ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア パワーアンプ:   金田式DCアンプ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

アイソレーショントランス導入(中間報告)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年04月27日

アイソレーショントランスを導入して、三週間が経ちました。導入の顛末をレポートいたします。とはいえ、その成果ということでは、これはまだ『中間報告』です。なぜ『中間報告』なのかは後述いたします。

導入したのは、出水電器さん謹製の「CT-1.5」。西蒲田のアリオン試聴室でアイソレーショントランスの効果を目の当たりにして導入を決意しました。



これより倍の容量の大型3.0KVAのタイプはレコーディングスタジオ亀吉音楽堂にすでに導入されていますが、1.5KVAのものとしては拙宅が栄えある第1号だそうです。拙宅は、アナログアンプ系はすべてバッテリードライブですので、もともとデジ・アナは完全に分離されていますし、トランスはデジタル系専用となりますので、1.5KVAでもぜいたく過ぎると言えます。

特注トランスは200Vでの使用も可能なので、今回は200V→100Vへのダウントランスとして使用します。分電盤の直下に設置して主ブレーカーから±100Vのバランス伝送のままCV8で直接引き出し直結としました。トランスの出力側のコンセントはジョデリカの無メッキのもの。設置工事は出水電器の島元社長にお願いしましたが、この機会に主ブレーカーもパナソニック製の音のよいものに交換していただきました。アースも住友電工の3.5sqアース線+出水電器特注の無メッキ端子で配電盤から直出しにしてプリに接続。また、不用な電源コンセントを整理し電源まわりもずいぶんとすっきりしました。

直後の印象は、まるでCDプレーヤーをワンランク上の最上級機に換えたような感覚です。私のCDプレーヤーはDENONの中堅機SA11ですが、筐体やトランス以外の内容は当時のフラッグシップSA1と同等で出川式電源に強化改造しています。それが、さらに何ランクか上のハイエンド機に置き換えたような感覚がします。しかもハイエンドにありがちな冷たさは感じさせずに、デノンらしい音味のままSNと解像度が格段に上がった感じです。

ところが…

ひどく音が硬いのです。音色が乾燥気味で粘りや潤いがなくなってしまいました。トランスはエージングが必要とは聞いていましたが、これほどとは思っていませんでした。落ち着くまでに200~300時間、最終的には2~3ヶ月ほども音が変化し続けるとは聞いていましたが、2~3日すればある程度まではエージングが進むだろうとたかをくくっていました。とんでもない。一週間経っても全体的な硬さやきつさ、ハイエンド的なドライな感じがなかなか落ち着いてくれません。特に高域の強奏に音痩せや雑味があります。生炊きのご飯の芯のような感じです。

実は、納入工事は、もともと予定していたストラさんとKYLYNさんをお迎えしての自宅オフ会のわずか1週間前という最悪のタイミング。通電しっぱなしなのに前日になっても一向に音の硬さが変わらずあせってしまいました。一時的にバイパスすることも考えたのですが「ええい、ままよ!ありのまま聴いてもらおう」ということに。やはり、お二人ともあからさまに口には出さなかったものの戸惑いの表情がうかがえました。

その後、2週間経っても状況はほとんど変わりません。そこで、MNRをかましてみました。これがよかったようです。

MNRは、A&Rラボの強磁界による高周波ノイズ除去デバイス。ノイズフィルターとしては同機能なのでトランス導入の際に取り外してしまっていたのです。


(導入前) 配電盤→タップ→MNR→電源ケーブル(ラダー型)→CDP
(変更前) 配電盤→トランス→電源ケーブル(ラダー型)→CDP
(変更後) トランス→電源ケーブル(3.5スケ)→MNR→
                  →電源ケーブル(ラダー型)→CDP


トランス導入前・アース強化後のピュアでリアルな質感がもどってきました。やはりMNRはトランス導入後であっても有効だという気がしました。トランスとMNRがリダンダント(重複)ということではないようです。トランスとMNRがどちらが音が良いということではないような気がします。

トランスの効果は明らかで、静粛時にはサウンド空間にぽっかりと空洞があるようなブラックホールが展開します。アースだけでは感じられなかったような静けさで、そこからすっと音が立ち上がり、楽音が消えたときの余韻や広がりのあるホールトーン、ピアノがキーを離した瞬間からさらに筐体の共鳴うなりが消えていくまでの最後の瞬間まですべてが克明に聞こえてくるのはほんとうにすごい。

その上でMNRをかませてみると、気になっていた雑味やきつさ、あるいはハイエンドにつきものの硬さがとれて、しっとりとした湿り気のようなものが戻ってきたのです。この感覚は、アース強化工事後に味わってしまったもので、いったん体験してしまうと忘れられない感覚です。アナログからのリマスター盤に残っているテープヒスもうるさい感じがとれて聴きやすくなります。

トランスは、コモンモードノイズを除去し、バックグラウンドを徹底的に静粛にして深く沈み込むような静けさをもたらし、空間の透明度を究極までに浄めてくれるような作用があります。一方で、MNRは、経路をアイソレーションしても電磁波や静電気による誘導電位によって二次側に飛びついてしまう高周波ノイズを除去していて、楽音の倍音域やハーモニーの純度をどこまでも維持してくれるという作用があるような気がします。



どうも、アイソレーショントランスとMNRは競合するのではなく、共存するようです。MNRは、わが家では4年前に導入してほとんどデフォルトと化していたのですが、今回の実験であらためてその存在感に気づかされた思いがしました。

まだまだ、エージングは続いています。トランスばかりではなくブレーカーまで換えてしまいました。トランスに取り付けたジョデリカのコンセントだけでも、エージングには200時間以上必要だということです。いずれも当初は硬さがあって、それが徐々に伸びやかで抜けの良い音の出方なっていくまでには相応のエージング(慣らし期間)が必要なわけです。現に、この日記を書いている導入3週間後の時点でも、当初の嵐のような音の硬さこそ取れましたが、音はまだまだ変化しています。

ということで今回はあくまでも「中間報告」です。

私は、しばらくこのトランスとMNRの『二重連』で聴き込んでみようと思っています。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッドさん、こんばんは。

    オーディオ趣味で意外に苦心する事が『エージング』だと思います。
    大規模の回路や大容量コンデンサー&トランスがあるパワーアンプだとたまに聞きますし、SPでも3WAY規模のSPでよく耳にします。
    まあ長年オーディオをやっているベルウッドさんには『釈迦に説法』ですねかね。

    若い人は『忍耐が大事』とよく年長者に言われますが、その年長者が段々気が短くなってきているな~若者は思っております。

    byニッキー at2015-04-27 22:51

  2. ベルウッドさん、こんばんは。

    昨日のバズケロさん邸ツアー、ご一緒させていただきありがとうございました。とても楽しかったですね。

    電源系の機器やパーツはエージングによって落ち着くまでは刻々と変化しますね。特に今回は一気に3箇所を変えられているので尚更ですよね。

    拙宅でもブレーカーとコンセント(特にジョデリカ)は時間がかかった気がします。最初は詰まって固い感じでしたが、徐々に伸びやかで心地よい方向に変わっていきました…。

    エージングが落ち着かれた頃にまた赤羽ツアーとセットで?是非お邪魔させてください(笑)

    byKYLYN(キリン) at2015-04-27 23:30

  3. ストラさん

    また、ぜひ、リベンジをお願いします。

    byベルウッド at2015-04-28 08:56

  4. ニッキーさん

    いやはや、久しぶりに世界の中心で「鳴ってくれ!」(爆)と叫んじゃいましたよ。

    世に幾多の「エージング」はありますが(笑)、電源系のエージングは半端じゃないです。これに匹敵するのは、スピーカーやカートリッジなどの機械振動系でしょうか。

    byベルウッド at2015-04-28 09:02

  5. KYLYN(キリン) さん 

    先日はお疲れ様でした。楽しかったですね!
    久々にオーディオ心を揺さぶられました(笑)。すっかり刺激を受けていろいろアイデアがわいてきました。GW中に手を入れるアクションリストをただいま作成中です。金粉ショー(爆)にまで手を出すかどうかは思案中ですが(笑)。

    拙宅のリベンジですが、6月頃はいかがですか?

    ぜひお願いします。それを励みに精進します(笑)。

    byベルウッド at2015-04-28 09:09

  6. ベルウッドさん、こんにちは。

    その節は、工事、初音出しに立ち合わせて頂き、ありがとう御座いました。

    とても鮮度のある音だった印象がありますが、その後、大変だったのですね。電源系でも、1週間もすれば、ある程度聞ける音になるかと思いますが。。じっと辛抱ですね。

    また、いづれ聞かせて下さい。

    赤羽、夜の部は、いつでもOKですので、お気軽にお声掛け下さい。(笑

    byいたちょう at2015-04-28 13:43

  7. いたちょうさん

    ありがとうございます。あの設置直後の瞬間はよくわからなかったのですが、翌日あたりからその硬さが気になって…(笑)。

    まだまだエージングの旅は続くようですが、ぜひ、聴きに来てください。

    宴会要員としてもよろしくお願いしますね(笑)。

    byベルウッド at2015-04-28 17:52

  8. ベルウッドさん
    こんばんは

    先日は遠路お見えいただきありがとうございます。
    とても楽しかったですね!

    電源系の話題も盛り上がり、お互い言えないネタは数知れず(笑)

    それにしてもデッカイ!
    こいつは「エージング」にも時間がかかりそうですね。
    ほら、巻電線量も半端ないし(汗)

    ブレーカー&巻線&コンセント!
    三重苦ですね...
    これに金粉ショー(爆)が加わると、ヒョットコ面でもかぶって泡にまみれて○○踊りでも踊りたくなりますよね~

    いつになるのか、箱根越え...
    宴会要員でもいいです(笑)
    おいしいワインを目の前にして何度生唾をゴックンしたかわかりません(爆!!!

    では、では

    byバズケロ at2015-04-28 20:30

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする