のびー
のびー
ロンドンに移り住んで25年経ちました。240V環境の恩恵に浴すも、やはりオーディオは日本がおもしろい。年に数回の帰国の際の物色を何よりの楽しみとしております。

マイルーム

ジャーマンフィジックスを導入しました
ジャーマンフィジックスを導入しました
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch
2018年3月、1986年から(32年間)一貫してJBLをメイン・スピーカーとしてきたオーディオ・ライフに別れを告げ、B&W党となりました。2015年のピアノ購入時にオーディオ部屋(約30畳)をピ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

新しいDAC(その2)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年10月04日

新たに購入したMola MolaのTambaquiはボリューム固定のダイレクト・モードと内蔵のデジタル・ボリュームを活かしたプリアンプ・モードを選択できます。

前回の日記で記した通り、両方のモードを慎重に聴き比べた結果、プリアンプ・モードでパワーアンプに直結して使用することにしました。他のソースを聴く際は接続を替えなければならないので面倒ですが、このDACの特徴をより鮮明に聴くことができると判断しました。

とは言え、プリアンプ・モードを十分に活かすには幾つか課題があります。
① Tambaquiの設置場所: メインSP用のパワーアンプ以外の機器は全てリスニング・ポイントの右側のラックに収めており、プリ=パワー間は10mのバランス・ケーブルで接続しています。スタジオ使用も考慮したEAR912では全く問題無かったのですが、Tambaquiにはもっと短いケーブルで接続したいです。

② Tambaquiのアナログ・アウトプット: XLRが1系統あるだけです。EAR912では、2系統のXLRからメインSP用のEAR509IIとサブ・ウーファー用のマッキントッシュMC352に別々に接続しています。サブ・ウーファーを使用するにはTambaquiではXLR出力を分岐する必要があります。

色々と検討した結果、機器のレイアウトを変更しました。
① Tambaqui、Diretta Target、サブ・ウーファー用のパワーアンプをメインSPの間に移動する。サブ・ウーファー用のパワーアンプはサイズを考慮してMC352からThomann のS-75MkIIに変更。

② Diretta HostとDiretta Targetの間は1.5mのTwinaxケーブルから20mの光LANケーブルに変更し、この際、Roon関連のPCをリスニング・ポイント後方に移動。

サブ・ウーファー用のパワーアンプが50分の1ほどの安価なものとなりますが、超低域を聴こえるかどうかのレベルで再生するだけなので、ダメ元で試すことにしました。この配置ではSPケーブルも10mから2.5m程度に大幅に短くできます。

Diretta HostとTarget間のTwinaxケーブルは幾つかの光LAN用のトランシーバーと聴き比べて選択したものです。これの変更で音質に多少変化しますが、光LANであればケーブル引き回しによるロスが殆どない(ある程度長い方が良いことも多い)ため他の条件を優先しました。光LAN用のトランシーバーやケーブルはUSB-SFP変換ユニットに付属するBIDIの1.25GBトランシーバーとシンプレックス・ケーブルを使用しています。

肝心の音ですが、DACとプリアンプが変わると相当変化します。
サブ・ウーファーの調整は本当に微妙なので、まずメインSPだけで聴きます。
全体的にスッキリして見通しが良くなり音場の再現に優れます。音場の裾野が広がったようです。一方でバランスが変化したことで、超低域のレベルが上がり高域のアクセントが無くなったように聴こえます。Troubadour80付属のネットワーク・ボックスには高域のレベル調整機能があり、これまでマイナス2dBのポジションでしたが、この組み合わせではFlatの方がバランスが良いようです。

続いてサブ・ウーファーを追加するため、これまで使っていたLuxmanのXLRケーブルをXLR分岐ケーブルに変更してTambaquiを2台のパワーアンプに接続します。

とりあえず市販のXLR分岐ケーブルを使用しました。これも分岐ボックスを使用したり分岐ケーブルを自作することも考えましたが、全長50cm程度なので、余分な接点を増やすより安価でもキチンと工場加工されたものが良いと判断しました。
アマゾンで1本11ポンド(1700円程度)です。造りは悪くありませんが軽量で少し頼りないです。

しばらく聴いているとやはり安物のXLR分岐ケーブルが気になってきました。LuxmanのXLRケーブルと聴き比べるとエネルギーが落ちます。仕方ないので買い置きしていたモガミ2549とノイトリックのプラグで分岐ケーブルを自作しました。

一聴して自作ケーブルの方が音の勢いに勝ります。やはりこんな所で手抜きはいけませんね。

まだ幾つか気になる点がありますが、とりあえず及第点の音になりました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. のびーさん
    これだけ 大変な セッティングの変更を必要とされても,
    Tambaqui dacは 素晴らしい音楽を奏でるということですね。

    どこかで 聞いてみたいですね。

    XLRのスプリッターは オーディオリプラスというメーカーにありますよ。参考までに、

    byX1おやじ at2021-10-04 14:51

  2. X1おやじさん

    こんばんは。
    新しいレイアウトは構成がシンプルでケーブルの引き回しがない分、純度は上がるはずです。
    ただプリアンプは音作りの要なので、プリアンプ外しの効果は試してみないと分からないし、判断も人それぞれだと思います。

    オーディオリプラスのスプリッターも見ました。良い製品のようですね。ただ、設置場所が決まっているので着脱可能な接点を2個増やすより半田で固定してしまった方が良いと判断しました。
    価格も勿論大きな要因です。ただ、こんな短いケーブルでもケーブルの品位のようなものが出音にダイレクトに出ることにあらためて驚きました。

    byのびー at2021-10-04 21:45

  3. のびーさん、Mola MolaのTambaquiは将来?SD05が使用出来なくなった場合、デジタル音源のコントロールセンターとして候補に上げているDACです。
    拙宅ではオーディオ機器の構成を出来るだけシンプルにコンパクトに収めるようにしていますので、デジタルボリューム付きDACでDSD信号も扱えるのは魅力です。
    のびーさんはPCからのDSD音源再生ですが、拙宅が使用しているHAP-Z1ESからのDSD、PCM音源を難なく再生するのか関心が有ります。
    問題なく動作するので有れば、DDコンバーターのINT204もHiFace Two Proも不要になりますしね。

    by椀方 at2021-10-05 09:05

  4. 椀方さん

    こんにちは。

    HAP-Z1ESのUSBデジタル出力に対応しているかは試してみないと分からないですね。
    Meitner MA1と接続できたという情報がネットにあり、TambaquiのUSBインターフェイスはMeitnerと同じXMOS製ですから多分接続可能だと思います。

    ただ、1曲目の頭が切れるとか音量が小さいとかという報告もあり、やはり試すしかないと思います。お知り合いにHAP-Z1ESとMola Molaの両方をお持ちの方がおられますから、一度試して頂くという裏の手もあります(笑)。

    いずれにせよ、HAP-Z1ESを上回るアマゾンやアップル、ベルリンフィルのストリーミングにも対応する素晴らしいトランスポートが出て来て欲しいものです。

    byのびー at2021-10-05 18:49

  5. のびーさん、こんにちは。

    Tambaquiのアナログ・アウトプットはXLRが1系統だけ、ということに初めて気付きました。ちょっと盲点でした。

    リフォーム中のオーディオルーム兼書斎ではDACからスピーカーまでの引回しの長さが最大10mほどになる見込みなので、XLRの利点を最大限に活かすならDAC→パワーアンプ間のケーブルを長くとり、パワーアンプ→スピーカー間を短く(1〜2m程度)、と考えたのですが、この長さだと厳しい印象でしょうか。

    by眠り猫 at2021-10-13 09:19

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする