椀方
椀方
勤務の都合で長らく東京で単身赴任生活をしていましたが、2012年3月に漸く大阪に戻りました。 オーディオは結婚後、家族の次に30年近く大事に使用してきたスピーカーINFINITYのフロアタイプRS-…

マイルーム

大阪のオーディオシステム
大阪のオーディオシステム
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
マンションのリビングにオーディオ機器を設置して音楽を楽しんでいます。 聴くジャンルはクラシック・ジャズを中心に気に入ったものならジャンルを問いません。 結婚以来30年余り、家族の次に大事に育て…
所有製品
  • その他オーディオ関連機器
    AURORASOUND HIFACE TWO-Pro
  • 液晶テレビ/ディスプレイ
  • DAコンバーター
    OLASONIC NANO-D1
  • パワーアンプ
    OLASONIC NANO-A1
  • プリメインアンプ
    SOUND DESIGN SD05

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

ベルリンフィルのデジタルコンサートホールがハイレゾ音声に

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年06月03日

コミュの皆さんこんにちは。
久しぶりのオーディオネタになります。

コロナ禍の最中でなかなかコンサートに行けない小生が楽しみにしている ベルリンフィル・デジタル・コンサートホールですが、本日DMが届きました。

何と!ストリーミング配信の音声を96/24のハイレゾでも聴くことが出来るとのこと!

早速DCHのアプリをアップデートすると、アカウントの設定で通信回線をWi-Fiと携帯電話回線で別個にハイレゾか通常音声かを選択出来る様になっています。

映像の方は既に4K化されていたのでこれで音声の方も一層満足できるようになりましたね。
早速今夜、静かな時にDCHのストリーミングを通常音声とハイレゾ音声で聴き比べしてみましょう!

なお、上記のリンク先にあるDCHのサイトには7日間の視聴クーポンも有りますので、ご興味ある方はいかがですか?

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 椀方さん、

    こんにちは。

    DCHは以前サブスクライブしていましたが、コロナ禍で多くの無料ストリーミングが出てきた際に更新を止めてしまいました。

    世界の状況が正常化してきたこともあり、またサブスクライブしようかと考えていた折の良いニュースです。

    実際に聴かれた印象は如何でしょうか?

    byのびー at2021-06-06 12:09

  2. のびーさん、コメントありがとうございます。
    DCHの音声は今までAAC48/24だったのが、ロスレス96/24を選べるようになったのは、スペック的には大きな進化だと思います。
    しかしながら、拙宅ではハイレゾ化によるリアリティの向上といった期待した効果は感じませんでした。

    今回、PCブラウザやスマホ&タブレット端末のDCHアプリとAppleTV4Kのアプリがアップデート対象のようで、各メーカーのテレビにプリインストールされているDHCアプリのアップデートは実施されてないようです。

    拙宅の視聴環境がAppleTV4K→HDMIケーブル→液晶ブラビアで、音声は液晶ブラビア→光デジタル出力(TOS LINKケーブル)→SD05→SPという構成なので、調べてみたら使用している液晶ブラビアのHDMI音声入力がPCMなら32kHz,44.1kHz,48kHzまで対応、他の記載としてMPEG2 AAC対応、AC-3対応となっているので、もしかしたら最大48kHzまでなのかも知れません。

    なので、のびーさんのご質問には答えることが出来ず申し訳ありません。

    因みに小生もDHC以外のクラシックコンサートのAV視聴では、無料でアーカイブ視聴出来るアプリのあるPhilharmonie de Paris Liveや、BR Classics、NDR-Orchestrer等を、Apple AirPlayを使ってタブレット端末からAppleTV4Kに飛ばして視聴していますが、この音声もAAC48/24のようですね。

    by椀方 at2021-06-06 14:56

  3. のびーさんへの返答追伸です。
    その後色々アドバイスいただいて、AppleTV4Kを使ったDCHアプリでハイレゾ音声で再生するには、概ね次の機器を選定すれは可能だと。

    それは4K対応のHDMI音声分離器を使い、デジタル音声を光TOSケーブルで取り出す方法です。

    映像はHDMIケーブルで4K対応のテレビに送りますが、そのままだと映像が音声より遅延して視聴に耐えないので、最新のゲームモード対応のテレビを使用すれば映像の遅延は解消されるとのことです。

    拙宅の場合、今のテレビでは無理ですが、最近発売の4Kテレビには大抵ゲームモード搭載とありますね。

    by椀方 at2021-06-07 19:17

  4. おはようございます。
    のびーさんへの返答追伸、その2です。
    某オーディオ雑誌のオンライン記事で読んだDCHのハイレゾ化に書いてあった内容です。

    今回の音声ハイレゾ化では、既存のアーカイブが従来の圧縮されたAAC48音声を、ロスレスのFLAC48/24になったとのこと。
    2019/2020年シーズンから収録を96/24に変更したとのことでして、これらは当面は48/24で配信しつつ順次96/24化するとのこと。

    記事の中にあるDCH担当者の発言には「先ずはハイレゾ・サービスのスタートに際して、今シーズン(2020/21年シーズン)のなかから、選りすぐりの演奏会を96kHz/24ビットでアップすることにしました。すなわち、首席指揮者キリル・ペトレンコ、セミヨン・ビシュコフ、ズービン・メータ、ダニエル・バレンボイムのコンサート映像です。」とありました。

    AAC48からFLAC48への変化でも圧縮で失われた情報の差が判ると思うので、音声情報をTV経由でなくダイレクトにオーディオ機器に繋げば効果がわかりそうです。

    なお、記事の元情報はここの管理社ではありません(苦笑)

    by椀方 at2021-06-10 09:23

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする