しき
しき
SPは主にJBL、アルテック、タンノイを使って来ました。 現在進行形で「音質改善」を続けています。

マイルーム

JBLで「耽美」な世界
JBLで「耽美」な世界
持ち家(戸建) / リビング兼用 / その他 / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
自宅のシステムはリラックスして聴ける事が大切だと思っています。 JBLのユニットを使って「香るような、漂うような、それでいて見通しの良い」サウンドを追及して来ました。 聴く時間帯がどう…
所有製品
  • プリアンプ
    ACCUPHASE C-290V

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

私の「音質改善」のキーワード

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年02月07日

私の「音質改善」のキーワードは「伝送ロスの極小化」=「より抵抗値の低いパーツへの交換」です。今までにケーブルの選定を終えてそのケーブルと機器を繋ぐパーツの選定に入っています。

次にターゲットを絞っているのが「SPターミナル(SP端子)」です。SP本体の端子はもとより、中継点やアンプのSP端子も視野に入れています。

先日オリンパスシステムの低域を良質のモノに交換した処、想像以上の「伝送ロス」が有る事を確認しました。鉛半田と鉛レス半田の違いくらい有ります。これは手を付けないではいられません。

自分のシステムはアンプとSPが自分で組み上げたような特殊なモノですので、ネットワークの端子も含めSP端子を多用しています。この部分の「伝送ロス」を極小化できれば結果はおのずから見えて来ます。

SP端子として考えれば「高価」かも知れませんが、システム価格を考えればアンプ1台分にも相当しません。費用対効果を考えると非常に高いポテンシャルが獲得できそうです。

過去4年間の「音質改善活動」で「激変」に次ぐ「激変」を経験して来ましたが、私に言わしめれば「階段を1段、2段・・・」と着実に上っている事なのです。

1回や2回の「激変」で「上がり」などとんでもない低いレベルです。大多数の人が経験した事のない回数を経験してもまだまだ先は見えません。

現時点では「見通しの良い音」の方向に有り、SPの存在が消えるようなサウンドの出方をします。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. しきさん こんにちわ!

    今日は、オーディオに対する考え方の日記ですね。
    SP端子一つにまで、このようなこだわりを持たれることに敬服いたします。

    >1回や2回の「激変」で「上がり」などとんでもない低いレベルです。大多数の人が経験した事のない回数を経験してもまだまだ先は見えません。

    昨日のレスは失礼いたしました。私は何回かやり取りさせていただくと、おふざけモードのレスを入れてしまうことがあります。お気を悪くされたならば許して下さい。


    私の音質改善のキーワードは「音を回す」です。
    スピーカーの振動から生まれる空気の粗密波をどのように回して部屋全体に響かせ、間接音をどのように定位させるか考えています。もちろん、いかにスピーカーを正確に振動させるかも合わせて考えますが、正確な振動にはかなり○○○がかかるような・・・。

    byヒジヤン at2009-02-07 15:24

  2. ヒジヤンさん いつもありがとうございます。

    色々実験をしては「結果」を踏まえて反省や「なぜ?」を考えるようにしています。

    今回も「なぜ良くなったのか?」の客観的回答が必要です。それをつかんだ上ではじめて「今後の展開」になります。

    システムを5セットもやっている理由がそこに有ります。組み合わせるCDP、アンプ、SP、ナットワークの組み合わせが違いますので、「客観的判断」が間違っていますと、同じようには「良く」なりません。また同じ効果でも出方が異なって来ます。それらを掴んで整理して「技術」としています。

    「音を回す」とは面白い発想ですね。

    私の場合は「録音されたその場に居合わせる」様なサウンドになりつつ有ります。

    ヒジヤンさんのサウンドはSPとSPの中に音場が出来ますか?
    それともSPの外側まで広がりますか?

    byしき at2009-02-07 16:12

  3. しきさん

    非常に同感です。
    私もなぜ?を何時も考えています。ですが、わからないことだらけなので、少しづつ仮説を立てて検証するようにしています。間違って捉えてしまうことも良くあるようです。したがい、何時も反省するようにしています。ただ、このような行為は、変わっていると見られることもあるものです。

    私のサウンドも「録音されたその場に居合わせる」様なことを目指してはいますが、まだまだ先は長いです。この面では、しきさんの足元にも及ばないことでしょう。

    音場の件ですが、私は音場派を自任していますので(自分では)音場は、部屋っぱいに行き渡っていると思っています。どの位壁を越えられるか・・・。

    byヒジヤン at2009-02-07 18:20

  4. ヒジヤンさん お返事ありがとうございます。

    何事も実際にやって経験しないと判らないのが真実の様です。
    「音」は特に「音楽」としての音は微妙なニュアンスを聴き取り
    楽しむ行為ですので「行動」有るのみです。

    やった人だけがやった分だけ自分の満足度になると思います。

    本当の高みに達すると他の所では聴けなくなってしまいます。

    byしき at2009-02-07 18:34

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする