「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
しき
しき
SPは主にJBL、アルテック、タンノイを使って来ました。 現在進行形で「音質改善」を続けています。

マイルーム

JBLで「耽美」な世界
JBLで「耽美」な世界
持ち家(戸建) / リビング兼用 / その他 / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
自宅のシステムはリラックスして聴ける事が大切だと思っています。 JBLのユニットを使って「香るような、漂うような、それでいて見通しの良い」サウンドを追及して来ました。 聴く時間帯がどう…
所有製品
  • プリアンプ
    ACCUPHASE C-290V

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

高級ケーブルについての考え方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年09月03日

一般に10万円を超えるケーブルは「高級ケーブル」だと思います。ケーブルを作成するに当たり、自分なりに色々な方に質問し、雑誌やネットでケーブルの評価等を集めました。

その中に「高級ケーブルは癖が強い」と云う言葉や「高級ケーブルを試してみたが交換が無かった」等の評価を良く耳にし読みました。

しかしこれらは「ケーブルの理論」が判らなかった事による「誤った判断」で有ると確信しました。

「高級ケーブル」ですので一般の安モノとは違う「作り」や「音質」でなければメーカーも「高級ケーブル」とはしないと思います。使うユーザー側の認識が変わらなければこの評価は変わらないと思います。逆説的に「認識を変えさせる」事が出来れば商品の存在価値は有ると云う事でも有ります。

まず1セット購入して「音質」の比較をされるのが一般的でしょう。これは私も導入手順としては仕方のない事と思っています。金額が高いのでどうしても用心をします。自分の場合でもそうでした。

この状態では「高級ケーブル」は導入初期「癖の強い音」と判断されると思います。問題は「なぜだろう?」の疑問を持たない事だと思います。「こんなものさ」とあっさりと何も考えない事が一番の問題だと思います。

「良い音」、「悪い音」「癖の有る音」にはそれぞれ「理屈」が有ります。「なぜそうなったのか?」についての「考察」が必要だと思います。

一般に「癖の強い音」はケーブルが発していたのではなく、接続された下流側の機器が「消化不良」を起こして(ビックリして)、ケーブルの伝送する「情報量」に対応できなかったのだと思います。

電気の流れは「水の流れ」に置き換えて考える事が出来ます。ケーブルはさしずめ「水道管」に相当します。高級ケーブルは一般のケーブルに比べて「情報量」が多いと考えられます。つまり「水道管」の直径が大きいのです。ですから流せる水量が大きいとも言えます。

1箇所のケーブル交換(水道管交換)をしても、何処を替えるかでその効果は変わって来ます。最終的に「システムの総合力」が音に出て来ます。その音を出すスピーカーに近いケーブル(SPケーブル)で試すのが一番判り易いと思います。

私は「信号ケーブル」は「下流側」から、「電源ケーブル」は「上流側から」をお勧めしています。やみくもに「高級ケーブル」を使っても、下流側の機器を「ふん詰まり」や「オーバーフロー」させるだけですので「手順」を守って導入すれば、今までと違った結果を得ることと思います。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. クロ大好きさん レスありがとうございます。

    スピーカーケーブルで試されるのが一番判り易いと思います。

    どんなにケーブルを良くして云っても最後は「アンプ内」の配線に突き当たります。
    決定的に「アンプ内の配線の断面積」は小さいので「ふん詰まり」します。特にTr型アンプの場合、プリント基板ですので「改善」は難しいですね。
    その為、自分では「管球アンプ」の手配線で対策しています。

    byしき at2010-09-03 17:29

  2. クロ大好きさん 再レスありがとうございます。

    お試しください。
    特に「電源回路」は「特効薬」的に効きます。
    フューズのオーディオグレード化でもかなり改善できます。
    入出力の配線だけでも効果が高いです。

    byしき at2010-09-03 17:54

  3. しき さん

    プリント基板の件、私も同意です。
    私自身、「プリント基板ってどうなの?」と思い手配線の真空管アンプを組み上げたのですが、内部配線を変えると音が激変しますね。
    それほど高価なものではないのですが、(キットだったので)付属のPVC被覆線からポリオレフィン被覆の高純度銅線に変えたら、今まで「アンプの構成が原因かな…」と思っていた不満点が解消されたのには驚きましたね。
    http://oyaide.com/catalog/products/p-2596.html

    ところで、オススメの内部配線材とかありますでしょうか?

    byカノン5D at2010-09-03 20:03

  4. カノン5Dさん レスありがとうございます。

    Tr型と管球アンプではデバイスの違いも大きいと思います。

    今まで「回路」や「パーツ」の性と考えられていたモノが、
    実は「配線材」と「半田材」で有ったと痛感させられた事が沢山有ります。

    「スーナーブルー」φ6mmを私は採用しています。
    果たしてお勧めして良いものかどうか?・・・。

    アンプ内の配線に使うにはそれなりの覚悟が要ります。
    一般的なWE16GA配線なら30分で終わる物が1週間以上かかります。
    やり方次第かも知れませんが・・・。

    byしき at2010-09-03 20:42

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする