椀方
椀方
勤務の都合で長らく東京で単身赴任生活をしていましたが、2012年3月に漸く大阪に戻りました。 オーディオは結婚後、家族の次に30年近く大事に使用してきたスピーカーINFINITYのフロアタイプRS-…

マイルーム

大阪のオーディオシステム
大阪のオーディオシステム
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
マンションのリビングにオーディオ機器を設置して音楽を楽しんでいます。 聴くジャンルはクラシック・ジャズを中心に気に入ったものならジャンルを問いません。 結婚以来30年余り、家族の次に大事に育て…
所有製品
  • その他オーディオ関連機器
    AURORASOUND HIFACE TWO-Pro
  • 液晶テレビ/ディスプレイ
  • DAコンバーター
    OLASONIC NANO-D1
  • パワーアンプ
    OLASONIC NANO-A1
  • プリメインアンプ
    SOUND DESIGN SD05

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

品川区民管弦楽団演奏会に行ってきた

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年11月14日

今日はJR大井町駅前にある品川区民ホールきゅりあん大ホールで、2009「品川区民 秋のコンサート」が開催された。

ブログのほうもご覧ください。

演奏するのは群馬交響楽団指揮者の工藤俊幸を迎え、1962年創立のアマチュアオーケストラ、品川区民管弦楽団
品川区の後援を受けて春秋2回の演奏会等を行っているそうで、今日の入場料は700円(^^ゞ
きゅりあんのある場所は、JR大井町駅と直結した商業ビルにあり、下の階にはヤマダ電機LABI大井町が入っているが、8階にある大ホールの内部は1000人を収容する一般的なホールとなっている。
演奏曲目はNHK交響楽のチェリスト、桑田歩のチェロ独奏でチャイコフスキー作曲、ロココの主題による変奏曲(原典版)、メインはマーラー作曲、交響曲第5番という、演奏者にとっては手応えのある名曲である。
最初のチャイコフスキーは、チェロが技巧を凝らした聴かせどころたっぷりの名演奏で、オケも伴奏に徹するかと思えば、木管がなかなか技巧派揃いで自己主張する様は、なかなか聴き応えがあった。
休憩後のマーラーは、冒頭からトランペットのソロが聴かせ、ホルンのソロパッセージもなかなか上手い。
反面弦楽器はややアンサンブルに難があるが、それも第1楽章の終盤にはアンサンブルが揃ってきて、2楽章以降は、管楽器がエネルギー全開となってホールに音が充満する熱演でした。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 椀方さん 今晩ワ

    毎週、ウィークエンドにはどこかで演奏会が開催されているところ等はやはり華の東京ですネ。
    毎週帰阪出来ればそれに越した事はないと思いますが、帰れずとも演奏会三昧出来るなら少しは心が休まる様な。

    byRay at2009-11-15 00:28

  2. かは(^^;  私もこのコンサートに行っていました。
    今日の日記で、生音とオーディオの音のやり取りをしていたら、無性に聴きたくなって急遽の外出です。

    席は、いつものごとく指揮者後ろでした(笑)
    でも、今日の感じだと5列目辺りの方が良かったかも知れません。そして、お楽しみはその後のオーディオです。帰って来てからマラ5を連続2回、通しで聴いちゃいました(^^;

    byヒジヤン at2009-11-15 01:00

  3. Rayさん、おはようございます。
    >毎週、ウィークエンドにはどこかで演奏会が開催されている

    そうですね。
    小生は学生オケでの演奏経験もあるのですが、今のアマチュアオケの演奏レベルは、小生が現役だった頃に比べると格段に向上していて、心底音楽を楽しむことができます。
    東京を中心に沢山の大学があり、大抵は現役の学生オケと、そこから派生したOB中心に結成されたアマチュアオケがあるため、この時期はそれこそ毎週幾つかのコンサートがあって、とても全部は聴きに行けないほどです。

    Rayさんの行動範囲でも阪神間にある学生オケのレベルはとても高いですし、是非聴きにいってやってください。

    by椀方 at2009-11-15 07:42

  4. ヒジヤンさん、おはようございます。
    マーラーが始まる直前に、指揮者かぶりつきに座っているヒジヤンさんらしき人物を認識したのですが、本人かどうか携帯かけるわけにもいかず、終わった時には姿が見えなかったのでお会いできませんでした。

    きゅりあんは真ん中辺りだと、ちょうどステージ後のひな壇に乗った金管楽器群と高さが揃っていて、丁度SPのホーンの前に座った感覚を覚えました。

    チェロ独奏はやや音量が小さかったので前が良かったようですね。
    今日はよろしくです。

    by椀方 at2009-11-15 07:48

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする