Joe Frazier
Joe Frazier
Linn DSおよびLP12がメインソースですが、最近はCDPの良さも見直しはじめています。 主にカントリー系ロックや小編成ジャズとクラシックを聴きますが、JPop以外であれば大体何でも聴きます。 …

マイルーム

結構しょっちゅう入れ替えますが
結構しょっちゅう入れ替えますが
持ち家(マンション) / 書斎兼用 / ~8畳 / ~2ch
(1)書斎/音楽部屋 Source : Linn LP12 (EKOS/Radikal/Keel), Thorens TD124 (SME 3009 S2, Ortofon RS-212) Linn…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

日記

使用上の注意?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年03月21日

最近入手したTD124にはSME 3009 SIIをマウントしてあります。
ウェブ等を検索すると同じ組み合わせの方も国内外問わず多く、加えてオルトフォンのSPUを合わせている方も多いようです。

私も、特にLP12のハイファイ?フラット?見晴らしの良い?音との違いを出す目的で色々と実験をしていたところ、手持ちにあったSPU Classic G/2という丸針SPUが最もイメージに合致した音を出す気がし、当分は固定しようと思っています。

とはいえ、3009SIIとSPUの組み合わせでずっと気になっていたことがあります。
私のSIIは「後期型」でカウンターウェイトが一体型のものですが、そのままではゼロバランスが取れません。 そこで、以下の写真のように追加のウェイトを装着しています。

このウェイト、某オクで入手した32gのものなのですが、ただでさえアームシャフトのゴム劣化>ウェイトの垂れが問題になることで知られているアームのシャフトに更に重みを加えてどうするんだ。。。と。 

インターネット上を調べても、あまりこの類の追加ウェートによるSPUバランスの話は書いていないのですが、SMEアームの解説で有名なanalogue-classicsの解説を読むと:
- SII後期のカウンターウェイトは追加ライダー込みで135.7g
- SII前期の分割カウンターウェイト後部はライダー込みで80.6g
- SII前期の分割カウンターウェイト前部は66.3g
11gくらいの差分がありますが、前期ものはもしかするとこれだけでゼロバランスが取れていたのでしょうか。。?

また、SII前期にはカウンターウェイト前部にヘビーオプションがあり、そちらが88.6gなので、前部と後部を合わせると169.2gになりますが、逆を言うと「それくらいのカウンターウェイトがついても耐性を保てる設計だった」と勝手に理解します。

すると。。私が所有しているSII後期の通常カウンターウェイト部135.7gにこの32gのウェイトを足すと167.7gとなり、上述の169.2gの範囲に収まることになります。 当然追加ウェイトを販売されている方もこの計算をして32gになったんだと思いますが、一応重さ的には許容範囲なのではないか?と思えるようになってきました。

やはり不恰好ですし、保守パーツを何故か3セットも所有しているとはいえ、もし今後もSPUに固定するのであればオルトフォンの専用アーム等も考えたいとは思いますが、案外似たような疑問を持っている方がいらっしゃるのではないかと思い(いないか。。)独り言メモでした。

ちなみに、今回TD124の音決めをするにあたり、何故かOzzy(ギターソロが気持ちよく聞きたい。。)とか、モーツァルトのピアノ協奏曲だったり、と言うのを使用しました。

おかげで、LP12では少々薄さや迫力不足を感じていた音楽(ロックや中編成クラシック)は凄く良い感じで鳴ってくれるのですが。。。逆にブラシとかライドシンバル等を多用するピアノトリオ系とかがどうもしっくりこない、と言う不思議な状態です。

オーディオって難しいけど、面白いですね。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんばんは

    オジーとモーツァルトが並んでるのがシュールすぎます(笑)
    自分はあまり細部の使いこなしを要求されないアイテムばかり取り揃えているズボラオーディオでして、コンマ台の世界で頭を悩ませる事はないのですが(逆に仕事はそんな事ばかりなのでお気持ちは分かりますが)後半の記事、機材による帯域バランスの個性なのですかね?

    byにら at2021-03-21 21:43

  2. にらさん、おはよう御座います。レス有難う御座います。

    音楽的にはかなり雑食なので、メタル系からGram Parsonsみたいなカントリー系、フュージョンからチェロ独奏まで何でもなのですが、ちょうど聴いていたOzzyのアルバムの針による音の変化が凄く面白かった次第です。 

    MMの一部針だと音の塊なのですが美味しい旋律が凄く綺麗に聞こえたり、DL103とかだと全ての音が綺麗に分離し過ぎて違和感を感じたり、というので連続10回以上同じ面を聴いてしまいました。 高校生以来かも。

    後半のピアノトリオの所は完全に帯域バランスと音楽そのものの密度の問題だと思います。 もう少し付帯音を感じる設定にしないと未だ分離し過ぎてしまうのかもしれません。

    byJoe Frazier at2021-03-22 08:22

  3. Joe Frazierさん、こんばんは。

    S2のウエイトに関する詳細な情報提供、ありがとうございます。
    大変、参考になります。

    私もSPUシリーズを2種使っているため、ウエイトの増加による
    垂れが気になっていました。

    しかし、ウェイトの重さよりゴムの劣化が原因で発生するもの
    と考えて、気にしないことにしました。

    もし劣化したら、まだ補修部品が入手できるし、無くなれば
    ゴムなので削って作ればいいやくらいに思っています。

    ノー天気が一番楽ですね。(笑)

    byED at2021-03-22 22:59

  4. EDさん、おはよう御座います。レス有難う御座います。

    ゴムは何をやっても劣化するので、保守部品をいくつか揃えることでいざという時に備えることにしていますが、ラテラルウェイトによる捻じれがゴムの千切れに貢献するのでは無いかとチョット心配しています。

    まぁ、音楽を気持ちよく聴く為の道具であり、変に気を使うことによって気持ちよく聴けないとすると本末転倒なので、ひとまずは様子見ですね。

    このあたり、心配しない性格になりたいです(笑)
    ノー天気が一番楽、その通りですね。

    byJoe Frazier at2021-03-23 07:44

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする