。そこで、音楽を聴く楽しみ、サウンドを追い込む楽しみ、弄って遊ぶ楽しみを味わうのが、「ああ、オーディオをやっていてよかった!」と思える時間です。

    「専用室のすすめ」難しいところもあるかと思いますが、これはオーディオを楽しむ上で押えておきたいポイントかもしれないですね。

    byヒジヤン at2021-11-13 12:20

  14. ヒジヤンさん

    壁をリフォームするとすれば大体ですが100~200万円程度考えないといけません。現在の自分の収入では用立ては不可能です。今からお金をためても実行は5~10年後になると思います。

    あと、壁素材は可能な限り軽くしないと土台が持ちません。石膏ボードでは重すぎます。

    もう少し実行可能な方法を考えないといけません。
    自分で工事できる程度の簡単な方法で低予算でやる必要があります。

    byうつみくん at2021-11-13 12:50

  15. うつみくん

    11月4日の壁の防振工事の日記を見ました。アルミの外壁に壁紙を貼って防振されたのですね。その内側に1mmのベニアがあるのでしょうか?

    それなら、壁紙の部分とベニアを不定期な間隔でブチルゴムなどで貼り付けてダンピングする案もありますね。アルミの外壁と内壁のベニアは出来るだけ間隔をあけると、振動しにくく断熱にも効果があると思います。遮音は出来ないとしても、共振はかなり抑えられそうです。

    後はベニアを小さく切って貼り付ける案もありますね。小さい板とすることで、振動しにくくする案です。この場合は部材が足りなくなると思いますので、ベニアを少し買い増す必要があります。

    加えて、大きな音で聴く時や低音がたっぷりと入ったソフトはヘッドフォンで聴き、小音量時はスピーカーで聴くなどと分ける案もありますね。

    いろいろと考えて、工夫するのも楽しいですね。

    byヒジヤン at2021-11-13 13:31

  16. ヒジヤンさん

    >音量を上げなければ、ブーミングも気にならない・・・

    小音量でも影響は出てます、音が濁り、清々しさが削がれます、
    SPから飛んでくる音波が余計な振動音で邪魔されてます。

    SPから試聴距離が遠いと顕著かと思いますが。

    私の部屋の場合です、それぞれ部屋の状況により変わるかと。

    by田舎のクラング at2021-11-13 15:27

  17. クラングさん

    マスキングの件、私の書き方が下手でしたね。同じことを言いたかったのですが、伝わらなかったようです。ですが、これは大事なことですので繰り返し記載しておきますね。

    ・壁振動が起きると、壁が低音を発生させる
        ↓
    ・壁からの低音は、細かな音や倍音成分をマスキングしてしまう
        ↓
    ・すると、細かな音が聴こえなくなるだけでなく、音の広がりが感じられなくなる。加えて、音の艶やかさが感じられなくなる

    他方で、
    ・よい低音を聞くためには、綺麗な高音が必要
        ↓
    ・壁振動は低音を濁らせるだけでなく、高音をマスキングする
        ↓
    ・壁振動は低音の量感を増すが、気持ちのよい低音は聞けなくなる

    ◇ゆえに、壁振動は百害あって一理なしである。

    こんな説明でよいでしょうか?

    byヒジヤン at2021-11-13 16:17

  18. ヒジヤンさん

    こちら筆下手で、良く伝わらないかと思いますが、
    ヒジヤンさんは達筆で要領よく纏まってますね。

    私の部屋で体験してきた事ですので、皆さんの部屋
    に当てはまるかは?です、少しでも参考になれば幸いです。


    音響はほんとに奥が深く精密な測定器がないと分析が難しい
    ですね、次世代PCでウェーブレット越えのソフトができたら
    いいのですがね。

    by田舎のクラング at2021-11-13 17:33

  19. クラングさん

    いえいえ、クラングさんの書き込みでよくわかります。自分は一般の人にも少しわかり易いように事象を分解してみたのですが、余計にわかり難かったかもしれないです。

    >音響はほんとに奥が深く精密な測定器がないと分析が難しいですね、次世代PCでウェーブレット越えのソフトができたらいいのですがね。

    確かに音の評価は主観的で、いいも悪いも感じ方次第なので、もう少し客観的な評価が出来るとよいのですが。。。

    どれがスピーカーから出た音で、どれが壁から出た音で、どれが暗騒音かなどは機械に判別が出来ないので、いつまで経っても主観的な評価になるかもしれないですね。

    まして、脳の感じ方が生まれてからの体験に基づくものだとすると、機械や環境と同時にリスナー自身も磨きをかけないと感じるものも感じられませんから。。。

    そう言えばTIASでソウルノートの開発者である加藤さんが公演で下記と言われていました。

    「私は、機器を開発するときに殆ど計測はしません。計測をして、データを良くしようとすると、殆どの場合が音が悪くなるからです・・・」

    CDP,DAC,AMP開発でもこれですから、リスナーのサウンド磨きに至っては聴感に勝るものなしの牙城が崩れることはないかと。ですが、追い込みの指標になるようなデータ化が出来ると便利ですよね。

    クラングさんとの会話は楽しいです。

    byヒジヤン at2021-11-13 21:02

  20. ヒジヤンさん

    >私は、機器を開発するときに殆ど計測はしません。計測をして、データを良くしようとすると殆どの場合音が悪く・・・・・。

    いい事言うってますね。私もそう感じますよ。

    今は亡きトリオの創始者である中野英雄さんの書いた
    (音楽オーディオ人びと)にも同じような事が(ご存知でしょうが)
    エピローグに載ってましたね、

    ある時製品の開発を命じられた者が漏らした本音に
    ”会長がどんなに強く言われても私たちではEMTやスチューダーのような商品は出来ません、何故なら私達は彼等のような原体験が欠落してからです、ウィーフィルだってあちらで聴く音と文化会館で聴く音とは大きな差が…。ヨーロッパで鳴るような響きで聴かせてくれる環境がありませんでした“。

    ”都はるみもEMTで鳴らすとドイツ・オーストリアの香りを帯びてしまう。感動的に聞こえますから、ポリシーは間違って無いと思う、開発者は無意識のうちに音作りをしてるように思われてなりません“。

    会社の内部事情をよくもバラしてまで載せましたね、私の愛読書です。
    日本人は原体験が無いのでしょうか。
    測定器だけではできない何かがあるのですね。

    by田舎のクラング at2021-11-13 22:21

  21. ヒジヤンさん

    アルミの壁は建て増しした時に屋内に残ったものです。これを壁紙で対策しました。

    ちょうどリフォーム業者さんと話をしたので小屋の壁の話をしてみました。
    壁全部を対策すると50万円以上かかるとのことでした。
    本当にやるとなったら大工さんに来てもらって正確に見積もりとなります。
    実際には予算は無く実行するとしても1年以上先となります。

    byうつみくん at2021-11-14 05:37

  22. ヒジヤンさん

    バズケロ邸でお会いする予定が延期されて、少々、ご無沙汰となりましたね。

    ヒジヤンさんもTIASに行っておられたんですね。私は初めてだったのですが、実は各ブースの機器より、むしろセッティングに注目して見て・聴いて回っていました。私も何か書いてみようかと思っていたのですが、残念ながらヒジヤンさんのような知識がなく、その機会を逸していたので、ここで一つだけ気が付いたことを。

    今回、私が真剣に試聴させていただいた、「太陽インターナショナル」「エレクトリ」「アッカ」「ノア」「アーク・ジョイア」の5会場は、例外なく、すべて「前後の壁一面に」何らかの拡散・吸音材を張り巡らせていました。それが何であったのかは、私にはわかりませんでしたが、ヒジヤンさんの日記を見て、「ああ、これだったのかな?」と思い出しているところです。

    そのほとんどが木製のいわゆる衝立で、一度置いたら簡単には片付けられそうにない(笑)ものばかりでしたが、唯一、簡単に折りたたんで不要な際には片付けられそうな部材をつかっていたのが、「ノア」の会場でした。
    http://www.avcat.jp/event/2021/ias/noah/index.html (Ilaさんのリンク先から)

    この写真にある、白い衝立は、アコーディオン風の構造になっていて折りたたみ可能で、材質は紙かポリエチレンだそうで軽くて、比較的簡単に持ち運べそうです。

    カナダのmolo designというメーカーの商品だそうで、ノアの社長さんによると、「これを設置すると部屋がとても静かになる。特にSPの後ろの壁全面に置くのがおすすめ」とおっしゃっておられました。

    伊豆の拙宅では、前後の壁のどこにも、部分的ならいざ知らず全面に常時設置しておける衝立を置くことはできない(窓やドアがある)のですが、これなら使う時だけ引き出せるので、少し考えてみようかな、と思いました。

    byAuro3D at2021-11-14 07:37

  23. クラングさん、おはようございます。

    >原体験

    本当に大事ですね。
    この感動を求めて・・・
    聴く時は、脳を覚醒させます。
    調整するときは、指標となります。

    これがないと、何を求めているのか、何を目指せばいいのか
    わからないですね。

    いい感じに話が発展しました。

    byヒジヤン at2021-11-14 09:06

  24. うつみくん、おはようございます。

    リフォーム業者さんと話しているのですね。
    じっくり考えて、この先の話を決めてくださいね。

    自分でやれることも多々あるかと思いますので、あれこれ考えてみるのも楽しいかと思いました。

    byヒジヤン at2021-11-14 09:09

  25. Auro3Dさん、おはようございます。

    8月のトライアングルオフ会の最終ラウンドが待ち遠しいですよね。Auro3Dさんは様々なことをどんどん吸収されて、体験も積み重ねて、8月とはまた違った感じになられているのではないかと想像しています。

    TIASでの音響材の配置は様々でしたね。日本音響のシルヴァンやアンクが多かったかと思います。マランツのブースは、古くから自家製です。オーディオショップなどでも多用されているかと思います。Auro3Dさんがよく行かれるダイナの4FはQRDが多用されていたかと思います。

    ご紹介の「ノア」「アーク・ジョイア」で使用されていた白いアコーディオン風の衝立は、自分も気になりました。

    照明を裏から照らすと、見た目が綺麗ですよね。ただ、音は・・・
    吸音の効果が強いと思いました。デッドな会場で吸音ですから、何とも・・・

    本文の最後にilaさんの写真を添付しておきます。

    この美しい吸音カーテンですが、
    Auro3D邸の音響的なバランス調整に最適かと思います。入り口側の2chの部分が平均的な残響で、Auo3Dの天井が高くなった部分が極めてライブなので、天井が高くなった部分で吸音調整すると、前後バランスの優れた音響空間が作れそうですね。

    TIASでのよいピックアップをされたと思います。

    byヒジヤン at2021-11-14 09:30

  26. 美しい吸音性のアコーディオンカーテン”molo(モロ)"の写真を添付しようと思いましたが、写真をすでに10枚使っていましたので、本文にilaさんの写真集のリンクを貼りました。

    moro(モロ)のHPのリンクも貼ってあります。

    ノアの新製品紹介のPDFには吸音特性も紹介されていますので、興味がありましたらご覧ください。
    "モロ・デザイン社 国内輸入販売開始と新製品発売のご案内 - ノア"

    byヒジヤン at2021-11-14 09:46

  27. ヒジヤンさん

    わざわざのご案内、ありがとうございました。

    確かにノアの社長さんも、吸音特性を強調しておられましたね。

    あれのいいところは、LEDライトを内蔵させられて、光のオブジェとしてもおしゃれなところです。デザインに造詣の深いバズケロさんが興味を持たれそうですね。

    反射材、吸音材も日進月歩で、いろいろな製品が出てくるようなので、新規導入を検討する立場の者は、結構迷いますが、ただ、一度入れたら「一生もの」でしょうから、性能もさることながら使い勝手とデザインが個人的には重要なんです(笑)。

    また、今度いろいろと教えてください。

    byAuro3D at2021-11-14 10:29

  28. Auro3Dさん

    きっかけはどうあれ、音響補助材について少しでも広く紹介したいと思って書いた日記です。そんな中で、美しい吸音性のアコーディオンカーテン"molo(モロ)"の情報はジャストでした。

    一般家庭ですと、音楽再生にはデッドすぎる傾向が多いので、拡散を活用することで補えることが多いのですが、ライブ過ぎる場合もありますので、そんな時は"molo(モロ)"での調整は良さそうだと思いました。

    「使い勝手とデザイン」も大事なポイントですしね。

    音響については、オーディオの室内音響や、音楽ホールの音響など、いろいろと研究はしていますので、お役に立てることがありましたら幸いです。

    byヒジヤン at2021-11-14 18:52

  29. ミチヒロちゃんへ、

    お部屋が凄いことになってますね。
    2年以上に及ぶ、ツイッターでの悪口言いたい放題なのかな。
    何においても、生まれ育ちが出てますよ。

    趣味人に対する、Phile-webでの罵詈雑言のみでなく、Yahooブログでの嫌がらせ、mixiでの暴言や他人様のブログへのスパムコメントなど。一緒に関わった人まで悪評が立っていますね。

    商売人に対する、キット屋さんへの嫌がらせからの代金返却、ダイナ7FのCAD仮想アースへの言いがかり、サーロジックへの代金未払い などなど

    ◇情報はどんどん集まっていますから、戦い抜きますよ。

    特にサーロジックの村田さんには、あれだけお世話になっていながら、この仕打ちですか。
    ・自宅作りの途中からの設計相談
    ・各種の場所への現場案内
    ・発注~着工後の設計変更
    ・完成後の計測 など
    納期が遅れたのも、途中でのアクセサリー屋からの耳打ちを受けての変更をしたせいですね。

    ◇ミチヒロちゃんは何でも外部発信をしているので、いくらウソの論理を構築しても、すぐに矛盾はバレてしまいますね。

    今回のアクセサリー屋のパネル持ち込みは、すべてお買い上げですか。代金もちゃんとお支払いですね。新しいものを買うなら、以前に買ったものを支払わなくちゃいけませんよね。

    「音は人なり」・・・これ大事なポイントです。
    いくらイキがったり、自画自賛しても、世間はみんなお見通しです。

    今日のツイッターも拝見しました、

    <<ヒジヤンことヒモジイ。サーロジック定在波パネルいいよだって(笑) 創造の館方式と比べて測定したまえ。あっヒモジイから測定機材なかったね(笑) サーロジックに来てもらえ(笑)>>

    <<サーロジック裁判の打ち合わせ、設計士さん、建築業者と『完全』に終了。こちとら不良商品と不良サービスを受けた施主。ひたすら弾劾して音響業者としての適格を世間に知らせ続けるだけよ>>

    ◇今回大量にお買いになった、アクセサリー屋の音響パネルは、何もデータの開示がないですね。測定データの開示を要求してはどうですか?比較してあげますよ。
    ◇サーロジックパネルとアクセサリー屋のパネルを比較し続けてみるのも楽しそうですね。
    ◆そして、ミチヒロちゃんのやっていることも、世間に知らせ続けてあげますね。

    自分は前衛を担当していますが、それぞれに役割がありますので、楽しみにしててねスッポンちゃん。

    byヒジヤン at2021-11-16 22:45

  30. 【ミチヒロちゃんへ2】

    今日もツイッターで悪口の垂れ流しですね。
    生まれ育ちが出てますよ。

    <<ツンボのヒジヤン、TIASでまたまた頓珍漢。笑っちゃうよね。>>

    <<ヒジヤンことヒモジイ、イズジイことフレールから攻撃があれば、ありとあらゆるオーディオファイルにサーロジックのことを>>

    <<ヒジヤンことヒモジイくん。敬愛する出川三郎先生や出水電器社長に聴いてもらって評価を掲載するように(笑)>>

    ◆出川さんとも、島元さんとも、何度も相互交流してコメント出し合いしてますよ。わざわざ電波にはのせませんが・・・


    <<ダイナミックオーディオの店長川又の被害者と思うが、群馬だったか、50畳に壁中、日本音響のタモ材のパネル全面の整形外科か内科のオーディオマニア。ソナスファベールのザ・ソナスファベールの下取り中古を。聴きに行ったら、永田音響が悪とするディレイの遅れて木霊音。程なく難聴に。オーデ...>>

    ミチヒロちゃんのことを世間に公開したら、
    「まさか、この人が弁護士なの?信じられない!」
    との声が多数でました。

    ◆調べてみたら、ただの『債権回収や』ですね。

    【弁護士懲戒処分:2006年8月戒告】
    ・「未払い先から確実な回収のご案内」というDメールを8000通市内に配布、弁護士の広告基準違反

    どうりで、脅しをはばかりもなくやるのだと合点がいきました。
    やっぱり生まれ育ちが出ますよね、スッポンちゃん。

    byヒジヤン at2021-11-17 12:55

  31. 『債権回収や』とは『取り立て屋』のことですね。

    だから、『債権回収』されない方法も心得ている。
    それで「やくざ」の話がよく出てくることも合点がいきました。

    ツイッターから、
    <<用心棒代金高いですね。危険手当。半日20万、1日なら40万になります>>

    <<サーロジックの批評。さらにmixiに。閲覧良ければ各種SNSに一斉に告知します。>>

    <<mixiにサーロジック裁判内のサーロジックの酷さ、20投稿完了。皆にひどいパネル、納期を守らない、パネリスト原価率10%?を知らしめ、サーロジックがオーディオ業界から消え去るまで>>

    こんな手口を使って、『買ったものの代金を支払わない』などという行為は『許されないこと』ですね。

    音響パネルの原価率10%?との記載は、
    Kg単価・・・サーロジック:4.1千円、A社製品:30.5千円
    というデータからはどのように考えられるでしょうか?

    byヒジヤン at2021-11-18 13:05

  32. 『取り立て屋』昨夜のツイッターから、

    <<ヒジヤンことヒモジイ。早くサーロジックの理想的ルームの音響コメントを。永田音響からもダメ出しバネルだったよ(笑) 1万でサーロジックを。宣伝ありがとね。債権回収で2億は(笑)>>

    <<ギャハはは、ツンボのヒジヤン。ここに反論も出来ないチキン。どこのオーディオ店でサーロジックパネルが評価サレテ売っているの?こうしてタグ付けてサーロジックがどんどんと。mixiにはサーロジック裁判のど素人ぶりをさらに、単と裁判官からレンラクあり(笑)>>

    <<とにかくツンボと貧困の型落ちESOTERICとエセサーロジックパネル、100均の石を壁に貼り独居房の8畳のヒジヤンことヒモジイですよ。チミの元師匠のベルウッド師匠に教えを乞うように(笑) #サーロジック オーディオで小ばか(笑)>>

    <<ヒジヤン、ヒモジイ。どこで理想的なサーロジックの音響ルームの音を聴いたの。レポートタノシミ(笑)上田市の山間集落のサーロジック本社(古民家古事記屋敷)には昨日もモデルルーム予定地にはブルーシート(笑)>>

    <<間もなく内外一流ホールなど設計設計からの元永田音響、NHK音響技術者からのサーロジック壁パネルの評価はmixiに公開のとおり、さらに意見書が。そうして大手ゼネコンからのサーロジック出来損ないの評価が。サーロジック終わります(笑)>>

    ◆伊豆爺さんへの1400件のスパムメールの時もですが、同じことの繰り返しです。やはり、ノ,ウ,○,シ
    やっていることも、ワ,ン,○,タ,ー,ン

    ≪音は人なり≫

    byヒジヤン at2021-11-19 07:08

  33. 『弁護士自治を考える会』JLFMT.com

    ◆「具体的な被害を教えて欲しい」

    ツイッターより
    <<痴呆、低学歴ヒジヤン、他人のツイートを出展の標示なく違法コピー。バカだよね。やられるよ。つんぼ。>>

    <<ヒジヤンことヒモジイ。ハヤーク、サーロジックリスニングroomが実際にどこがいいのかレポートしなきゃ。アゲアシ執っても鹿田ないでしょ!?サーロジックを応援したいなら実際に聴いてレポートしなきゃ(笑)>>

    <<ヒジヤンことヒモジイ、サーロジックのボロ掘っ立て小屋の音聞いたの(笑)。ありゃ酷いわ。うちのように坂本龍一さんら担当の音響に評価いただけないと。デーさんこと出川三郎先生によると、チミのは独房狭隘何だってヒモジイの部屋(笑)>>

    <<ヒジヤンことヒモジイのサーロジック礼賛で何枚サーロジックパネル売れたの?>>

    裁判中の相手に、
    <<長谷川 平蔵@sinshusoba 10月19日
    サーロジック パネル 評判とググると自分のblog記事が5番目に来るためか、どこが悪いのかとDMが拓さん来ます。定型の伝達事項が多いので、定型文が作ってあってコピペして返信。恐るべし口コミ。あそこはネットが最大誘引手段だから、ネットでこれでは。>>

    <<長谷川 平蔵@sinshusoba 10月18日
    間もなく内外一流ホールなど設計設計からの元永田音響、NHK音響技術者からのサーロジック壁パネルの評価はmixiに公開のとおり、さらに意見書が。そうして大手ゼネコンからのサーロジック出来損ないの評価が。サーロジック終わります(笑)>>

    <<長谷川 平蔵@sinshusoba 10月11日
    サーロジック、10月にこちらからの攻撃に反論。次は12月位。反訴などでたったの200万円裁判に地裁で2年以上。買っても勝ち方が気に入らないと高裁、最高裁と引っ張ります。要はあちらの弁護士費用をガンガンつかわせる戦略です(笑)>>

    ◆以前にもっと凄いのも沢山ありましたね。
    ◆過去ログをとっている方は情報提供をお願い致します。

    JLFMT.com

    byヒジヤン at2021-11-19 15:41

  34. 【追)ミチヒロちゃんへ3】

    今日は温泉なのですね。気に止まらないといけないので追レスです。いつもツイッターのコピペでは能がないので、今回は毛色を変えてみました。

    毎回繰り返しの「永田音響&NHK技研とSONYスピーカー技術者」の「音響クリニック」の件です。

    レポートをそのままブログに掲載するのはよいことですね。ただし、解釈が出来ていないことが顕著です。以下、私の解釈を記載します。

    ①周波数特性、残響特性が素晴らしい
    ・これこそ、部屋の特性ですね。サーロジックさんの設計と材料がよかった証拠。

    ⇒「オーナーから。伝送特性、残響特性は耳だけで調整してきました。その結果が測定の良好さにも現れていてよかっったです。」

    ・・・これはまったくの勘違い。小間物の音響材やパネルを外して計測してみな。データは何も変わらないから。サーロジックさんの設計と材料がよかった証拠なのだよ。


    ②音を悪くしているのは、部屋中にものを散らかしていることと、追加で実施した音響処置の不味さのため
    レポートから
    〇気になった音の特徴
    ・質は高いのに細かい付随的な音が多い(音数が多い)
    ・床振動など少ないのに、低域の動きが見えにくい
    ・高域にキラキラした音色を感じる
    ・中低域に明瞭度を下げるようなふっくらした音色を感じる

    これら気になった音色の考えられる原因と対策
    〇室内に機材が多く、そこから反射音が出ている。

    〇拡散吸音材が気になった点
    →多くの拡散ボード、吸音ブロックは効果はありますが、どれも叩いた時の響きが固有音として音色に影響を与えている。


    ③自己の音の追い込みが出来ていない
    レポート「試聴と調整」から
    〇女性ボーカルの試聴でボーカリストの口の大きさが少し大きめであることが感じられた。また、試聴時に頭の位置を前後に移動すると音像の変化があり、ゆったりと後ろに腰かけた時は良好であるが、前方向に乗り出すとボーカリストの口が大きくなる。
    そこで、スピーカの内ぶりを提案して調整を行い、変化があることを確認した。
    改善される位置が有ることが想定されるので、さらなる微調整を提案した。

    ◇お金を掛けて、有名な人にみてもらい、やってもらっていてもね~
    ◇アクセサリー屋に転がされていても・・・
    ◇先人から学ぶために、「GRFのある部屋」を最初から全部読んで学ばさせてもらいなよ。
    ◇せいぜい頑張りな、、、

    byヒジヤン at2021-11-21 11:20

  35. 追)「記録」と「公開」だけはしておきませんと。

    ・「音響クリニック」も、勘違いな解釈で自分の役には立たず。ですが、悪い事例として、他人の役には立ったようなので善しですね。

    ・ご紹介の訪問記は音響的な解釈を間違えています。(「音の減衰は距離の2乗に反比例する」...無響室ではそうですが、室内音響はそうはならない。むしろそうさせないことに、音作りのポイントがあるのですよ)ミチヒロちゃんでは、わからないでしょうね。

    ・今晩も狂ったように叫ぶんでしょうね(爆)

    <<ヒジヤンことヒンコン。何の影響もなし。うちの音を聴いたこともなければ、ヒンコンくんやサーロジックの掘っ建て小屋にはプロの訪問も計測もなし。痛くも痒くも。なにせ偏差値30ヒンコンくんからではねえ(笑)(笑)(笑)(笑)
    サーロジックに手を出す素人がいなくなりますように..>>

    <<ヒジヤンことヒンコンくん。やってみて、聴いてみて、サーロジック得意の測定を部屋でやってもらいな。見せてよ。それからだ、素人くん。皆様、こういうレベルしか周りにいないサーロジックのパネルの問題、疑問は個別にお問い合わせを(笑)>>

    <<ヒンコン、ヒモジイ、いやファルウェブというオーディオ雑誌社の掲示板を主戦場にしているツンボがいますよ。痛くも痒くも。8畳先日までサンスイのプリメイン。今もふるーいイギリスの型番も不明なスピーカー。床も壁もサーロジックのパネルも買ってあげずにペラペラだそうですよ藁。>>

    <<ヒジヤンことヒンコンくん。残念だねえ。『サーロジックさんの設計と材料はいい。』って(笑)。壁パネルはダメ出しされて(笑)。設計なしていない。無償で壁パネルの売買だけとサーロジックは裁判で言い張っているよ。つまり設計の良し悪しなんて争点にもならないのよ。おバカ(笑)>>

    ◆アクセサリー屋に転がされて喜んでいる様子は、皆さんから笑われていますよ。

    裁判中の相手にも、
    <<長谷川 平蔵 @sinshusoba 11月22日
    こうしてサーロジックはユーザーからの弾劾クチコミでやられるだけ。やってやってやってやります。ネット商売なんでしょ!サーロジックって(笑)>>

    <<長谷川 平蔵 @sinshusoba 11月20日
    さぁ、今日も日記でサーロジックのデタラメに引っ掛からないようにエンドユーザーからの製品批評を日記に書こう。すっぽんの平蔵握りこぶし永遠に繰り返す>>

    ◆追加情報を送っていただけた方、ありがとうございました。

    byヒジヤン at2021-11-23 13:18

  36. 『アコースティックリバイブ石黒社長が生ライブそのものですね!と言われたとおりの感じに向上したことを確認いただけてよかったです。』,,,,,mixiみんなの日記より、

    ◆勉強と促された日記は、ただの妄想自慢でした。

    紹介された訪問記は、ご自分が勉強された方がよいのでは?
    「他人の感想というのは、たいがいは当たり障りのないお世辞だと思った方がよい。・・・」...だそうですよ。自己レスが○○ですが、

    ◆アクセサリー屋に転がされて喜んでいる様子は、皆さんから笑われていますよ。

    昨日のツイッターも凄いですよね、

    <<ツンボで発達障害か痴呆、メクラのヒジヤンくんなのか、サーロジックから裁判文書の写しもらってないの(笑) サーロジック、不良品のパネルの売買だけ。部屋の設計もしていなければ、アドバイスは無償サービスと主張している痴呆なんだよ(笑)>>

    <<ヒジヤン、屑、あの世に>>

    <<ヒジヤンことヒモジイ?ヒンコン、ありがとう。くだらない匿名と闘うこちらの姿勢に信頼と相談依頼。どんどんもっと頼むよ(笑)>>

    ・頼まれたとあれば、「記録」と「公開」を頑張りませんと。

    ◆○○屋敷で、愚娘とお仲間のミニコンサートをやるなら、散らかしてる部屋をかたづけた方がいいよ。少しは音もよくなるかもね。。。

    byヒジヤン at2021-11-24 06:11

  37. 弁護士が『SNS』を利用して、誹謗中傷、相手方の名誉・信用を低下させるような投稿を行って処分 『弁護士自治を考える会』
    https://jlfmt.com/2021/09/25/51804/

    ◆特に紛争の相手方に対し誹謗中傷等は『懲戒処分』対象ですね。

    そちらの件は、サーロジックさんにお任せするとして、こちらは「記録」と「公開」をお願いされているので、頑張りませんと。

    ツイッターから、
    <<X1おやじ、つんぼのヒジヤンにうっかり影響されて入れたノイズカットトランスで音質悪化をベルウッドに気付かれて。さてあのゴミはどうなりますか?アイソテックまで捨てた立場から高みの見物(笑)。>>

    <<X1おやじ宅のレポートで、ヒジヤンはベルウッドの耳に完敗だよね。>>

    随分と気が合いますね。どちらも、人のことはいいたい放題。でも、自分のことになると・・・指摘されたことにはフタをして、お世辞を受けたことをせっせとアピール。音は聴かなくても程度が・・・

    ◆表面上は違うのですが、根底に流れているものが同じなんでしょうね。

    もうひとつ、

    <<ひじやん まずいことになってきたよ。こちらはあくまで匿名についての批評。お前はこちらの個人情報をわかるようにしての誹謗中傷。さあえらいこっちゃ!>>

    <<ひじやんことヒンコン。サーロジックに行ったこともなければ、そこのパネルなど紹介各社パネルを部屋で使ったこともない。小学生のようなカタログ比較を並べただけのおバカな記事、大笑い。そういうレベルの音とデーさんも言っていた通りだね(笑)>>

    ◆ウソとオドシとゴマカシで歩んできた人生、生まれ育ちがわかりますね。

    byヒジヤン at2021-11-24 23:17

  38. 【ミチヒロちゃんへ4】

    たまにはお返事を、
    ツイッターで、
    <<ヒジヤンことヒンコンくんの部屋にデーさん以外はどんなプロが来たのかな(笑)>>
          ↓お返事
    プロとは、金銭でつながった人と言う意味ですか?
    それなら、サーロジックの村田さん、ダイナのAさん くらいですかね。村田さんは「無償ルームチューニング」で来ていただきました。でもこの時期はサーロジパネルが大人気で、今すぐ欲しいのに待ち時間が長くて。。。あまりにによい効果だったので、あれよあれよという間に自分で作ってしまいました。

    出川さんや島元さんとは金銭を超えたお付き合いをさせてもらっていると思っています。その他にも、音楽やソフト製作を仕事にされている方とも交流させてもらっていますが、金銭を超えたお付き合いをさせてもらっていますので開示はしません。

    ミチヒロちゃんは、有名な人が来たというと”スゴイ”ことだと思っているよう懸命にアピールしていますが、勘違いです。素人はそれで騙せても、真にサウンドを磨いている人から見れば、「そんな自慢話」はお笑いネタです。

    ◆アクセサリー屋に転がされて喜んでいる様子は、皆さんから笑われていますよ。


    クリニックしてくれた方が見るはずもないツイッターで、
    <<茶谷さま 「音は、だいぶ静かに(音数が整理されて、音楽が見えやすくなった)なってきたのではないでしょうか?」 はい。一つはルームチューンのあれからの変更やあれこれ。 もう一つはお聞きいただいたパワーアンプ(トーマンThomannS-150 MK2)や、電源ノイズフィルター...>>

    ポーズしてても笑えるだけです。
    真剣に取り組んでいるなら、ブログやツイッターをやっている暇はないはずなんですね。だから、ポーズとバレる。

    bb7さんは、何年振りかのオフ会をやって「指摘」よりも「気づき」があったんでしょうね。
    「バイアンプBTLからシングルアンプに変更」、更に何やら仕込んでいるご様子・・・
    「おぬし、本気でヤル気だね」・・・ただ者ではない気概が充分に感じ取れます。
    結果が出るかどうかはこれからですが、、、

    口だけでイキがっている人の、
    ◆『こんなに褒められました!』お世辞アピールからは何も感じないですね。

    byヒジヤン at2021-11-25 14:13

  39. 【ミチヒロちゃんへ5】

    二つ目のお返事です。

    ツイッターに書き込まれていたこと
    <<肘やんのダメなところは、天井コーナーに雑巾や壁にコインをくっつけたりしながら、師匠とするサーロジック大好きな測定を示せないこと。師匠流ならやらなきゃ。耳ならNH lab アコリバさんなどのスゴ耳にクリニックしてもらいな(笑)>>

           ↓お返事

    ・測定はPAA3を使って自分で、音響計測ソフト:MySpeakerを使って友人にやってもらうなど散々やりました。周波数特性や残響特性は、基本的に部屋の特性を測っているようなものなので、軽微なルームチューニングでは何も変わらないですよ。
    ・ミチヒロちゃんが壁に沢山貼り付けている小間物や、アクセサリー屋のパネルでは何も・・・。
    ・オーディオのサウンドづくりとは、自分の耳と脳と腕を使ってやるものなんですよね。
      
    ◆サインコサインなんて不要なんですよ(笑)

    byヒジヤン at2021-11-25 19:49

  40. 「成金さん」、ひもじい生活をしてきた人が急に多くのお金を手にすると、過去のうっぷんを晴らすかのように「威張った態度」を取る人がいる。

    このような人は大昔からいるようで、本や劇や漫画などにも多く登場するキャラクターである。この手合いは、自分が凄い人であることを殊更に誇示したくなるようだ。

    昨日のツイッターより、

    <<ヒンコンくん ちょっと付き合っているオーディオの人たち、使っているのも含めて古いねえ。今晩オーディオ交遊録が明らかになるから、よく拝むように。これはオーディオ発言での権威付け さらなる目的はわかるよね(笑)>>

    いつもはツイッターにリンクを貼り、どうだと言わんばかりに誇示しているのだが、待っても出て来ないのでブログを見に行ったらあった。

    ブログからの要約
    『これまで来訪されたプロ。 オーディオメーカーではあいうえお順に、アコースティックリバイブ、アスカ、エソテリック、カナデ、クライナ、SONYスピーカー開発者、SAGE音響、DELA、ヒノオーディオ、フェーズメーション鈴木会長。・・・オーディオ店店長ら関係者は数知れず。・・・上記プロ演奏現場から800軒以上のオーディオファイル方での音響指導のアコリバなどに次いで、いよいよプロ演奏者によるチェックに興味津々です。』

    何が言いたいのか意味不明。
    ・こんなに多くのプロが来たんだぞ!凄いだろ!・・・なのか?
    ・俺様の金の力は凄いだろ!こんなにプロが呼べる!・・・なのか?
    ・プロが来たから、俺の音はいい音なのだ!・・・なのか?

    それにしても、プロが来ると、
    「オーディオ発言での権威付け」になるという論理が笑える。
    まさに「虎の威を借る狐」ではないか。

    昔から、
    「成金は、金は掴むが、品位失う」
    とは、よく言ったものだと思った。

    byヒジヤン at2021-11-26 06:45

  41. 【追)取立て成金ちゃんへ】<< >>内がツイッターより

    検事時代に東大出にアゴで使われるのがイヤで逃げ出し「取立て屋」になったそうだね。
    だから今でも「東大コンプレックス」・・・だと聞いたよ
    でも、『取立て成金』になれてよかったね。人生後付逆張りかな

    <<ヒンコンくん、人生は逆張り、人生は計算づく>>
           ↓
    ムノウちゃん、人生は逆張り「お金をかけないで、いい音出すのがカッコいい!」なんて価値観もあるのだよ、逆張り仲間かな


    <<ヒンコン、型番も不明なお古、サンスイから言われても(笑) 権威付け、ほーら長くかかるあの手合に効くのだよ(笑)>>
           ↓
    サンスイのX11は出川さんから、「出川式電源で一番のお薦めアンプ」と推薦されて導入しましたが40年選手で壊れてしまいました。今は、島元さんと出川さんが共同企画したALLION A10です。B&W802Dのウーファーを駆動するのに最強のプリメインアンプ
    だと惚れ込んでいますよ。
           ↓
    型落ちのソナスをトーマンで鳴らすのは快調ですか?「低域が甘く感じられる」ことにお悩みのようですが。。。


    <<ほーら長くかかるあの手合に効くのだよ、ほーら長くかかるあの手合に効くのだよ>>
          ↓
    「取立て成金の傲慢な輩」にいつまでも肩入れしてくれる人がいますかね?
    ・・・利害関係のないものが「記録」と「公開」をしませんと。

    ◆<<人生は計算づく>>・・・くれぐれも後悔されませぬようにお祈りいたします。皆からの笑い者さん(笑)

    byヒジヤン at2021-11-26 20:57

  42. 【追)逃げ出した取立て屋】

    別名:人生逆張りな負け犬さん

    昨夜のツイッターから 《 》内が取立て屋

    <<ヒンコン、メクラか、今のパワーアンプが見えない(笑) さぁノイズカットトランスをばら蒔いた害悪。X1おやじもベルウッドからダメ出しとは(笑) デーさん、ちみの部屋は参考になる空間ではないと直接言われたぞ。上田の真田と並ぶ古事記の掘っ建て独房(笑)。>>

    <<おい、ヒンコン。遊んでいるトーマンはつんぼが仲良くしているナイトさんからの借り物だ。ナイトさんに言え。それからソナスは現行品(笑)(笑)(笑)古事記ではないのでね(笑)>>

    <<ヒンコン、誰も得られんものはあるのか、出川三郎先生、島元、メーカー、なんならNHlabにでも評論志手もらいなよ(爆)>>

    <<おいヒンコン、ここにコメントならダイレクトにやりあえるぞ(笑)>>

    <<ヒンコンとの名前こSNSに反応しているじてんで哀れ(笑) お前を潰しても所詮三文だからねえ(笑)>>

    ◆ソナスのアマティのデカいのをトーマンで鳴らして・・・「低域が甘く感じられる」とプロに相談
        ↓その後
    11月25日のツイッターより、
    <<茶谷さま 「音は、だいぶ静かに(音数が整理されて、音楽が見えやすくなった)なってきたのではないでしょうか?」 はい。一つはルームチューンのあれからの変更やあれこれ。 もう一つはお聞きいただいたパワーアンプ(トーマンThomannS-150 MK2)や、電源ノイズフィルター...>>

    11月26日のツイッターでは、
    <<★★ここから得られることがなくなったので、見に行かずに、久しぶりに開いたら★★、自分にトーマンアンプなどをレンタルまでいただいて、改造方法まで教示いただいた方が大変なことになっていました□>>

    自分の役割は「記録」と「公開」・・・(笑)

    byヒジヤン at2021-11-27 12:54

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする