「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア           オーディオリプラ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

多段多層フローティング

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年05月06日

アルファゲルを使ったフローティングの二階建て、三階建てがようやく完成しました。

もともとは、ラックの足元へのウェルデルタの導入でした。

ウェルフロートに屋上屋を架すような振動対策の効果にびっくり。その発想はHarubaruさんに教えていただいたのですが、ウェルフロートというものは2階建てがとても効果的です。そのことは私もCDPの足元にすでに導入していたことから実感していました。それでもウェルデルタの導入はいろいろとインパクトがありました。

それで、2階建てはスピーカーの足元へと発展。

こうした2段重ねが、アンプやオーディオPCにも効果的だということは、これも、ずいぶん以前からHarubaruさんが実証を重ねておられました。ウェルデルタの導入に味を占めて、さっそくウェルデルタのスペシャルヴァージョンであるバシリスを取り寄せて試聴を重ねてみました。



ところが、これはうまくいきませんでした。

ラック足元のウェルデルタと同じような効果―SNが上がり解像度が増す―には確かな手応えを感じるのですが、どうしても中高域に嫌な歪みを感じてしまうのです。SNや解像度という効果にもどこかやり過ぎ=過剰感のようなものがつきまとってしまいます。

いったんはバシリスの導入は断念しましたが、二階建ての効果は確かにあるはず…ということで、バシリスではなくアルファゲルによるフローティングを試みてみました。というのは、ウェルフロートではバッテリー電源で別筐体の金田式アンプはあまりにも軽量過ぎると考えたからです。

ところが、やってみるとやはり中高域の歪みから抜けきれません。

これはどうも介在させているボードのせいだと気づきました。アンプは底板がなかったり、ネジが出ていたりでバシリスに単純に載せることができないので、ボードを介してアンプを載せていたのです。バシリスのトップボードと同じアルミ合金製のボードでいろいろ試しましたが、これがどうも良くない。金属の響きがのってしまうのです。



そこで材質を変えて試してみることにしました。最終的には、木製、しかも柔らかい木質のスプルースが最適という結果になりました。中高域が伸びやかで艶が出てきてとてもナチュラル。同じ木製でもウォールナットなど堅いものはダメ。ピアノやヴァイオリンなどの楽器によく使われる針葉樹がよくて、無垢のスプルースが抜群に良い結果が得られたのです。一番軽くて柔らかいスプルースがかえって材質の音がのらないというのはちょっと不思議な気がします。とにかく良いものは良い。



昨年末のウェルデルタ導入を起点とすれば、半年近い時間がかかってしまいました。時間がかかったのは、いろいろな材質のサイズぴったりのボードを入手するのに時間がかかってしまったことです。特別な材質のものでもないし特に込み入った加工でもないのですがあまり業者がいないようで、試行錯誤の都度に発注依頼するので時間がかかりました。



PC用のタワーも、同じように変更しました。

最下段に改めてウェルフロートボードを導入。一番、影響のあるroonコアPCは、サンシャイン超薄型制振シート+アルファゲル&アルミボード+アルファゲル&真鍮ボードという多段式です。PCの方はなぜか金属系でも歪みがのりませんのでしっかりと重量のあるアルミ厚板等をそのまま使用しています。

ようやくうまくいきました。フローティングの多段多層化は効果ありです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッドさん、こんばんは。

    ウェルフロートにαゲルですか、良さそうですねー。
    なんとなく想像できます。
    ボードの材質の違いまで聴き分けながら地道に作業を進めるところがベルウッドさんの凄いところですよ。
    私なんかは思い付いたこと(方法)をやったら満足してしまって、方法を固定した上での材質の違いの比較検討まではほぼやってないですもの。
    ラックは手をつけなきゃいけないと数年前から思ってはいるのですが、なかなか手が付けられていなくて今に至っています。
    夏までには天板だけは作っておこうと思っている今日この頃です。

    byCENYA at2022-05-06 18:55

  2. ベルウッドさん こんばんは。

    ウェルフロート導入と徹底した歪対策 恐れ入りました。
    無垢のスプルースとの相性がいいのですね!

    私もウェルフロート2段重ねの効果に魅了されて増殖してきましたが、ベルウッドさんの徹底ぶりには圧巻です。
    どんな音の世界が広がっているのか・・・

    S/Nが格段に良くなっているからこそ、小さな変化や機微まで汲み取った追い込みが出来るんでしょうね。

    今は現状に満足して追い込んでませんがαゲルもいずれ試してみたいと思いました。

    byケニティー at2022-05-06 20:18

  3. ベルウッドさんへ こんばんは

    >ところが、やってみるとやはり中高域の歪みから抜けきれません。     これはどうも介在させているボードのせいだと気づきました。

    中高域の歪はスコーカーやツイターの振動板の振動が空気を伝わってリスナーの耳に歪んで聴こえます。中音以下はものによってはエンクロージャーをかなり振動させるのでボードの効果はあり得ると思います。中高域も多少はエンクロージャーを振動させているかもしれませんが、ほとんど空気を伝わって耳に届いていると,.なので、中高域の歪はSPやアンプの性能によるものと考えるのが妥当と思いませんか。

    bybb7 at2022-05-06 22:30

  4. CENYAさん

    αゲルは、CENYAさんのように小さな機器やユニットも多用されている方にはいろいろ応用がありそうです。αゲルに限らずシリコンワッシャなども回路基板などのフロート化ができるのでおすすめです。

    今回、ボードの材質には手を焼きました。こんなにボード材質が音を左右することにびっくりです。スピーカーキャビネット以上かもしれません。特に、機器のベースとなるボードは影響大です。ベースすなわちラックの天板ということになります。ウェルフロートボードの天板がいろいろ言われましたが、同じことだったのかもしれないと思っています。

    byベルウッド at2022-05-07 09:54

  5. ケニティーさん

    やっぱりウェルフロート2階建ていってますか?
    成果を一度ぜひ伺って聴いてみたいですね。

    αゲルは、アンプなどの天板をフロートさせることにも応用できます。ただし、結果はやってみないとわかりません。HDDプレーヤーは効果ありでした。アンプはあまり効果が無くて、結局、天板・底板撤去とかアクリル板に行き着きました。

    オーディオって面白いですね。

    byベルウッド at2022-05-07 09:58

  6. bb7さん

    >中高域の歪はSPやアンプの性能によるものと考えるのが妥当と思いませんか

    思いません。

    バシリスを外して元に戻せば、その点は元に戻るからです。結局は、バシリスのトップボードや介在させたボードの材質によるものだということがわかった…それが本レポートの主旨です。

    メーカー製のアンプなどは、カタログ上の数字を上げることばかり考えがちですが、結果としてつまらない音になりがちです。アンプはちゃんとオーソドックスに設計すれば聴感上の歪みは問題になりません。自作の真空管アンプなんかは測定上の歪みはけっこうありますが、むしろ、耳に心地よい素晴らしい音のことが多いです。

    小ぎれいで退屈な音を聴くことがオーディオだと思っている方が多いのは残念ですね。

    byベルウッド at2022-05-07 10:11

  7. ベルウッドさんへ

    >アンプはちゃんとオーソドックスに設計すれば聴感上の歪みは問題になりません。自作の真空管アンプなんかは測定上の歪みはけっこうありますが、むしろ、耳に心地よい素晴らしい音のことが多いです。

    問題なのは聴感上の歪です。いつの間にか測定上にすり替わっていますが、聴感上の歪ぐらい嫌なものは無いですよ。だからこそ輸入盤はハイ落ちが多い。聴感上の歪が無ければピントが全域ビシッと合って、気持ちよく楽しめます。開き直ってはオーディオを真に楽しめませんよ。

    bybb7 at2022-05-07 11:59

  8. bb7さん

    ご意見ありがとうございます。

    おかげさまで、スプルースのベースにしてからというもの、音が元のようにとても妖艶な音に戻りました。しかもSNがとても良くなって弦楽合奏の高域の和声もヴァイオリンの倍音域も素晴らしく色気があり、楽しんでおります。

    byベルウッド at2022-05-07 18:23

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする