「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
椀方
椀方
退職後2022年1月に大阪から故郷出雲に移住しました。

マイルーム

リビングオーディオ
リビングオーディオ
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
2022年1月故郷に戻りマンション住まいを始めました。 高層階でLDK 24畳と隣接する段差なしの和室4.5畳がある3LDKは明るくて眺望が最高です。 窓ガラスはペアガラスが入ってますがサ…
所有製品
  • その他オーディオ関連機器
    AURORASOUND HIFACE TWO-Pro
  • DAコンバーター
    OLASONIC NANO-D1
  • パワーアンプ
    OLASONIC NANO-A1
  • プリメインアンプ
    SOUND DESIGN SD05
  • ハードディスクレコーダー
    SONY NAC-HD1

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

地震対策としてのテレビ台の 導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月02日

まだまだ先の話しだと思っていましたが、いよいよ来年の夏でサラリーマン生活に区切りをつける時が来ます。

その後の楽しみのひとつにオペラやコンサートに映画等を見ることがあります。
コンサートホールや映画館に出掛けて見る機会も増えるでしょうが、自宅でもストリーミングでさまざまなコンテンツが楽しめる時代になったので、大画面テレビを導入することを考えています。

しかし、そこで問題になるのが耐震対策。
導入を考えているテレビサイズは60~70インチなのでその重量は30Kg前後もあり、しかも、衝立のように直立しているので不安定な事この上もありません。

当初は今のオーディオラックの上に直置きして転倒防止ベルトで固定することを考えていましたが、昨年の大阪北部地震では、大画面テレビの重さに耐えられず転倒防止ベルトがあっけなく千切れてしまったり、壁面に専用ユニットを取り付けて壁掛けてれひにしたお宅では、何と!テレビの重さでその壁ごと剥がれてしまったりする事例が多く有ったそうです。

さて、どうしたものか?
心配されている南海トラフやその他の直下型に限らずいつ来てもおかしくない地震への備えが必要です。

そこで目に付いたのが、この壁際に置いて壁掛けテレビのように見えるスタンドです。

2017年のグッドデザイン賞を受賞しただけあってスマートですし、耐荷重も40Kgでで70インチサイズ迄対応しています。
テレビ台を支える台座部の厚さと大きさも良く考えられていますが、転倒防止にはワイヤーを壁面に取付ける方法しか記載されていません。

ふと、閃きました。
台座部の上に、今使っている70Kg以上ある重いオーディオラックを載せれば、幾ら地震で揺れてもテレビが転倒するリスクは相当防げるのでは?
アイデアとしては、オーディオラックの下に、厚さ2センチの板をテレビ台の台座部分だけ切り欠いて敷けばオーディオラックの下側にテレビ台の台座部を挟み込むことが出来るというもの。

果たしてこのアイデア上手くいくのか?
現物で確認するしかありませんね、とばかり酔った勢いでポチッとな!!

来ました。
確認しました。
上手くいきそうです。

勢いで別売りでテレビ台に取付けるポケット形状の外付けHDD台もつい。
先日導入したApple TV4Kもテレビ背面に取付けるケースが売られているので、AV関係機器をオーディオラックから追放できるという効果も得られます。

後は、いつ大画面テレビを導入するかどうかが残るだけ。
これはジックリと待ちましょう。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 椀方さん

    私も同じようなタイプのテレビスタンドを使っています。わが家の場合は、部屋のコーナーに置いているので壁掛けタイプが使えずに悩んでいましたが、このスタンドで解決し場所ばかり取っていたテレビ台を追放できて、新たな機器を置くスペースも捻出できたうえに低音の流れがスムーズになりました。追加の棚などが用意されているのは良いですね。

    HPを見たら思わずコードレスクリーナーのスタンドに目移りしてしまいました(笑)。

    byベルウッド at2019-02-02 17:20

  2. ベルウッドさん、こんばんは。
    テレビ台は既に導入されているので其方に目がいきましたか(笑)

    金属製のテレビ台は職場でもテレビ会議システム用に使ってますが、これはキャスター付きのとても無骨なもので自宅リビングで使えるなんて思いもしませんでした。

    先日、4KTVの現場視察?に某家電量販店へ行ったところこのテレビ台の展示があったので、ネットで色々調べて検討した結果です。

    4K放送の録画もバルク品のHDDも6TBが2年前の2TB並みの値段に下がりましたし、映画もストリーミングの時代になり、Apple TV4Kが有ればレンタルBDの再生環境も不要となるので、TV買替え後はHDDレコーダーも不要になります。

    by椀方 at2019-02-02 18:09

  3. 計画は大切です(笑)

     地震対策はね・・・ 見事に すっ転んでいるスピーカーとか見ちゃうと 何かせんとイカンなぁ~~とは 思いますよね。

     しかしキレイなスタンドですね (^^)/   スッと立ってる姿を見れば 壁掛けよりは手軽で美しい。  ケーブル類も上手く隠せそうですし(笑)   ただ TVのサイズの割には足元が心もとない大きさに見えて・・・。   通常じゃ倒れませんが 地震では・・と、よからぬ心配まで。

    でも流石ですね (^_-)-☆  台座の薄さを利用して ラックを乗せてしまうとは! ラックが前に動かない限り(笑) ラックもろとも倒れる事は無いでしょうね。


     内容は兎も角(笑)4k放送も無事に始まり BSハイビジョンが始まった頃や BSデジタルが始まった頃に比較すれば ずいぶんとハードルが下がりましたよね。  ハード機器の安さもありますが手軽に録画(HDD)が出来て まさかの配信(ストリーミング)での4kコンテンツの充実度ですから。 

     
     オーディオって 地震対策との格闘ですよね。 我が家の様な無骨な機器たちだけだと どうにでもなるのですが(笑) 繊細な危機をお持ちの方だと大変だと思います。 

     私 TVは壁ごとズリ落ちない事を願って(笑)壁掛けにしました。(ing・・・近日完成(予)) 明日にでも 棚上のスピーカーの落下防止対策を しよー!と目論見中です。


     ラックだけを用意されて TV導入が1年半後は無いですよね(笑) ならば8kでしょ!!

    byアコスの住人 at2019-02-02 20:19

  4. アコスさん
    計画は大事です(笑)
    アコスさんも着々と計画を進められてますね。
    然も大きくて重いものばかり。

    このテレビ台は耐荷重40Kgなので結構大型迄行けます。
    価格も壁掛けにする壁面リフォーム費用に較べれば格安ですが、アコスさんが心配されたように、通常なら倒れなくても地震の揺れなら簡単に倒れてしまいますよね。

    余りに重過ぎて持て余し気味のオーディオラックを重石にするアイデアが閃いた時は、ヤッターと思いましたよ。

    TVの方は当初有機ELの65インチで4Kチューナー内蔵のソニーかパナが出るのを待ちだったのですが、ソニーが8KパネルのをCESで発表したので様子見に変わりました。

    4Kだろうと8Kだろうと、アップコンバートされた画像がどれだけ綺麗に見えるかが選択のキモだと考えれば、今出ているのは途上のものばかりに思えるので待ちの姿勢です。

    テレビ台の方は台座の大きさと厚みの実測を終えて挟むパネルの仕様が固まったので、箱に収めたまま仕舞い込みました。

    by椀方 at2019-02-02 20:48

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする