ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア パワーアンプ:   金田式DCアンプ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

“グルマン予想”に関するいくつかの考察 (サテライトアース第4-7号)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月12日

金属たわしによるサテライトアース、さらに増産中です。



今回は、いよいよスピーカーのマイナス端子用に製作し実用化しました。何しろ、2wayのマルチドライブですので、一気に4台製作し同時に運用開始です。



その結果は、驚くべきものでした。今までのサテライトアースもかなりの効果を実感しましたが、スピーカーではさらにそれを上回る効果を体感できました。

サテライトアースそのものは、これまでの第1~3号までとは基本的に変わりません。

変更点は、銅板を、0.5mm厚から1mm厚のものに変更しています。表面積はほぼ同じで質量は約2倍になっています。

まず、その効果ですが、これは絶大でした。

とにかく音場がさらに拡大したことに、あっと驚きました。いままで何度か経験した変化ですが、上には上があるものです。空間の透明度がさらに上がり奥行きもぐっと深まり、低域の沈み込みも増します。

スピーカーからの逆起電力の解消ということについては期待通りです。大音量のマージンが、ボリューム目盛で2~3ステップ増しました。ソフトによっては、いくらボリュームを上げても迫力(?)が増さないということもありますし、いくらボリュームを下げても音の通りがあまりによいので深夜の音楽鑑賞がはばかれるほどです。

ところが…

数日間運用していると気になるのは、音の微かな粗さです。サテライトアースにつきものの初期エージングを過ぎても、ふと気がつくと、どうも音の粗さ、あくとかえぐみというようなものを感じてしまい気になってしまいます。

原因を考えあぐねていたのですが、どうも、要因はサテライトアースにあるようで、そこでアースケーブル等をいろいろと試行錯誤してみました。その結果も、あっと驚くものがありました。

その根底にあるのは、《グルマン予想》です。

サテライトアースは、一般的な大地アースとはかなり違うところがあります。もちろんオーディオシステムにおける大地アースも絶大な効果がありますが、サテライトアースはもっとずっとオーディオ的なものだと思えるのです。従来からの「アース」というものの常識とは違うものがあります。

そのことを指摘していたのがグルマンさんの日記です。

この日記には、私自身も含めて皆さんからいろいろレスがあって、今読み返してみてもなかなか面白い議論があったと思います。話題は、その後、すっかりバッテリー電源にさらわれてしまいアースについては議論が深まりませんでした。そこへせんべいさんの金属たわしが登場したわけです。けれども、時間があいてしまっていたので両者がうまく結びつかなかったようです。

さて、《グルマン予想(Gourmand Hypothesis)》とは…

(勝手に意訳していますが)
1.仮想アースは、振動である
2.仮想アースにとってケーブルは兵站(=重要)である
3.仮想アースとアース線をつなぐ端子も大事である

アースに振動ということはいままで誰も考えもしなかったと思います。アースケーブルについて、音の良いケーブルとは?と質問すると、専門家、ベテランほど『太けりゃ太いほどよい』と笑い飛ばされるのがオチでした。常識的には、導体抵抗が低い=導体断面積が大きいということが強調され、その結果、太く堅いグリーン線が推奨されていました。

どうも違うのです。

当初は、DC電源ラインで好結果を得ていたオヤイデの精密導体 “102 SSC”の1.25sqを使用しましたが、どうもピンと来ないのです。ケーブルが堅いのです。そこで、以前、スピーカーケーブルとして長年使用していたダイエイのOFC撚り線を使用するとこちらのほうが好感度が高い。標準の30芯より50芯のほうがよい。そこで、電源用の赤黒平行線とかいろいろ探索、検討しました。

その結果、行き当たったのが、《ライカル線》でした。

ライカル線とは、シリコンで被覆した銅裸線の撚り線コードで、とにかく柔軟性に優れ、耐寒・耐熱性に優れています。太くても柔軟性に優れるので取り回しもよく自動車や電子レンジなど大電力家電、あるいは、ラジコンの電源などにも多用されています。手に取ってみるとわかりますが、ふにゃふにゃです。

最大手は日星電気。小柳出電気で購入しました。ブランドは“OYAIDE”となっていますが、製造は日星のようです。そのなかで実用性の範囲で最大径の外径2.3mmのRSCB 2.5sqを選択しました。やはりアース線では、導体断面積が大きい(=低抵抗)ほうがよいというのは基本です。このケーブルは、0.12mmの極細の軟銅導線を32本束ねて、それをさらに7本撚りにしています。そのことが柔らかさにつながっているわけですが、それだけではなく、サテライトアースは高周波ノイズへの対応が命ですので、表皮効果も考えると細線導体の撚り線が断然良いのです。



さらには、端子も、ニチフのY端子から、しっかりしたオーディオ用のスピーカー端子に換えました。これも小柳出電気で求めました。金メッキも厚手のしっかりしたもので非磁性であることも確認しています。Y字端子にしたのは、本線のスピーカーケーブルがバナナ端子だからです。逆に、サテライトアース側は、バナナ端子(門田無線で購入)にしています。



グルマン予測の第1命題は、基本です。そのことから、アース線はできるだけ柔らかいものがよい、端子にしっかりしたものが必要であること、という第3命題も導かれます。さらに、第2命題は、仮想アースの場合は、高周波ノイズの排出が大事なので低抵抗に加えて高周波インピーダンスの低い極細導線の撚り線が有利だということが導かれます。

さらに、サテライトアースでも、導体質量が大きい方が有利で、電極や筐体にはそれなりにしっかりした銅やアルミなどの導体金属をおごってあげることが重要です。しっかりした筐体は、剛性が高いので金属たわしに圧力をかけて圧縮することが可能です。密度が増すこともさることながら、圧縮されることで振動にも強くなります。ここにしっかりした電極導体金属を挿入することが肝要です。たわしに裸導線を突っ込むというだけでは、あまりにふわふわしていて振動による接触雑音に対して脆弱過ぎます。

以上から、当初のセッティングに較べるとと、さらに…

◆まとわりついていたざわつきが解消
◆発音源の芯がしっかりして安定
◆ささくれだった刺激的なものがなくなり、自然な存在感が得られる
◆音色質感に透明度が増す(単なる「黒」ではなく「ピアノフィニッシュの黒」)


この1年ぐらい、ファイル再生など上流中心にシステムのグレードアップに取り組んできましたが、そのことでかえって気持ちが落ち着かず、オーディオへの強欲と邪念がつのるばかりで、音楽を愉しむということができなかったのですが、ようやく、かつてのように、雑念なく音楽に没頭できるようになりました。ファイルオーディオというのは、どうやっても不自然で不愉快なノイズがつきまとうようで、そのことで気持ちが静まらなかったのです。サテライトアースがそれを解消してくれました。

ここまで来ると、次の展開にも意欲が出てきます。

やはり、やってみたいのは、PC/ネットオーディオへの導入です。あるいは、いよいよ大地アース直結のプリアンプへの適用なのか。さて、どうしようかと期待でわくわくしています。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッドさん、頑張っておられますね。
    サテライトアースとリアルアースを繋ぐことも考えていただくと面白いと思います。機器からサテライトから接地アースという具合です。
    またまだ色々遊べるようです。

    byせんべい at2019-12-12 15:25

  2. グルマン仮説の実証実験ありがとうございます笑

    まさに通したいものは大電流ではなく極極微小なものしかも飛びきり高周波まで!ですから、そんな思考や経験則は古いベテランの考えにはなく、またそう言う意味ではカット&トライの嵐です。
    現時点での仮説、というより確信は
    "オーディオの出音の8割はグラウンドの振動の音を効いている"
    です。ケーブルもアンプも何もかもがグラウンドの音。"ラックスマンってこんな音だよねえ"もそれはラックスマンの全グラウンドの振動パターンの音(ケーブルやコンデンサや筐体のメッキやネジ込みで)

    仮想アースのインシュレーターを始めると無限地獄でございます。(from地獄)

    byグルマン at2019-12-12 18:51

  3. ベルウッドさん、精力的に進められていますね。

    自分の方も現在7個です(笑)
    金属たわしアースのメカニズムの仮説と活用方法がほぼ固まって来ました。後日、日記にしてみます。

    byヒジヤン at2019-12-12 19:52

  4. ベルウッドさん

    売り物に出来そうな美しいサテライトアースですね!
    写真で見るだけでも効きそうです。

    また、「グルマン予想(仮説)」の実証も見事です。
    第一命題を導出するには、第二、第三命題は必要条件ですね。

    グルマンさんのコメントからも、この仮説は既に実証されていると理解して良いのでしょうか。

    先日、グルマンさんから電源ケーブルについて、貴重なお導きを頂き、次は仮装アース地獄に踏みこんで見ようと逡巡しております。

    byvanilla at2019-12-12 19:53

  5. せんべいさん

    遊ぶだなんてとんでもない。苦学の連続です。また、ご指導よろしくお願いします。

    サテライトアースには、ケーブル、端子、電極で、ずいぶんと変わります。せんべいさんもいろいろ遊んでくださいネ。地獄が待ってますよ(笑)。

    byベルウッド at2019-12-13 09:22

  6. グルマンさん

    おお、地獄からの雄叫びですね!

    電位差が根本で微電流だからこそ直流抵抗が重要だというのが従来の考えですが、仮想アースは、さらに、微小な高周波ノイズ(電気的な微振動)のほうが大事ですから、交流抵抗(インピーダンス)がとても大きな要素になるようです。

    まさにカットアンドトライのところがあります。おかげさまで面白いケーブルに行き当たりました。

    インシュレーター?

    無間地獄イヤです!(笑)

    byベルウッド at2019-12-13 09:33

  7. ヒジヤンさん

    メカニズム仮設と活用法のお話し楽しみにしております。

    私には「マザーアース」という概念がまったく分かりません。それから、並列、直列という意味が分かりません。並列はまだしも直列というのがまったく分かりません。端部が一点しかないはずのアースに直列なんてあるのでしょうか?ここら辺りもぜひご教授ください。

    byベルウッド at2019-12-13 09:39

  8. vanillaさん

    ありがとうございます。

    やはりオーディオは外観も大事ですよね。私の場合、アースは日陰者(笑)ですから、《ラック裏》の装置として普段は意識することはありませんが、やはり取り回しや扱いの点からも、そして、振動などの対策としてもしっかりとした構造に仕上げました。それでも、コストはさほどかかっていません。金属たわしのおかげです。

    グルマン予想の証明は難問だと思っています。しかし、その命題から予測されるいくつもの事象が検証されるというわけです。金属たわしは初期エージングが最低でも3日間ぐらいかかります。

    今回、端子やケーブルを換えただけで、その初期状態にリセットされてしまい、改めて初期エージングが必要になってしまいました。しかもそのエージングは通電時間と関係がなく、セッティングからの経過時間の要素がほとんどです。このこともグルマン予想の第一命題から導かれる事象だと考えています。

    とにかく、この世界は我慢強さが肝心です。機器を交換して「ほら、変わった!」というような短兵急なことでは地獄に落ちます。じっくりと熟成を待つ。それだけに、ホンモノの音が頭に入っていないと右往左往することになります。

    しかし、仮想アース(サテライトアース)の世界には天国も待っています。天国と地獄です。お待ちしておりますよ(笑)。

    byベルウッド at2019-12-13 10:02

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする