「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
のびー
のびー
ロンドンに移り住んで26年経ちました。240V環境の恩恵に浴すも、やはりオーディオは日本がおもしろい。年に数回の帰国の際の物色を何よりの楽しみとしております。

マイルーム

ジャーマンフィジックスの世界
ジャーマンフィジックスの世界
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
JBLを32年、B&Wを4年使用した後、German Physiksをメインのスピーカーとしています。 リスニングルームは17畳程度の専用室。他に30畳のピアノ室と2つの別室にサブシステムを組ん…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

アナログを楽しむ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年08月07日

メインのアナログプレーヤー Airforce OneにリニアトラッキングアームReed 5Tと光電型カートリッジDS003を搭載して以来、アナログレコードを聴く時間が随分と増えました。

Airforce Oneの形状からReed 5Tはサブアームのポジションにしか付かず、メインアームのポジションにはGrahamのPhantom IIがあります。今は一種の「ハネムーン期間」で使用機会が多いのは当然ですが、今後とも相当時間を5Tで聴くことになると思います。

ところが、サブアームのポジションは、操作が面倒でカートリッジの状態も確認しにくいという問題があります。操作を簡単にする何か良い設置方法は無いか思案していました。

メインアームはプレーヤー正面が操作しやすく、サブアームはプレーヤーの右側からだと操作が容易です。ということで、現在、ラックの左寄りに設置しているプレーヤーを、ラックの右側から操作できるように移動することにしました。

移動前

Airforce Oneは本体総重量が73Kg、プラッターは23Kgもある上、エアベアリング、エアバキューム機構を備えたプラッターを取り外すのは簡単ではありません。同じラック上での水平移動ですが、プラッターを取り外さず持ち上げるのは大変だし、軸受けやエアベアリング用のガラスを傷付けてしまうリスクがあります。

色々検討して、3本の脚の下に「家具スベール」を滑り込ませ、スライドさせることにしました。

作業には、まず3本の脚内の空気を完全に抜きます。空気が入った状態では、いくらシャーシを持ち上げても脚が伸長して「家具スベール」を挿入できません。空気を完全に抜くと、エアジャッキで本体を持ち上げれば脚が浮きます。脚下に「家具スベール」を挿入して一押し。

いやあ、簡単に動きました。以前からこの位置に移動させていればサブアームの出番ももっと増えたのにと少し後悔しています。

もう少し右に持ってきたいところですが、電源ユニットとエアーコンデンサーユニットを接続するケーブルの長さから、この辺りで妥協しました。これで随分と楽になりました。


話は変わりますが、最近、入手して早速ヘビーローテーションとなっているディスクを1枚紹介します。

CDで何十年も聴いてきたアルバムのLP盤です。驚いたのはまず音。CDも素晴らしい音ですがこのダイレクトカット盤は更にフレッシュです。

次の驚きは録音情報の豊富さ。1976年、カリフォルニアでのスタジオ録音ですが、制作、プレスは日本です。私が入手したUS盤(discogsで15ポンドでした)もプレスは日本。

マイクの機種、設置ポジション、イコライザーのセッティング、ミキシング、マスタリング、カッティングの機種まで記載されています。モニタースピーカーWestlake TM-1のユニット構成も!

ダイレクトカットで事前に分からなかったからでしょうか、「The most appropriate balance is obtainable by decreasing volume of right channel by 1db for the record.(再生時には右チャンネルの音量を1dB下げるとベストバランスになる)」という注釈もあります。

アナログ全盛期の勢いを感じさせてくれますよ~

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. おはようございます

    ご紹介のThe L.A.4のアルバム、さっそくdiscogsってみました。某所で聞いた限りでは、ソフトで自然な音質のように思われたので、長く続きそうな今年の猛暑のBGMとしてもいいかな~と。。。ダイレクトカット盤っていうのもやはりそそられましたし。「アナログ全盛期の勢い」を早く体感してみたいな~。愉しみです。

    あと「家具スベール」も実用性が高いものなのですね。今度試してみようと思います。

    いろいろご紹介、ありがとうございました!

    byゲオルグ at2022-08-07 08:26

  2. のびーさん、こんばんは

    やはり、奥側にあるアームは前からだと扱いづらいですね。
    機器のレベルは月とスッポンですが、自作プレーヤーのアームを3本にしているのでその点よくわかります。
    私の場合、ラックの背が低く(プレーヤー天面で70cm以下)覆いかぶさる格好になりますので、奥側の針の上げ下ろしは少し慣れれば問題ありませんが、メンテは苦労します。
    プレーヤーの移動はその重量からして大変な作業ですね。ラックから落としたら製品だけでなく足も怪我しそうです。無事に終えられたようで何よりです。

    しかし私は右利きなんでその程度で済んでいますが、左利きの方なんてどうされているんでしょうかねぇ。

    byTON2 at2022-08-07 21:02

  3. ゲオルグさん

    こんにちは。多くのアルバムは欧米に売り手が多いのですが、L.A.4は日本が有利ですね。是非、聴いてみて下さい。40年以上前の録音とは思えないフレッシュな音です。

    家具スベール、エアジャッキ、台車の3つは私の3点セットです。先日も250cm幅のレコードキャビネットをエアジャッキと家具スベールを使って一人で移動しました。

    byのびー at2022-08-08 06:39

  4. TON2さん

    レスありがとうございます。
    懐かしい往年のアナログ名器を幾つもお持ちですね。私もFR-64Sを時々使用しています。

    私は身長が180cm以上あるので、これまでの設置で、奥のアームも普段使いでは大丈夫なのですが、やはりメンテナンスは厳しかったです。

    レコードプレーヤーはそもそも右利きが有利なように作られていますよね。メインポジションでも、リフターを使わずに針の上げ下げを行うには左手では無理です。

    byのびー at2022-08-08 06:53

  5. のびーさん こんにちは。

    プレーヤー移動ハイテクグッズがあるのですね、こちら
    移動はいつも助っ人を頼んでますよ。

    アナログは毎回細かい動作が伴うし、使い易い場所と高さは
    微妙に重要と思ってます。
    奥側のアームは横位置になり操作も少し面倒ですね。

    夜間に聴くのがほとんどなので
    今盤面スポットライトなんか考えてます。(^^♪

    by田舎のクラング at2022-08-08 11:30

  6. 田舎のクラングさん

    こんにちは。

    >プレーヤー移動ハイテクグッズがあるのですね

    いえいえ、ローテクの塊のようなグッズです。頭を少し柔らかくして考える必要があるだけです。


    >今盤面スポットライトなんか考えてます。

    以前、テクダスがカッコいいのを出していて、値段も手頃なので購入して手元にあります。気に入って使っていたのですが、静電気対策のCSポートIME1にポジションを奪われてしまいました。プレーヤー周りは色々なグッズが多く、置き場所を確保するのが大変です。

    byのびー at2022-08-08 20:52

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする