ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア           オーディオリプラ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

ウラのある話し

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年11月01日

古典的なルームチューニングのお話しです。

3ヶ月ほど以前にさかのぼりますが、ベルイマンさんのお宅をお訪ねしたときのこと。システムのセッティングもさることながら、ルームチューニングも鬼のようにやっておられていてすごいことになっていました。

シーリングからはピラミッドがサスペンションで吊されています。その裏面にも何かが載っている。お伺いすると、こうした音響パネルは振動するとのこと。それで様々な吸音材を施しているというのです。

実は、我が家でもささやかながらエスカートのピラミッドを使用しています。



それはだいぶ以前に導入したTVカバーです。


さっそく、試してみました。

まずは、手持ちの吸音材サーモウールを裏張りしてみました。これがかなり効果があるので驚いてしまいました。重ねてあるサウンドスフィアのフラットカバー(特注サイズのTILE)も中身はサウンドスフィアなので重複しているのですが効果があるのです。やはり音響パネルはそれぞれが振動している…!

今まで気づかなかった付帯音が確かにあった――静かになったし、音と音との間の分離がよくなりより立体感覚が増します。

ただ、一方で音がドライになったような気もします。付帯音とかそれによる変調歪みのようなものが雰囲気とか弦楽器や大編成オーケストラの厚みとか躍動感を与えているのでしょうか。それが、何もかも見えすぎる感じがしてもう少し艶とか潤いも欲しくなります。



やはり吸音過多なのでしょうか。少しずつサーモウールを減らしたり、一切やめてみたりして調整してみました。純粋に振動対策としてリアルシルトも貼ってみました。

ここまでが第一段階。

そこへ、2Hさんの「激落ちくんの増殖」という記事が目にとまりました。

激落ちくん(発泡メラミン樹脂スポンジ)は、レコードクリーニング用として手持ちがあります。これをクッションとか吸音材として使うという発想はありませんでした。

試してみるとこれがまた効果があります。面白いのは、これがクッション(緩衝材)と吸音材との両方の機能を兼ねるということです。



吸音材としては、サーモウールが高域に効いていて、メラミンスポンジは中低域に効きます。これで聴感上のバランスを微妙に整えることができます。さらにサーモウールを減らしたりと試行錯誤。スポンジもサイズや場所をいろいろ試してみました。



最終的には、こんな感じ。



フラットカバーのほうは、メラミンスポンジによるクッションだけです。

音響パネルというのは、そのまま使うことしか発想がありませんでしたが、背面や壁とのすき間も大事ですね。



何ごとにもウラがありますネ。


この日記はこちらでもご覧いただけます。

https://bellwood-3524.blog.ss-blog.jp/archive/20221101

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッドさん、おはようございます。

    「根はみえねんだなあ」は、あいだみつを氏の言葉ですが、機器も設置も見えないところは大事ですね。
    メーカーもコスト等の兼ね合いなのか、裏や底には正面パネルほど気を配っていないことが多いですし。
    特にパネルの裏面は狭いですから、音や振動が溜まりますし対策の効果が表れやすいと思います。

    拙宅にお越しいただいたベルウッドさんならお分かりと思いますが、拙宅のリスニングポイントから見て左側面の壁にはVentoスクエアを張り付けたボードを設置してあります。
    実は、あのボードの裏側は振動対策のデッドニングと吸音材が貼り付けてあります。

    何事も上手く行かせるためには「ウラ」が大事だと思います。

    byfuku at2022-11-04 06:52

  2. fukuさん

    オーディオ評論家の田中伊佐資さんも言っておられましたね、「ラック裏の美学」。

    でも調音パネルはどちらかといえばそのままということになりがち。Ventoスクエアは基板はフェルトで吸音材質となっているのでそのままでよいと思っていましたが、fukuさんはそこにもこだわりを持っておられましたか。さすが!

    byベルウッド at2022-11-07 13:38