Joe Frazier
Joe Frazier
主にカントリー系ロックや小編成ジャズとクラシックを聴きますが、JPop以外であれば大体何でも聴きます。 コンサートホールでリラックスして居眠りしてしまうような、心地よい音が好きです。

マイルーム

結構しょっちゅう入れ替えますが
結構しょっちゅう入れ替えますが
持ち家(マンション) / 書斎兼用 / ~8畳 / ~2ch
(1)書斎/音楽部屋 Source : Linn LP12 (EKOS/Radikal/Keel), Thorens TD124 (SME 3009 S2, Ortofon RS-212) Linn…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お気に入り製品

日記

M44Gの刺さる高音とスタビライザー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年06月20日

よくShureのM44GやM44-7は高音が荒れるとかサ行がザラつくという評価をされることがあるかと思います。

推奨負荷容量450pFを考慮した設定は当然にしているのですが、私も何となくそんな印象を持っており、例えばペダルスティールのようにアタッキー(?)な高音が前面に出る音楽、Grateful DeadのWorking Man's Deadアルバムの"Dire Wolf"という曲のアウトロなどでは音が割れ気味になることがありました。

本日たまたま同曲をレコードスタビライザー(280g)を乗せた状態で聴いていると、破綻寸前のところで堪えている。 スタビライザーを外すとやはり割れ気味になる。

TD124のマット上でレコードが滑ってる?と悩むのと同時に、他のTT等でもう少し調査は必要ですが、M44Gの評価間違えていたかも。。。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Joe Frazierさん お早うございます。

    私は下記のような理由からレコードスタビライザーは辞めました。

    https://community.phileweb.com/mypage/entry/4853/20180525/59546/

    プレーヤーの調整不足を適当にしたまま、習慣的にスタビライザーを乗せるとなんとかマトモな音が出てしまうからです。またサ行が耳につく問題はほぼクリアーして居ます。

    サ行が耳につく原因をカートリッジだけに求めるのは如何なものかと思います。

    プレーヤーの電源の質・シールド、プレーヤーからアンプまでのRCAケーブルの質・シールド、アンプのダンピングファクター、スピーカーケーブルの調整(音の焦点)不足、音場の調整不足等数え上げればキリが有りません。

    私は M44Gのリッピングファイルと e-ONKYO 等の ハイレゾファイルを比較して、私の現在の再生システムではなんら遜色が無いことを発見したので、これ以上の高級カートリッジに憧れるのは辞めました。

    今持っている M44G のセッティングを詰めて行けば十分だと思って居ます。

    お一人で悩んでないで、スマホでこの状況を録画録音してYOUTUBE にアップして世界のオーディオファンからアドバイスを頂いたら如何(いかが)でしょうか?

    byTada-Min at2021-06-21 09:43

  2. Tada-Minさん、レス有難う御座います。

    仰るとおり、自身のセッティングの甘さが露呈しているのだと思います。
    勿論カートリッジだけに責任を負わせるつもりはなかったのですが、M44Gをメインでお使いになっているTada-Minさんには不快な表現となってしまっていたこと、大変失礼致しました。

    実は、最近「俗に言うオーディオ(チョット良い機材を使用した音楽鑑賞ではなく)という趣味は自分には合わないうえに、そもそもそこに興味が無いのではないか?」と自問することが多くなりました。 

    つまり、「音的にも雰囲気的にも、気持ちよく音楽を聞きたい」という思いは幼少から変わらないのですが、「何かを表現・再現したい」とか「この声の生々しさが。。!」みたいな、個別の『音』の追求にそこまで興味がないのではないかと。

    昨日某ショップで色々と会話をしていた際に、いかにも経験豊富そうな常連さんたちが感心していたレコード演奏が自分には全く響かなかったり。。 多分、駄耳なだけなんだと思いますが、自分が色々な楽器の演奏を通して触れる音楽や作る音楽とは全く質の違うものだと感じました。 オーディオ的には正解なのかもしれないですが、私は音楽に正解があるという発想にイマイチなれません。

    設定・操作面における基本動作が甘いという観点では色々とアドバイスを乞えるこの場は素晴らしく有難いですし、これまで本当に色々と学ばせて頂いていますが、音楽を鑑賞するという行為に「オーディオ」という趣味を真剣に捉えていらっしゃる方々との方向性の違いを痛感しております。

    少々長くなってしまいましたが、日々音楽を聴かなくなることは無いと思うものの、暫し「オーディオ」な環境から離れた時間を置いて自身の立ち位置とコミットメントを考えてみたいと思います。

    byJoe Frazier at2021-06-21 11:22

  3. Joe Frazierさん、こんばんは。

    オーディオは他人の意見を聞けば聞く程、変な音になっていきます(笑)

    結局は自分を信じ自分が良いと思ったらそれでイイじゃないですか。
    高域が破綻している状態でスタビライザーを使って改善することを知ることがオーディオをスルという事です。
    そういった経験の蓄積で引き出しを増やすことがオーディオだと思っています。

    byVOTTA7 at2021-06-21 20:53

  4. Joe Frazierさん、こんばんは。

    TD124とSME3009の組合せで、耳障りで刺さるような音がする原因の一つにアームボードの材質があると思います。

    私の場合は、TD124購入時に付いていたアクリル系のボードで似たような現象になりました。

    この対策として、まな板でよく使われている「朴の木」で自作したところ、中域の鳴きが抑えられたようでしっとりとした音になりました。

    また、TD124オリジナルシートは硬化すると滑り易くなります。

    サンドペーパー(800番)を1cm程度の幅で帯状にして、アルミのLアングル等に両面テープで張り付けた道具を作り、シートの表面を軽く擦ると良いです。

    削ったゴム屑は、ベンジンで拭き取ります。ゴムを痛めるアルコールは使わないことがポイントです。

    参考にしてください。

    心地よく音楽が聴けるようになるといいですね。

    byED at2021-06-21 22:37

  5. Joe Frazierさん、こんばんは。
    うちのスタンスは好みの格好いい機械から自分にとって違和感ない音出てる、そしてそこから少し横道にそれながらそれを確認しつつそれを取り込んだり戻ったりしつつ楽しむと言った感じでしょうか、正解とか勝ち負けない世界が理想です。
    カートリッジに関しては個人的にはMC、今まで使った中ではライラかプラタナスが好みです。

    bymotocue at2021-06-22 08:24

  6. VOTTA7さん、おはようございます。レス有難う御座います。

    変な音ということについてはコメントを控えさせて頂きますが(笑)、私が「オーディオ全盛世代」と言われる皆様から比べて一回りくらい若輩者なうえ、技術的なバックグラウンドを持っていない事もあり、オーディオ機器の活用についての経験知識蓄積が足らないことは間違いないです。 私もこの「マニュアル気味な環境で音楽を楽しむ」ための色々な知識や経験というのがこの道楽(オーディオ?)を楽しいと感じるところです。

    実は今回TD124の鉄製プラッターとカートリッジの磁力が相互にどう影響しているのか?という点を色々と実験する過程でスタビライザを試した副作用として高音の粗さの気づきがあったのですが、日常的にはスタビライザを使わないこともあり、日記に伴う個人的な最大の課題はEDさんが解説してくださったマット滑りでした。 

    ところが、要らぬ蛇足で、私みたいな知識蓄積途上の方でレビュー等を読んで「M44G、高音とサ行が。。」と聞かず嫌いをしている方もいるかも?ということに関する反証意見として「必ずしもそんなことは無いかもよ」という(つもりの)記載を、網羅的な施策を述べずに書き残してしまった点に人間としての浅さがあるなと。。話をスタビライザに引っ掛けることで逆にミスリーディングなことをしてしまったかと。

    VOTTA7さんみたいに充実したご自身のブログを立てるのは時間的に難しいですが、公共性や読んでいる方の傾向という観点で独り言ブログ・メモみたいな形で書き残して置く方向にしようかなと思っています。
    長々とすみません。 今後も是非参考とさせて下さい。

    byJoe Frazier at2021-06-22 08:30

  7. EDさん、おはよう御座います。 レス有難う御座います。

    ボードについては比較的専門性があると思われるショップで作成と取り付けをして頂いたので、先ずは信用してみたいと思いますが(ここも実験を始めると沼化しそうですね)、マットを指で少し触ってみたところ硬化しているかな?と思われるところがあったので、早速週末にやってみます。 物凄く参考になりました、有難う御座います。
    ベンジン。。拙宅にあったかな。。。

    勿論、基礎的な設定についても引き続き見直しを続けます。
    また色々と参考にさせて頂けるようお願い致します。

    byJoe Frazier at2021-06-22 08:36

  8. motocueさん、おはよう御座います。 レス有難う御座います。

    —-引用—-
    うちのスタンスは好みの格好いい機械から自分にとって違和感ない音出てる、そしてそこから少し横道にそれながらそれを確認しつつそれを取り込んだり戻ったりしつつ楽しむと言った感じでしょうか、正解とか勝ち負けない世界が理想です。
    —引用終わり—-

    日頃あまり真剣に「オーディオ趣味のあり方」等という難しい考え方はしないですが、なんとなく整理すると私も(機材の格好良さの違いは勿論ありますが orz)同じだと思います。

    音楽鑑賞だけであればバブルラジカセとかiPodとかでも楽しめますし、例えば戦前のデルタブルース(Robert Johnsonとか)等の相当酷い録音状態の音楽も、音楽として楽しめる要素があれば案外楽しめてしまいます。

    とはいえ、全自動で行えるテクノロジーが存在し、パッケージ化されたものもあるにも拘らず、廻る円盤を眺めると盛り上がるとか、この機材は自分が生まれる前から使われていたとか、細かいところをいじることでその気になるとか、様々な理由でマニュアルな環境を見ていると音楽への付加要素として楽しいですし、気持ち良く鳴るように使いこなしたいです。 私はオーディオ道楽であって原理的なオーディオ趣味ではないのかな?と思うようになっています。

    逆にそのような発想の私があまり対外的に変な発信をすることの悪というのも最近は強く意識するようになりました。 道楽程度でもオーディオを楽しむ人口が確実に減っている中、何らか敷居の低い楽しみ方もあっても良いのではないか?と思いますが、私がそれをここで公開して目指すのはどうかと。

    今後も引き続きmotocueさんの格好良い環境を楽しみに拝見しております。 勿論、追い付けない部分が出てきますが、格好良いというものは目指しやすいので。

    byJoe Frazier at2021-06-22 08:58

  9. Joe Frazierさん、こんばんは。

     私もGrateful DeadのWorking Man's DeadのLPを持っています。数年前に発売されたRHINO VINYLの再発盤です。私には珍しく新品で購入しました。同じころにAmerican Beautyも購入しています。
    Dire Wolfを久しぶりに聴きましたが、RHINO盤のせいか音は穏やかでした。DeadはLPで持っているのは他にこの頃のライブ盤の三枚でどれも国内盤の中古です。DeadはどちらかというとCD中心に持っています。ただ最近はライブのCDセットでも新品で6~7千円くらいするので、全く買わなくなりました。前は半分くらいの値段で買えたような記憶があります。中古CDも入手しやすかったように思いますが、今はあまり売っていないですね。

    bypvic at2021-06-23 19:43

  10. pvicさん、こんばんは。レス有難う御座います。

    Deadのライブ盤、昔はブート物が大量に適当な価格で出回っていたものですが、私も最近は物色した記憶がないくらいです。 元々コンサートへの録音機器持ち込み可なバンドなので、7千円は流石にやり過ぎ感がありますね。

    実は私もRhinoの再発盤、それもBoxで所有しています。元々中古レコード屋さんなどで購入して所有していたアルバムと何枚か被りますが大分リマスター効果があって高音質盤になった気がします。 どちらが良いかは一長一短だと思いますが、盤が分厚い安心感は半端無いです。

    American Beautyも良いですね。 久しぶりにRippleとか聴きたくなりました。

    byJoe Frazier at2021-06-23 21:22

  11. Joe Frazierさん、こんにちは。

     Grateful DeadはRhinoのBoxを持っているのですね。私もRhinoのレコードは安心して聴けます。久しぶりにWorking Man's Deadを通して聴きましたが、音の見通しがよくて一音一音丁寧にきこえて、音楽に没頭することができました。Casey JonesとかCDだとボーカルとギターのフレーズが目立ってシンプルな曲に聴こえるのですけど、Rhino盤で聴くと最後の方とかドラムや他の楽器の演奏含めて、けっこう激しい演奏しているだなあと思いました。

    American BeautyのRippleから始まりTruckinで終わるB面もいいですね。

    bypvic at2021-06-24 14:23

  12. pvicさん、こんばんは。再度レス有難う御座います。

    Casey Jonesを含めて、Deadは結構後ろでボンゴとか叩いているんですよね。。昔高校の頃Deadのカバーバンドの手伝いをしたことがあるのですが(当時メチャクチャ苦手な音楽だったのですが。。)、色んなパーカッションやらで最終的に10数名の大所帯になった記憶があります。

    Rhino盤、ちょっとアーティストに偏りがありますが、最近だとTom PettyとかRamones、Replacementsなど、レコードも勿論ですがデジタル音源も色々と再発していて結構ファンです。

    byJoe Frazier at2021-06-24 19:51

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする