Joe Frazier
Joe Frazier
Linn DSおよびLP12がメインソースですが、最近はCDPの良さも見直しはじめています。 主にカントリー系ロックや小編成ジャズとクラシックを聴きますが、JPop以外であれば大体何でも聴きます。 …

マイルーム

結構しょっちゅう入れ替えますが
結構しょっちゅう入れ替えますが
持ち家(マンション) / 書斎兼用 / ~8畳 / ~2ch
(1)書斎/音楽部屋 Source : Linn LP12 (EKOS/Radikal/Keel), Thorens TD124 (SME 3009 S2, Ortofon RS-212) Linn…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

日記

オーディオのビジュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月21日

私の環境は残念ながら絶対的な広さを確保できないため、スピーカー間に機材が設置されており、メインの環境ではU-BROS 3という真空管アンプがラック最上段に設置されております。 

不思議なもので、音がきちんと定位している時にはあたかも最上段の真空管アンプから音が出ているように感じます。

ここのところメイン環境の左右バランスが微妙におかしかったのですが、結果的な解決策は、少し左寄りになっていた機材ラックを物理的にスピーカー間の中央に合わせて置くこと、でした。 

ステレオ効果というのは所詮錯覚なのですが、今回ビジュアル的な錯覚によって少し音が左寄りになっているように感じていたみたいです。 自分の耳のしょうもなさを嘆くか、オーディオって面白いよなぁと感心すべきか、悩ましいところです。

全く別の話なのですが、最近別宅環境のプリアンプをMcintoshのC26にしました。

元々使っていたMC2505というパワーアンプに揃えたのですが、音の好き嫌いや絶対的なハイファイ度はさて置き、、昔のアメリカって良くも悪くも力強かったなぁと感じます。 
今回任期を満了する某大統領も、こういうオーディオ製品や自動車などでMake America Great Againしてくれれば良いのに、と思います。 

何て言いながら、その周辺は欧州系機材で、今聴いている音楽はアイアンメイデンだったりしますが。。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Joe Frazierさん、こんにちは

    一部を除き、やっぱり欧州系の方が人気が高いのでしょうね、私はどっちかというと最近は米系寄りで、欧州系を追い出しつつありますが。

    ところでこのレコードもそうですが、最近のピクチャーレコードってキレイですね。
    80年頃のHeartのピクチャー盤しか持っていないのですが、おいけさんに最近のピクチャー盤を見せて頂いたら、雲泥の差ですね。
    2枚目の写真、これはもしや回転してるんでしょうか?  よくできてますね、ビックリです。

    byTON2 at2020-12-22 14:38

  2. TON2さん、こんばんは。レス有難う御座います。

    米国系も錚々たるメーカーがいるのですが、私の場合はLP12、DS、BBCモニターというのが何となく中心にきてしまっているので、必然的に欧州モノが多くなってしまいました。 次点は意外にも日本製かも。

    最後のレコードは絶賛回転中です。
    これは数年前にアイアンメイデンのマネージメント事務所が財政難に陥った際にまとめて発表された「リマスター、ゲートフォルドスリーブ、(何故か)帯つき、180g盤」の一つなのですが、全作品ピクチャディスクになっていました。

    最近だとボブマーリーのLegendが黄色・赤・緑の3色仕様になっていたり、限定感を出すために重量盤に更にピクチャ系というのが多くなってきた気がします。 80年代のペラペラの原盤とどちらが音が良いのかは。。。原盤の気がしますが。

    Heartのアルバム、80年代だとセルフタイトルのやつかと思いますが、(ピクチャディスクではないですが)久しぶりに聴いています。 80年代はやはり性に合います。

    byJoe Frazier at2020-12-22 17:19

  3. こんばんは。

    先日実家の物置でQUIET RIOT/METAL HEALTHのピクチャー盤を見つけました。確か当時音楽番組の懸賞で当たったやつで、すごい嬉しかった記憶があります。カビが怖くて針が降ろせませんが(^_^.)

    byにら at2020-12-22 18:52

  4. にらさん、こんばんは。レス有難う御座います。
    Quiet RiotのMetal Healthですか。 ファイルウェブでは中々出てこない名前(笑)。
    今レコード棚を漁ってみたところその次のCondition CriticalとQR3しかアナログでは見つからなかったのですが、デジタルでは持っているはずなので久しぶりに聴きたくなりました。

    ところで、懸賞って当たると嬉しいですよね。 拙宅には小学校1年生の時に当たったドラえもんの紐ネクタイ?みたいなのがいまだにぶら下がっています。

    byJoe Frazier at2020-12-22 20:55

  5. Joe Frazierさん今晩は。
    いつもコメントを頂きありがとうございます。
    マッキントッシュ、マランツ、JBLは、昔の私の憧れの機材でした。オーディオ機器を購入できるようになったときは、別の機材になっていましたが。

    手持ちの唯一のピクチャーレコードは、シンディー・ローパーの30周年記念盤”She's So Unusual”です。購入してプレーヤーに乗せたとき、本当に音が出るのか心配になりました 笑。

    by山田野案山子 at2020-12-24 22:55

  6. 山田野案山子さん、おはよう御座います。レス有難うございます。

    C26が1968年から1978年まで製造されていたようなので、時期としては私が生まれる前から幼少時までということになりますが、その時代が未だに「黄金期」などと言われている製品を使ってみると当時の品質の高さに驚いたりします。 昔の上杉研究所のアンプも然りですね。

    JBLもいつかは。。なのですが、どちらかというとタンノイのDual Concentric型に愛着を感じるので、もう少し先かもです。

    ピクチャーレコード、皆さん結構お持ちのようで(笑)。 確かに、「これ(見る方の)観賞用で、音出す用途じゃないのでは?」と思うくらい良くできているものがありますね。

    常々ホームページの方は、実は本家が東海地方の古い農家であるということもあり、オーディオネタに限らず定期的に拝見させて頂いております。 LP12とDS使いの大御所として、是非今後とも色々とアドバイスを頂けると幸甚です。

    byJoe Frazier at2020-12-25 08:55

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする