しょうへい
しょうへい

マイルーム

しょうへいのシアター&オーディオ ルーム
しょうへいのシアター&オーディオ ルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
フロントはB&W 802D、サラウンドとサラウンドバックはCDM7NT、センターをHTM2D、天井他スピーカをLINNのUNIKで7.1.6(+2)chを組んでいます。スクリーンはSTEWART HD…
所有製品
  • スピーカー・サブウーファー
    SOULNOTE D-1N
  • サラウンドスピーカーセット
  • パワーアンプ
    MCINTOSH MC207
  • BDプレーヤー
    PANASONIC DP-UB9000
  • D-ILAプロジェクター

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のレス

日記

日記へのレスはありません

製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入りユーザー

  

お気にいられユーザー

日記

KRELL S-1200U 3D

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年11月25日

私は今までKRELLのSHOWCASEプロセッサを使用していたのですが、この度、海外のオークションでS-1200U 3Dを入手しました。あまり日本で使用記事を見かけないので情報アップすることにします。
パワーアンプはフロント2chをMcintosh MC500、残り5chをMC206で駆動しています。1ch余る分はセンターchをバイアンプ接続で使用しています。


さて、今回購入したKRELL S-1200ですが、そもそも電源が120V 60Hz対応版なので、電源が50Hzでは「AC Line Error」と表示されて起動しません。これは購入前に分かっていたことなので、とりあえずオムロンの安定化電源を導入して動作させています。
ちなみに電源種別毎の実験結果は私の環境では以下の通りでした。

50Hz 100V NG
50Hz 120V NG
60Hz 100V OK
60Hz 120V OK

このことから、おそらく関西圏であれば商用電源のみで動作するものと思われます。
オムロンの安定化電源はそもそもOA用なのでオーディオルームに導入するにはファンの騒音が厳しいです。そのうち、CSEの60Hz対応レギュレータに交換したいと考えています。

ちなみにS-1200は、デジタル放送のAACを2.0ch、5.1ch共にきちんとデコードしてくれます。これは仕様に記載されていなかったことなので、ラッキーでした。

しかし、音質はともかく、機能面、操作面でちょっとS-1200は問題があります。
現在まで分かっている問題点は以下の通り。
(1)HDMIオーディオ入力を行うと、前面のブルーの液晶が点灯しっぱなしになる。
 →シアタールームでスクリーンに反射して困る!!黒い布でカバーして対応。
   他の入力はすぐ消えてくれるのに・・・。

(2)CDを聴くと曲の頭が欠ける。
→入力設定を「PCM HOLD」にして解決。どうもビットストリーム種別を解析するのに時間がかかっている感じです。国産じゃ、ありえないよ・・

ということでかなり雑な作りです。ファームウェア更新で解決できれば良いのですが、クレルに問い合わせてみたいと思います。

とはいえ、音質的には満足しています。
最近、国内の代理店が海外のAVプリを扱ってくれないのでさみしいですね。

次回の日記→

←前回の記事

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする