ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア パワーアンプ:   金田式DCアンプ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

田部京子ピアノリサイタル-北欧をたずねて-

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年06月05日



田部京子さんは、シベリウスやグリーグなどを取り上げた素晴らしいCDを数多くリリースしていて北欧音楽を得意にしているというイメージがあります。その北欧への想いを込めた素敵なアフタヌーンコンサートでした。

田部さんは、この浜離宮朝日ホールの常連ですが、いずれもベートーヴェン、シューベルト、シューマン、ブラームスといったドイツロマン派正統の堂々たる本格リサイタルばかりで、意外にも「アフタヌーンコンサート」は初めての出演だそうです。休憩後の第2部の始めにはトークタイムがあって、田部さんの北欧音楽への想いとともにその意外な出会いを語ってくれました。

田部さんと北欧音楽との出会いはシベリウスだったそうです。国内デビューの頃に弾きまくったグリーグの協奏曲は別として、当初は北欧音楽とはあまり縁が無かったそうです。それが日本の作曲家吉松隆さんのピアノ協奏曲をイギリスのレーベル「シャンドス」に録れたところ、さらにプロデューサーからシベリウス曲集の企画を持ち込まれた。その時は「え?何でシベリウス?」と思ったそうですが、そのことがきっかけで北欧のピアノ曲を知ることになり、それからどんどんとグリーグなども取り上げるようになったとか。



これにはちょっとびっくりしました。実は、私が田部さんの大ファンになったのはこのシベリウスのCDを聴いたからなのです。私自身、北欧の作曲家のピアノ曲に魅了されたのもこの田部さんのシベリウスのおかげなのです。

田部さんは、北海道室蘭市で生まれました。それでそういう北国の空気が自分の心の中に潜んでいるのか、シベリウスやグリーグの音楽にふれるとふるさとに帰ったような懐かしい気持ちがしますと、そう言っていました。あるいは、北欧の音楽にはどこか日本人の感性に共通するものがあるのかもしれない、とも。私も、同じようなことを思います。

この日は、小品ばかりのコンサートですが、田部さんの弱音の凛とした美しさと心の奥底に浸透してくるような情感の濃厚さは相変わらず。ドイツロマン派正統音楽に磨かれ、研ぎ澄まされた感情の昂揚と深く沈み込むような痛切な哀感が素晴らしい。



シャンドスの録音は、そういう田部さんのピアノのとらえ方が秀逸で、私はしばしばピアノの音のレファレンスとしても使っています。デノンの録音も、SACDでのリリースになったころから、そういうシャンドス録音にも決してひけをとらない優秀録音になってきました。グリーグはことさらに音域やDレンジを広げることなく、中音域の濃密な帯域で和声の充実した情感の濃い和声音楽となっているので、ピアノ再生の音色バランスチェックによいのです。そして何よりも聴いていて心地よい。



マチネーということで、ほんの少し大音量時のピアノの鳴りに不足を感じるような気もしましたが、梅雨入りまえの爽やかな晴れ間にふさわしい気持ちのよいリサイタルでした。







【浜離宮アフタヌーンコンサート第6回】
 田部京子ピアノ・リサイタル~北欧を訪ねて~

2015年6月4日(木)13:30 
東京・築地 浜離宮朝日ホール

メリカント:
 ワルツ・レント Op.33
パルムグレン:
 「組曲『春』」 Op.27より
   『5月の夜』
ペッテション=ベリエル:
 「フレースエーの花々」 Op.16より
   『夏の歌』
   『ローンテニス』
シベリウス:
 「樹の組曲」Op.75より
   『ピヒラヤの花咲くとき』
   『白樺の木』
   『樅の木』
 「花の組曲」Op.85より
   『ひな菊』
   『カーネーション』
 「5つのロマンティックな小品」Op.101より
   『ロマンス』
   『ロマンティックな風景』

グリーグ:
 「ペール・ギュント」第1組曲Op.46より
   『朝』
   『オーゼの死』
   『アニトラの踊り』
   『山の魔王の宮殿にて』
 「抒情小曲集」より
   『アリエッタ』Op.12-1
   『ノクターン』Op.54-4
   『春に寄す』Op.43-6
   『小人の行進』Op.54-3
   『あなたのおそばで』Op.68-3
   『トロルドハウゲンの婚礼の日』Op.65-6

(アンコール)
シベリウス:
 『ロマンス』 変ニ長調 Op.24-9
グリーグ:
 『君を愛す』Op.5-3

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッド 様

     こんにちは、ゆうけいと申します。田部京子さんのファンなので興味深く拝読しました。特にアンコールのシベリウスの『ロマンス』 変ニ長調 Op24-9は、まさにその曲名が冠せられた「Romance」という企画もののアルバムに入っていて、とりわけ好きな曲なので、生で聴いてみたかったです。

     雑文失礼しました。

    byゆうけい at2015-06-05 17:43

  2. ゆうけいさん

    田部京子さんの『Romance』(ロマンス~ピアノ小品集)は、いいCDですよね。好きでよくかけています。その第1トラックが、アンコール曲ですね。田部さんのロマンチシズムがよく出ています。

    byベルウッド at2015-06-07 19:00

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする