serieril
serieril
親からオーディオ機器を引き継いだのをきっかけにずぶずぶと。今はPCオーディオ中心にいろいろトライしています。 でも今のところ旧来のオーディオに超える音は出てくれない。

マイルーム

オーディオシステム現状
オーディオシステム現状
借家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
2016/01/16変更 今後の更新は http://pcmdsd.com/ にて行います。 メインシステム サブシステム Lynx AES16e Lynx Auro…
所有製品
  • その他アクセサリー
    LINN PURiFi
  • DAコンバーター
    LYNX HILO TB
  • スピーカーシステム
  • オーディオボード
    THE J-1 PROJECT PPBR5542
  • スピーカーケーブル
    TRANSPARENT TW2008

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り製品

日記

Amazon Music HDのビットパーフェクト再生について

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月21日

Amazon Music HDをビットパーフェクトで再生する方法をまとめてみました。

全プラットフォーム共通:
ボリュームを最大設定
ラウドネスノーマライゼーションを無効化

Windows:
WASAPI共有モードで動いているので、音源のサンプリングレートと既定の形式を一致させること。しかし、共有モードの仕様上、-0.2~-0.1dBFS付近でリミッターが働くので、その時だけビットパーフェクトではない。

Mac:
普通のCore Audio(Exclusive Modeではない)で動いているので、音源のサンプリングレートと既定の形式を一致させること。

Android:
AndroidとDACがDAC側の上限フォーマットで接続確立するにもかかわらず、アプリ上では上限が24/48であると認識するため、実質ビットパーフェクト不可。DACの上限が24/48で、音源のサンプリングレートが24/48のみに可。

iOS:
iOSとDACがDAC側の上限フォーマットで接続確立するため、DAC側の上限のサンプリングレートが音源のサンプリングレートと一致する場合にのみ可能。

AirPlay:
16/44.1に限り可

まとめ:上方向のSRCはそれほど音に影響を与えないので問題ないと考えて、WindowsとMacでは既定の形式をDACの上限フォーマットに設定して楽しむべし!プレイリスト内にサンプリングレートが違う楽曲が含まれることを加味すると、プレイリストをギャップレスで再生するために再生フォーマットを一定にしたのは潔し!
Windows環境ではリミッターが働くので、ラウドネスノーマライゼーションを有効化にした方が良い。規定レベル-14LUFSの下方向オンリーだから0dBFS張り付きの楽曲など効果あり。Windows以外でも0dBFS近辺はほとんどのDACで歪率が増大するから、基本的にラウドネスノーマライゼーションを有効にした方が良い。0dBFS近辺の歪率上昇に比べたらデジタル上で一桁dB絞ることの影響はないに等しい。

ラウドネスノーマライゼーションについての和書は無に等しかったんですが、唯一この本が理解に役立ちます。
とーくばっく~デジタル・スタジオの話

再生ソフトウェアのビットパーフェクト論については、OSのSRC、リミッター、ミキサー等を一緒くたにして語られることがほとんどで、その影響度合いを吟味した議論は無いように感じる。ビットパーフェクトでない->悪というのは極めて短絡的で(以下略

おまけ:ハードウェアアクセラレーションの有効/無効はアプリの描画にGPUを使うかどうかなんだけど、無効にしたほうが音が良く感じる。オーディオデータ的には1ビットも変わりない。

おまけ2:ビットレート表記について、Amazon側の表記ゆれで、圧縮率が高いという誤解が多いけれど、実際は普通のFLACと同等程度。Q&Aにもこうある。
「HD楽曲のビット深度は16ビット、最小サンプルレートは44.1kHz(CD音質とも呼ばれます)、平均ビットレートは850kbpsです。 Ultra HD楽曲のビット深度は24ビット、サンプルレートは44.1kHz?192kHz、平均ビットレートは3730kbpsです。」
「、3分半の長さの曲の最大限の音質でのファイルサイズの例です。
Ultra HD(ロスレス、最大192 kHzサンプルレート):153MB」=約5800kbps

---
以下身辺雑記

TAD CE1のRch側ツィーターが歪みだし、修理と相成りました。購入して4年ですが、幸いにしてメーカーの延長保証5年が適用されて無償で済みました。今週帰ってきたばかりなので、まだ左右差、繋がりに違和感を覚えますが、まあ聴いているうちにこなれていくでしょう。

修理費を払ったつもりで今まで手を出してこなかったジャズのオリ盤いくつか買いました。

ジャズは体になじまないんであまり聴かないんですが、それでも耳タコな音源はいくつかあります。耳タコ音源が事あるごとにまるで初めて聴くが如く感じられることがオーディオの魅力の一つ感じてます。耳タコになるぐらい聴いたのならオリジナル手に入れても良いかな、と。

今までマスタリング違い等々同じ音源をいくつも手に入れて聴いてましたが、ようやく原典に触れられました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. serierilさん こちらでもこんばんは

    同じ音源で比較される・・・基本が出来ていてほっとします。

    Windowsに関して1点提案です。
    Windowsでは「ラウドネスノーマライゼーションの有効化」が良いとされていますが、一般論と同じように「Windowsもラウドネスノーマライゼーションを無効化したうえで、WindowsOSのピークリミッターを解除」することでビットパーフェクトは実現できると思います。

    ピークリミッター解除のツールは川本氏がフリーソフトで公開されていますのでご活用下さい。
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dal/752552.html

    WindowsのSRCの品質は1(線形補間)~60(最高品質)まで設定があるようですがデフォルト値は記憶によれば30です。レイテンシーが増えるのでMicrosoftは60に消極的です。PlayPCMWinではその値が指定可能でした。Amazonにその値を変更する機能が実装されていない場合は、サンプリングレート変換をしない=ソースと同じレートを指定するのが(Windowsでは)ベストと考えられます。実聴でもWindowsのSRCの品質は良くありません。Macはそんなこと無さそうですけれど。

    bynightwish_daisu at2019-09-21 02:41

  2. nightwish_daisuさん、レスありがとうございます。

    Windowsに関しておっしゃる通りです。
    SRCの品質については、下記ドキュメントにて公開されていますが、明示的に実装されている例はPlayP㎝Winぐらいであまり見かけません。
    https://docs.microsoft.com/en-us/windows/win32/medfound/audioresampler#output-quality
    https://docs.microsoft.com/en-us/windows/win32/api/wmcodecdsp/nf-wmcodecdsp-iwmresamplerprops-sethalffilterlength
    https://docs.microsoft.com/en-us/windows/win32/medfound/mfpkey-wmresamp-filterquality
    なお、WASAPI共有モードでは、LPFのカットオフ周波数も定められています。 https://docs.microsoft.com/en-us/windows/win32/medfound/mfpkey-wmresamp-lowpass-bandwidth

    もっとも、Windows自体のSRCが60でサンプリングレートごとに適正なカットオフ周波数を設定したとしても、Core Audioでも、オーディオ的に真摯に考えたときに妥当とは言えないと思います。DAC内のSRC品質との背比べになりますが、これ以上の音質追及をするには、まずはAmazon Music HDのWASAPI排他モード/Core Audio Exclusiveモード実装を望むばかりですね。排他でやってくれれば、ラッパドライバ(JRiver WDM Driver等)を介していろいろできます。ただ、Spotifyと全く同じ方式にしたてあげていることからサービス意図が伺えて、あんまり期待できない気もしています…。

    byserieril at2019-09-21 03:29

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする