「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
椀方
椀方
退職後2022年1月に大阪から故郷出雲に移住しました。

マイルーム

リビングオーディオ
リビングオーディオ
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
2022年1月故郷に戻りマンション住まいを始めました。 オーディオラックを製作依頼中のため、機器のセッティングは仮置きです。 高層階でLDK 24畳と隣接する段差なしの和室4.5畳がある3LD…
所有製品
  • その他オーディオ関連機器
    AURORASOUND HIFACE TWO-Pro
  • 液晶テレビ/ディスプレイ
  • DAコンバーター
    OLASONIC NANO-D1
  • パワーアンプ
    OLASONIC NANO-A1
  • プリメインアンプ
    SOUND DESIGN SD05

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

デジタルエアチェックシステム導入記

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月28日

FPGAデジタルFMチューナーC-FT50を導入してからというもの、FMエアチェック音源の魅力にどっぷり浸かる幸せな日々を過ごしています。

C-FT50に実装されているFPGAの回路内ではFM放送をダイレクトにデジタル変換しているため、アンテナの受信レベルさえ適正なら、ほぼ放送局送り出し品質に肉薄した音質で聴くことができると思います。

拙宅ではC-FT50から96kHz24bitで出力したのを、同軸デジタルケーブルを介してデジタルアンプSD05に接続し、パワードDAC半導体のS-MasterがSPのユニコーンを直接ドライブすることで音楽を聴いています。

エアチェックの方はC-FT50の2つあるデジタル出力のうち、光デジタル出力端子から光デジタルケーブルを介してYAMAHAのHDD内蔵プレーヤーCDR-HD1500で44.1kHz16bitで録音した後に、CDR-HD1500の編集機能を使って録音音源を整理したのをCD-Rに焼いて、エアチェック音源を完成させていました。

これをHDDプレーヤーHAP-Z1ESにリッピングして取り込んで聴くと、CD音質と同等で、しかも市販の音源にないコンサートの臨場感溢れる演奏が楽しめるので、満足していました。

しかしながら、同じC-FT50を使ってエアチェックを楽しんでいるベルウッドさんはエアチェック用のデジタルレコーダーを導入されて48kHz24bit録音をされているのですが、一度、同じ演奏会ライブ音源を拙宅で44.1/16でエアチェックしたのとベルウッドさん宅で48/24でエアチェックされたのを聞き比べする機会があったのですが、その音質の差には驚きました。

聞き比べると44.1/16の音がいかにもCDっぽく聞こえるのに対し、48/24の方はFM放送をそのまま聞いているように自然な音質なのです。
その時は確かN響定期演奏会の生中継だったので、収録放送局のある東京の放送と、長距離を中継された大阪の放送では音質に差があるのでは?いう疑問も少しはありました。
しかし、その後も何度か海外の放送局提供の演奏会を同じ放送音源聞き比べをする機会がありましたが、やはり48/24の方が音質が優れていました。

その後DDコンバータのWEISS INT204をテストした時に、様々なフォーマットの音源を聞き比べした時にも、16bitと24bitの音質差の大きさを体感しました。
これは、ベルウッドさんのようにエアチェック用のデジタルレコーダーを導入するしかないな?

そう考えていた時にタイミングよく拙宅を訪問されたオーディオファイルの方から紹介されたのがPCにUSB接続して使う外付けサウンドカード「USB Sound Blaster Digital Music Premium HD r2」でした。

サウンドカードというと、通常はPCの音源を高音質で外部のオーディオ機器に送り出す使い方ですが、この機器は入力側に光デジタル入力端子を備えているのと、最大96/24までのデジタル信号を扱えるとのことでした。

ネットで調べてみると、光デジタルケーブルを介した信号送受信は相当距離が離れていても可能な事が理解出来ました。
これならFMチューナーC-FT50から光デジタルケーブルを引き回して部屋の反対側にあるPC近くに設置した「USB Sound Blaster Digital Music Premium HD r2」に接続してPCに直接デジタルエアチェックする環境が構築できます。
拙宅の場合ケーブル長は最低12メートル必要なので、50フィート(約15メートル)の光デジタルケーブルが使えることで設置の障害をクリアすることが出来ました。

導入コストの安さも魅力的です。
50フィート光デジタルケーブルを含めても、オーディオメーカ製のデジタルレコーダー導入費用の1/10でしょうか?

機器の配線を終えてUSBケーブルをPCに接続したら、付属のCDに入っているドライバーをインストールします。
ドライバーインストール後にPCのコントロールパネルからハードウエアの設定をします。

接続は録音の音源が光デジタル入力なのでSPDIF-Inを選び、プロパティの詳細でサンプルレートをC-FT50からの出力に合わせて96/24を設定すれば、ハードウエアの設定は完了です。

付属の録音ソフトではなぜか48/16でしか録音出来なさそうなので、メーカーのサイトでスマートレコーダーというソフトをPCにダウンロードして、48/24の録音をやってみました。
再生してみるとFM放送をそのまま聞いているかのような音質に満足しています。

ただ、手動での録音は上手くいくのですが、このソフトに付いているスケジュール録音機能が上手く動作せず、留守録が失敗続きなのは困っています。
ソフトの操作方法をもう少し習得する必要があるようです。

とりあえず導入当初の感想でした。

3月2日追記
タイマー録音が動作しない原因がわかりました。

PC側のドライバー設定の問題だったようです。
コントロールパネルのサウンドの設定で、USB Sound Blaster HDのSPDIF-Inのプロパティで排他モードのチェックを外したら、スマートレコーダーのスケジュール録音が動作しました。

排他モードにチェックが入っていると、他のディバイスが動作した時に、そのドライバーが無効にされていたようです。

取り敢えず、動作テストを何度か行ってタイマー録音が動作するのを確認できたので、来週一週間のベストオブクラシックのタイマー録音が楽しみです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 椀方さん、おはようございます~♪

    私は前モデルの「SB-DM-PHD」を8年程使ってまして、
    このモデルも96kHz、24bit録音が可能です。
    ただFMエアチェックでのA→D変換の質はそれなりでしたので、、、

    TRIO KT-1100 ⇒ KENWOOD DMF-7020(44kHz、24bit変換、ADC) ⇒ SB-DM-PHD ⇒ PC(スマートレコーダー、44kHz、16bit録音)
    の構成で使用してました。

    それにしても最近のFMチューナーはADCが内蔵されてるんですね、驚きです。

    現在はFMではなくスターデジオのエアチェック?が中心になっていますが、スターデジオは0VU=-20dB(音圧が低い)という規格なのでCDR-HD1300のデジタルボリューム+10dBで送り出しています。

    尚、使用環境はWin7Proですが、普通に留守録できてますよ。

    byspcjpnorg at2019-03-01 10:03

  2. spcjpnorgさん、コメントありがとうございます。

    既に同様の構成でエアチェックされてたのですね。
    拙宅ではアナログ音源の録音は試してないのですが、48/24デジタル録音の音は素晴らしいですよ。

    拙宅のFMチューナーC-FT50はデジタル出力が売りの機器です。
    メーカーサイトはここです。
    http://k-ns.jp/fpga.html

    デジタル出力端子のあるFMチューナーでは、定評のあるアキュフェーズもありますが、FM受信に特化するならこの機器も性能では遜色ないと思います。

    by椀方 at2019-03-01 12:42

  3. 椀方さん

    いろいろやられていますね。PCでデジタルストリーミングをそのままファイル化するというのは、他にも応用が利きそうです。

    C-FT50は、アナログ音声信号→デジタル変換というよりも、FM変調そのものをデジタルで行いそのままデジタル出力するということなので音質的になかなかのスグレモノですね。

    放送局の標準が、48/24ということもあるのかもしれませんが、サンプリング周波数は、96や192も、48とそう変わりません。ところが16bitよりも24bitの優位性は明らかに感じます。ファイルサイズのことも考えて、エアチェックは48/24でやっています。

    オンタイムで、FM放送(C-FT50)→DACで聴くよりも、いったんエアチェックして改めてMFPCでファイル再生するほうが音がよいと感じます。SNが良くなる感覚です。ノイズがローンダリングされるということでしょうか。いかがでしょうか?

    byベルウッド at2019-03-01 13:44

  4. ベルウッドさんの48/24のエアチェック音源と聞き比べして、16bitに対して24bitの明らかな優位性を思い知っていたので、ずっと思案していたのですよ。
    大阪ではオフ会もごく一部の方との交流だけなので、なかなか新しい取り組みのアイデアを得る機会が無いのですが、今回来ていただいた方のようなユニークな機器の選定を実践されている方とお知り合いになれたのは幸いでした。

    確かに、拙宅でもSNが上がったように感じますが、ホールの残響感は後退して、ややデッド気味の部屋で聞いているようにも感じます。
    これは、丁度今放送中のようなライブ音源の聞こえ方と、時間調整で最後に放送されるCD音源の聞こえ方と同じ傾向に思います。

    by椀方 at2019-03-01 19:57

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする