ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア           オーディオリプラ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

ロシアへ愛をこめて (福間洸太朗 ピアノ・リサイタル)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年07月08日

佐川文庫のサロンコンサートに初めて行きました。



佐川文庫は、1984年から93年まで水戸市長をつとめた故佐川一信のメモリアルとしての私設図書館。佐川氏は、水戸市長在任中に市制100年記念として水戸芸術館の創設に尽くされたひと。



サロンコンサートの会場「木城館」は、その庫舎に隣接して増設された200席ほどの音楽サロンです。客席両側の壁面には、佐川の熱心な招聘に応え水戸芸術館の館長に就任し長くその運営に携わってきた故吉田秀和の蔵書とレコードやCDが収納されています。



こちらはいわば吉田メモリアルとしての音楽サロンでもあるわけです。



そういうゆかりのサロンは、写真で見る以上に素敵な建物。八ヶ岳の音楽堂とよく似ていて、木の肌合いと響きがすっぽりと六角形の空間に納まり、大きな窓には周囲の青々とした緑が目に鮮やか。小さいながら本格的な音楽専用ホール。天井が高いし、ステージも客席の空間も開放的なので、演奏が間近に感じられる直接的なバランスの音響です。

地域に名指したアットホームな雰囲気も、私設の家族経営的なコンサートならでは。

福間洸太朗さんは、ちょうど1年前にサントリーホールで、〈バッハへの道〉と題したリサイタルですっかり気に入ったピアニスト。映画「蜜蜂と遠雷」でピアノ演奏を担った四人のピアニストのひとり。技巧が立ち、しかもなかなかハンサムで、女性の人気を集めているのは当然なのですが、そんなことはどこ吹く風といったマイペースなところがあって、若手作曲家に新作を委嘱したり、そのプログラムは懲りにこったこだわりのもの。



この日も、前半はスクリャービン、後半はラフマニノフと、二十世紀のロシアのピアノの巨人二人のみ。特にスクリャービンは、神秘主義、象徴主義への傾倒を強め現代音楽の先駆者ともいうべき和声の難解さがあって敬遠されがち。これだけスクリャービンを並べたプログラムは珍しいと思いました。

聴いてみると、比較的初期の作品を中心に選択しているせいか、むしろ親しみやすさが前面に出てきていて、後半のラフマニノフに負けない甘美で濃厚なロマンチシズムが魅了します。後半のラフマニノフまで一貫させているのは「幻想」というキーワード。いわゆる自由形式というのが音楽史の定義ですが、二人のロマンチストにかかると、文字通り「幻想」的でほとんど忘我没頭の非現実的な幻影を観る耽溺と恍惚の音楽。ピアノならではの抽象と具象が両立する多層的な幻想の音世界は、やはり二人がロシア人だからだと思えてきます。

左手のためのノクターンは特に見事。これが左手一本というのが信じがたいのですが、確かに福間さんは右手を膝の上に置いたまま。そういえば一年前のバッハでも、ブラームス編曲の左手の「シャコンヌ」が痛切な印象を与えて鮮やかでした。

二人の作曲家に共通するのは、冒頭が低く深い低音の響き。それは左手の打感にも共通するピアニストの強い思いが隠されているのかもしれません。そう感じたのは、後半のラフマニノフの「鐘」。

ロシア・ピアニズムの神髄には、「ロシアの鐘撞き男は、100通りの音色を撞き分ける」ということがあるのだそうですが、左手による低音弦の一撃にはそういうロシア・ピアニズムのある種のこだわりがあって、それがまた聴き手の魂を揺さぶる。

福間さんのこだわりかたは、アンコールの解題にも。福間さんのトークは気さくでありながら、そういうこだわりを熱っぽく軽妙に語っていて面白い。最後の締めとなった、レヴィツキーの「魅惑の妖精」も余韻があった。福間さんは、この作曲家がウクライナ人であることしか語らなかったが、後で調べてみると数年前の上野で開催された『「怖い絵」展』のBGMに使われたことが話題になった曲でした。



BGMが使われたのは、チャールズ・シムズの『そして妖精たちは服をもって逃げた』。

妖精画家として知られたシムズは、第一次大戦で長男を戦死させ、自身も戦地の惨状を目にしてトラウマとなり、後に自死している。絵の左下の「小さな妖精たちが散りぢりに逃げる」という場面は、長男の命が戦争で奪われるという現実の投影だというわけだ。

美しい曲でしたが、そこには爽やかな光に満ちた現実の下で、残酷な狂気に翻弄される小さな妖精たちの恐怖という幻視があった…。

締めくくりの曲だから、あえてそこまでくどくどと語らなかったのか…というのは深読みに過ぎるのでしょうか。

この記事はこちらでもご覧いただけます。




佐川文庫サロンコンサート
福間洸太朗 ピアノ・リサイタル
〈スクリャービン VS ラフマニノフ ~幻想を求めて〉

2022年6月25日(土) 15:00
水戸市 佐川文庫

スクリャービン:
3つの小品op.2
 第1番 練習曲、第2番 前奏曲、第3番 マズルカ風即興曲
練習曲op.8より
 第11番 アンダンテ・カンタービレ 変ロ長調
 第12番 悲愴 嬰ニ短調
幻想ソナタ 嬰ト短調
ピアノ・ソナタ第2番 嬰ト短調 Op.19 『幻想』
左手のためのノクターンop.9-2
幻想曲 op.28

ラフマニノフ:
幻想的小品集op.3
 第1番 エレジー、第2番 前奏曲『鐘』
 第3番 メロティー、第4番 道化役者、第5番セレナーデ
幻想的小品 ト短調
ノクターン第3番 ハ短調
楽興の時op.16より
 第5番 アダージョ・ソステヌート 変ニ長調
 第4番 プレスト ホ短調

(アンコール)
バッハ:『主よ、人の望みの喜びよ』BWV147より
ショパン:ノクターン第2番 Op.9-2 変ホ長調
ショパン:練習曲ハ短調 Op.10-12 『革命』
ミッシャ・レヴィツキ:魅惑の妖精

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッドさん

    故佐川一信さんは、私が水戸に赴任したときの市長で、私の在任中に芸術館が完成しました。私は記者だったので、毎月の定例市長会見はもとより、芸術館に対する彼のコンセプト・狙いに関するインタビューもかなりしました。彼は若い記者連中を「啓蒙」しようとする気概があって、よく飲みに連れて行ってくれました。中でも、彼の水戸一高時代からの親友であった、立花隆さんを招いてくれ、そこに彼が「選抜」した記者だけを呼んでの膝詰め懇親会は、その後の自分の人生に大きな影響を与えました。

    彼は、私が水戸から東京に戻った後に亡くなったので、この、「佐川文庫」の存在は、知りませんでした。こじんまりした、とても素敵な建物のようで、ここでのピアノ・ソロは、さぞかし、と思える佇まいですね。機会があれば、私も行ってみたいと思いました。

    福間洸太朗 さんは、私もこの映画は見ましたので名前は存じ上げていますが、まだ一枚もCD/SACDは持っていません。彼の演奏の特徴を表した、特におすすめのものをご存知でしたら、ご紹介いただければ幸いです。

    byAuro3D at2022-07-08 11:25

  2. Auro3Dさん

    素晴らしいキャリアと出会いや人との交流をお持ちなのですね。

    吉田秀和さんは、佐川氏の追悼の挨拶で以下のように述べておられました。

    「日本の政治家はとかく物質面での繁栄に気をとられ、経済の次元で物事を割り切る傾向があります。佐川さんは、しかし、社会の発展、生活の豊かさには精神面の充実が不可欠であり、人間の幸福は内面の豊かさと切り離せないということに気がついていた人でした。水戸市長としてその思想を形にしたのが水戸芸術館の創設にほかなりません。」

    一方で、創設時に制定した市の年間予算の1%を活動資金にするという制度、吉田秀和氏や指揮者の小澤征爾氏という名声と人気に依存した運営が、果たして健全に発展継承され持続できるのかどうかについて訝る音楽関係者も少なくないようです。

    福間さんはすでに何枚ものCDをリリースされておられます。どれがよいとかの見識は持ち合わせておりませんが、日記本文にリンクさせておりますが、ブラームスが左手だけによる独奏曲に編曲したバッハ「シャコンヌ」も入っている「バッハ・ピアノ・トランスクリプション」を購入して楽しんでおります。

    byベルウッド at2022-07-08 17:07

  3. ベルウッドさん

    ソースの情報、ありがとうございました。Apple Musicで検索してみましたら見つかりましたので、早速聴いてみました(便利な時代になったものです=笑)。

    この「解釈」というのか「編曲」というのか、適切な用語に疎いのですが(汗)、彼がやっているのでしょうか?だとすると、なかなかセンスがいいですね。Coolな感じが、自分の好みに合っています。

    ありがとうございました。またいいピアノ演奏がありましたら、ご紹介ください。

    byAuro3D at2022-07-09 08:50

  4. Auro3Dさん

    さっそく聴いてみられたのですね。

    編曲は、日記に書いたブラームスをはじめ、ブゾーニやリストなど作曲家による編曲です。唯一、トラック10のマタイ受難曲からの アリア「憐れみ給え、わが神よ」だけが福間さん自身による編曲です。これもまた味わい深いですね。

    福間さんは、こだわりはありますが自分が目立ちたいというのではなくて、とてもオーソドックスな演奏家です。その上で、自分の感じた音楽からの感動を聴き手に届けたいということにとても真摯に取り組んでいます。気持ちを伝えたいという熱を感じます。

    このコンサートでも、トークで聴かせてくれてから、ラフマニノフとスクリャービンとどちらが気に入ったか二択で挙手させて、ほぼ半数互角だったことに「なじみのないはずのスクリャービンに同じように手を挙げてもらって、とてもうれしい」とスクリャービン愛むき出しでした。そんなナイーブなところで、ますますファンになってしまいました。

    byベルウッド at2022-07-09 21:17