metabolee
metabolee

マイルーム

我が家の視聴環境
我が家の視聴環境
我が家は リビングを利用して楽しんでいます。 KURO 5010HD BuL Rec X-95 Bul Play LX-52 D-VHS HR30000 HD Rec  D95、X-7 …
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

日記

「THIS IS IT」 in IMAX

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年11月03日

 話題の「THIS IS IT」を 話題のIMAXシアターで拝見してきました。

印象を言いますと、音は迫力があり音響、音状はしっかりしてました。映画では無いので
サラウンド感は低いですがダイナミッククレンジの広さ、音の立ち上がり感、解像度の高さは
やはり違いを感じました。リアの左右に専門のSPがありそれがしっかりしてます。
これが音の環境を構築してますね、フロントも画面に負けないくらいの音だったです。

本格的な音だしの「スタートサムシング」のビートが効いた音の出だしで違いがわかります。

絵はデジタル画質をDLPで流していました、精鋭感が上がってブルーレイを見ているかの
ようでした。HDカムで撮ってますのでそれなりです。

で、初めてめがねをかけて見ました、眼がだいぶ悪かったので映画だけはめがねをと思い
見たのですが本当にめがねを掛けるとこうも違うのかと思ってしまいました。
いかに自分が今まで損した映像を見ていたかと思うと・・・、

ある時期から字幕がぼやけ始めましたから1.5から0.6位になってしまいましたから既に
老眼(汗)らしい、自分では認めたくないですが・・・、そうみたいです(悲)。

眼に劣化があるように耳にも劣化があるのでしょうか?左右の聞こえ具合に差があると
いけないらしいですが・・・。低音、高温のHzの違いがある程度差が出てくると
駄目らしいです。

まあ、それはさておき、このIMAXは良かったですね、次回はJ・キャメロンの
「アバター」あたりを又見に行こうかと思っています。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする