ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア パワーアンプ:   金田式DCアンプ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

「高音質保証! 麻倉式PCオーディオ」(麻倉怜士著)読了

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月25日

オーディオの新しい楽しみ方であるパソコン&ネットオーディオの解説書。パソコンの使いこなしとか利便性で先行したPCオーディオだが、いまやCDプレーヤーなどオーディオ専用機器にもまさるほどの高音質が注目されている。音楽プレーヤーソフトやDAC(デジタル-アナログ変換機)なども含めて、徹底的に比較して聴き込んで語り尽くすPCオーディオの極意書というのがウリ。

本書を手にしたのは、前の日記で話題にした「CDプレーヤーの二度がけ」を盛んに提唱されているひとということがわかり、そのことを確認したかったから。

日進月歩のこの世界なので、2011年8月初版の本書の内容はもはや時代遅れ。とはいえ、読んでみる価値はある。というのも、PCオーディオを扱った本は、ムック本の断片的な記事の寄せ集めや入門オリエンテーション的なガイド本ばかりで、まとまった解説書がない。本書は、それなりにまとまりがあって掘り下げた内容となってい、この手のものとしてはては希少な存在。読んでみると、私のような門外漢にも、なるほどそうだったのかと腑に落ちるところも多い。

特に、著者は、日経新聞社などのジャーナリストとしての経験を持つだけに、取材インタビュー記事はなかなかに読ませる。

例えば、元マイクロソフトの川手雅之氏へのインタビューから、OSがいかに深く音声処理にかかわっているのかがわかる。氏は、Windowsのオーディオ展開を積極的に進めてきたエンジニアのひとり。階層構造のOSで、統合的な音声処理を担ったのがカーネル。その多機能で統合的な機能ゆえに貧相な音質だったカーネルを回避させたのがASIOなどのデバイスドライバー。そしてハード側もこれに呼応してASIO対応のUSB-DACが次々と開発されて世界が変わった。

あるいは、元バーブラウンのデジタル伝送技術者でUSBオーディオデバイスの開発に携わった岡村善博氏。転送速度の規格にも何通りかありそれによって転送モードが違う。速度が速いことは必ずしもオーディオ音質によいわけではない。転送方式には、使用するデバイスの特性に合わせて方式に違いがある。さらにデータ同期の方法にも大きな違いがあってノイズやジッターに大きく関わる。本書の当時、アシンクロナス(非同期)方式は、主要OSの再生系ではサポートされていなかったので、アダプティブ同期が主流だったという。岡村氏は、アシンクロナス転送の普及拡大をここで予見していた。

もうひとつのハイライトは、LINNの日本法人社長山口伸一氏への取材。ネットワークオーディオの画期的商品となったLINN DS開発の興味深い経緯が語られている。その開発を主導したのは創業者の子息であるギラード・ティーフェンブルン氏。氏は携帯電話用のソフトウェア開発に携わりITを修行してから社に戻ってくる。当時のLINNは、パソコンベースのHDD内蔵型再生機をラインナップしていた。日本とは違って、欧米では、ひとつのサーバーからクライアントのある各部屋で操作再生する《マルチルームオーディオ》に大きな関心が寄せられていたからだ。内蔵ではメンテナンスに問題が多い。そこでギラードは本格的なネットワーク方式への転換を提唱する。しかもトップエンド機種からの大胆な転換は社内を驚かせたという。

著者は、パソコンオーディオの本格的な音質向上に向けて実践的な検証と提言をとりまとめている。その第一は、OSのミキサー・ジャンプ。この頃、WindowsOSは、Windows7+WASAPIで大きく音質が飛躍しつつあった。第二は、振動。SSDという無振動メディアの導入だ。SSDは、動作上、課題も多かったが、その後にその改善が進んでいる。第3は、オーディオ専用PCとそのセッティング。OS内部を徹底的にオーディオ指向にアジャストすることにより、ユーザーサイドにおいて大胆な音質向上が実現できると予見していた。Windows Tweakerを使ってカスタマイズしていく過程での音質評価などなかなかリアリティに富んでいる。こうしたオーディオにシステムリソースを集中させていくカスタマイズが、趣味性の観点からも大いに注目すべき切り口だと、この当時すでに予見している。

さらに章を変えて、パソコンオーディオは使いこなしこそ命だと、その使いこなしについても実践的な方法論を詳述している。それは、まず、電源。レギュレーター電源による音質向上、ACアダプター電源とバッテリー電源の比較評価などにも触れつつ、特に、ノートパソコン用専用電源の威力を力説する。また、USBケーブルによる音の違いにも着目し、アコースティックリヴァイブの電源供給ライン分岐型のケーブルを激賞する。三点目の振動対策では、インシュレーターの材質などためつすがめつでなかなかに興味深い。

いずれも、具体的内容はあくまでも当時のもので、製品紹介などは日進月歩のこの世界では、現時点で読めばほとんど時代遅れでもはや無用。というよりも盲信盲従は禁物というべきだろう。けれども、ファイル再生を目指すオーディオファンにとって、現時点での取り組みや今後を見通すうえで、本書は格好の《過去時制》の良書だ。






高音質保証! 麻倉式PCオーディオ
麻倉怜士 (著)
アスキー新書

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッドさん

    一騎当千とはベルウッドさんのことですね
    勉強熱心な姿勢に感服いたします。

    餅は餅屋に聞くのが一番ですね。
    専門が狭ければ狭いほど表に出ないので社会の片隅で
    モニターの前で「それは違うよ」と呟いている姿が想像されます。

    Windowsもブラックボックス化しているので専門家でも手を出せない部分が有るそうです。オープンソースでなくて商品なので当たり前です。私はオープンソースであっても駄目ですけど(笑)

    Digital concert Holl の無料配信を視聴してみたんですが、もっと音が良いはずなんですが、どうもいけません。ルーターとメインpcのイーサネットではタスクマネージャーを見ると配信以外のデータが行き来しているみたいです。私のpcはイーサネットが3枚ついているので1枚を配信だけの専用にできないか頑張ってみましたが,ipアドレスを割り当てはできるんですが、特定のイーサネットを指定して配信アプリを動かすことができませんでした。専用のpcを作ってプロセスカットしないと無理そうなのでサクッと諦めました。ファイル再生に注力します。

    八面六臂のご活躍に敬服いたします。
    ありがとうございました。

    by雑居ビル at2020-12-25 15:35

  2. 雑居ビルさん

    私も、この手のことについては門外漢です。

    ハイレゾ再生に関心を持ち、ファイル再生に手を出したのが本書初版の少し前でした。当時は、カーネル回避だとかディスプレイを全く外してしまうとかずいぶんと過激なPCマニアが大活躍でしたが、それでも大した音は出ないし、試聴会のデモでもトラブルばかりで1時間近く音が出ずにああでもないこうでもないというイベントが多かったのです。

    当時は、PCのようなノイズ源をオーディオ部屋に持ち込むなどあり得ないと思っていました。ところがあっという間に時代は変わりました。

    そういう石頭が切り替わったのはMFさんと出会ってからですね。

    byベルウッド at2020-12-25 15:59

  3. ベルウッドさん

    >そういう石頭が切り替わったのは
    もう吹いちゃいました(笑)

    MFPC開発に火を付けた張本人はベルウッドさんですからね・・・(笑)
    心から感謝しています!

    今後もMFPC検証にご協力お願いします(笑)

    byMF at2020-12-26 21:34

  4. MFさん

    こちらこそ感謝しております。

    思い起こせばMFさんとお会いしたのは、初対面こそ山梨の某所でしたがその時はあまりお話しができず、その次に、のびーさんを拙宅にお招きした時の反省会の場でした。ふたりでPCオーディオの話題となり、のびーさんがその話題ならMFさんの話しを聞こうということで、急遽お呼び立てした時でした。

    あれはもう何年前のことだったのかよく覚えていませんが、お二人の会話を聞いていてもちんぷんかんぷんでした。その時に、せめてこの本をまともに読んでいたら少しは会話に入り込めたかもしれません。

    byベルウッド at2020-12-28 09:51

  5. ベルウッド様お久しぶりです。今年も宜しくお願いします。

     私もPCオーディオは面倒と思っていましたが、たまたま入手した中古のノートPCに光出力端子があって、CDからリッピングしたwavファイルを再生してD/Aコンバーターに接続したら存外の音質で、そこからハマって10年くらい経過しました。

     現在はPCの起動時間が待てずにリッピングしたwavファイルをUSBメモリーに保存してAVレシーバーで直接聴いてますが、麻倉氏のように貪欲に新しいものに挑戦する意欲は参考にしたいですね。

    byたかけん at2021-01-07 06:20

  6. たかけんさん

    コメントありがとうございます。

    PCオーディオというのは、いろいろな切り口とか使いこなしがあって、オーディオとしてはとっつきにくいところもありますが、デジタル音響という点では避けては通れない基盤技術も関わっていますね。

    やっぱり貪欲さみたいなものが何よりも必要なんだと思います。麻倉氏には今後ともこういう方向で評論を続けてほしいですね。

    byベルウッド at2021-01-07 23:42

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする