「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア           オーディオリプラ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

弦の国のクァルテット (プラジャーク・クァルテット)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年06月02日

プラジャーク・クァルテットは、この日本ツアーが現メンバーでの最後の演奏となるという。

1972年結成され、50年にわたって息の長い活動を続けてきた。2015年に第1ヴァイオリンが女性奏者ヤナ・ヴォナシュコーヴァに交代したが、第2ヴァイオリンのホレクも2018年に20-21年のシーズンをもって引退すると表明。チェロのカニュカも独立を表明。本来は、20年のベートーヴェン・イヤーにベートーヴェンの全曲演奏をもっていったん解散ということになっていたらしい。それがコロナ禍で1年、また1年と延期となり、今回まで延びた。ようやく実現した今回の日本ツアーが、いよいよ最後ということになったのです。



ベートーヴェン全曲は、サルビアホールで行われる。全曲は大変なので、この「ひまわりの郷」ホール(横浜市港南区民文化センター)での公演を聴くことにしました。クァルテットはその後、京都と大阪で公演する予定。それがほんとうのさよなら公演ということになります。

1曲目の第4番が始まると、「弦の国」チェコの団体だと感得しました。

「弦の国・チェコ」というのがいつから言われていて、それがどういうものを指すのかは、本当のところよく知りません。自分自身では、アメリカの郊外地の大学キャンパスで、初めてチェコ・フィルハーモニーを聴いた時のこと。もう40年近い昔ですが、まさに「弦の国」を実感した刹那でした。

その音色は、とても暖かみがあって、まさにボヘミアの森を吹き抜ける風のように爽やか。

最近の若い団体は、ベートーヴェンをとても鋭敏で厳しい音楽にしてしまいます。切っ先鋭く切り込んでくる。それはそれで素晴らしいのですが、このプラジャークのベートーヴェンを聴くと、音楽にくつろぎがあって本当に楽しい。4番は、このジャンルに挑んだ若い頃の連作のひとつですが、すでに円熟味さえ感じます。野心満々のベートーヴェンが、プラジャークにかかると、聴き手をいかに楽しませるかという工夫に腐心し、それがうまく決まるとニンマリする、いたずら好きのエンターテイナーとさえ思えます。

そのことは次の「セリオーソ」も同じ。その作曲技法は機知に富んでいて、意外なことばかりが起こる。交代を繰り返す強弱や緩急の対比が大きく、山坂が多く起伏にも富んでいる。第3楽章も、威儀を正して草原を騎乗で駆け抜けるような爽快さとユーモアがある。そういう親しい自然との調和があって心が晴れやかになるのです。



そのことは最後のラズモフスキーでも同じ。

進軍するような雄渾さといったような気張ったところがなくて、四人の奏者が繰り出す会話のやりとりや、機転の利いた駆け引きが、いかにも弦楽器のアンサンブルらしくよく溶け合って耳に心地よい。冒頭の強拍の和声の響きのよいこと。ヴァイオリンの単線の伸びやかさ、アクロバティックな跳躍の楽しさ、高域の美しさ。それと対比するチェロの甘やかな歌。ヴィオラやヴァイオリン低音弦の刻みの心地よさ、内声の受けやツッコミの面白さ。

ベートーヴェンが丁々発止と繰り出す音楽が、実に、柔らかく軽快かつ爽快です。音が耳にまろやかなことは、まさに弦の国のクァルテットということなんだと嬉しくなってしまいます。ドヴォルザークとかヤナーチェクといったお国ものの演奏だから…ということとは別のこと。今や懐かしささえ覚えるほどの弦楽アンサンブルの質朴な美しさと魅力そのものです。

最後の公演を、延期を重ねた末の、長途かつ長期の遠征ツアーとして聴かせてくれるのは、メンバーの皆さんが日本びいきだからこそだと思います。こんな演奏が聴けてとても幸せになりました。


この記事はこちらでもご覧いただけます。

https://bellwood-3524.blog.ss-blog.jp/



ひまわりの郷コンサート・シリーズ
プラジャーク・クァルテット
2022年5月29日(日)14:00
(2階L列-24)

プラジャーク・クァルテット
ヴァイオリン:ヤナ・ヴォナシュコーヴァ ヴラスティミル・ホレク
ヴィオラ:ヨセフ・クルソニュ
チェロ:ミハル・カニュカ

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲
 第4番ハ短調 作品18-4
 第11番ヘ短調 作品95「セリオーソ」
 
 第8番ホ短調 作品59-2「ラズモフスキー第2番」
 
(アンコール)
 第5番 作品18-5より「メヌエット」

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッドさん、こんばんは。

    プラジャーク・クァルテットとは、良いですね。
    以前、お伺いした際に「ベートーヴェンを現役のクァルテットで聴くなら」と言う話題でパグ太郎さんと一緒に盛り上がったことを思い出しました。

    プラジャーク・クァルテットのベートーヴェンは拙宅での愛聴盤でもありますし、どうしても贔屓してしまうのですが、いろいろな意味で中道を行き安定感のある演奏は、安心して繰り返し聴くことができると思います。
    もちろん、アルバン・ベルクやベルチャ、東京クァルテット他(アナログではブダペストとかも持っておりますが)、お気に入りはたくさんあるのですが(笑)


    そろそろ、県外遠征をしたい気持ちはありますが、遠出となると、どうしても大編成を大ホールで、という気持ちが出てしまいます。
    この秋はなんとかして都合をつけたいですね。
    まずはチケットを取らないといけません。

    byfuku at2022-06-04 23:34

  2. fukuさん

    >中道を行き安定感のある演奏

    まったくその通りですね。私たちはともすれば、話題性を追って新進の演奏者や演奏の斬新さばかりを取り上げがちですが、プラジャーク・クァルテットはそういうものとは真反対の良さがあります。私も今回のコンサートでベートーヴェンの真髄に改めて目が醒める思いがしました。

    私もぼちぼち遠出を再開しつつあります。今回の会場も、初めてで横浜にこんな公演施設があったのかという新発見にもなりました。この会場は、7月にも再訪するのでまたレポートするつもりです。

    プラジャーク・クァルテットは、京都・大阪での公演が最後の最後の日本公演になるようです。関西にも多くのファンがおられて、その幕引きを惜しんで駆けつけたのではないでしょうか。

    byベルウッド at2022-06-06 09:31

  3. こんにちは。
    調べてみたらプラジャーク・クァルテットの関西公演は大阪の中心部にあるフェニックスホールで6月8日9日10日の3夜に渡って「ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 後期作品全曲ツィクルス」と銘打って開催されますね。

    大阪在住でしたら駆けつけるのに残念です。

    by椀方 at2022-06-06 12:10

  4. 椀方さん

    前のご住居とちがって、なかなかコンサートに気軽にでかけるということは少なくなってしまったようですね。コミュではこうした情報もありがたかったのですが残念です。

    プラジャーク・クァルテットは、fukuさんも触れておられますが、かなりのタイトル数で録音しています。こちらもPRAGAというチェコの音楽家・室内楽が中心で録音もよくて知る人ぞ知るというようなレーベルです。録音もよいのでぜひこちらで、このクァルテットをお楽しみください。

    こちらも創設者が2018年に死去してしまい、今後の存続が危ぶまれているようですよ。

    byベルウッド at2022-06-06 13:10

  5. ベルウッドさん、横レスでもうしわけありません。

    Pragaレーベルですが、創設者のピエール=エミール・バルビエが
    亡くなって、レーベルとしては一度終了してしまいました。
    ですが、その音源に興味を持ったAparteやevidenceレーベルの代表、ニコラ・バルトロメが全ての音源の権利を買い取り、レーベルを復活させています。
    今後、SACDとして出るのか、CDになるのかはまだ分かりませんけれども。

    復活最初の発売は既出音源をまとめた30枚セットのお買い得盤が出ています。
    新譜としては、プラジャーク・クァルテットのフランクとドヴォルザークのカップリングでCDの発売が予定されています。

    レーベルオリジナル音源の室内楽系ディスクはSACDで出てほしいのですけれども、発売を継続してくれるだけでありがたいことだと思います。

    byfuku at2022-06-07 09:00

  6. fukuさん

    情報の訂正ありがとうございます。

    PragaはSACDもかなり出していたので、音楽ファンだけでなくオーディオ好きももっと注目してもよいレーベルだったかもしれませんね。かく言う私も、プラハ・グァルネリ・トリオを聴いたことがきっかけで、たった6年ほど前のことなので偉そうなことは言えません。

    https://community.phileweb.com/mypage/entry/2408/20160930/53017/

    byベルウッド at2022-06-09 14:53

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする