「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア           オーディオリプラ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

LCM回路にSEコン

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年05月28日

SEコンデンサが生産終了となってしまいました。

SEコンは、音が良いことでは最高峰との定評がありますが、とにかく高価です。

LCMキャパシタ回路にマイカコンデンサを使うとすごい音になると、出川式電源の出川氏に何度もそそのかされていましたが、ついにやってしまいました。

電源回路で、そのコストに見合うほどに音質が違うのだろうかと半信半疑だったのです。何しろ高価なSEコンです。図体もでかい。

実は、チャンネルデバイダ用に買い置きしてありました。将来的には3wayも考えていたからです。いざ生産終了と聞いて、むしろ、背中を押されました。いつまでも引き出しにしまい込んでいても仕方がない。高価といっても使ってなんぼです。

そう思って、プリアンプ用のLCMキャパシタ回路を作り直すことにしたというわけです。



いままで使っていたのは、基板のままのバラ組みです。試作のつもりで組んで、いつかはちゃんとケースに入れようとは思っていたのですが、音が良いのでそのまま使用していました。



キャパシタとしては、3つのコンデンサを並列使用しています。最大容量のものは電解コンデンサしか選択の余地はありませんのでそのまま。ただし、ブランドを変更しました。中間容量は、一般的な電解コンデンサから導電性高分子アルミ固体電解コンデンサ(いわゆるOSコン)に変更。最小容量のものをフィルムコンデンサからSEコンにしてみたというわけです。


4700μF(35V)
(旧)アルミ小形電解コンデンサ KMGシリーズ(日本ケミコン)
(新)     〃       (ELNA)

10μF(25V)
(旧)アルミ小形電解コンデンサ KMGシリーズ(日本ケミコン)
(新)導電性高分子アルミ固体電解コンデンサ(OS-CON パナソニック))

0.1μF
(旧)積層フィルムコンデンサ(ニッセイ電機/APS)
(新)SEコンデンサ(双信電機)

ケース
小型アルミケース(KC型 タカチ電機工業)



基板に配置すると、容量の一番小さい0.1μFのSEコンが一番大きい。LCMモジュールと同じかむしろ大きいくらい。しかも、そのコストと言えば、他のパーツは、LCM(特注品)も含めてホコリのように吹き飛んでしまうくらい(ちょっと大げさかな)。



完成です。

さて、その音は…

あくまでも、SEコンの墓標ぐらいのつもりで組んでみましたが…

その音にびっくり仰天。たかが電源コンデンサの違いと、あまり期待していなかったので驚きました。

バッテリー電源ですから、もともとリップルは皆無。リップルフィルタではありません。むしろ、電源供給のバッファーといったらよいのでしょうか。回路から逆起回生される瞬間的揺らぎがいかに大きいか。LCMキャパシタ回路によって逆流する攪乱を吸収し、理想電源として高域倍音領域でも瞬時に電源を供給しているというわけです。LCM回路だからこそ、コンデンサの優秀さはそのまま音質に結びつくというべきでしょうか。

それは、ストリングスやコーラスのクライマックスのハーモニーにはっきりと感じ取れます。オーケストラのマッシブな吹き上がりには興奮してしまいます。アナログ音源では充満するようなエネルギー感、デジタル系では爆発的なトゥッティの中にあらゆるパーツの音が聞きとれる解像度が素晴らしい。コントラベースのような低域の締まりや明瞭さはいままで以上で、さらに弾むような弾力がよりスイングします。小音量でも鮮度が高く保たれ音像が生々しいというのも、かなり嬉しい。

大成功でした。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッドさん

    SEコンデンサーとは超奮発です。私は清水の舞台から飛び降りても・・・決心がつきません、ディップマイカまでです(笑
    電源コンデンサーの並列にしただけで音の印象が変わるとは驚きです。その昔、電源ケミコンに並列に1μFのフィルムコンを並列にしたときの音の変化に驚いたことを思い出しました。
    オーディオはやってみないと分からないことが山積していますね。アンプはまだまだやることがたくさんありそうです。

    byマイペース at2021-05-29 11:09

  2. マイペースさん

    コメントありがとうございます。

    私もさすがに電源コンデンサにはとも思いましたが、いつまでも金庫(笑)にしまっておいてもしょうがないということでやってみました。生産終了との悲しいニュースがかえって背中を押しました。

    その結果に驚きましたが、これはLCM回路ということの効果であってスペシャルケースのような気がします。しかも、0.1μF(100000pF)は、ダイヤモンドでいえばカラット級、しかも天然ダイヤですからね(笑)。


    >電源ケミコンに並列に1μFのフィルムコンを並列にしたときの音の変化に驚いた…

    これは間違いのないところです。かつては巨大なケミコンをこれみよがしに並べるのがハイエンドの常道でしたが、大容量のケミコンは高域特性(内部インピーダンス)が良くありません。最近は、比較的小さな容量の高スペックのもの(OSコンなど)を数多く並列に接続するのが主流になってきました。

    いまだに何かと大重量、巨大サイズのものを信奉する古い頭のオーディオマニアが少なくありません。趣味だからまだしも、いつまでも「大きいことはいいことだ」というような頭で仕事のほうもされているのでしょうかね(笑)。

    byベルウッド at2021-05-30 13:07

  3. やっと重い腰をあげましたね、大電流LCM回路がやっと活躍できますね、ダイナミックレンジが大きく変わります、ノイズのない回路であれば、音に生気が出てきます、これでしばらくたのしめますね、

    ASCクラブの録音機材には大電流LCMとシルバーマイカは当たり前になっています、さらにフィルムの10μFを追加しても良いですよ。

    byデーさん at2021-05-30 14:35

  4. デーさん

    フィルムの10μFもすでにストックにあって検討したのですが、あまりに大きくてここでは次の課題としました。とりあえずはOSコンの貢献もあったのかなとも思います。

    >ダイナミックレンジが大きく変わります
    >音に生気が出てきます

    まったくその通りの音です。それがプリアンプの電源ですからね。ダイナミックレンジだなんて巨大パワーのパワーアンプの専売特許だと思っている人が多いと思いますが、ちょっと違いますね。

    うれしいのは音色もよくなったことです。ピアノは眼前にリアルですし、ボーカルやヴァイオリンにも色気のようなものが出ます。特にヴァイオリンの高域の倍音とかフラジオレットなんかはゾクッときます。リアルはエロですね(笑)。

    byベルウッド at2021-05-30 15:39

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする