こたちゃん
こたちゃん
なんだかよくわからぬまま、NECのAV-300でサラウンドにウハウハした青春期。 その後、ムズムズしながらも我慢我慢のA&Vライフ。 機器は中古、ジャンクを漁って今日まで繋いだが、家の新築を機にオ…

マイルーム

居場所2景
居場所2景
持ち家(戸建) / その他 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / ~5.1ch
A&Vルームと言い張る寝室がメインルームです。 オーディオ用はYoshii9を2台メインにイクリプスTD510、タイムドメインmini E-Type(T-Loopチューン品)です。 シアタ…
所有製品
  • 液晶テレビ/ディスプレイ
    PANASONIC TH-49EX850
  • ネットオーディオプレーヤー
    PIONEER N-50
  • D-ILAプロジェクター
    VICTOR DLA-HD100
  • スピーカーシステム
    ECLIPSE TD508MK3
  • スピーカーシステム
    TIMEDOMAIN Yoshii9

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

お気に入り製品

日記

塩ビ管スピーカーの気になるところ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年03月07日

ピュアオーディオの話題で盛り上がる中、一人、プアオーディオで勝手に盛り上がるシリーズ。

さて、決してプアではないTIMEDOMAIN Lab プロトタイプユニットの性能を引き出すべく、今日も格闘してみました。

気になる女性ヴォーカルの濁り。細かく言えば、サ行が少々耳障り。

先ずは綿作戦。
綿を詰めて音が変わることはわかった。
ならば、綿だらけにしてみようということで・・・。

こんな感じの、を。

こんな風にしてみた。

綿の量を減らしながら何パターンか組んで、音を出してみる。
が、全く改善しないどころか、さらに高域側に音がシフトした。
見事、悪化、という感じである。

なので、元に戻しました。

う~ん・・・。

やや煮詰まり気味なので、一息ついて、考える。
その間、たくぼんさんからの助け船も頂き、情報交換・・・というより、貰いっぱなしか。(汗)
助かります。

ちょっと頭を切り換えて、初心に帰ってみる。
ユニットをじっくり眺めて、塩ビ管をじっくり眺めて、考えた。
ヴォーカルで濁る。サ行で耳障り・・・。
そこそこ周波数は高いのか。
ってことは、短距離での音の跳ね返りが悪さをするのか?
筒の下からの音ではない・・・かな。
上か?
上・・・。

あぁ、この辺かな・・・?

で、手を入れてみた。

ユニットマグネット部分の反射音。
この辺と、

塩ビ管側、鉛板部分。

重量で制震しているということは、そこに当たった音の圧力はそのまま反射してるはず。
マグネット部と鉛板部分はほぼ並行。
なにか、悪さをしそうな所に思えてきた。
フェルトを貼って、減衰を試みる。
ついでに仮想グランドにぶら下がっている鉛インゴットにも巻いてみた。

このあたり、元から気にはなっていたが、手抜きをしていたところ。
ここらが効いたら凹むよなぁ~と、思いつつ、聴いてみる。

効いた。(爆)

完全とは言えないが、かなり改善した。
まあ、さらっと聴く分には気にならないか、な。

ずいぶん今日は遠回りをした。やはり気になるところを放置してはいけない。基本的な過ち。

しばし、あれこれ聴いて、仕上がり具合を確認。

う~ん。

Yoshii9と、違う道を歩んでいる気がする。
姿形はYoshii9モドキだが、なんというか、違う空気。
たしかにまだまだ全体的にはもう少しクリアであって欲しいのですが、かなり良い線は行っているように感じるのです。
ただ、比較対象がYoshii9であるから違和感を覚えている、そんな感じ。
イクリプスTD510と比較すると、TD510で少し籠もった印象があった部分がクリアになっている。
しかし下から上まで、何を犠牲にするでもなく。音はかなり締まっている。
それらしい音が出ている・・・。空気は違うが、これもありなのか?
音域が広くなったという第一印象を信じても良いのかもしれない。
そんな気がしてきました。

そんな気分で、後片付けをしながらBGMをタイムドメインminiで流す。
やっぱり、このmini、よくできている。

数日前にブチ抜いたと言ってみたが、階級違いによる有意差があっただけで、肝心な部分で負けていた。今日で、その肝心な部分が良くなった。
素人DIYでここまで行けるのだから、このユニットはまだまだ実力があるって事なのでしょうか。
とりあえず、次の手を打つまで、しばし現状を楽しもうかと。

今日は息子様もJAZZに填っているようで。
リトル・ジャマー、4巡目に入りました。飽きないのでしょうか。
と、同じ曲を何度もリピートしてスピーカーいじってる私が言うのもなんですが・・・。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. >クロ大好き さん

    ありなんですかねぇ・・・。まあ、あちらは素材をそのままの”お刺身スピーカー”ですので、それと違う空気が漂えば、それは味付けされていると言えますので、私としてはどうなのかな~って感じがずっと漂っています。
    ただ、今の音、これはこれで悪いとは思わないのですよ。まして塩ビ管、実質初の自作SPです。8日ですからね、形になってから。
    これなら上出来と、誰かに聴いて認めて貰わないと、納得しないかもしれません。
    なので、いろいろ目論んでいます・・・。

    息子様は、タイムドメインminiでJAZZを流すと、ピタッと行動が止まる事があります。今ではテレビ音声もminiのスイッチを自分で入れて、聴く癖が付きました。恐ろしき3歳児。彼はどこへ向かうのでしょうか。(笑)

    byこたちゃん at2010-03-07 18:41

  2. 私もプアオーディオで盛り上がっているひとりです。お忘れなく。(^^;;


    ユニットの横の吸音対策はmust条件です。あとゲルでのパッキンにもれがあると、とたんに音がにごります。

    ユニットの横の対策をしないと、その部分で音がにごりいくらゲルでパッキンがしてあっても、表側に放射される音に影響を与えてしまいます。

    下から漏れる音についても、同様に音を濁らせる原因になります。

    それはそうと、このユニットですがどうやらアーススピーカーをターゲットに開発されたもののようです。

    http://blogs.yahoo.co.jp/eiwaup

    コーン紙とマグネットの距離が長いのは低音を下部のポートから効率よく放出させるためのようです。

    byたくぼん at2010-03-07 19:07

  3. >たくぼん さん

    いや~、私と同じレベルでは、少なくとも無いはず。(滝汗)
    まだ私は赤子ですから。

    ゲルの音漏れは、期せずして体験しました。少々の隙間が大問題になりますね。個人的には面白かったです。

    ユニットの成り立ちは、設計者のかずやさん経由で情報をゲットし、Yoshii9向けではないことをつい先日知りました。
    しかし、あのアーススピーカーは真似ようにも並のDIYレベルではちょっと難しいです。仮に作れても、置き場に困るかも。(笑)

    私は逆に、Yoshii9もユニットはあの形状なのかと思っていました。(汗)

    >クロ大好き さん

    インテリア的視点でも面白い形状で興味が湧きます。
    ただ、製品化されても、我が家には置き場がありません。
    いや、それ以前に予算もないか・・・。

    byこたちゃん at2010-03-07 19:59

  4. >クロ大好き さん

    いやいや、あの曲線に秘密あり、と見ましたので、多分きっちりやらないと美味しい音は出そうにないです。そういう意味で、特許とか取られているのだと思います。

    ただ、Yoshii9などのタイムドメインスピーカーで、スピーカーユニットを仮想グランドなどにせずガッツリグランド化してしまわないことの不思議さは、かねてより思っていたので、形は違えど、そういう切り口でお手軽に(ここ重要!)アーススピーカーモドキが作れるのであれば、壺ベーススピーカーも面白そうではあります。

    なんにしても、あと1セットあるわけで、なにかは作ろうとは思っています。

    byこたちゃん at2010-03-08 21:15

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする