摩天朗
摩天朗
1981年、598他、日本の幾多の電機メーカーは最高のオーディオメーカーとしての威信をかけたバトルを繰返していた・・。秋葉原のオーディオショップでバイトしながら、客には「お店のお勧め」を売りつけながら…

マイルーム

リビングでのオーディオ
リビングでのオーディオ
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
NYマンハッタンのアパートメント(日本風に言えば、マンションの中の借り上げ社宅)から、日本に戻りました。 オーディオ専用の環境から、家族中心(家内、愛犬3匹)のルームで肩身の狭いオーディオへ(笑) …
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

日記

欠けたるは美しきかな

このエントリーをはてなブックマークに追加
2011年05月16日

4月末に、愛機のJeffのモデル12はヤフオクにて新たな主人が決まりました。

「小さい」「効率の良い」「アメリカの」のアンプを探す放浪が始まりましたが、残された時間はあまりに少ない・・
ということで、Audiogonerの小生は立て続けにJeffの501とNuforceのリファレンス9SEをポチりました。

Jeffの501は中域が明快な音ですが、モデル12で完全にはまった美音ー微妙な濡れた感じの声ーが出にくいのです。楽器では気にならないのですが、女性ボーカルが健全になりすぎてCDを聴く楽しみが減ってしまいます。かって使っていたTactのような自然だけど木綿のような質感の音です。
一方、Nuforceですが、これも相当違う音がします。繊細な高音と、太い低域に特徴があります。フルオーケストラが好きな方は、はまるのじゃないでしょうか。fレンジを欲ばらないで、声の再生を求める小生には、やや中域が物足りません。

なかなかモデル12を超えるパワーアンプに出会いません。価格帯の違いや絶対的な質感というよりは、「相性」なのかと考え始めています。今、組み合わせているB&Wのsignature diamondは、最低域は出にくく、いや無理に出そうとすればブーミーになりがちです。ですが、ダイヤモンドツィーターが見せる高い声の領域の滑らかさは絶品。またプリのシナジーは色付けが少ないとは思いますが、やはりレンジを欲張らずトランスをかませて静けさを求めて、これも絹のような滑らかさのプリ。おそらくCDPのEMMのCDSAはニュートラルだけどはっきりくっきりのPCMというよりDSD変換の滑らかさ。モデル12もアイスパワー前の滑らかな美音一直線で、美音4兄弟の組み合わせだったんでしょう。

やはりデジタルアンプでは無理でしょうかね。球か・・
特性に振れたり反対に個性に振れたり、行き着くところのない彷徨のオーディオ人生、

絵画が、「鑑賞す」る「感性」の対象になったのは印象派以降。それまでは「理解」する知性の対象だった。絵画技術や画材の発展が、絵画表現そのものに与えた影響は実に興味ぶかいものがあります。ちょうど回路や素子の発展とオーディオ表現の関係のようで。

ポスト印象派のスーラ

写真というライバルに離れようとする画家の工夫が、ドットでの表現に行き着くのは不思議です。

表現は(もしかして受け止める人間そのものが)、不完全ゆえに、完全なものを求める永遠の旅を宿命づけられていて、だから愛おしい存在なのでしょう。そう思えば、良い音楽を聞かせるオーディオも楽しいけれど、それを求める旅もまた楽しい・・というふうにアンプ探しに散財する自分を正当化して・・

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 悩ましい楽しみですよね、アンプ探しの旅は^^;

    早く巡り会いたい様な、いつまでも旅を続けたい様な♪

    でも、コイツだ!ってのに巡り会った時は絶対分かり
    ますから、焦らずユックリ旅をして下さい^^

    bywoo at2011-05-16 16:34

  2. 初めまして。RICHEBOURG(リシュブール)です。

    スーラの絵画は、私も好きです(^-^)
    おっしゃられている、「不完全ゆえに、完全なものを…」は、同感です。
    むしろ、完璧なものよりも、不完全なものの方が好きだったりします^^;

    byRICHEBOURG at2011-05-16 23:24

  3. はじめまして
    JEFF ROWLAND MODEL201使いの者です、過去にJEFFROWLAND SYNERGY
    IN・OUTプットトランスモデルを使用していました。

    確かにアイスパワーは潤いが足りないかも・・・・・

    シルバー統一の摩天朗さんには柔らかさならVIOLAのFORTE
    プラス、パワーならFORTE×2ブリッジでパワー4倍
    セパレーションならFORTE×2のバイアンプ

    シルバー系コンパクトの最高峰なら
    Ayre MX-R(熱くなりますが)
    VX-Rのバイアンプ
    共にCadenza、KX-Rに変えたくなる危険がつきまといますね。

    bypuronimo at2011-05-17 20:38

  4. wooさま

    そうなんですよね。でもせっかちだし、試聴するより、とにかく買って自宅で使って判断というのが、自分のスタイルなので、なかなか大変です。

    アメリカしばりを外すかなと思ってますが…

    悩んでる間が楽しいんですが、ただ上記のとおり、いったん購入するので、ヤフオクの世話になるものですから手数料が馬鹿にならない…

    by摩天朗 at2011-05-19 08:00

  5. RICHEBOURGさま、はじめまして

    RICHEBOURGさんのハンドルの由来は、やはりワインですか。プロフィールを拝見するに、お若いのに機器の選択やお書きになる日記の内容を感心しながら、読ませていただいていました。
    小生も近頃SACDにはまりつつあります。やっぱりDSDなねっとEMMを使い始めてからですが。

    今後ともよろしくお願いいたします。

    by摩天朗 at2011-05-19 08:09

  6. プロニモさま、レスありがとうございました。

    小生はB&Wに逝っていなければ、かなりの確率でVerityに逝ったと思いますので、プロニモさんと趣味が似ているのかもしれません。
    ただViolaを見ると、やはりCelloのほうがいいよなとか
    Ayreも、KX-Rなどのシリーズよりは、K-1のほうがいいと思ってしまう年寄りです。
    昔はHovlandをと思ってたんですが、つぶれちゃったので、くじけてしまいました。Convergentは是非試してみたいんですが、お手ごろの中古が全く出回らなくて。
    しばらくは放浪の旅ですね。

    by摩天朗 at2011-05-19 08:25

  7. 私もHOVLANDプリ、パワーともに大好きでした、確かに好み似ているかもしれませんね。小型ではないですが、滑らかなで艶のあるAESTHETIXがお勧めかも
    お気に入りに登録させて頂きました。これからもよろしくお願いします。

    bypuronimo at2011-05-19 21:43