Cronos
Cronos
音楽とオーディオが好き!

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

残響時間、明瞭感、直接音について

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月27日

こんにちは。

わかってなかったことがあったので、記録しておきます。

一般にスピーカーはデットの環境で再生できません。
残響を足して色を付けることでスピーカーから出る音楽で楽しむことができます。アクセサリーや壁からの拡散や反射音、それらの間接音を必要としています。違和感がでてしまうからですね。

スタジオで録音した楽器の音では残響がありません。
それにリスニングルームの残響を足すことで、バランスがとれるということです。逆にホールで撮った音源はデットの環境でも再生できるはずですが。。何故かデットでは聴けません。



ここで出てくるものが明瞭感というパラメータでSTIと呼ばれるものです。
TOAなど音響機器メーカーでは標準で使用しているものです。

明瞭感はどれだけはっきり聴こえるかというパラメータで、最大を1、最低を0とし、0.6以上でなければ実用範囲外ということになっているようです。

その明瞭感を得るためには
1.直接音を増やし、間接音を減らす。(間接音を吸音する)
2.ユニットの向きを改善する。
3.ユニットの数を減らす。(+向きを減らす)
4.種類を変える。
などがあります。

よって、1より、デットの環境にすると明瞭感(解像感)が上がるわけです。なのに、音が良くないと感じる。それは残響の問題とは別にオーディオの粗が聞こえてしまうというのもあるかと思います。

次に一般的には、直接音と間接音の比は下記のようになり、ダイナミック型ではニアフィールドで最も優れた明瞭感となることが分かります。しかし、通常はスピーカーから離れて聞くため、間接音を重点的に聞いていることになリます。対してホーン型は前方に対して音を飛ばしているため、距離方向に広い直接音の範囲が有ります。広い部屋をお持ちの方はJBLなどホーンを持っている方が多いのでしょうか。

しかし、なぜ高級なスピーカーやアンプを買ってまで間接音をメインで聞いているのかがわかりません。ソース音の再現性よりは、残響時間が重要ということなのでしょうか。


ダイナミックのスピーカー


ホーンスピーカー

↑こちらの資料の元の論文がなんなのかわからないので、知ってる方がいらしたら教えて下さい。

参考資料1:http://agb.co.jp/oto/design/index.html

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 初めまして、Cronosさん。Reviathと言います。

    室内音響については、以前自分のブログに書いた事があります。

    http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/2025643/2033085/100994399

    石井伸一郎氏によれば、通常の部屋で我々が聴いている音の80%は間接音だそうですね。故に室内音響は興味深くまた重要な話題だと思います。
    これからもよろしくお願いします。

    byReviath at2015-09-30 00:10

  2. Reviathさん。

    はじめまして、こんばんは。
    コメント頂きましてありがとうございます。
    ブログ読ませて頂きました。とても参考になります! かなりデットにふっているとのことですが、残響時間などは、測定されてますか?体感でしょうか?参考までに教えていただきたいです。

    >80%は間接音
     そういっておられる方もいるのですね。その方について調べてみたいと思います。室内の音響はオーディオをやる上で大切な要素と考えています。自分の思っていることと売られているルームチューンアクセサリーとの考え方の差異に悩んでいました。
     オーディオルームについてBlogやプロフィールを読ませて頂きました。是非ルーム作りについて教えていただきたいです。
    今後とも宜しくお願いします。

    byCronos at2015-09-30 23:14

  3. こんにちは、Cronosさん。Reviathです。

    石井伸一郎氏とは、かつてテクニクスでSP設計や製作を手がけ、退社後は室内音響の研究に取り組んで「石井式」と呼ばれる音響理論を確立した方です。

    ≫かなりデットにふっているとのことですが、残響時間などは、測定されてますか?

    かなり以前のハナシなのでウロ覚えですが、雑誌の取材か何かで一度測定して、無響室に近い特性で驚いた事を覚えています。数値までは覚えていませんが。
    カーテンの他に、石井氏が推奨する吸音材(※)を一次反射する位置に設置したのも効いていると思っています。
    (※)2m×1m×10cm。この厚みだとかなり低い音まで吸音出来る、との事。

    もちろん今はも少しライブ側に振ってます。システムやソースのアラが目立ち過ぎていたので。モノには限度が有りますから。

    それでは、これからもよろしくお願いします。

    byReviath at2015-10-01 07:51

  4. Reviathさん。

    こんばんは。調べてみて分かりました。石井式の方だったのですね。本などもあるようですので、購入してみます。

    >無響室に近い特性
    すごい特性ですね。どんな設計なのか気になります。

    >10cm。この厚みだとかなり低い音まで吸音出来る
    この辺についても勉強していきます。ありがとうございます。

    >モノには限度が有りますから
    たしかにそうですね。しかし、そういう環境というものも試してみたいと思っています。

    よろしくお願いします。

    byCronos at2015-10-02 22:55

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする