VOTTA7
VOTTA7

マイルーム

ALTEC A7改
ALTEC A7改
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~120型 / ~7.1ch
システム環境 メインスピーカー  ALTEC A7改 511B+802D×2 416A +TANNOY ST-200 プリアンプ  McIntosh C22(復刻) SANSUI C-23…
所有製品
  • カートリッジ
    ORTOFON SPU#1E
  • BDプレーヤー
    PIONEER BDP-LX88
  • AVアンプ
    MARANTZ AV8801
  • CDプレーヤー/トランスポート
    SOUND WARRIOR SWD-CT10
  • パワーアンプ
    TRIODE TRV-P845SE

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お気に入り製品

お気にいられユーザー

日記

Dummy Tube Tester

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年06月27日

motocueさんからお借りした真空管テスター

Plate Voltage & Current ; DC 90V or 180V / 20mA(max.)
Filament Voltage & Current ; DC 12V or 6.3V / 1.5A(max.)

スペック的にはμTracer3+と比べるとちょっと物足りない(^^;
プレート電圧(Va)を連続的に変化させた時のIaのセットアップフォームを使いDummy Tube Testerのチャートに合わせμTracer3+と比較してみた。

校正されているμTracer3+と全く同じ数値を出すことは無理であくまでも目安と思った方が良い。
12AX7




12AU7




問題は12AT7でチャートの-3Vにならないこと(-_-;
日本の電源事情によるものなのか?
そこで12AT7の測定は-2.5VにしてμTracer3+とDummy Tube Testerとで測定。




数値的には大まかな指標だが双極マッチングテスターとしては十分機能する。

自分だってO'Audiさんのフォローが無ければμTracer3+を使いこなす事も出来なかった訳でDummy Tube TesterはPCを使わない簡易的なテスターとして良いと思う。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. VOTTA7さん、
    Dummy Tube Testerの検証ありがとうございました。
    此方でもVOTTA7さんのμTracer3+での数値と比較させてもらって
    素人なりにですが理解が出来て今後の真空管選別に役立ちそうです。
    それにしても結構偏差あるのでビックリでした。
    気に入った球の良いやつ探しボチボチやって行けそうです。
    あらためて今回は本当にありがとうございました。

    bymotocue at2021-06-29 09:47

  2. motocueさん、こんばんは。

    数値の偏差は簡易テストで球を温める時間にバラつきがあったのも影響していると思います。
    双極のマッチング具合は同等のバランスが表現されています。

    byVOTTA7 at2021-06-29 21:19

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする