ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア           オーディオリプラ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

シカゴ響の録音狂時代 (「The Right Place, The Right Time」番外編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月15日

先日読了したシカゴ響の元フルート首席奏者ドナルド・ペックの自伝に、シカゴ響と録音会場について興味深い記述があったので、読後感想の番外編としてご紹介したい。

実は、おびただしいほどの録音があるシカゴ響のディスコグラフィーだが、録音会場がその本拠地オーケストラホールではないものがかなりある。しかも、例えばウィーンのムジークフェラインなど遠征中の録音を除くと、それがある時期に集中していることがわかる。その理由は、オーケストラホールの改修工事の失敗にあったそうだ。

その事情をペックが明かしている。



その改修工事は、1966年夏に行われた。1904年にオープンしたオーケストラホールの音響が録音会場としては理想的なものだったことは、ライナーやクーベリックの録音を聴けばわかる。しかし、満席となるコンサートではややデッドだとも言われていた。そのために天井が改修されたが、その結果は意に反して「本当に」デッドになってしまった。

66年10月の改修工事竣工後の新シーズン劈頭のプログラムには、ベートーヴェンの序曲『献堂式』が持ち込まれた。いよいよリハーサルでマルティノンが指揮棒を振り下ろすとガツンと空疎な音がするだけ。その瞬間、一同は凍りついたそうだ。同じプログラムにあったニールセン「交響曲第4番」はそのまま録音されたが、いまだに不滅の名盤と賞されるこの録音では、実はRCAの技術陣はエコーを施すなど加工の限りを尽くして仕上げたそうだ。次からは、もはやこのホールを使うことは断念せざるを得なかったという。

ここから録音会場を求めて迷走が始まる。おりしもレコード全盛時代を迎えていた。様々な客演指揮者を迎え、いくつものメジャーレーベルが殺到し、レコーディングスケジュールで大忙しの時代に重なった。



最初の候補は、数ブロック南にあったオーディトリウムシアター。シカゴ派の名建築家ルイス・サリヴァンの代表作のひとつ。実は、その音響はオーケストラホールよりも豊かでシカゴアンの多くはこのホール音響を高く評価していた。私自身もここでバーンスタインが指揮するウィーン・フィルを聴いたことがある。その美麗で深みのあるサウンドは今でも耳に焼きついている。しかし、この内装の美しい名ホールは、ステージが狭く録音には不向きだった。



代わって使われたのがメディナ・テンプル。イスラム様式のエキゾチックな外観で、もともとは4200席の大劇場としてオープンしたが、この当時はサーカス公演の会場に改造された後で半ば廃屋と化していた。ここは過剰な残響音のために、混濁を避けるためにマイクは近接され、音は深みに欠ける。しかし、録音会場としては何とか使える。ペックは、ストコフスキーとのハチャトリアン「交響曲第3番」、ショスタコーヴィチ「交響曲第6番」などでは弦楽器の豊麗さと管楽器の甘い音響があいまって素晴らしいできになったと書いている。



しかしRCAは、1968年には、問題のあることは承知で再びオーケストラホールに舞い戻っている。この年には小澤の「春の祭典」が録音されている。その小澤は翌年にエンジェル(米国EMI)とともに再び録音セッションに挑む。彼らは、メディナ・テンプルを嫌ってシカゴ郊外のウィートンのエドマン・チャペルを新たに録音会場に選んだ。一日かけてコダーイの「ガランタ舞曲」やボロディン「ダッタン人の踊り」が収録されるが、期待したような音響が得られずボツになる。



その数日後、結局、元のもくあみでメディナ・テンプルに舞い戻ってあらためての録音セッションをこなすことになる。ここで残されたたったの二日間で、上記2曲のほかリムスキー・コルサコフの「シェエラザード」、バルトークの「オーケストラのための協奏曲」を一気に録音する。スーパー軍団と若き小澤のバイタリティ、その手腕には驚嘆させられる。



これらの録音は私にとっても愛聴盤だけれど、いまにして聴くと空間の広大さはまさにメディナ・テンプルのもので、反面、音場はとりとめもなく感じられ、楽器の前後感がひどく強調されて不自然に聞こえる。上記のような経緯からすると、ここが名録音会場だと喧伝されたのは、やはりここを録音会場とした名盤の数々のおかげなのだろう。



1970年11月には、客演指揮者のバレンボイムがデュプレとともにここでドボルザークの協奏曲を録音している。そのレコーディングには6時間もの時間が当てられたそうで、ずっと付き合っていた親友のピンカス・ズーカーマンが、「君たちは、レコードを2枚録るつもりなんだね」と言って二人を笑わせたという。

1969年に、いよいよショルティとともに英国デッカが進駐してくる。



デッカが選んだのは、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校のクラナート・センター。モダンな造りで、豊かな響きのホールだが、ペックに言わせると分厚いサウンドが得られるので弦楽器好みだが木管にとっては響きが豊かすぎて混濁しがち。解像度が悪くなり正確なピッチがとらえにくく正しいバランスが取りにくくなるという。それでもデッカは、このホールでのセッションに貪欲で、マーラー「大地の歌」、ベートーヴェン「第九」、同ピアノ協奏曲1、2、4番(アシュケナージ)などなどが一気に録音されている。



70年代半ば、夏のオフシーズンに断続的に音響改修工事が行われた。吊り天井の裏の垂木にパネルを取り付けるなど、何とか反射残響音を取り戻そうという努力が次第に功を奏して改善が見られるようになった。おかげで録音会場選びの苦心惨憺が再び活発になる。



デッカとRCAは引き続きメディナ・テンプルでの録音が続けられたが、ドイツグラモフォン(DG)とエンジェル(米国EMI)はオーケストラホールに戻ってきた。

そしてついに、1981年、デッカがオーケストラホールに戻ってくる。続いて、翌年、RCAもオーケストラホールへの帰還を果たす。

ペックは、82年のショルティとのデッカ録音でようやく録音会場としてのオーケストラホールが決着したという。一連のマーラーと、特にプロコフィエフ「ロメオとジュリエット」については傑出した録音だったと自賛している。確かに、このレコードを聴くとここで何か吹っ切れたかのように本来のシカゴ・サウンドへと回帰したという気がする。もっとも、この評価は木管セクションとしてのペックのバイアスもあると思う。メディナ・テンプルなどの茫洋としていて響きが過剰な会場での録音がよほど嫌だったのだろう。そこのところは割り引いて受け止める必要があると思う。

日本でもコンサートホールの音響改善のための改修工事がたびたび行われるようになってきた。やはり音のよいホールというのは一朝一夕にはいかないようだ。しかも、良かれと思った工事が仇になるということもあるのだ。シカゴのオーケストラホールの場合は、空間容量を上げるために天井板をスクリーンに置き換えたことが仇になった。音響設計士によれば、直接音が天井を突き抜けて垂木に達し、そこでほどよい残響をともなって反射して下りてくるはずだった。ところが実際には音は天井裏に滞留してしまい響きが無くなってしまった。

そのことで、このホールにはデッドでドライとのネガティブな評価がつきまとうようになった。レコード会社は15年ものあいだ他の会場を求めて迷走し続けたのだ。一時的な会場で、限られたスケジュールのなかで理想の録音ポジションを決める現場の苦労は並大抵ではなかっただろう。もちろん、録音後の編集で加工することも可能だ。デジタル時代になって、編集技術進歩で現場の負担はずいぶんと軽くなったといわれている。

しかし、もっと大事なことは、演奏そのもののことだ。音響条件の違う会場で短時間に適応を求められる演奏者は大変だ。日替わりのように音響環境が違ったら、果たしてベストな演奏を維持できるのだろうか。やはり、録音に限らず、きちんとした本拠地を持つということがオーケストラの個性を磨くうえで何よりも大切なのだと思う。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ストラさん

    ショルティ/CSOの「新世界」いいですよね~。演奏も録音も好きです。これは間違いなくオーケストラ・ホールでの録音です。

    「新世界」は望郷の音楽ですから、国元のチェコなどヨーロッパの楽団よりもアメリカの楽団(移民が多い!)のほうがよい演奏をしています。

    ニューヨークのリンカーンセンター内のエイヴリー・フィッシャー・ホール(旧名・フィルハーモニック・ホール)は音響が悪いので有名です。NYフィルの衰退に少なからず貢献していると言われています。ググってwikiをご覧ください。その歴史は《改修》一色です(笑)。

    私も何度かここで聴いていますが、音が悪いの一語に尽きます。もっとも私が行ったのは1990年代前半が最後でした。その後も改修が続けられたので、今はずいぶんと改善しているそうです。

    外部騒音の話しは、地下鉄とか路面電車とか、幾多の優秀録音でもネタになっていますね。いまでも少なからずありますが、最新のホールは入れ子になった浮き構造など遮音性能は劇的に改善しています。

    一方で内部の音響改善は、天井とステージ上方の反射の話しがほとんどですね。エヴリー・フィッシャー・ホールも、私が通った当時は、ステージ上の音響パネルはなかったと記憶しています。ベルリン・フィルハーモニーやサントリーホールと同じで「雲」の効果ですね。

    個人宅のオーディオルームも、皆さん壁のことばかり言っていますが、実は天井のほうが大事なのではないかと思いました。吸音系の「ストラ雲」と対になる、反射系の「雲」も欲しいです。

    byベルウッド at2015-07-16 10:31

  2. ベルウッドさん 天井の反射系はいろいろテスト中です。柔らかい葦は、音が鳴るのでダメでした。反射板を考えています。いろいろ実験ですが、首が痛くなるのが問題です。ミケランジェロなど、天井画を描いていると、首が曲がらなくなったのではと思いました(爆)。

    ショルティ・シカゴは、4トラックテープで聴くといいですよ〜!

    byGRF at2015-07-16 13:47

  3. ベルウッドさん、こんばんは。

    早速の続編、ありがとうございます。
    演奏する側からの視点と録音を聴く側の違いが実に興味深いです。

    録音場所を調べていくと本拠地の音響に問題があったのかも? と考えてしまったりしますね。
    本拠地での録音が普通な所もありますが、複数のオケが利用している録音で有名な会場とかもありますし。
    以前読んだ本(ザ・シンフォニーホールの建設に携わった方の本でしたが)、各国の有名ホールを見聞に出かけて良かったのはコンセルトヘボウとウィーンと書かれていたような記憶があります。

    ショルティだと、私のお気に入りの『展覧会の絵』はメディナ・テンプルですね。
    学生時代の友人がショルティ好きで、お互いに違う演奏家のレコードを購入して聴きあったりしていましたので、拙宅にはショルティのレコードがあまりありません(汗)
    プロコフィエフとか新世界よりあたりは入手したいですね。



    以前、グスターボ・ヒメノについてご教示いただきありがとうございました。
    どうするか非常に悩んだのですが、曲目と雰囲気がらしくないというのを逆に体験してみたくなりまして、サントリーホールに出かけることにしました。
    ミューザ川崎もぜひ体験してみたいと考えておりますので、来年良いコンサートがあればと今から網をはっております(笑)

    byfuku at2015-07-16 22:20

  4. GRFさん

    スダレはダメでしたか。「浮き雲」のように湾曲したアクリル反射板を吊りたいところですが家庭用はないですね。重量の兼ね合いもありますし。それにしても即・実験とはさすがですね。

    天井画は、架台に寝て買いたそうですよ。フレスコ画がほとんどなのは絵の具がすぐに吸収されて垂れないからでしょう。逆に修正がきかないので神業ですね。

    byベルウッド at2015-07-17 07:51

  5. fukuさん

    上京の折には、是非、赤羽界隈にもお立ち寄りください。

    byベルウッド at2015-07-17 07:52

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする