「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
のびー
のびー
ロンドンに移り住んで26年経ちました。240V環境の恩恵に浴すも、やはりオーディオは日本がおもしろい。年に数回の帰国の際の物色を何よりの楽しみとしております。

マイルーム

ジャーマンフィジックスの世界
ジャーマンフィジックスの世界
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
JBLを32年、B&Wを4年使用した後、German Physiksをメインのスピーカーとしています。 リスニングルームは17畳程度の専用室。他に30畳のピアノ室と2つの別室にサブシステムを組ん…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

Reed 5Tの導入(その1)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年07月16日

Reedはリトアニアを拠点とするアナログ・プレーヤー関連機器のメーカーで、独創的なアイデアのトーンアームがよく知られています。私は特に、ターレスの定理を基にアームの位置と動きをレーザー制御、リニアモーターで駆動する5Tというモデルに興味を持っていました。

トラッキングエラーの最小化をピボット式の機構で実現するために、シェル部分のオフセット角を変化させる手法は、THALESのSIMPLICITYやKLAUDiOのARMシリーズが有名ですが、いずれもオフセット角に由来するインサイドフォースを避けられず、角度が変化することからインサイドフォースも一定で無いという問題があります。

Reed 5Tの手法は、オフセット角ゼロのストレートアームですからインサイドフォースも原理的に発生しません。理論的に非常に素晴らしく共感できるものですが、トーンアームの微妙な動きを果たしてモーターで制御出来るのだろうかという疑念もありました。価格も半端ないので導入は考えていなかったのです。それが昨年6月、GRFさんから「H氏がReed 5Tを2基も導入され、その音はEMT927をも上回る安定感だ」と伺い大きく動揺してしまいました。H氏は光カートリッジで我々を驚かしたその人です。その後、GRFさんは予想通り5Tを導入され、私もそのパフォーマンスを今年3月に直接体験し、動揺は益々大きくなっていきました。

ただし、5Tの導入は簡単ではありません。本来のパフォーマンスを発揮させるには完璧な「取付ブラケット(以下、ブラケット)」を用意する必要があります。私は「付けるならAirforce Oneしかない」と確信していましたが、Airforce Oneはメインとサブアームのポジション近くに高さ調整用の大きなダイアルがあり、取り付けスペースは限られます。Airforce Oneの実測値と5Tの写真から、サブアームのポジションしか付かないことが分かりました。果たして本当に付けられるのか?

まずTechDasにAirforce Oneのサブアーム部分の詳細な図面をリクエストしました。会社方針で図面を公開しないとの回答でしたが、使用目的を説明し図面の範囲を相当限定することで何とか開示して頂きました。

次の問題は5Tの入手。英国では日本より多少割安ですが、それでも最小構成で14,295ポンド(約240万円)します。付くかどうかも分からないものにこれだけの出費は躊躇します。状態の良い中古品は無いものかと探していたところ、5月中旬にaudio-markt.deというドイツのサイトに出品を発見。約1年落ちの良品で、価格は英国価格の半額程度です。出品者はオランダのオーディオ・ショップ。早速、連絡を取り写真やシリアルナンバーを確認して購入を決定。話はスムーズに進みましたが問題が発覚。

Brexit後、欧州大陸から英国への輸出には英国で20%のVAT(消費税)が発生します。英国以外、例えば日本に輸出するなら欧州のVATは簡単に免除できるのですが、Brexit後は、英国との手続き方法が未確立でこのような事態に陥っているのです。これはあまりに馬鹿馬鹿しいとキャンセルも考えていたところ、6月半ばにHamburg出張があることを思い出しました。オランダとドイツの間の売買では税金も発生せず、輸送費は売り手負担出来る程度なので、Hamburgでの滞在ホテルに送ってもらうことにしました。結局、Hamburgから手荷物で持ち帰り無事5Tを入手しました。

(いくつかの写真はReed社のサイト、GRFさんのブログから拝借しました)

続く

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ストレートアームはそれほど珍しくなくても、オフセット角もゼロの製品は珍しい部類ですよね。日本では最近のヤマハがGT-5000で採用。Fidelixも同様の製品を市場に投入していて、日本ではそれらを「ピュア・ストレート・アーム」と呼ぶ向きがあります。

    私はレコードを一枚も所有していませんが、ヤマハという企業は好きなので「ピュア・ストレート・アーム」を支持。それがBESTとまでは言いませんが市場に存在する価値を認めます。一方で、「ピュア・ストレート・アーム」を許せないアンチ・ピュアストレート派の人々もいて、Yahooブログ時代には彼らとの戦いに明け暮れていました。
    https://ameblo.jp/nightwish-daisuki/entry-12468916299.html
    ↑一例です。

    CBsecondさんのようにGT-2000(Xだったかも?)を長年愛用され、最近GT-5000もご導入、さらに同時にSAECのナイフエッジも同時に御活用と、ストレートもオフセットもマルチに愉しまれるのが理想と思います。今回の のびーさんの リトアニアから来た Reed 5T にも 勇気を与えられます(^^)

    先のURLで示しましたように、ヤマハやFidelixを 詐欺 呼ばわりする輩には ハラワタが 煮えくり返る想いです。大企業が故に公に反論もできず、言われっぱなしのヤマハが不憫(*_*)
    .

    bynightwish_daisu at2022-07-17 19:48

  2. nightwish_daisu さん、

    こんにちは。

    何事もそうですが、アナログは特にあいまいな部分が多く、理論的にも完璧な解はおそらく存在しないので、各人各様の最適解を信じることになりますよね。トラッキングエラーの弊害に悩ませれていた方がそれが無くなった音を聴いて感激してリニアトラッキング信仰になったり、インサイドフォースの弊害に悩ませれていた方がそれが無くなった音を聴いて感激してストレードアーム信仰になったのだと推察します。

    私個人の経験では、ピュアストレートのショートアームは概ね音が良いのですが、最内周まで切られているクラシックレコードを聴くときにトレースが厳しかったです。最内周で線速度も落ちている上にフォルテで終わる曲が多く、一番盛り上がるところで音も変わってしまいました。その点でReed 5Tは本当に凄いです。

    byのびー at2022-07-18 05:39

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする