ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア パワーアンプ:   金田式DCアンプ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

バッテリーのへたれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月11日

バッテリーが気がついたらへたってしまってました。

気持ちよく聴いていたら、突然、プッツン。

電池切れです。ここのところ2度立て続けなので、何だか変だなとチェックしてみたところリチウムイオンバッテリーの不調。いくら充電しても30%ぐらいで止まってしまう。これではなるほどすぐに使い切ってしまうはずです。



今、PCオーディオはすべてバッテリー電源になっています。使用している日本トラストテクノロジー(JTT)のモバイル・パワー・バンクは、合計7台。そのうち、最終段のNAA(NetworkAudioAdapter)のLattePandaの電源がへたれてしまいました。

確認してみるとどうもバッテリー本体がだめになっています。充電モードにすると発熱がすごい。おそらくその発熱で安全装置が働いてストップしてしまうのでしょう。メーカーに問い合わせたら、結局、故障という結論に。故障といっても、買って2年経っているし、補償はしてくれません。

新品を入手するまで、しばらく、ここだけACアダプターにして聴いていました。はからずも、ACアダプターとバッテリーの比較試聴というわけです。

どうもここのところ気になるところがあったのは、このバッテリーが原因だったようです。やはり損耗していてバッテリー内部抵抗が上昇し、特に高周波帯域特性が悪くなっていたようです。音量を上げるにつれ高域が荒れてしまうのが気になっていましたが、アダプターにするとすっきりしました。デジタル信号にどういうメカニズムで影響するのかはよくわかりませんが、アナログもデジタルも音への影響はよく似ています。

一方で、ACアダプターでは全体的に空間の透明感がやや落ちてしまうことがわかります。澄み切った空気がごくかすかに乳白色に濁ってしまうという感覚です。やっぱりACアダプターは、しょせん、バッテリーの敵ではありません。

単にACアダプターにつないでいるというわけではありません。アダプターはiFi iPowerです。それをiFi Audio micro iUSB3.0を経由してつないでいます。それでも、こういう音質の差は歴然としてしまう。改めて電源の重要性を再確認した思いがします。

このバッテリーは注ぎ足し充電が出来るので重宝しています。でも、メーカーとしては充電中の給電は御法度。故障の原因となると注意書きもあります。リチウムイオン充電池というのは消耗品です。しょせん化学反応で充放電しているので寿命があります。また、個体差もかなりあって、このように寿命が極端に短い場合もあります。

とはいえ、使い方次第のところもあるので、今後は注ぎ足し充電は控えるようにするしかないかもしれません。MFPCはクワッドでPCが4台。さらに、スイッチングハブ、無線ルーター2台、外付けSSDのすべてがバッテリー。しかも、相互の認識に時間がかかります。システムを立ち上げるまでに、手順に従ってひとつひとつ時間をあけて電源を投入していくので、あれこれやっているうちに30分ぐらいかかります。しかも、PCが落ち着くまでに15分ぐらいの暖気運転が必要。ついつい、つけっぱなしの注ぎ足し充電ということになっていたのです。

室温が上がる夏場に向かって、今後のオン・オフのルーチンをどうしようか悩んでいます。


ところで…

突然のプッツン。その時に聴いていたのが、カザルス弦楽四重奏団のベートーヴェン。



カザルス弦楽四重奏団は、若手グループと思っていたら、結成1997年というからすでに20年のベテラン。うかつにも今まで聴いたこともなかった。それがたまたまFM放送を聴いて、何て良い演奏だろうと思ったのがきっかけで、すっかりはまってしまいました。



ちょうど1年前のシュヴェチンゲン音楽祭での収録。

とても音がよくて心地よい。音色がそろっていてバランスがとてもよい。ノンビブラートを駆使したピュアトーンというのか、その音色と響きがとても気持ちが良い。一本一本の細い線がすぐ手の届く目の前でなまめかしく伸びていきますが、たちまちにチョコレートのように溶け込んでいくのです。



パーセルに聴き惚れました。そういう古楽とかハイドンだから良いのかと思ったのですが、ベートーヴェンも素晴らしいし、現代音楽もやる。レパートリーは多岐にわたり、しかも、いずれもが端正でしかも暖色系という、このグループの個性が貫かれています。

今回聴いていたのは、その後にオンエアされた、一昨年6月マドリード・国立音楽堂でのベートーヴェン・ツィクルス。

コロナウィルス感染症対策で自粛が続く今の状況にふさわしいと聴いていたのが、15番イ短調。

第3楽章「リディア旋法による、病より癒えたる者の神への聖なる感謝の歌」の祈りに恍惚としていたときに…

ブッツン!



この曲は、バッテリー復旧後にベルチャ四重奏団でも聴いてみたけれど、これもすごい。

癒やしと希望が同時に心の芯に染みいってくる演奏です。「すごい」というのは、その演奏にかける峻厳さ。技術的に厳粛でなければ、ベートーベンの高みにまで至らない。カザルス弦楽四重奏団はここまで峻厳ではないけれど、その代わり、ピュアな心情と温かみがあります。いずれも素晴らしい演奏です。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッドさん、こんばんは。
    デジタル系が随分と様変わりされた様子ですね。

    自分のところでは、DDコンバーターの電源にACアダプターを使用していますが、フライトコアと電磁波吸収シートに出川さんの欠落電流補填+CPMSP仕様で、出川式電源の安定化電源とほぼ同等の音になりました。バッテリーを超えた記憶があります。

    もう10年近く前の話ですが、その時にデジタル機器の電源は難しくないな、と思ったのですがどうなんでしょうか。

    byヒジヤン at2020-05-11 20:44

  2. ヒジヤンさん

    やっぱり難しいですね。

    PCオーディオはノイズとの戦いです。

    やっぱり金属たわしアースが効いているという気がします。どこかがよくなると、今まではOKだったところが問題になってくる。ひとつのボトルネックの解消は、それまで隠れていたボトルネックが浮上してくる。そういうことはよくあることです。

    今回の私にとっての教訓は、そのことよりも、バッテリーの経時劣化がデジタルに影響するということです。

    byベルウッド at2020-05-11 21:20

  3. ベルウッドさん こんばんは。

    私も一時、リチウムイオン電池を使っていたのですが、私の場合、アナログ電源>リチウムイオン電池=吟味したスイッチングACアダプター>普通のスイッチングACアダプターという結果でした。

    吟味したというのは、電圧、電流容量の適合するACアダプターを集めて勝ち抜き戦をして勝ち抜いた相性の良いものです。

    リチウムイオン電池には、内部にスイッチングのDDコンバーターが入っているので、スイッチングノイズが載ると聞きます。
    これを知って、エネループに切り替えたことも有りますが、ガンバたほどの効果は疑わしかったです。

    というわけで、車載用のバッテリーが良いと聞きますが、廃棄するときに馴染みの修理工場とかないと不安なので、踏み切れませんでした。

    by百十番 at2020-05-11 22:21

  4. ベルウッドさん、こんばんは。ちょっと話がそれるかもしれませんが、質問させてください。島元さんに、1コンセント、1回路にするのはどういう効果が見込めるのか質問したところ、それはデジタルを使う場合だから、アナログ中心で行くのであれば分けるメリットはさしてないという調子の答えでした。

    私はfidataをネットワークプレーヤーに直結させて再生しようと計画しており、他には映画で使うユニバーサルプレーヤー、アンプ、プロジェクター、そしてアクティブウーハーを予定しております。無線ルーターやPC等は、母分電盤から回す雑コンセントから取ろうと思っております。どうお考えでしょうか、教えて頂けると幸いです。

    byベルイマン at2020-05-11 23:51

  5. 百十番さん

    システムの構成やリスナーの聴き所によって評価はまちまちのところはあるようですね。

    ニッケル水素も含めて二次電池の使い方には二通りあります。

    ひとつは、AC100Vに変換し家電機器としてのオーディオ機器の電源とするケースです。これはコンバーターを使用しますのでノイズがかなり問題となります。実際、ELIIY Powerと商用電源の比較試聴ではそういう影響を耳で感じました。ACアダプターも、パルス変調ということで同じ原理になります。こちらは電源を通じてほかの機器にも影響が及ぶことになります。

    もうひとつは、そのまま機器にDC供給するケースです。こちらはコンバーターを使わないのでスイッチング起因のノイズはありません。

    上記のふたつをかなり混同して議論されることが多いようですが、同じ「バッテリー」と言ってもノイズ環境は全く違います。

    後者の場合は、一定の電圧を得るために定電圧回路(レギュレーター)が入っているものがほとんどです。この場合、そのノイズが問題となってきます。質の良いレギュレーターを選別することがオーディオでは問題となります。汎用の三端子レギュレーターは論外で、できればディスクリート回路にしたいところです。

    二次電池は放電が進むと電圧が下がります。電圧降下が進むと、どうもレギュレーターのノイズが増えるという感覚があります。入力電圧と出力電圧のギャップが拡大するとノイズが増えるということでしょう。JTTのバッテリーも聴いてみると、その傾向があるようです。この辺りも、日記本文では書ききれませんでしたが、今後のルーチンを考えるうえで悩みどころです。

    byベルウッド at2020-05-12 09:11

  6. ベルイマンさん

    基本は、まずデジ・アナの分離。その場合でも、デジタル(もしくはスイッチング電源)は機器ごとに分離すべし…です。島元さんもそのことをおっしゃっているのだと思います。

    アナログ同士であれば同じコンセント口(子ブレーカー)を使用してもデメリットは小さいのですが、その場合でもリニア電源であることが必要です。また、機器ごとにアイソレーショントランスを入れることは効果的です。電流量が小さい機器ならばそちらの方がメリットが大きいです。

    私の場合、FMエアチェックでは、デジタルチューナー、デジタルレコーダーはひとつのコンセントにノイズフィルター付き電源タップをつないで共通電源にしています。面白いことにチューナーのデジタル信号出力を直接、USBDACで聴くよりも、いったん音楽ファイルに落としてからPCで再生した方が音が良いのです。ライブ録音放送のメリットもあって、PC再生ではCD超えの高音質を楽しめることもしばしばです。もとはアナログ地上波なのに不思議です。

    byベルウッド at2020-05-12 09:32

  7. ベルウッドさん

    うちでも接続切れが頻出したことがあり、なんだろうと調べたら、バッテリーケースの皮が浮いていました!おそらくバッテリーは膨張し、電圧がふらついていたのでしょうね。

    破裂リスクが怖いので直ちに使用を止めました。

    byそねさん at2020-05-12 11:16

  8. ベルウッドさん、こんにちは。

    私も、この4月よりバッテリーユーザー(4台)になり、参考になります。注ぎ足しとは、給電しながら充電することを指しているのでしょうか?それとも 残量が残っているにもかかわらずに充電すること言っているのでしょうか?よく分からなくなりましたので、教えて下さい。

    by横浜のvafan at2020-05-12 14:36

  9. そねさん

    ケースが膨らんだ…というのはちょっと怖いですね。

    ボーイング787が就航直後、バッテリーに起因する火災事故で一時運航を見合わせたことがありました。リチウムイオン電池は過充電などにより熱暴走して火災事故をたびたび繰り返しています。この問題が解決しないせいでノーベル賞授与が遅れたとの話もあるようです。

    発熱などの異常を感じたらすぐに使用を中止するほうがよいですね。

    byベルウッド at2020-05-12 17:04

  10. 横浜のvafanさん

    給電しながら充電することです。

    充電用のACアダプターはつなぎっぱなしです。PCも起動手順が面倒なのでオンのままにしてました。いざ聴くときには、充電している状態だと音質がやや落ちるので、その時だけ電源タップのスイッチで充電を止めますが、聴き終わればまた充電をオンにします。それでPCに給電しながらも充電が行われるというわけです。

    たとえLattePandaとはいえ、けっこう電流を消費します。面白いことにNAAPCがもっとも電力を消費するようで、むしroonCorePCよりも多いかもしれません。30000mAhの容量ですと、2時間/日ぐらいの視聴時間で3日持つかどうかです。パワーアンプ以上に電力を消費することに改めて驚いています。

    NAAと同じようなポジションを務めるDirettaTargetPCではいかがでしょうか?

    byベルウッド at2020-05-12 17:21

  11. ベルウッドさん、こんばんは。つまらない質問に答えていただきありがとうございます。

    ファイルに落としてからだと再生音が良くなるというのは、不思議ですね。データの欠落が減るのでしょうか。ただおおよそそういう趣旨のことを期待して、NASを導入しようと考えておりますが、ベルウッドさんが仰られているのは、NAS→PC→DACで可能なのであって、NAS→ネットワークプレーヤーや、ミュジックサーバー→LAN DACでは可能でない、のでしょうか。それとも、電源ノイズフィルターを通しても、ファイルのデジタルデータはそのまま指定した形で保存できるが、直接再生となるとフィルターの影響が出るために、放送を直接DACに送ろうとすると音が劣化するということを言っているのですか。

    すいません。機材の手配とインフラ工事が直近に迫っており、知識が半人前なので、無駄に行間を読むような姿勢になってしまい、聞けば聞くほど疑問が湧いてくる状況です。ご容赦ください。

    と言いながら、さらに質問を重ねます。(泣)

    1回路1コンセントというアイデアは、マランツのPM10というスイッチング電源のプリメインアンプをある電源タップに挿して、さらに同じタップにCDプレーヤーを挿すならば、プレーヤーの音が劣化する可能性があるから、別の回路を使い、スイッチング電源の出す「高周波ノイズ」を可能な限り減衰させるべきだ、という理解で良いのですか?また、アクティブ型のサブウーファーは、ほぼ一様にクラスDのアンプを内蔵しているように思いますが、これも同じ回路に繋がっている他の音響機器の性能を下げる恐れがあるという理解で良いでしょうか?

    byベルイマン at2020-05-12 20:32

  12. ベルウッドさん、

    ご回答ありがとうございます。そうしますと、これまで注ぎ足しは、やっていないことになります。バッテリーの残量をモニターしながら、ギリギリまで使い、充電は夜間に行っています。

    減り具合を見てると、Diretta TargetとRoon Coreは同じくらいの消費スピードです。60000mAhで視聴時間1~1.5時間/日で、10日に1回くらい充電、といった感じです。そちらではアンプもバッテリーでしたね。パワーアンプ以上とは、驚きです。

    by横浜のvafan at2020-05-12 21:42

  13. ベルイマンさん

    チューナー出力からの直接再生より、それをファイルに落としたファイル再生の方が音が良いというのは不思議ですね。私にも理由はよくわかりません。おそらくチューナーはさしたるノイズ対策をしていないので、おもに共通グラウンドからのノイズが影響しているのではないかと推測しています。

    ご質問の趣旨は、PCかネットワークプレーヤーか、PCは絶対優位なのかということだと思いますが、そのこととエアチェック音源再生とはまた別の問題だと思います。どちらがよいのかというのはアプローチの問題ですので断定はできないと思います。

    なお、NASはあまり賛成いたしません。音源は、サーバーのローカルに置いた方が音はよいと考えます。ネットワーク上にデバイスを置くことはそれを探し当て監視し接続するということでサーバーの負荷が増すからです。またインターフェースや接点など圧倒的にクオリティコントロールファクターが増えます。

    最後のご質問ですが、私の答えはずばりイエスです。

    スイッチング電源、クラスDアンプなど、パルス変調の原理を用いているものはすべからく「デジタル」扱いとなります。最新機器は、ノイズ対策が入念にされていますのでかつてのようなイメージは払拭されていて機器自体はその良さが存分に発揮されますが、電源への影響はどうしてもありますので、他の機器に影響します。一言で言えば、残響や余韻などの空気感、空間表現、倍音表現が劣位します。

    byベルウッド at2020-05-13 10:30

  14. 横浜のvafanさん

    それなら大丈夫ですね。やっぱり私のやり方はそうとう乱暴だったのかなぁ。

    ところでギリギリまで使うとのことですが、残量が少なくなると音質がなんとなく悪くなるということはありませんか?

    私は、いま、そのことが気になっています。もしかしたら毎回毎夜充電して使用開始時にはフル充電にしておいたほうが良いのかもしれないと悩んでいます。

    byベルウッド at2020-05-13 10:34

  15. ベルウッドさん、こんばんは。


    先入観で、音が悪くなるイメージはありますが、あまり意識してませんでした。いつ切れるか心配しながら聴くのも嫌ですので、5%切るまで使って、充電しています。

    満タンが音がいい!となったら、困りますね。

    by横浜のvafan at2020-05-13 21:31

  16. 横浜のvafanさん

    ありがとうございます。

    30%あたりが分水嶺のような気がしています。思い込みとか他の要因もあるかもしれませんので、もう少し聴き込んでみます。

    byベルウッド at2020-05-14 00:53

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする