Joe Frazier
Joe Frazier
Linn DSおよびLP12がメインソースですが、最近はCDPの良さも見直しはじめています。 主にカントリー系ロックや小編成ジャズとクラシックを聴きますが、JPop以外であれば大体何でも聴きます。 …

マイルーム

結構しょっちゅう入れ替えますが
結構しょっちゅう入れ替えますが
持ち家(マンション) / 書斎兼用 / ~8畳 / ~2ch
(1)書斎/音楽部屋 Source : Linn LP12 (EKOS/Radikal/Keel), Thorens TD124 (SME 3009 S2, Ortofon RS-212) Linn…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

日記

LP12の調整

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年03月06日

別宅で使っているLP12ですが、こちらは最近電源をLingo 4に変更して以来どうもアースがうまく取れない状態でした。

ネット情報を調べてみると、Lingoのボードをブレースに固定している支柱・ピラーが金属製の場合アースループが発生することがあるとのことで、樹脂製のピラーをショップに取り寄せて頂き、金属製のものと取り替えることにしました。

部品自体の調達に数ヶ月かかってしまった為、部品到着後の最初の週末であった昨夜早速作業をしようと思いLP12を調整台に設置。

作業がしやすいように横倒し、背面のトランポリンをプラスドライバで外し。。
などと作業をしていたら。。Lingo基盤を外すために必要なT10 トルクスドライバが見当たらない。

結局今朝開店と同時にホームセンターに行き、ドライバセットを購入し、漸く作業を行いました。

結果としてはアースが「普通に」取りやすくなり、大満足です。
電源周りの整理に伴う「音がすっきりした」等というのは正直感じないですが、安心感が違います。
ついでにバウンス調整をして、2時間くらいの作業でした。

ちなみに、LP12用の最新ベアリングであるKarouselのカバー(逆さまにした際にオイルが漏れないようにするもの)はCirkus時のものから随分変わりました。

ワインの栓みたいですね。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする