ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア パワーアンプ:   金田式DCアンプ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

「音楽の危機」(岡田暁生著)読了

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月25日

コロナ禍のさなかに執筆、刊行され、クラシック音楽の存亡が脅威にさらされているとの危機を訴える。

クラシック音楽のなかでも、大ホールで二千人規模の聴衆が集い、ステージ上には大規模編成のオーケストラと合唱、合わせて二百人余りが所狭しと並んで演奏されるベートーヴェンの「第九」は、もろに「中止」を余儀なくされた。

その「第九」こそは、市民がこぞって密集し、高らかに市民社会の勝利宣言を行う儀式として成立してきたという。密集による同質化・同調化の作用による、産業資本主義による民衆の秩序化と労働力の囲い込みと組織化、集積組み立てのプロセスの時間的工程の完成過程のドラマ化であり、完成完結としての勝利のための祝典であり、そういう近代正統音楽の元祖だと決めつける。コロナ禍が、その構造基盤を直撃しているというわけだ。

果たしてクラシック音楽は、もはや病禍の克服と勝利を祝うことは出来ないのか。近代以来の市民社会の上質な教養としての西洋正統音楽は、もはや、元通りに戻ることはなく、今後、大幅な変質変革を迫られるのだろうか。

前半の、社会史学的な視点から、音楽演奏形態や、それを前提として成立・継続してきたクラシック音楽の分析はなかなか鋭いものがあるし、それ自体はなかなかに面白い。《第九》のような大規模でなおかつ感染対策上もっとも忌避される大合唱を伴う音楽が、特に公演が困難になっていることは確かだと思う。

とはいえ、19世紀末までに限りなく肥大化してきた近代音楽のあり方が問われ出したのは、すでに20世紀前半からあったわけだし、成熟してきた日本のクラシック音楽シーンにおいてもいわゆる現代音楽や室内楽、古楽の人気も浸透し、大ホール・大オーケストラ中心から、中小ホールやサロン的スペースでの公演へと拡散、多様化してきている。著者は、あまりにマルキシズム的な社会史学視点に傾きすぎていないだろうか。

確かに、大衆動員と集団同調化は、産業革命以来の産業資本や市民革命、果ては全体主義の有効な手段であり、ベートーヴェンの「第九」にもアドルノなどの批判はあったが、一方で、「集会の自由」は民主主義の根幹を成す権利であり、結社の自由や団体交渉権などともに、ひとびとの集団形成は基本的な権利防衛の重要な武器となってきたことも忘れてはならないだろう。キリスト教における教会の存在など、宗教史的な視点から見ても、何も近代社会の支配の論理というだけではなく、人類の本質的本能だとさえ言えるかもしれない。



本書で初めて知ったのは、秋吉台国際芸術村ホールのこと。

イタリアの前衛作曲家ルイジ・ノーノの晩年の大作、オペラ「プロメテオ-聴く悲劇」公演のために、建築家磯崎新が設計し県が67億円を投じて1998年8月にオープンしたという。



客席数は最大で334席。残響時間は2.6秒。多焦点ですべての場所ですべて音の響きが異なっているという。現代音楽の実験的な表現創造活動が可能なホールとして設計されたとのことだが、ひるがえせば伝統的で汎用性のある演奏様式には不適で、人里離れた《芸術村》的な立地も含めて、どこか芸術家気取りの独善的な匂いがしてならない。その非現実性に唖然とする。現に、県は廃止を迫り、毎年2億円近くにのぼる管理運営費をめぐって地元や運営団体と紛議になっているという。

果たして著者は、この施設のあり方を肯定的にとらえているのかどうかは不明だが、コロナ禍以前の問題として、公共財政のあり方や、その公的支援を巡ってうごめく人々の想像力の貧しさが引き起こしている別の危機が日本にはずっと前からあったのではないかという気さえする。これは何もクラシック音楽に限らない。

いまそこにある危機は、パンデミックが常態化するなかで、どうやって音楽活動を続け、私たち音楽を求める公衆がどこへ行けばその飢餓を充足できるのかということだと思う。そこには音響工学やITなどテクニカルな課題や、感染防止などの感染症衛生学的な知見研究ももちろんのこと、演奏形態の試行などの創造面での工夫も必要だと思う。そういう面でもあらゆるコミュニケーションと実空間を超えた人々の結束が必要なのではないだろうか。著者の視点はあまりにも観念的傍観的で、そういう現実の危機について実効性がない。

本書自体が「不要不急」の書だと思えてならない。




音楽の危機
《第九》が歌えなくなった日
岡田暁生 著
中公新書

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんにちは。
    大晦日に、きっと中止になると思っていたベートーヴェン交響曲全曲演奏会に行ってきました。

    マスク着用、消毒、クロークは中止、ホール内の食事所中止他、制約の中、いざ指定席までたどり着いたら一人おきに座ると思っていた席はそうでは無くギュウギュウ。見渡すと1階の最前列以外は座っていました。

    演奏者のマスク着用は任意?菅はともかく弦はするか否か各自に任せたみたいでした。

    そして第九。
    合唱団及びソリスト全員(歌う時も)マスク着用。
    40人のプロ合唱団は不思議と音量的にもバランス的にも違和感ありませんでしたが、下手端で歌ったソリストは歌い難そうでした。

    私的には「やればできるじゃん!」という思いですが、他の年末の第九はどうだったのか気になるところです。

    byジュン at2021-01-26 12:35

  2. ジュンさん

    コメントありがとうございます。具体的なお話しでとても参考になります。

    緊急事態宣言発出によって、イベントの開催制限が再び強化されました。クラシック音楽関連の公演では収容率50%以下と20時以降の短縮要請ということで、再び中止に追い込まれたり、チケット販売の中止、開演時間前倒しなど、かなりの影響が出ました。大晦日の公演が影響を受けなかったのは、ぎりぎりのタイミングだったということではないでしょうか。

    イベントは前もっての企画や出演者の予定の確保、会場の確保と運営など、準備期間が必要ですので、感染防止対策のための種々の制約とはどうしても時間的な齟齬が生じてしまいます。

    今、第三波の急拡大以前の緩和時期に企画されたのか、コンサート開催がずいぶんと復活していて、私自身も2月以降のチケットをけっこう買い込んでいます。緊急事態宣言後もコンサートのお知らせがあって急には止まれません。楽しみな半分、また中止かもしれないとの不安も半分…というところでしょうか。

    本書は、脱稿したのが昨年6月過ぎ、初刊が9月ということで、タイミング的には最も悲観的な雰囲気を反映しているのかもしれません。

    冷静に事態を注視する必要もありますし、何と言ってもパンデミックというのは短期決戦的なところと、中長期的に息の長い取り組みをすべきところと両面あると思います。音楽論としては、本書は、少々そういう長短の時間軸を取り違えている部分があるなぁというのが率直な感想でした。

    byベルウッド at2021-01-27 09:30

  3. 案の定、今日になってコンサートの中止連絡などが相次ぎました。

    紀尾井ホールは、2月の室内オケの定期は中止、チケット販売も当面見合わせとのこと。新国立劇場のオペラは、時間が繰り上げとなり、払い戻しに応ずるとのことなのでキャンセルすることにしました。

    会場などで対応もまちまちのようです。こういうちぐはぐな状況がしばらく続きそうです。

    byベルウッド at2021-01-28 18:42

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする