しき
しき
SPは主にJBL、アルテック、タンノイを使って来ました。 現在進行形で「音質改善」を続けています。

マイルーム

JBLで「耽美」な世界
JBLで「耽美」な世界
持ち家(戸建) / リビング兼用 / その他 / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
自宅のシステムはリラックスして聴ける事が大切だと思っています。 JBLのユニットを使って「香るような、漂うような、それでいて見通しの良い」サウンドを追及して来ました。 聴く時間帯がどう…
所有製品
  • プリアンプ
    ACCUPHASE C-290V

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

オリンパス SPターミナル交換後のサウンド

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年02月22日

オリンパスシステムのSP端子を交換して約2日。

変わり端は「ヌケ・キレ」が上がり、透明感や音数がかなり改善され
「見通しの良い音」になりました。

しかし、その後聴きこんで行くと「どうも方向が違う様だ?」と
思うようになっています。
ソーズの粗かシステムの粗を暴き出すようで、
望んでる方向とは違うようなサウンドに変化しつつ有る。
もしかしたら、「もう一度大きな変化が来るのかも知れない?」と
感じさせるような変化の仕方をしている。

これはじっくりと使って見ないと先は「予測不能」の様です。

個人的には「情報量が増えて艶やかさが増してくれる」のを期待していたのですが、
力感や情報量・鮮度は獲得したのですが、
はっきりしすぎて「うるおい」や「艶」による「音楽性」が後退したように感じる。

「オーディオ的」には進化したのかも知れないが「音楽的」には後退した様に思います。

ただし、これは「現時点」での話です。
まだまだ変化をして行くようなので先を確かめたいと思います。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. しきさん 興味深い情報ありがとうございます。

    >「ヌケ・キレ」が上がり、透明感や音数がかなり改善され「見通しの良い音」になりました。
    >「情報量が増えて艶やかさが増してくれる」のを期待していたのですが、力感や情報量・鮮度は獲得したのですが、はっきりしすぎて「うるおい」や「艶」による「音楽性」が後退したように感じる。

    ウ~ン、難しいですね。ですが、この点が音楽を聴くためのオーディオの難しい所なのでしょうか。このような、悩みに到達すること自体がかなりのレベルに到達されている証拠なのかと思いました。オーディオ的な良さと、音楽的な良さは必ずしも一致しないものなのですね。

    私は、まだそのレベルに行きついていませんが、この先の変化に注目したいと思います。

    byヒジヤン at2009-02-22 22:38

  2. ヒジヤンさん こんばんは。

    オーディオ的には「進化」したのでしょうが、
    「音楽的」には+αが欲しい心境です。

    自宅の707Jの方は予測通りに「音楽性」も重ねて
    グレードアップしています。
    自宅のシステムは聴き始めるとSWを切りたくなくなる
    「禁断症状」に襲われています。

    まだまだ変化していくようなのでしばらくは鳴らし込みに専念します。
    日記掲載の後もずっと聴き続けていました。
    ワルター/コロンビア饗「ブルックナー9番」は
    素晴らしい演奏で聴けました。

    byしき at2009-02-22 23:18

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする