「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア           オーディオリプラ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

「ペレアスとメリザンド」 (新国立劇場)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年08月04日

五感が融合し統合された「意識」のオペラ。

音楽と演劇、美術が見事に協調し、人間の知覚知能や思考の多層的な深部に分け入っていく。そこから得られる幻想は、どこに真実があるのかも不明で多義的。そのことにオペラという五感の芸術の醍醐味、楽しさを感じさせてくれます。



ドビュッシーの音楽とメーテルリンクの言語には、もともとそういう神秘世界があったのだと思います。そこに演出のケイティ・ミッチェルがさっそうと踏み込んでいく。

オペラ全体は、メリザンドの夢だと想定されています。ウェディングドレスのメリザンドがホテルの一室に登場しくつろぐ。そのメリザンドが夢想する。そこから始まり、終幕にはまたその場面に戻る。まさに一炊の夢。《夢》とは、人間の意識内のあたかも現実の経験であるかのように感じる、一連の幻影。それが夢だとは、夢を見ているうちは気づきませんが、醒めてみると自分が自分を見ていたような、劇中劇――《入れ子》の世界です。

黙り役という別のメリザンドも登場します。

岩波文庫の「対訳 ペレアスとメリザンド」の訳者・杉本秀太郎氏は、解説で『…舞台にかかっているとき、その舞台をしげしげと見守っているペレアス、そしてメリザンドが、客席に紛れている。』『かれらが声もなく坐り、私と同じ方向に視線を放っている。』――そんな情景が見えてくると書いています。

この一致には驚きました。これは偶然でしょうか。この演出では、もう一人のメリザンドはステージ上に限られますが、ペレアスやゴローも本来登場しない場面にもいつの間にか現れてじっと見つめていたり、あるいはメリザンドと絡んだりしたりさえします。そういう「意識」世界の人格の多重性、裏切りとも思えるほどの意識人格の投影反射の繰り返しがメーテルリンクの台本には確かに存在します。

黙り役としては、他にも二人の侍女が登場します。

こちらは、メリザンドの着替え役。棒のように無人格になったメリザンドから衣装をするりと脱がし、下着姿にしてから再びするすると新しい別の衣装を着せる。無人格なメリザンドを操る、黒衣や後見のような役どころは、これも夢という無自覚で他動的な意識の遷移・転移を象徴しています。

歌舞伎の《だんまり》のようにスローモーションになる場面もあります。意識世界における時間軸の伸縮と相対性を現す効果もあり、同時にドビュッシーの音楽の時間軸との同調もあって見事。ケイティ・ミッチェルの音楽の深い読み込みがあればこそ。これも、オペラとして斬新な演出です。

音楽が素晴らしい。

ドビュッシーの音楽は、アリアだとかバレー音楽だとか聴衆におもねった分断がない。ずっと舞台の進行に寄り添って間断なく続いていく。ともすれば無形式なつかみどころのない音楽になりがち。あるいは、いっそ演奏会形式で舞台や演技に向けられる視覚をカットさせないと音楽に集中できない。そういう難しさのあるこの作品が、この演出では見事に視覚と相乗作用を起こす。その音楽の綾の蠱惑的なこと。

ことに《水》のイメージが素晴らしく、庭園の泉(この演出では室内プール)の清新な水のゆらめきと濃緑色に沈む奥底、湿潤な空気感など、音楽を通じて視覚・聴覚以外の五感までもが励起される。

舞台上の水は控えめ。プールの水面は一階席から見えないがさざなみのゆらめきが壁面に映り込む。指環が不意に水に落ちても、あくまでもその雰囲気は音楽にある。繊細で緻密な演出が音楽と協調する。洞窟(演出では地下室)の場面など、「海(“la mer”)」という言葉が発せられるとオーケストラからはあの聴き慣れた交響詩の響きが現れる。それがそう確かに聞こえることに感動を覚えました。

塔の場面も、極めて官能的。現実として長い髪がみるみる伸びて塔の下まで届くというのはあり得ず、あくまでも暗喩だ。「暗闇に、薔薇が見える」「ずっと低いところ」「薔薇なんかじゃない…ちょっと見てこよう」――卑猥な戯れ歌とも取られかねないかもしれないが、それを言葉のままに映像化すればもっと陳腐になる。ドビュッシーの官能性は凄みがありました。

ペレアスとメリザンドが睦み合っているところに、誰かに見られているという不吉な予感の響きがどこからともなく湧き上がる。プールの破れた窓から突然現れるゴローはまるで、ホラー映画『リング』の貞子みたいで震え上がるが、その時に音楽の不吉さは絶頂を迎える。



大野和士は、素晴らしい創造性とリーダーシップで東フィルからそういうドビュッシーの音楽を引き出していた。間断なく続く音楽だからこそ、幕間の転換を待つ沈黙の間合いが活きている。ここにもステージ上の映像とピットの音楽との見事な相乗作用があります。それは、そもそも冒頭の花嫁とホテルの一室の場面で、じっと沈黙して待っていた大野の姿に象徴されています。そういう余白にも神経が行き届いていました。

舞台もよく出来ていた。



全体は二部に分けての上演ですが、場や幕の転換もなめらかで、しかも、夢幻的。箱型の部分ステージを黒い横幕で開閉して、移動転換するというアイデアは初めて見ました。横や上下の移動も視覚意識の遷移にぴったりとはまっています。何よりも音響的にも実によく配慮されたステージです。右手にしばしば登場するらせん階段の縦長のステアケースもよく考えられたアイデア。

何よりも称えたいのは歌手陣。

主役級の3人はいずれもこの役を得意としアクサンプロヴァンスの初演や、その後のこのプロダクションの公演に参加経験があると聞いています。素晴らしい歌唱とともにとてつもなくタフに見える演技を、最後まで緊張感を切らさずに信じられないほど緻密にやりきっている。



性格演技という面では、ゴロー役のローラン・ナウリが出色。粗暴などという表面的なものではなく、深層感情の制御を失った自意識の悲劇を演じて凄みを感じます。日本人歌手がオペラ全体によくはまり、外国人歌手と対等に渡り合っていたことも特筆したいと思います。ベテランの妻屋秀和のアルケルはさすが。イニョルドの九嶋香奈枝は、メゾであれボーイソプラノであれ演技・歌唱がはまりにくいこの役から、オペラ全体のキーとなるメッセージを発しきるところまで到達していて強い印象を受けました。



これだけ完成度の高いプロダクションは、新国立劇場でも久々だと思います。演出補のジル・リコの献身ぶりが大きかったのではないかと思います。コロナ禍を乗り切ったシーズンの掉尾にふさわしい。


この日記はこちらでもご覧いただけます。

https://bellwood-3524.blog.ss-blog.jp/archive/20220709





新国立劇場
クロード・ドビュッシー 「ペレアスとメリザンド」
2022年7月9日 14:00
東京・初台 新国立劇場 オペラハウス
(1階5列10番)


【指 揮】大野和士
【演 出】ケイティ・ミッチェル
【美 術】リジー・クラッチャン
【衣 裳】クロエ・ランフォード
【照 明】ジェイムズ・ファーンコム
【振 付】ジョセフ・アルフォード
【演出補】ジル・リコ
【舞台監督】髙橋尚史

【ペレアス】ベルナール・リヒター
【メリザンド】カレン・ヴルシュ
【ゴロー】ロラン・ナウリ
【アルケル】妻屋秀和
【ジュヌヴィエーヴ】浜田理恵
【イニョルド】九嶋香奈枝
【医師】河野鉄平

【合唱指揮】冨平恭平
【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッドさん

    リポート有難うございます。
    大野さんも舞台も素晴らしかったようですね。NHKでの放送を期待します。前回の『オルフェオ』のリヴェンジができましたかね。
    私は本日40年くらい前に入手した五味康祐さんの『西方の音』という作品の、たまたまペレアスとメリザンドについてのパートを読みまして、今回のベルウッドさん記事のアップタイミングとあまりにもシンクロする偶然に驚き、コメントを記載させていただきました。私もこのオペラは一度だけ見たことがあります。その時の素敵な記憶も想い出させていただき感謝です。

    bycozycozycozy at2022-08-04 17:22

  2. ベルウッドさん、こんばんは。

    イニョルド役を代役で前川依子さんが務めた回を観ましたが、仰る通り、全体として大変完成度の高いプロダクションで大いに楽しめました。
    正直なところ私はドビュッシーの良い聴き手ではなく、このオペラも冗長で退屈な作品だとずっと思っていたのですが、その認識を覆されました。

    by眠り猫 at2022-08-05 00:32

  3. cozycozycozyさん

    コメントありがとうございます。

    せっかくコメントいただいたのに申し訳ないのですが、私は五味康祐が苦手です。特に『西方の音』は最悪です。そのことについて、だいぶ前に日記に書いたことがあります。

    https://community.phileweb.com/mypage/entry/2408/20160709/51964/

    これはあくまでも個人的な意見ですので、どうかお気を悪くされないでください。不愉快であれば読み飛ばしてください。

    今回の演出は、巷でも話題になるほど斬新なものです。ですから横恋慕の彼女と散策したというハイデルベルクの古城とは全く無縁の舞台でした。五味康祐がもしこれを観たら、冒涜だと怒りだしたかもしれませんね。

    byベルウッド at2022-08-05 01:59

  4. 眠り猫さん

    コメントありがとうございます。

    楽しまれたとのこと、ご好評でうれしいです。このプロダクションは、一般多数には抵抗があったようで毀誉褒貶のようです。ですので、実際にご覧になった方から良かったと賛同いただくのはとてもうれしいのです。

    私も、なかなかこのオペラにはなじめず、仰るように冗長で退屈な作品とも思えて苦手なところがあります。ところが、実際の上演となると、ことごとく良い演奏に恵まれています。正直なところ、これまでは、演奏会形式や簡素な舞台の試演的な演奏ばかりで、本格的な舞台は今回が初めて。それがとても楽しめたのでまたまたラッキーだったと思いました。

    byベルウッド at2022-08-05 02:07

  5. ベルウッドさん

    このプロダクション、確かに評価が真っ二つに割れているようですね。
    概ね、歌手陣については高評価、一方で指揮/オケと演出については賛否両論、ということのようです。
    ただ「否」の方のレビューを拝読すると、

    ・マッシヴで鮮やかな演奏、妙にリアルで生々しい夢の演出、時系列やストーリーの錯綜



    ・事前にレビュアーが持っていた作曲者あるいは曲に対するイメージ(朧げな幻想性、現実感の無さ、シンプルなストーリー)

    との相違が否定的な反応に繋がっているのかな、と思います。

    私の場合、後者の要素こそがこの曲に馴染めなかった原因でしたので、その真逆となる今回のプロダクションを観ることが出来て本当に良かったです。

    by眠り猫 at2022-08-05 13:57

  6. 眠り猫さん

    いただいたコメントに100%同意です。

    そもそもこのオペラは上演機会が少なくなじみがありません。新国立劇場としても初の本格的な上演でした。故若杉弘監督以来の念願がようやく今回実現できたのです。

    否定的なコメントをされた方々は、熱心なクラシックファンを自認していても、ほとんどが初めての体験だったようです。多くは、あらすじを直前に頭に入れて、舞台上にストーリーを追おうとされていたのではないでしょうか。あるいはそれをあきらめてドビュッシーの音楽のステレオタイプを耳で追うことに集中されたように思えます。

    新聞評などを見ても、さすがと思わせる批評はありませんでした。プロの評論家にとっても、なじみのない名作でのいきなりの斬新な演出は敷居が高かったような気がします。

    byベルウッド at2022-08-07 17:23

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする