「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
ガッツ
ガッツ
2000年頃から、この道に入っていました。 プロジェクター遍歴は、こんな感じです。 SONY  VPL-VW10HT SHARP XV-Z9000 VICTOR DLA-HD100 VICT…

マイルーム

ガッツシアター
ガッツシアター
オーディオ・シアター兼用ルーム / スクリーン~100型 / ~5.1ch
ガッツシアター(カーブドスクリーン編) ・4K HDR映像校正環境の構築完了 ・4K HDR環境の構築完了 ★★特徴★★ シネマスコープカーブドスクリーン+アナモーフィックレンズ(業務…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

日記

カーブド視聴記(4Kシアター)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2011年12月30日

お久しぶりです、1ヶ月ぶりの更新です。
とうとう、というか、バレバレですが導入しちゃいました。
アバックさんのイベントに数度参加して、その都度これ買って大丈夫なのかなと
思い悩んだ結果でした。

↑やっぱり波動砲だよなぁ。

以下の写真のうち、シネスコ作品は全てアナモフィックレンズを利用して映写しております。
各種設定は映像調整用ソフトで実施しております。

■シネスコサイズ作品
↑「きみに読む物語」より(DLA-X7 film2モード)
↑「きみに読む物語」より(VPL-VW1000ES リアリティクリエーションON)
↑「きみに読む物語」より(VPL-VW1000ES リアリティクリエーションOFF)
再生したソフトは同じなのに比べてみると大分違いがあります。
リアリティクリエーションをONにすると着ている服の質感や、顔の情報などが克明に表示され、X7の映像がソフトに観えます。

↑「スカイライン」より(DLA-X7 THXモード)
↑「スカイライン」より(VPL-VW1000ES リファレンスモード)
こちらの作品はREDONEで撮影した作品です。
クリアになった分、奥行き感が増しますね。

↑「STARWARS EP3」より(DLA-X7 THXモード)
↑「STARWARS EP3」より(VPL-VW1000ES リファレンスモード)
THXとリファレンスモード大分違いますね。

■SDサイズ作品
↑「ふしぎの海のナディア」より(DLA-X7 THXモード)
↑「ふしぎの海のナディア」より(VPL-VW1000ES リファレンスモード)
アニメ作品も再生してみました。
オリジナル35mmフィルムからのHDテレシネしただけあって抜群の映像です。
こちらはVW1000ESのほうが好みですね。

■モーションエンハンサー
これはSONYのお家芸ですね。
X7より精度が高いです。
これを利用して動きの早いシーンを再生するとジャダー感が減るわけですが、
「強」に設定してみると笑っちゃうぐらい別作品に変身しちゃいます。
ビデオ撮影シーンをその場で見ている感覚に近いですね。
これでガンダムUC VOL.4を再生すると面白いぐらいにヌルヌル動くので、
試してくだされ!!
STARWARS EP3などの映画も笑っちゃうぐらい見通しが良くなりますよ。
でもCG作品以外の映画は多少のジャダー感を残しているのがしっくりきますね。

■ポジション
これ、便利ですね。
アナモフィックレンズを利用する場合、利用しない場合の設定をメモリできて重宝しています。
また、設定スピードも素早く快適です。

■3D
視聴会などで気になっていた機能ですが、杞憂でした。
これだけの明るさを維持しつつ、クロストークの発生が抑えられている点は素晴らしいの一言。
以前、クリスティのプロジェクターで2D版アバターを再生したとき以来の興奮でした。
4Kで3Dというのは、ありですね!!
お気楽に3DみるならHMZ-T1。
4Kアプコンの超絶3D映像をみるならVW1000ESというのが良いね!!

ではでは。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ガッツさん、こんにちは

    バレバレですが導入しちゃいました。

    購入していたんですね。
    去年買い替えたばかりだったので、今回は見送ったものと思っていました。

    これでガンダムUC VOL.4を再生すると面白いぐらいにヌルヌル動くので、試してくだされ!!

    そうなんですよね、横方向にスライドするシーンでも映像が崩れない。
    (ヌルヌル動いて違和感がありますが、映像が崩れないのはすごいですね。)

    1000es導入前は、雑誌にレビュー載らなかった音楽ライブ映像、アニメなどどうなのかな?と思っていましたが、
    今まで見てきたプロジェクターの中で、最高の映像を見せてくれます。
    リアリティークリエーションmaxで音楽ライブ映像見ると、背景の埋もれていた情報が表れてきます。

    4Kアプコンの超絶3D映像をみるならVW1000ESというのが良いね!!

    追記・4Kアプコンの超絶「水樹」映像をみるならVW1000ESというのがベストです。

    byゆたんぽ at2011-12-30 17:03

  2. ついに来ましたね!しかも昨年X7を買われて今年これというのもすごいですね。

    私は映画はカタカタしていないと嫌なのでモーションエンハンサーは敬遠しているのですが、ビデオには色々試してみようと思っています。

    今後も使いこなしの情報交換をよろしくお願いします!

    by元住ブレーメン at2011-12-30 18:20

  3. ゆたんぽさん、こんばんわ。

    ほんと、導入には迷いましたよ。
    イベントで観た映像にはばらつきがあって正直、不安でした。
    まー、このご時勢、これに変わる物量を投入した機種は今後暫く出てこないでしょうし、4Kで躓いたら業界的にまずいだろうという判断もあり、決断しました。

    今後登場する廉価機種に、このレベルの4K対応レンズを搭載するのか判りませんからね。
    このレンズだけで相当な値段するでしょうし。

    2月号以降の各誌で、いろんなソースを紹介してくれるかもですね。
    「4Kプロジェクターでこれをみろ!!」みたいな。


    年明けたら、PS3用のネイティブ静止画再生ソフトが提供される予定なので、楽しみですね。

    超絶「水樹」、なんか強そうだなぁ~(笑)

    byガッツ at2011-12-30 18:26

  4. 元住ブレーメンさん、こんばんわ。

    こちらこそ、使いこなしの情報交換宜しくお願いいたします。

    X7は名機だっただけに名残惜しいのですが、新たなご主人のところへ嫁いでゆきました。
    映像比較ネタは、過去の蓄積分で相当あるのでネタには事欠かないです。

    カタカタ感はやっぱり必要ですよね。
    モーションエンハンサーが効いた状態で映画を観ると、悪い言い方をすると安っぽく観えてしまう事があるんですよね。
    しっかり造りこんである被写体などの場合は、それなりに見えるのですが、ジャダーがかかることを想定した映像造りの場合、それがなくなってしまうとあれれっって感じな印象に。
    また動作も滑らか過ぎて、なにか違うって思えちゃうんですよね。
    脳内では常に過去との比較をしているので、ずっと同じ映像を観続けてくると、それが普通ってな感じに上書きされてきちゃうのでしょうが。

    映像調整していて思ったのですが、今後3D用の調整ソフトとか出てくることってあるんでしょうかね、ちょっと気になりました。

    ではでは。

    byガッツ at2011-12-30 18:50

  5. 最新の高いモデルでも、アナモフィックレンズは要るんですね。
    そうであれば、僕も今後新しい機種に変えても使えますね。

    bykazurago at2011-12-30 19:22

  6. kazuragoさん、こんばんわ。

    最新モデルでもアナモフィックレンズは使えますよ。
    無駄にはなりません。
    まー、使わなくてもフルHDよりはるかに高画質なのですがね。

    byガッツ at2011-12-30 21:24

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする