ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア パワーアンプ:   金田式DCアンプ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

アンスネス ベートーヴェン・プロジェクト(第2日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年05月26日



アンスネスとマーラー・チェンバー・オーケストラ(MCO)によるベートーヴェン・ピアノ協奏曲全曲演奏の二日目です。

実は、土曜日に腰を痛めてしまい、この日の朝はとてもコンサートに行けるような状態ではなかったのです。腰痛は持病のようなもので若い頃から度々苦しめられましたが、久しぶりに寝込んでしまいました。それでも何とか出かけたのは、第一日目の演奏があまりに素晴らしかったことと、妻の猛然たる叱咤激励があったから。杖をつきつつ妻に付き添われるようにして何とか初台にたどり着いた頃にはだいぶ痛みや凝りがほぐれていました。



第1番は、2作目にあたります。楽想や構成も、堂々たる構えの古典協奏曲で、先に作曲された第1番よりも規模は大きくほぼ第3番と同じ編成となっています。アンスネスは、第1番の宮廷的な優雅さは脱ぎ捨て、さりとて第3番ほどの極端な強弱を取らずにちょうど2曲の中間的な演奏様式をとっているように思えます。

それだけに、より一層、ウィーン古典派のがっちりとした構成美が際立ち、しかもベートーヴェン的な古典の枠組みに収まりきれない野心に満ちた新しい意気込みがはち切れんばかりにあふれています。そのことは冒頭の提示部でとてもよく強調されてます。主題はppで始められますが、本領はもう一度ffでくり返される2回目が本当の主題の姿。最初のppの部分は、伝統的な序奏部の名残りなのではないかということがアンスネスらの演奏で本当によく感じ取れます。もっと単刀直入にというベートーヴェンの意気込みが本当によく伝わってくるのです。

第2楽章は、ピアノと木管群の掛け合いが美しい。モーツァルトが開発したこうしたオーケストラの掛け合いは、弦楽器のロングトーンも絶妙に采配されていてピアノの旋律と粒立ちが見事に浮かび上がります。ここでは、クラリネットが精妙な音色を聴かせてくれました。演奏後クラリネットのヴィンセンテ・アルベローラを真っ先に立たせていましたが、かえってこれで第一日で吉井瑞穂を立たせたのが決して日本の聴衆へのサービスではなかったことがよくわかります。

第3楽章は、その後のベートーヴェンの交響曲のスケルツォや、長大な展開をみせる終楽章などの原点と思わせるような爽快なロンド・ソナタ。ここでもピアノとオーケストラが一体となったテンポ感と胸のすくようなインタープレーが炸裂する合奏協奏曲のような室内楽的な喜悦に満ちています。しかも、大ホールをいっぱいに満たすようなエネルギーで。



ツィクルスの掉尾を飾るのはもちろん「皇帝」。

それまでの4曲を個性的に色分けしてきた演奏の到達点であり、ベートーヴェンが極めた人間主義的な古典様式の集大成。音色は全体的に明るめで透明度が高く、いわゆる巨匠的な重厚壮大な演奏とは違います。冒頭の主和音のトゥッティとピアノのカデンツァ風のアルペジオには壮年期のベートヴェンらしい確信が漲っていて見事。オーケストラとの一体感、色調の鮮やかな対比など極めてきた「ベートヴェンへの旅」が、この楽章でひとつの完結を迎えたという高揚感がありました。



いっそう印象深かったのは、やはりここでも中間の緩徐楽章。第4番ではいささかひねりを入れたベートーヴェンですが、第5番では再び弱音器をつけた弦楽器群の内向的な響きとピアノの抒情が溶け合います。さらにここでの抒情には祈りのようなものが加わって切実な思いが聴き手に染み渡ってくるのです。
(写真はYouTubeから拝借しましたが、Vnに取り付けられた黒い弱音器が映し出されています。)

私は、この楽章が映画「英国王のスピーチ」に用いられたときに深い感動とともに若干の違和感を感じましたが、アンスネスの演奏を聴いて再び感動を受けるとともに今回はとても胸に落ちるものがありました。映画では「何で英国にとっての敵であるドイツの音楽をこの場面で…?」という皮相な疑問まで抱いた私ですが、ベートーヴェン自身もこの曲をナポレオン軍侵攻下のウィーンで書いたのですね。怒りや悲しみを含んだような感情が、次第に祈りとして純化されていき平和への希求、人類の共和というような確信に満ちた高まりへと上っていく。そういうベートーヴェンへの共感が込められた演奏だったと思います。

アンコールは、ピアノのソロとオーケストラそれぞれの2回。「ドイツ舞曲」にはクラリネットのお二人が太鼓とトライアングルを叩き、指揮台から下りてそのふたりの横に立ったアンスネスがタンバリンを叩いての和気あいあいの楽しい場面も見せてくれました。

楽員がステージから下がってもなかなか鳴りやまない拍手に、ついてに3つ目のアンコール。アンスネスのソロを楽員がステージ袖の楽屋口から顔をのぞかせて聴き入る姿が印象的でした。この後、アンスネスはアフタートークにも登場するという大サービス。疲れも見せず真摯にインタビューに答えるアンスネスのとても率直な話しぶりにとても好感を持ちます。

ベートーヴェンという音楽は、子供の頃からずっと触れてきたが、人生を通じて決していつも同じような重みがあったわけではない、との話しにも共感しました。ピアノを習ったわけではない聴くだけの愛好家にすぎない私にとっても、子供の頃に聴いたベートヴェンは親しみやすいものもありましたが激昂するような音楽はなじめなかったし、青年期にあれほど夢中になったのに成人する頃からぱったり聴かなくなりました。歳をとった今になってベートーヴェンの精神性、内向的な部分をしみじみと感じるようになって、また盛んに聴くようになりました。

彼らのベートーヴェンへの旅路の終着点という記念すべきコンサートに立ち会えてとても幸せでした。






レイフ・オヴェ・アンスネス(指揮・ピアノ)
マーラー・チェンバー・オーケストラ

2015年5月17日(日) 14:00
東京・初台 東京オペラシティ コンサートホール

ベートーヴェン:
・ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 OP.15
・ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調《皇帝》 OP.73

(アンコール)
・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第18番 OP.31-3より第3楽章
・ベートーヴェン:12のドイツ舞曲 Wo08より第10曲、第11曲
・ベートーヴェン:バガテル OP.126-3

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッドさん
    今晩は

    高揚感がヒシヒシと伝わってきますね~
    ベートーベンの音楽はバズケロにとっても格別の想いに満ちています。

    彼の奏でる音楽は、時代背景(生活感)を豊かに反映したメロディーメーカーとしての商業的ミーハーな一面と、内向的な苦悩と目覚めと活力に対し残酷なまでの客観性と主観性を折り重ねた人間味に満ちた音楽と感じ取れるのですよね~

    これら個々の解釈を見事なまでに昇華し、まとめ上げて訴求するオーケストラ!
    生きる=ライブな音楽こそ本来のあるべき姿であり、共感(一体化)して明日を生きる活力になる。

    主観的なレスでしたが、共感できる感情は人として嬉しいものです。

    音楽は楽しいですね!

    では、では

    byバズケロ at2015-05-26 22:06

  2. バズケロさん おはようございます

    ベートーヴェンの音楽は格別…そのお気持ちほんとうによくわかります。

    メロディメーカーということは、アンスネスも語っていて「ベートーヴェンの才能のうち、構成力ばかりが強調されるが、実は素晴らしいメロディメーカーでもある。」と言っていました。

    ミーハー的なところもあるし、扇動的、洗脳的な一面についてはキューブリックの映画「時計仕掛けのオレンジ」でも描かれていた通りです。

    それだけに、いろいろな意味でちょっと聴き辛い、抵抗感のようなものもあって、いつぞや兄のお付き合いでコバケン/読響の『運命』を同じこのオペラシティコンサートホールで聴いたときには気恥ずかしいような気後れを感じました(笑)。

    それに引き換え、今回のベートーヴェンは心の底から頭のてっぺんまで幸福感に満たされるような高揚感がありました。ほんとうによかったです。

    音楽は楽しい!その通りですね。

    byベルウッド at2015-05-27 09:50

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする