VOTTA7
VOTTA7

マイルーム

ALTEC A7改
ALTEC A7改
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~120型 / ~7.1ch
システム環境 メインスピーカー  ALTEC A7改 511B+802D×2 416A +TANNOY ST-200 プリアンプ  McIntosh C22(復刻) SANSUI C-23…
所有製品
  • カートリッジ
    ORTOFON SPU#1E
  • BDプレーヤー
    PIONEER BDP-LX88
  • AVアンプ
    MARANTZ AV8801
  • CDプレーヤー/トランスポート
    SOUND WARRIOR SWD-CT10
  • パワーアンプ
    TRIODE TRV-P845SE

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

お気にいられユーザー

日記

μTracer3+による測定 SYLVANIA 6SN7GT

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年07月02日

Sylvania JAN CHS 6SN7GT / VT-231 1940’s

以前RCAの6SN7GTを測定しているが此方はSYLVANIAのビンテージ管




プレート電圧(Va)を連続的に変化させた時のIa



ヒータ電圧(Vh)を連続的に変化させた時のIa

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. VOTTA7さん こんばんは

    Iaは少し低いですが両極のマッチング具合はなかなかいいですね。
    これならば問題なく使えそうです。
    正直、もっとバラツキがあるのかと思っていました。
    何にしても70年以上前の真空管ですからw
    電子工学と機械技術の融合という感じがします。

    byプリマ at2021-07-02 21:55

  2. プリマさん、こんばんは。

    Iaは標準だと思いますよ。
    これだけ揃っているなら前段に使いたいですね。

    以前測定したRCAは2A3プッシュプルで使用中の物だったと思います。

    byVOTTA7 at2021-07-02 22:14

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする